クレジットカードおすすめランキング

Apple Payの使い方|初期設定からカード登録・解除方法まとめ

Apple Pay利用イメージ

スマホ決済『Apple Pay』は、対応するiPhone(Apple Watch)とクレジットカードがあれば数分で登録できます。

利用も簡単で、お店に設置されている決済端末にスマホをかざすだけ。Suicaを登録しておけば改札もかざすだけでラクラク通れます。

カードが不要になったらiPhoneを使って簡単に削除することもできます。

この記事ではApple Payの設定方法と解除方法を画像を交えて解説します。

Apple Payの登録・使い方・解除方法まとめ
  • Apple Pay対応のデバイスとカードを用意
  • iPhoneの『Wallet』でクレジットカードを登録
  • スマホを機械にかざすだけで決済できる
  • カードの削除は『設定』もしくは『Wallet』で簡単にできる

Apple Payの利用に必要なもの

Apple Payを利用するために必要なものは下記の通りです。

  • Apple Pay対応のデバイス
  • バージョンはiOS 10.1以上
  • Apple Pay対応のクレジットカード(またはプリペイドカード・デビットカード)

Apple Pay対応のデバイス

AppleがApple Payのサービスを開始したのは2014年です。そのため、それ以前に販売されたデバイスはApple Payに対応していません。

対応しているデバイスと、登録後に使えるサービスの一覧は下記の通りです。

端末交通機関店舗アプリ内Web上
iPhone 8シリーズ以降
国内販売のiPhone7シリーズ
iPhone 6シリーズ--
iPhone SE(第1世代)--
国内販売のApple Watch Series2以降-
Apple Watch Series1---
Apple Watch(第1世代)---
iPad(第5世代以降)--
iPad Pro--
iPad Air2--
iPad mini(第3世代以降)--
2012年以降発売のMac---

日本の決済規格FeliCaが搭載されたのはiPhone7以降です。iPhone7より後に販売された機種は、Apple Payのすべての機能を使えます。

iPhone 6以前にはFeliCaが搭載されていないため、オンライン決済は使えますが非接触決済(交通機関の改札やコンビニのレジなどでスマホをかざす方法)が利用できません。

まずはお使いのデバイスがApple Payに対応しているかを確認しましょう。

バージョンはiOS 10.1以上

デバイスがApple Payに対応していることを確認したら、次はバージョンを確認しましょう。

Apple Payが利用できるのはiOS 10.1以上です。もしiOS 10.1以下なら、デバイスのバージョンをアップデートしましょう。

iPhoneのアップデート方法は下記の通りです。

  1. ホーム画面から『設定』をタップ
  2. メニューから『一般』をタップ
  3. 『ソフトウェア・アップデート』をタップ
  4. 『今すぐインストール』をタップ

