イニシャルカード
  • 2021年3月23日
  • 2021年7月5日
当サイトには広告が含まれます

三菱UFJカードは29歳以下限定|学生も申込可能で卒業後はゴールドに

三菱UFJカードは三菱UFJニコスが発行する18歳〜29歳以下限定の若年層向けクレジットカードです。

申込者が学生か社会人かによって、申込条件や年会費などが変わるため、発行前に三菱UFJカードの詳細を確認しておきましょう。

この記事では、三菱UFJカードの基本情報から、メリット・デメリットやどんなに人おすすめかなどを具体的にわかりやすく紹介します。

発行を考えている方は参考にしてください。

三菱UFJカードのメリット
  • 在学中は年会費が無料
  • 入会3ヶ月間はポイント3倍
  • 「POINT名人.com」経由でポイント最大25倍
  • 最大2,000万円の海外旅行保険が付帯
  • 年間100万円までのショッピング保険が付帯
  • 最短で翌営業日に発行
三菱UFJカードのデメリット
  • 通常時のポイント還元率は0.3%〜0.5%と高くない
  • 社会人の方は年会費がかかる場合がある
  • 学生の方の利用可能枠は最大でも30万円まで

※本記事の価格は全て税込みです。

三菱UFJカードの特徴・基礎知識

三菱UFJカード

三菱UFJカード
還元率ポイント0.5%〜19%
マイル0.2%
年会費初年度無料
2年目以降1,375円 ※無料条件あり
家族カード440円
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料1枚につき
1,100円(税込)
年会費無料
電子マネーSuica
楽天Edy
QUICPay
Apple Pay
※QUICPay、Apple Payは、Mastercard®とVisaのみ
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
American Express®
発行会社三菱UFJニコス株式会社
発行期間最短翌営業日
Mastercard®とVisaのみ
※前年度の年間ショッピングご利用回数1回以上で無料

三菱UFJカードは三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードです。

18歳〜29歳以下の方限定のカードで、申込資格は下記のとおりです。

  • 学生
    18歳以上29歳以下で学生の方(高校生を除く)
  • 社会人
    18歳以上29歳以下で安定した収入のある方

社会人が申し込む場合は安定収入の条件が加わります。

また、学生・社会人どちらであっても未成年の方は親権者の同意が必要です。

カードの基本年会費は初年度無料、2年目以降1,375円ですが、学生の方は在学中ずっと年会費無料です。

さらに学生以外の方も、特定の条件をクリアすることで年会費を無料にすることができます。

ポイント還元率は交換先によって異なり、0.3%〜0.5%程度です。

しかし、入会後3ヶ月間はポイント3倍、利用額に応じたポイントボーナスなどの特典があります。

海外旅行保険やショッピング保険なども付帯しているため、無料で持てる18歳〜29歳以下の学生の方にはおすすめしたいクレジットカードです。

三菱UFJカードのメリット・優待特典

メリット

続いて三菱UFJカードのメリットや優待特典をまとめました。

三菱UFJカードのメリット
  • 在学中は年会費が無料
  • ポイントアップの仕掛けが多数あり
  • 最大2,000万円の海外旅行保険が付帯
  • 年間100万円までのショッピング保険が付帯
  • 最短で翌営業日に発行

在学中は年会費が無料

三菱UFJカードは18歳〜29歳以下であれば、学生の方(※高校生を除く)でも発行できるカードで、在学中であれば年会費は無料です。

社会人も申し込めますが、2年目以降1,375円の年会費が発生します(前年度の年間ショッピング利用額20万円以上かつWEB明細チェック登録で無料)。

学生なら在学している限り無条件で年会費無料となるため、学生で初めてクレジットカードを使う方、年会費無料のクレジットカードを探している方におすすめです。

ポイントアップの仕掛けが多数あり

三菱UFJカードを利用すると、1,000円ごとに1ポイントの「グローバルポイント」が貯まります。

グローバルポイントの価値は交換先によって異なり、1ポイントあたり3〜5円が相場です。よって還元率は0.3%〜0.5%です。

一見すると高いとは言えない還元率ですが、使い方次第で実質の還元率をアップさせることができます。

  • 入会後3ヶ月はポイント3倍
    入会月を含めた4ヶ月目の末日利用分までポイントが3倍(還元率最大1.5%)
  • グローバルPLUSでポイント還元率最大50%UP
    月間のショッピング利用額に応じて、当月のポイント獲得数が20〜50%アップ
  • 「POINT名人.com」経由でポイント最大25倍
    POINT名人.comを経由して各ネットショップでお買い物をすると、基本ポイント還元率が2倍〜25倍

