クレジットカードおすすめランキング

iPhoneとマイナンバーカードで確定申告する方法|画像で手順解説

iphone-410324__480

スマートフォンをお持ちで、マイナンバーカードをお持ちの方には朗報です。

確定申告が、e-Taxアプリで可能になりました。

スマートフォンでの確定申告のメリットと、その手順を見ていきましょう。

マイナンバーカードのない人も、確定申告書類の作成だけは可能ですから、ぜひ参考にしてください。

なお、Androidでも書類の作成と提出が可能ですが、この記事ではiPhoneでの作成方法を見ていきます。

iPhone確定申告とは

ipohneとapplewatch

3月は確定申告の季節です。例年、3月15日までに申告書を提出しなければなりません。

ただ2020年は、新型コロナウイルスの拡大を防ぐ観点から4月16日に締め切りが延びました。

少々猶予ができても、確定申告は大事なイベントですから万全の準備をしたいもの。

2020年の確定申告の目玉は、スマートフォンを使っての確定申告です。

必要なアイテムと環境について確認します。

iPhoneを使った確定申告の種類
  • マイナンバーカード方式でオンライン申告(←当記事で主として紹介します)
  • ID・パスワード方式でオンライン申告
  • 確定申告書類作成だけ(オンライン申告をしない)

iPhone確定申告(マイナンバーカード方式)に必要なアイテム

スマートフォンによる確定申告は、すでにごく狭い範囲で可能でした。「1ヶ所から給与をもらっている人」だけが対象となっていました。

2020年からはこの要件がなくなり、自営業者個人事業主もスマートフォンで申告できるようになったのです。

さらに、スマホ専用画面が表示されるようになり、縦型の画面でも申告内容をスムーズに入力ができます。

ところで、スマートフォンによる確定申告は書類の作成までは誰でも可能です。その先の、書類のオンライン提出となるとできる人が限られます。

書類提出の方法の2種類のうち、2020年からは基本的な方法となる「マイナンバーカード方式」の利用条件を確認しておきましょう。

iPhoneによる確定申告の条件
  • iOS 11.4以降利用
  • マイナンバーカード保有
  • iPhone7以降保有、またはカードリーダライタ保有

iPadは対象外です。

マイナンバーカード方式では、名前の通りマイナンバーカードが必須です。

マイナンバーカードの申請はスマートフォンからでもできますが、入手するまでには申し込んで1ヶ月以上かかります。

2020年の申告のためにマイナンバーカードを入手しようとすると、締め切りに間に合わない可能性が高いでしょう。

カードリーダライタは電子情報を読み込むためのツールですが、iPhone7以降のユーザーなら端末自体に読み取り機能があるので、これは不要です。

そのため、スマートフォンでの確定申告のためにカードリーダライタを購入する必要のある人は、多くないはずです。

iPhone確定申告(パスワード方式)に必要なアイテム

パスワード方式とは、e-Tax用のID・パスワードを利用してe-Taxを行う方法です。

こちらはマイナンバーカードが普及するまでの過渡期をつなぐ方式です。

パスワード方式の場合、マイナンバーカードや、カードリーダライタは不要です。

ただし、ID・パスワード方式の届出完了通知を、税務署に足を運んで入手する必要があります。

税務署職員による本人確認の上で発行してもらえます。

2020年の確定申告に間に合わせようとするなら、時期的に非常に混雑している税務署で手続きをしなければなりません。

税務署に行かなくて済むのがオンライン申告の最大のメリットなのに、これでは導入する意味が薄いでしょう。

2020年の確定申告は別の方法で済ませ、その後、空いている税務署に行くほうがいいのではないでしょうか。

そして、確定申告以外にもさまざまなシーンで使えるマイナンバーカードを取得するほうがおすすめです。

iPhoneを使って、確定申告書の作成だけもできる

オンライン申告を行わず、iPhoneの画面で確定申告書だけを作ることもできます。iPhone以外のアイテムは不要です。

この手段があることに、気づいていない人も多いのではないでしょうか。

初めて確定申告をする人や、副業所得が20万円を超えたり超えなかったりと、毎年は申告をしていない程度の人の場合、パソコン・スマートフォンで申告書類を作ることとは、つまりオンライン申告のことだと勘違いするかもしれません。

提出がオンラインで済めば確かに楽ですが、作成と提出とを比較すれば、書類作成のほうがずっと面倒な作業です。

オンライン申告のためにマイナンバーカードを用意すると聞けば、「年に一度のことなのに」と面倒に思うかもしれません。

ですが、確定申告書類の作成だけならマイナンバーカードを入手しなくても誰でも使えます。そして、これだけでもずいぶん申告が楽になります。

iPhoneで作った確定申告書を印刷し、税務署に郵送あるいは持参すれば申告は完了です。パソコンで作成した場合と変わりません。

プリンタを持っていなくても、コンビニに行けばスマートフォンからの文書出力が可能です。

オンライン申告のメリット

次に、オンライン申告全般のメリット・デメリットを見てみましょう。

先に述べましたが、確定申告書類の作成をパソコン、スマートフォンでおこなうメリットとは、別のものです。

オンライン申告のメリット
  • 税務署に行く必要がない
オンライン申告のデメリット
  • マイナンバーカード(または「ID・パスワード方式の届出完了通知」)を事前に入手しておく必要がある

