QUICpayの使い方|初期設定からカード登録・解除方法まとめ

QUICPayカードは、端末にカードをタッチするだけで決済が完了する、非接触型IC機能を搭載しています。

それだけでも便利なQUICPayカードですが、もっと便利に使える方法があることをご存知でしょうか。

スマホ(iPhone / Android)にカードを登録することで、財布からカードを取り出すことなく、スマホだけでスピーディーな支払い(決済)が可能となります。

QUICPayをスマホで使用するためには、端末にカードを登録する設定が必要になります。

この記事では、QUICPayの使い方に関する、以下の4つの項目について解説します。

QUICPayの使い方
  • QUICPayカードをiPhoneに登録する方法
  • QUICPayカードをAndroid に登録する方法
  • QUICPayをスマホで使用する方法
  • QUICPay登録カードの解除(削除)方法

画像引用元:QUICPay公式サイト

QUICPayカードをiPhoneに登録する方法(Apple Pay)

画像引用元:iPhoneではじめる(Apple Pay)|QUICPay

まずはじめに、QUICPay対応カードをiPhone (Apple Pay)で使用するための設定手順について解説します。

QUICPayカードをApple Payに登録する手順は以下のようになります。

  1. iPhoneのWalletアプリを起動する
  2. 右上の「+」ボタンをタップする
  3. 続けるボタンをタップする
  4. カードの種類「クレジット/プリペイドカード」を選択する
  5. カメラ画面が表示されるのでカードを枠内におさめる
  6. 同意する
  7. 次へをタップする
  8. カード認証(SMS / 発信)
  9. 認証コードの入力

(1)iPhoneのWalletアプリを起動する

画像引用元:iPhoneではじめる(Apple Pay)|QUICPay

iPhoneにプリインストールされているWalletアプリを起動します。WalletアプリはiPhone 7以降の機種で使用できます。

またはiPhoneの「設定」>「WalletとApple Pay」からも設定が可能です。

万が一Walletアプリを消してしまっていたり、インストールされていない場合はApp Storeよりダウンロードできます。

アップルストア

(2)右上の「+」ボタンをタップする

Walletアプリを起動したら、右上の「+」ボタンをタップします。

設定から進んだ場合は「WalletとApple Pay」から「カードを追加」を選択します。

(3) 続けるボタンをタップする

Apple Payの説明画面が表示されます。一番下に「続ける」ボタンがあるのでタップして次に進みます。

(4) カードの種類「クレジット/プリペイドカード」を選択する

カードの種類を選択する画面が表示されます。「クレジットカード/プリペイドカード」を選択して進みます。

(5)表示されたカメラ画面でカードを枠内におさめる

カードを読み取るカメラ画面が表示されます。

QUICPay対応カードの表面(カード番号が記載されている面)を読み取ればWalletアプリへのカード登録は完了します。

もしもカードがうまく読み取れない場合は、読み取り画面の下の「カード情報を手動で入力」をタップします。

入力画面が表示されるので指示にしたがい項目を入力していけば、手動でのカードの登録もできます。

(6)同意するをタップする

カード情報を入力すると、同意画面が表示されます。右下の「同意する」をタップして次に進みます。

(7)次へをタップする

WalletアプリにQUICPayカード登録の完了画面が表示されれば、あと少しで登録完了です。

ここからカードの認証を行います。

右上の「次へ」タップします。

(8)カード認証(SMS / 発信)

カード認証方法は以下の2種類が表示されるので、都合の良い方法を選択します。

  • SMS
  • カード会社に発信

SMSを選択すると、認証コードがiPhoneのショートメールに送信されます。

カード会社に発信を選択すると、電話をかけ自動アナウンスによる認証コードを聞きます。

この場合、忘れないようにメモなどに認証コードを残すようにしてください。

SMSのほうが、コードをメモしたりする必要がないので、おすすめの認証方法です。

万一SMSコードが届かない場合は、電話発信をお試しください。

(9)認証コードの入力

前項目でSMSまたは発信を選択すると、認証番号の入力画面に切り替わります。

SMSまたは電話で取得した認証コードを入力します。

入力したら「アクティベート完了」画面が表示されるまで待ちます。

以上の手順でQUICPayカードが、iPhoneのWalletアプリに登録されました。

※注意
Walletアプリが使用できるのはiPhone 7以降の機種となります。

QUICPayカードをAndroid に登録する方法 (Google Pay)

画像引用元:Androidではじめる(Google Pay)|QUICPay

QUICPay対応カードをAndroid端末 (Google Pay)で使用するための設定手順について解説します。

QUICPayカードをAndroid端末に登録する手順は以下のようになります。

  1. Google Payアプリをダウンロードして起動する
  2. 支払いタブをタップする
  3. +お支払い方法をタップする
  4. クレジット/プリペイド/デビットをタップする
  5. カードをカメラで読み込む
  6. 同意するをタップする
  7. 本人認証(メール/SMS/電話)

(1)Google Payアプリをダウンロードして起動する

画像引用元:Androidではじめる(Google Pay)|QUICPay

まずGoogle Playストアで「Google Pay」アプリをダウンロードします。

グーグルプレイ

(2)支払タブをタップする

Google Payアプリをダウンロードし起動したら、下部の「支払タブ」をタップします。

(3)+お支払い方法をタップする

設定を始めましょう、という画面に遷移するので、最下部にある「+お支払い方法方法」ボタンをタップして次に進みます。

(4)クレジット/プリペイド/デビットをタップする

次に以下2つの選択肢が表示されます。

  • 電子マネー
  • クレジット/プリペイド/デビット

「クレジット/プリペイド/デビット」をタップします。

(5)カードをカメラで読み込む

カードを読み込むカメラ画面が表示されるので、QUICPayカードの表面(カード番号が記載されている面)を枠内におさめスキャンします。

もしもカードがうまく読み取れない場合は、読み取り画面の下の「カード情報を手動で入力する」をタップします。

カード情報の入力画面が表示されるので、指示にしたがい項目を入力していけば、手動でカードを登録することができます。

(6)同意するをタップする

同意画面が表示されるので、「同意する」をタップして本人認証に進みます。

(7)本人認証(メール/SMS/電話)

本人認証方法は以下の3種類が表示されるので、都合の良い方法を選択します。

  • メール
  • SMS
  • 電話

メールはメールアドレスでの認証コードの取得、SMSはショートメールによる認証コードの取得、電話は発信による自動アナウンスでの認証コードの取得となります。

最も早く楽なのはSMSによる認証コードの取得です。

電話での認証を行う場合、忘れないよう認証コードをメモなどに残すようにしてください。

上記3つの方法のいずれかで取得した認証コードを入力します。

以上の手順でQUICPayカードが、AndroidのGoogle Payアプリに登録されました。

※注意
Google PayはAndroid5.0以降かつFeliCa搭載端末おサイフケータイ アプリ6.1.5以上で利用できます。

次のページでは、QUICPayをスマホで使用する方法について解説します。