Apple Pay対応のカード

Apple Payにはクレジットカードはもちろん、プリペイドカードやデビットカードを登録できます。

しかし、すべてのカードがApple Payに対応しているわけではありません。基本的にはiDまたはQUICPay機能の付帯するカードが登録できます。

現在発行されている多くのカードがApple Payに対応していますが、一部対応していないものもあります。

対応するクレジットカードについては以下のサイトで確認できます。

なお、Suicaチャージに利用するクレジットカードは、Apple Pay非対応のカードも登録可能です。

Apple Payの登録方法

ここからは、実際にApple Payに登録する方法を解説していきます。

カードの登録方法

まずはカードの登録方法から。画像ではビューカードを利用していますが、他のカードも登録方法は同様です。

1Walletのアプリを開く

Apple Pay howto 1

iPhoneにプリインストールされている『Wallet』アプリを開きます。

2『+』もしくは『カードを追加』をタップ

Apple Pay howto 2

右上の『+』マークもしくは『カードを追加』のどちらかをタップします。

3『次へ』をタップ

Apple Pay howto 3

Apple Payの簡単な説明が表示されるので、右上の『次へ』をタップします。

4『クレジットカード/プリペードカード』をタップ

Apple Pay howto 4

カードの種類から『クレジットカード/プリペイドカード』をタップします。

5カード情報の読み取り・入力

Apple Pay howto 5

追加したいカードを内蔵カメラで読み取ります。うまく読み取れない場合はカード情報を手動で入力することもできます。

6『名義』と『カード番号』の確認

Apple Pay howto 6

カメラで読み取ったカードの名義とカード番号が自動入力されます。もし読み取れていなければ手動で入力し、右上の『次へ』をタップしましょう。

7『有効期限』と『セキュリティコード』の入力

Apple Pay howto 7

有効期限とセキュリティコードの入力画面になります。カメラでの読み取りが成功していれば有効期限は自動入力されています。

もし自動入力されていない場合は手動で入力しましょう。

セキュリティコードは手動での入力が必要です。カード裏面に記載されている3桁の数字を入力して右上の『次へ』をタップしましょう。

8利用規約に同意する

Apple Pay howto 8

表示された利用規約を読み、『同意する』をタップします。

9登録完了

Apple Pay howto 9

クレジットカードの登録完了画面が表示されたら右上の『次へ』をタップしましょう。

10認証コードの取得

Apple Pay howto 10

SMSもしくはカードに関連付けられている電話番号へ発信し、認証コードを取得します。どちらかをタップして認証コードを受け取りましょう。

11認証コードの入力

Apple Pay howto 11

⑩で受け取った認証コードを入力して『次へ』をタップします。

12Apple Payの設定完了

Apple Pay howto 12

画像引用元:ビューカードをApple Payに追加する方法:ビューカード

以上でApple Payにクレジットカードが登録できました。

なお、登録できるカードの枚数はiPhone 8以前の機種で8枚まで、iPhone 8以降の機種では12枚までです。

Suicaの登録方法

Apple PayでSuicaを利用することもできます。SuicaもWalletアプリから簡単に設定可能です。

1Walletアプリを開き、右上の『+』をタップ

Apple Pay howto 2

ここまではカードを登録する方法と同様です。

2『Suica』をタップ

Apple PayにSuicaを登録1

カードの種類で「Suica」を選択します。

3入金額を入力または既存のカードを登録

Apple PayでSuicaを設定する方法

4(既存のカードを登録する場合)Suica ID番号下4桁を入力

Apple PayにSuicaを登録2

画像引用元:Apple PayのSuica:JR東日本>Apple PayのSuicaをはじめる

手元のSuisaプラスチックカードを裏返し、右下に記載されている下4桁の数字を確認しましょう。

記名式SuicaやSuica定期券の場合は生年月日の入力も必要です。

5カードを転送

アイフォンスイカ

画像引用元:iPhone 、iPod touch 、Apple Watch で Wallet を使う方法 – Apple サポート

プラスチックカードの上にiPhone上部を置き、しばらくそのままで待ちましょう。転送が完了すれば設定は終わりです。

Apple Payの使い方

Apple Payの設定が完了したら、街中で使ってみましょう。

Apple Payで支払う方法

Apple Payの使い方は簡単です。「iD」または「QUICPay」で払う旨を伝え、お店にある決済機械(非接触型リーダー)にスマホをタッチさせるだけです。

『Face ID』搭載の機種は顔認証で、『Touch ID』搭載の機種は指紋認証で利用可能な状態にしておきましょう。

iDの表示

画像引用元:Apple Pay(アップルペイ)とは?クレジットカードの三井住友VISAカード

なお、登録したクレジットカードがiDかQUICPayどちらに対応しているかは、画面を見ればわかります。上記のように、iD対応カードならiDのロゴが表示されています。

Apple Payが使えるお店

Apple Pay

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple Payが使える街中のお店には、上記ロゴが掲示されています。

利用可能店舗は、Appleの『マップ』アプリで検索することもできます。アプリを開き、「Apple Pay」と検索すると利用可能店舗が表示されます。

Apple Pay対応web上

画像引用元:Apple Pay が使える場所について – Apple サポート

また、App内やSafariなど、オンラインでApple Payを使えるお店には上記ロゴが明記されています。

なお、Apple PayはSafariのブラウザ使用時にしか使えません。Google ChromeなどではApple Payマークが表示されないため注意しましょう。

VISAはオンライン決済に非対応

Apple PayにVISAブランドのカードを登録した場合、オンライン決済にApple Payを使うことはできません

街中での決済には問題なく使えますが、オンラインで利用したい場合はMastercardなど他のブランドを登録しましょう。

Apple Payに登録したカードの解除方法

最後に、Apple Payに登録したクレジットカードの解除方法を解説します。

カードを解約した場合などは速やかに解除を行いましょう。

Apple Payに登録したクレジットカードは『設定』もしくは『Wallet』から簡単に削除することができます。

『設定』から解除する方法

iPhoneの『設定』から解除する方法です。

1『設定』を開く

Apple Pay削除_1

iPhoneの各種設定ができる『設定』のアプリを開きます。

2『WalletとApple Pay』をタップする

Apple Pay削除_2

各種設定メニューの中から『WalletとApple Pay』をタップします。

3削除したいカードを選択

Apple Pay削除_3

Apple Payに登録しているカードが表示されるので、登録を解除したいカードをタップします。

4『このカードを削除』をタップ

Apple Pay削除_4

カード情報が表示されます。スクロールすると出てくる『このカードを削除』をタップします。

5『削除』をタップ

Apple Pay削除_5

画像引用元:【Apple Pay】Apple Payに登録したカードを削除したい | よくあるご質問 | サポート | au

再度確認として『削除』もしくは『キャンセル』の選択肢が表示されるので『削除』をタップして削除完了です。

『Wallet』から解除する方法

『設定』アプリからではなく、『Wallet』アプリ内でカードを削除することもできます。

手順は下記の通りです。

  1. 『Wallet』アプリを開く
  2. 削除したいカードをタップ
  3. カードの詳細画面で『このカードを削除』をタップ
  4. 『削除』をタップ

『設定』からの削除とほぼ手順は同じです。使い慣れている画面で解除を行いましょう。

Apple Payは一度登録すれば簡単・便利!

Apple Pay利用イメージ

Apple Payの登録・使い方・解除方法まとめ
  • Apple Pay対応のデバイスとカードを用意
  • iPhoneの『Wallet』でクレジットカードを登録
  • スマホを機械にかざすだけで決済できる
  • カードの削除は『設定』もしくは『Wallet』で簡単にできる

Apple Pay対応のデバイスとカードがあればWalletアプリで簡単に設定できます。

登録さえしてしまえばちょっとした買い物の時はスマホ一台持っておけばいい状態になります。

持ち物が減り、レジでの時間を短縮できるので、Apple Payに対応している機種・カードを持っている方はApple Payを活用しましょう!

Apple Payで使える電子マネーはiD・QUICPay・Suicaの3種類