iPhoneでおサイフケータイを使う方法|メリットと注意すること

Apple Payを使う方法

前章でも述べた通り、iPhoneではおサイフケータイを利用することができません。

iPhoneで利用するならApple Payです。

Apple PayはiPhoneで使えるスマホ決済アプリであり、その名の通りAppleが運営しているサービスです。

まだサービスが開始されて1年程度しか経過していませんが、iPhoneでもスマホ決済ができるアプリということで早速重宝しているiPhoneユーザーの人も多いのではないでしょうか。

そんなiPhoneで使えるApple Payの使い方を詳しく紹介するので、これからApple Payを使おうと考えている人は是非参考にしてください。

WalletアプリをiPhoneで起動させる

Apple Pay

まず、iPhoneにプリインストールされているWalletアプリを開きます。

Walletアプリは上記の画像のアイコンです。

利用する時はWalletアプリを開けば使うことができますが、ロック中にホームボタン(iPhone Xシリーズはサイドボタン)を2回押すことでロック画面から簡単に起動させることができます。

Walletアプリにある「+」のマークをタップ

Walletアプリを開いたら、まずは「+」のマークをタップします。

「+」のマークをタップすると、Apple Payの案内が表示されるので「続ける」をタップしてください。

クレジットカードまたはプリペイドカードを読み込む

「続ける」をタップすると、次にカードを読み込む画面が表示されます。

iPhoneのカメラをかざし、枠内に利用するクレジットカードやプリペイドカードを入れて読み込みましょう。

もちろん、カード情報を手入力することも可能です。カード情報を入力したら、次に有効期限とセキュリティコードを打ち込んで登録完了となります。

交通系ICカードSuicaも利用可能

Apple Payでは、交通系ICカードであるSuicaも利用できます

SuicaをApple Payに登録すれば、改札にiPhoneをかざすだけで通れるようになります。

利用したい支払い方法をお店側に伝えてiPhoneをかざして決済する

Apple Payを使う時は、「Apple Payで」と言っても店員には伝わりません

Apple Payで使いたい支払い方法をお店側に伝えて利用しましょう。

  • 「クレジットカードで」
  • 「iDで」

などです。

おサイフケータイとApple Payの違い

次に、おサイフケータイとApple Payの違いについて解説していきます。

おサイフケータイとApple Payの大きな違いとしては、対応しているスマホの種類が異なるという点です。

後は利用できる電子マネーの数や、クレジットカード利用の可否なども大きく異なります。

それぞれ対応しているスマホが異なるので、どちらを選ぶということはありませんが、使い勝手が良いのはApple Payの方だと思われます。

対応スマホがAndroidスマホかiPhoneか

おサイフケータイはAndroid専用のスマホ決済アプリであり、Apple PayはiPhoneなどのApple製品専用の決済アプリです。

そもそも使える機種が異なるので、どちらを選ぶべきか迷うことはありません。

クレジットカードが使えるかどうか

おサイフケータイは電子マネーしか利用することができません。

一方でApple Payはクレジットカードの登録をすることもできます

そのため、スマホ決済アプリでクレジットカードを使いたいという人はApple Payの方が向いているでしょう。

利用できる電子マネーの数

おサイフケータイで利用できる電子マネーの数が7種類であることに対し、Apple Payは以下の3種類の電子マネーしか使うことができません。

  • iD
  • QUIC Pay
  • Suica

おサイフケータイなら、その他の電子マネーであるnanacoやWAON、楽天Edyにも対応しています。

iPhoneでApple Payを使う方法とおサイフケータイとの違い
  • iPhoneのWalletアプリを開いてカードを読み込む
  • 利用したい支払い方法をお店側に伝えてiPhoneを機械にかざして使う
  • おサイフケータイはAndroidスマホ・Apple PayはiPhone専用のサービス
  • おサイフケータイはクレジットカードを使えないがiPhoneは使える

次に、Apple Payを利用するメリット・デメリットを紹介します。
スマホ決済の種類|Apple Pay、おサイフケータイ、QUICPayなどの違い