なお、獲得したポイントは、キャッシュバック、他社ポイントとの交換、景品との交換などに使えます。

できるだけ還元率が高い交換先を選ぶことが、お得にポイントを使うコツです。

交換先の一例を紹介します。

交換先交換レート還元率
キャッシュバック500pt→2,000円0.4%
Pontaポイント200pt→800pt0.4%
Tポイント200pt→600pt0.3%
nanacoポイント200pt→600pt0.3%
WAONポイント200pt→600pt0.3%
JALマイル200pt→400マイル0.2%
dポイント200pt→800pt0.4%
ベルメゾン・ポイント500pt→2,500pt0.5%
ビックポイント500pt→2,500pt0.5%

グローバルPLUSでポイント還元率最大50%UP

三菱UFJカードには「グローバルPLUS」というポイント優遇があります。

月間のショッピング利用額に応じて、当月のポイント獲得数が20〜50%アップします。

月間のショッピング利用額加算ポイント
10万円以上基本ポイントの50%
3万円以上10万円未満基本ポイントの20%

つまり、月々10万円以上利用するなら実質還元率は0.75%です。

グローバルPLUSの優遇を受けるために別途でエントリーなどをする必要はありません。利用額に応じて自動的に適用されます。

「POINT名人マイセレクト」でさらにポイントが貯まる

POINT名人.comでネットショッピングをする際は、「POINT名人マイセレクト」という特典も活用しましょう。

POINT名人.com掲載のWEBショップの中からお気に入りのWEBショップをセレクト登録すると、通常のポイント倍率よりも優遇された加算ポイントが付与されます。

この特典は三菱UFJカード限定です。もちろん無料で利用できます。

POINT名人.comを利用する際には有効活用してポイントを貯めましょう。

最大2,000万円の海外旅行保険が付帯

三菱UFJカードには最大2,000万円の海外旅行保険が付帯しています。

初年度の補償金額は最高2,000万円です。翌年度以降は前年のショッピング利用額が20万円以上であればそのまま継続します。

20万円未満の場合、以下のように補償額が変わります。

項目初年度2年目以降
(前年度20万円未満)
付帯条件
自動付帯
死亡・後遺障害最高2,000万円最高100万円
傷害治療200万円5万円/10万円/20万円
疾病治療200万円5万円/10万円/20万円
救援者費用200万円50万円
賠償費用2,000万円100万円
携行品損害
※1事故につき自己負担3,000円、年間100万円限度
1旅行につき20万円
1旅行につき10万円

年会費実質無料ながら、傷害・疾病治療200万円補償、さらに携行品損害補償まで付く保険は貴重です。

1回の補償期間は日本を出国してから90日間です。

旅行好きな方はもちろん、短期留学を考えている方にもおすすめです。

年間100万円までのショッピング保険が付帯

三菱UFJカードには、年間100万円までのショッピング保険が付帯しています。

ショッピング保険は、三菱UFJカードで購入した品物の破損、盗難などを購入日より90日間補償してくれるサービスです。

海外で利用した分は、支払方法問わずショッピング保険が適用となるため、安心してお買い物を楽しむことができます。

日本国内で購入した品物に対しては、リボ払いもしくは分割払いで利用した分のみに適用されます。

リボ払い「楽Pay」に登録した場合もショッピング保険の対象となります。

最短で翌営業日に発行

三菱UFJカードはクレジットカードを急いで発行したい方にもメリットがあります。

最短で翌営業日に発行されるためです。

クレジットカードの中には、申込から発行までに数週間かかるものもあります。

ただし、発行までの期間は申込後の審査によって人それぞれ異なります。

早く受け取りたい方は、土日祝などを避けて平日に申込をおこないましょう。

三菱UFJカードのデメリット

デメリット

メリットがたくさんある三菱UFJカードですが、デメリットについても触れておきます。

三菱UFJカードのデメリット
  • 通常時のポイント還元率は0.3%〜0.5%と高くない
  • 社会人の方は年会費がかかる場合がある
  • 学生の方の利用可能枠は最大でも30万円まで