メリットのほうが大きいと思えば、ぜひオンライン申告にチャレンジしましょう。

特に、すでにマイナンバーカードを持っている人にとっては、iPhoneを用いての申告こそデフォルトといってもいいかもしれません。

iPhoneオンライン申告のメリット

次にiPhoneを使って確定申告のオンライン提出をするメリット・デメリットを見てみましょう。

iPhoneでオンライン提出するメリット
  • 特殊なアイテムは不要
  • iPhone7以上ならカードリーダライタ不要
  • プリンタ不要(印刷不要)
iPhoneでオンライン提出するデメリット
  • 所得税の確定申告しか作れない

マイナンバーカードをすでに入手している人にとっては、パソコンがなくても確定申告書類が作れ、そして提出できるわけです。

パソコンがなく、やむなく手で書類を書き、持参していたという人には朗報でしょう。

ただし、スマートフォンでは所得税の申告しかできません。例として、次の書類作成はできません。

  • 消費税の申告
  • 贈与税の申告
  • 収支内訳書の作成
  • 青色申告決算書の作成

iPhone確定申告の準備

iPhoneとカードリーダライタ

それではiPhoneを使った確定申告の手順を見ていきましょう。マイナンバーカード方式を例にとって進めます。

主たる作業はiPhoneのブラウザ、Safariでおこないます。

他にアプリ2種類が必要ですが、指示に従ってインストールすれば構いません。

ブラウザだけで書類の作成までは終わります。

パスワードに注意

パスワード方式でなく、マイナンバー方式でもパスワードが必要になります。

マイナンバーカードには、実に4種類のパスワードがありますが、確定申告においては次のパスワードが必要です。

  • 署名用電子証明書(最大16桁)
  • 利用者証明用電子証明書(4桁)

この2つを忘れると手続きができませんので注意してください。

さらに、初めて「マイナポータル」にログインする人の場合、「券面事項入力補助用」パスワード(4桁)も必要となります。

パスワードを忘れた場合、市区町村の窓口で再発行してもらう必要があります。

iPhoneブラウザSafariで申告書類作成

「確定申告書等作成コーナー」にアクセスする

まずSafariを開き、以下のページにアクセスしましょう。他のブラウザは非対応です。

【確定申告書等作成コーナー】-作成コーナートップ

下のように、スマートフォン用の画面が表示されます。

iphoneでの申告手順1

申告方法の違いによって、確定申告の情報入力のための必要書類は変わりません。

初めて確定申告をする、または久し振りで必要書類を忘れた方は、トップページから以下の手順で確認しましょう。

1作成の流れはこちら
作成の流れはこちら
2「STEP1 準備」の下にある「必要な書類はこちら」
必要な書類はこちら

基本的には、収入・控除の証明となる源泉徴収票等と、控除、経費の証明となる領収書等を揃えればOKです。

作業手順に戻ります。

「作成開始」をタップし、提出方法を選ぶ

「作成の流れはこちら」の下にある作成開始をタップします。

下の写真のように、まず提出方法について3種類が表示されます。

  • e-Tax(マイナンバーカード方式)
  • e-Tax(ID・パスワード方式)
  • 書面

iphoneでの申告手順2

3「マイナンバーカード方式」を選択し、アプリをインストールする

マイナンバーカード方式を選び、「次へ」をタップします。

下の写真のように、アプリ2種類のインストールの案内が出ます。

  • マイナポータルAP(政府のオンラインサービス「マイナポータル」を扱うアプリ)
  • e-Taxアプリ(作成した確定申告書類をオンライン提出するアプリ)

