Kyashの基本的な使い方とチャージでおすすめのクレジットカード

Kyashはスマホを使って決済できるキャッシュレスサービスの一つです。還元率2%と非常に高還元率でお得なプリペイドカードとしてとても人気です。

そんなKyashはどのように使うのでしょうか。

Kyashはどうやって使うの?
  • Kyashにはリアルカードとバーチャルカードの2種類がある
  • プリペイドなのでチャージして使う
  • チャージの方法はATMやレジ、クレジットカードなど
  • クレジットカードで自動チャージすることも可能

Kyashはプリペイドカードなのでチャージして使うのが前提です。

チャージはATMやレジ、クレジットカードなどに対応していますし、自動チャージもできるので、事前にチャージする手間は大きくかかりません。

今回は、そんなKyashの使い方やチャージにおすすめのクレジットカードの特徴、Kyashのメリットやデメリットについて解説していきます。

Kyashは非常にお得なキャッシュレス決済サービスなので、興味のある人はぜひ利用してみてください。

Kyashの基本的な使い方

画像引用元:Kyashリアルカードとは – Kyash FAQ

まず、Kyashの基本的な使い方について解説します。

Kyashにはリアルカードとバーチャルカードの2種類があります。

リアルカードはプラスチックカードのことで、バーチャルカードはオンラインで利用できる架空のカードのことです。

どちらもプリペイドなのでチャージが必要になりますが、自動チャージにも対応しているのでアカウントに残金がなくても買い物をすることができます

Kyashアプリを利用すれば、残高や利用履歴も簡単に確認することができます。

キャッシュレス初心者の人にも使いやすいプリペイドカードではないでしょうか。

Kyashにはリアルカードとバーチャルカードの2種類がある

Kyashにはリアルカードとバーチャルカードの2種類があります。

Kyashリアルカードとは

Kyashリアルカードとは、Kyashが発行するプリペイド式のプラスチックカードのことです。

国内のVISA加盟店で利用することができるので、毎日の買い物で、さまざまなお店で利用することができます。

海外で利用することはできません。

Kyashリアルカードを発行するには、Kyashのアプリまたは公式サイトで申し込みが必要です。

カードが手元に届くまで2週間程度かかります

Kyashバーチャルカードとは

バーチャルカードとは、オンライン専用の架空のカードです。

オンラインショップで利用することができ、国内はもちろん、海外のオンラインショップでの利用も可能です。

また、バーチャルカードはリアルカードを発行した時点で使うことができます。

バーチャルカードの後にリアルカードを発行するとカード情報はリアルカードに上書きされる

リアルカード発行後は、リアルカードの情報でバーチャルカードも利用できます。

しかし、先にバーチャルカードがあった状態でリアルカードを発行した場合、これまで使っていたバーチャルカードの情報はリアルカードの情報に上書きされます

そのため、これまでバーチャルカードをオンラインショップの支払い先に設定していた場合、リアルカードの情報に変更しなければいけなくなります。

オンラインでも実店舗でもKyashを使いたいのであれば、まずリアルカードを発行しておく方が後々手間になりません。

プリペイド式なのでチャージが必要

Kyashはプリペイド式なのでチャージが必要です。

チャージ方法は下記の通りです。

  • セブン銀行ATM
  • 銀行ATM(ペイジー)
  • コンビニ
  • クレジットカード・デビットカード(自動・手動)

チャージ方法はたくさんあるので、自分の都合の良い方法を選ぶと良いでしょう。

ポイント還元率を重視するのであれば、クレジットカードでのチャージがおすすめです。

自動チャージにも対応

プリペイドカードを使いたい時は、基本的に事前にチャージが必要です。そして、残高が不足したらその都度チャージをする必要があります。

それが手間でプリペイドカードを使うことを億劫に感じる人も多いですが、Kyashは自動チャージにも対応しています

残高が不足したら、不足分を自動的にチャージしてくれるので、残高を気にせずに利用することができますし、事前チャージをする手間もありません。

国内のVisa加盟店での利用が可能

Kyashは国内のVisa加盟店で利用することができます。

Visaは世界的に見ても加盟店数がトップクラスで多い国際ブランドなので、日本国内でも使えるお店はかなり多いです。

不便を感じることはあまりないでしょう。

ただし、利用は国内に限られており、海外の実店舗で利用することはできないので注意してください。

海外の街中にあるお店は利用できませんが、海外のオンラインショップであれば使うことはできます。

クレジットカードより利用範囲は限られる

Kyashを国内のVisa加盟店で使うことは可能ですが、例外もあります。

例えば、4桁の暗証番号が求められるお店(自動券売機や病院の自動精算機など)や、毎月継続的に支払いが発生するサービスでは利用することができません

Kyashリアルカードにはそもそも暗証番号がないので、暗証番号を入力して購入しなければいけないお店では使えないのです。

クレジットカードよりは自由度が低いと思ってください。

他にも、以下のようなケースでは使うことができません。

  • ガソリンスタンドでの支払い
  • 高速道路通行料金の支払い
  • 航空会社、航空券予約、購入
  • ホテル(ホテル内の店舗)での支払い
  • レンタカー利用料金の支払い
  • 各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金の支払い
  • nanacoクレジットチャージ・楽天Edy・Vプリカなどへのチャージ
  • 公共料金、電話料金、衛星放送・CATV視聴料、インターネットプロバイダー利用料/新聞購読料(電子版含む)、保険料、レンタルサーバ、ウオーターサーバ定額サービス、通信教育、各種月会費など

スマホ決済アプリには対応している

Kyashをスマホ決済アプリに紐付けることは可能です。

また、後ほど説明しますが、Kyashのキャッシュバック対象にスマホ決済アプリでの利用料金も含まれるので、ポイントが貯まるスマホ決済アプリと併用してさらにお得に利用することができます

Kyashを使って直接決済できない場面では、スマホ決済アプリで使い、支払い元をKyashにするのも1つの方法です。

Kyashの基本的な使い方
  • リアルカードとバーチャルカードの2種類がある
  • リアルカードを申し込めばバーチャルカードも利用できる
  • プリペイド式なのでチャージが必要
  • 全国のVisa加盟店で利用することができる
  • スマホ決済アプリとの紐付けが可能

次は、Kyashをよりお得に利用する方法を紹介します。
Kyashリアルカードの特徴とメリットからお得な使い方まで解説