通常時のポイント還元率は0.3%〜0.5%と高くない

1つ目のデメリットは、通常時のポイント還元率が高くない点です。

前述しましたが、三菱UFJカードでは通常1,000円ごとに1ポイントのグローバルポイントが貯まります。

1ポイントの価値は交換先によって異なり、3円〜5円ほど。ポイント還元率は0.3%〜0.5%です。

ポイント還元率が1.0%以上のクレジットカードも多くあることを踏まえると、三菱UFJカードのポイント還元率は物足りないかもしれません。

ただし、メリットでも紹介したとおり「入会後3ヶ月間ポイント3倍」や「グローバルPLUS」、「POINT名人.com」といったポイント還元率をアップさせるための特典が多数用意されています。

これらの特典をうまく活用することで、ポイント還元率が高いクレジットカードに負けないくらいお得にポイントを貯めることが可能です。

社会人の方は年会費がかかる場合がある

社会人の方にとってのデメリットですが、2年目以降に1,375円の年会費が発生する可能性があります。

社会人の方が三菱UFJカードを利用する場合、初年度年会費は無料ですが、2年目以降は条件付きで無料です。

条件は次のとおり。

  • 前年度の年間ショッピング利用額が20万円以上
  • WEB明細チェックに登録する

WEB明細チェックには無料で簡単に登録できるため、ポイントとなるのは「三菱UFJカードで年間20万円使うかどうか」でしょう。

年間利用額が20万円に満たない場合は、無条件で年会費が無料のクレジットカードを検討するのも手です。

学生の方の利用可能枠は最大でも30万円まで

3つ目のデメリットは、学生の方の利用可能枠が低めに設定される点です。

クレジットカードは、基本的に申込者の返済能力などにあわせて利用可能枠が設定されます。

三菱UFJカードの場合、利用可能枠は下記のように学生と社会人で異なります。

  • 学生:10万円〜30万円
  • 社会人:10万円〜100万円

アルバイトや仕送りが収入源の学生は返済能力が低いため、社会人よりも利用枠が低めに設定されているのでしょう。

一般的には、学生の初回申込時の利用可能枠は10万円に決定されると考えられます。

学生が高額の買い物を利用したい場合、クレジットカードを利用できない可能性があることに留意しておきましょう。

三菱UFJカードと三菱UFJカード ゴールド|更新時自動切り替え

三菱UFJカード ゴールド

三菱UFJカードは、初回カード更新時(原則5年後)に三菱UFJカード ゴールドへ自動切り替えとなります。

特別な申し込みや手続きをせずにゴールドカードが手に入るのは大きなメリットでしょう。

三菱UFJカード ゴールドは年会費2,095円と格安ながら特典が詰まった優秀な1枚です。

三菱UFJカード ゴールドに切り替わると、以下の特典が加わります。

  • 利用可能枠最大200万円
  • 誕生月ポイント1.5倍
  • 年間利用額に応じてポイントボーナス(プレミアムスタープログラム)
  • 空港ラウンジ無料利用
  • 国内旅行保険最高2,000万円(利用付帯)
  • 国内渡航便遅延保険
  • 外貨キャッシュ購入レートの優遇などの特典

切替時には審査がおこなわれ、必ずしも取得できるとは限りませんが、直接申し込むより審査通過の可能性は高いと考えられます。

ただし、三菱UFJカード ゴールドは学生の方は申し込むことができません

そのため、三菱UFJカードのカード更新時(原則5年後)に在学中だった場合は、卒業後の初回カード更新時に自動切り替えとなります。

三菱UFJカードの審査

チェックリスト

続いては、三菱UFJカードの審査について解説します。

三菱UFJカードに限らず、クレジットカードの審査内容は一般に公開されていません

しかし、審査でチェックされるポイントなどはある程度予測できます。申し込む前にあらかじめ確認しておきましょう。

三菱UFJカードの申込条件

公式サイトで明記されている三菱UFJカードの申込資格は下記のとおりです。

[学生の方] 18歳以上29歳以下で学生の方(高校生を除く)。
未成年の方は親権者の同意が必要です。
[社会人の方] 本会員
18歳以上29歳以下で安定した収入のある方。
未成年の方は親権者の同意が必要です。