iphoneでの申告手順3

App Storeへのリンクがあるので、タップしてそれぞれインストールをおこないます。

インストールが済んだらアプリは閉じて構いません。

「マイナポータルへ」をタップ

ブラウザの「App Storeからダウンロード」の下部にあるマイナポータルへをタップします。

iphoneでの申告手順4

5「マイナンバーカードでログイン」をタップ

マイナポータルが表示されるので、「マイナンバーカードでログイン」をタップします。

iphoneでの申告手順5

6「開く」をタップ

「マイナポータルで開きますか?」の質問に、「開く」をタップします。

iphoneでの申告手順6

7「利用者証明用電子証明書」のパスワードを入力

画面が自動で次々切り替わって、「マイナポータルにスマホでログイン」が開きます。

マイナンバーカードの「利用者証明用電子証明書」のパスワードを入力してくださいと表示が出ます。

4桁のパスワードを入力して、「次へ」をタップします。

iphoneでの申告手順7

8「読み取り開始」をタップ

マイナンバーカードの上に、iPhoneの画面を上にして置きます。iPhoneの上部がカードに触れるようにします。

それから「読み取り開始」をタップします。

画面が次々変わり、e-Taxアプリのメニューが表示されます。

ここでマイナポータルの同意確認画面が表示されることがあります。

その場合は同意をタップしますが、画面がパソコン向きに横向きになっているので、画面の隠れた部分に気を付けましょう。

「申告書等の作成へ」をタップ

e-Taxの画面に戻りますので、「申告書等の作成へ」をタップします。

iphoneでの申告手順1

10申告する収入の質問に回答して「確定」をタップ

再度、手順2の画面を経由し、申告する収入の質問に回答して、「確定」をタップします。

iphoneでの申告手順2

残りの簡単な質問(住宅控除、外国税額控除の有無)に答え、「次へ」をタップします。

手順3と似た画面、ただしマイナポータルアプリのインストールのない画面をスクロールし、利用規約を確認して「同意して次へ」をタップします。

マイナンバーカードを読み込ませた効果として、申告書作成画面に名前等の個人情報が自動で反映されるため、意外と楽なはずです。

収入・所得金額の入力画面まで表示されたら、準備は完全に終了です。

お疲れさまでした。

iPhoneで確定申告書を送信

数字の入力については、いつでも止めて再開することができます。

毎日少しずつ入力していってもいいでしょう。

数字を確定すると、送信準備画面が表示されます。

送信準備画面で「次へ」をタップすると、STEP1~6まであるうちのSTEP1の画面です。

「署名を付与する」をタップすると、画面が切り替わります。次の手順です。

<STEP1>

申告書類の送信手順1

  1. マイナンバーカードのパスワード入力画面が表示される
  2. マイナンバーカードの署名用電子証明書のパスワード(最大16桁)を入力して、「次へ」をタップ
  3. マイナンバーカードの上にiPhoneを載せるとマイナンバーカードが認識され、画面がまた続けて切り替わる
  4. 「Safariを確認してください」が表示されるので、「閉じる」をタップ
  5. 画面左上欄外の「Safari」をタップ

これでSTEP2に移ります。

「証明書を読み取る」をタップすると画面が切り替わります。

<STEP2>

申告書類の送信手順2

  1. マイナンバーカードのパスワード入力画面が表示される
  2. マイナンバーカードの利用者証明用電子証明書のパスワード(4桁)を入力して、「次へ」をタップ
  3. マイナンバーカードの上にiPhoneを載せるとマイナンバーカードが認識され、画面がまた続けて切り替わる
  4. 「Safariを確認してください」が表示されるので、「閉じる」をタップ
  5. 画面左上欄外の「Safari」をタップ

これでSTEP3に移ります。

<STEP3>

申告書類の送信手順3

「e-Taxアプリで送信する」をタップします。開くかどうかの質問が出ますので「はい」をタップします。

そうすると、e-Taxアプリが起動し、確定申告書データの送信がおこなわれます。

送信が成功すると、STEP4です。

<STEP4>

申告書類の送信手順3

「受付結果を確認する」をタップします。

正常に送信されたという結果が表示されるとSTEP5です。

<STEP5>

申告書類の送信手順5

スクロールすると、「遷移コードをコピー」ボタンがあり、タップします。

画面左上、欄外にあるSafariをタップするとSTEP6です。

<STEP6>

申告書類の送信手順6

遷移コード欄に、先ほどコピーした遷移コードをペーストします。

「送信票兼送付書等印刷画面」が表示されます。

スクロールして「帳票表示・印刷」をタップします。PDFが生成されます。

PDFを任意の場所に保存しましょう。

この後は、案内だけです。

画像引用元:(10) 自宅でできる確定申告 マイナンバーカード×スマート申告~iPhone編~ – YouTube

YouTubeに「自宅でできる確定申告 マイナンバーカード×スマート申告~iPhone編~」という動画があります。

この動画を見ると手順がより分かりやすくなりますので、おすすめです。

iPhoneで確定申告のまとめ

iPhoneを使った確定申告のやり方を解説してきました。

企業ではバックオフィス作業であり、仕事とは別の作業になるため、できるだけ効率化させたいですよね。

iPhoneを使えば、いろいろとスマートに申告できますので、積極的に活用してみてください。

iPhoenで確定申告
  • iPhoneで確定申告書類の作成が可能
  • 提出までをiPhoenでするためには原則、マイナンバーカードが必要
  • マイナンバーカードを新規に入手するには1カ月掛かる

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定