引用元:三菱UFJカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

三菱UFJカードに申し込みたいなら、まずは上記の申込資格は確実に満たしていることを確認してください。

三菱UFJカードは比較的申し込みやすい

三菱UFJカードは学生なら年会費無料、また18歳〜29歳以下限定という若年層向けカードのため、作りやすいと予想できます。

審査基準は、申込フォームで記入する内容がスコアリング(数値化)され、その合計値によって判断されるのが一般的です。

基本的には年収が高い、勤続年数が長いといった要素が審査に有利に働きますが、そもそも収入の少ない学生をターゲットとするカードなので間口は比較的広いでしょう。

とは言え、審査に落ちることもあります。審査を通すコツを押さえましょう。

三菱UFJカードの審査を通すコツ

三菱UFJカードの審査を通すコツをまとめました。

  • 申込フォームは任意項目もできるだけ埋める
  • 申込フォームでは虚偽の情報を申告しない
  • キャッシング枠を0円にしておく
  • 他のカードなどで支払遅延・延滞をおこさない

申込フォームは任意項目もできるだけ埋める

クレジットカードの審査は、申込フォームに記入された内容を元に行われます。

クレジットカードを発行する会社にとって、申込者の情報が多ければ多いほど正確な審査が行えます

たとえば学生が三菱UFJカードに申し込む場合、本業は当然「学生」と申告しますが、任意で副業の申告も可能です。

三菱UFJカードの申し込みフォーム

もしアルバイトをしているなら、「パート・アルバイト」にもチェックをつけておくと有利に働く可能性があります。

また、電話番号は携帯電話と自宅の電話番号のどちらか1つのみの入力で問題ありません。

しかし、両方を記入しておくと「この人は連絡がつきやすい」という評価を得られる可能性があります。

このように、情報を多く提供すると審査にプラスの影響を与えることがあるため、できるだけ任意項目も埋めておきましょう。

申込フォームでは虚偽の情報を申告しない

審査を通過することを目的とした虚偽の申告は絶対に避けましょう。

もし虚偽であることが発覚すると、審査に落ちる可能性があります。

場合によっては、虚偽の内容を申告したことによって「社内ブラック」になり、その後の審査にも通りづらくなる可能性があります。

たとえ悪意のない単なる入力ミスでも同じことです。申込フォームは記入後によく確認してから送信しましょう。

キャッシング枠を0円にしておく

三菱UFJカードにはキャッシング機能も付いています。申し込むフォームにてキャッシング利用可能枠の希望の有無を申告する必要があります。

キャッシング枠を設定すると「総量規制」という法律に抵触しないかチェックが必要となるなので、審査が厳しくなります。

キャッシングの予定がなければ、キャッシングは「0円」と申告しましょう

他のカードなどで支払遅延・延滞をしない

他のクレジットカードや各種ローンで支払遅延・延滞を起こすと、個人信用情報に登録されます。

クレジットカード会社は審査の際に申込者の信用情報を照会します。

その結果、支払遅延・延滞の履歴は明らかになり、審査にマイナスな影響を与える可能性があります。

他のクレジットカードやスマホ代金の割賦払いなど、支払いは確実におこないましょう。

三菱UFJカードがおすすめなのはこんな方

三菱UFJカードがおすすめな人は、下記のような方です!

三菱UFJカードがおすすめな方
  • 18歳〜29歳以下の学生
  • 3ヶ月以内に大きな買い物の予定がある方
  • 将来的にゴールドカードに切り替えたい方
  • 年会費のかからない海外旅行保険付帯のカードを探している方

三菱UFJカードは在学中であれば年会費無料のため、18歳〜29歳以下の学生の方には特におすすめしたいカードです。

「初めてのクレジットカードをどれにしようか迷っている」という学生の方は、維持コストをかけずに利用できるため気軽に発行しやすいでしょう。

また、入会後3ヶ月間はポイント3倍のため、近々大きなショッピングの予定がある方にもおすすめです。

初回更新時にはゴールドカードに自動切り替えできるため、将来的にゴールドカードを持ちたいと思っている方にもメリットがあります。

海外旅行保険も最高2,000万円と充実しているので、留学や海外旅行を検討している方にもおすすめできます。

メリットを感じる方は迷わず発行してみましょう!