iPhoneでおサイフケータイを使う方法|メリットと注意すること

Apple Payを利用するメリット

次に、Apple Payを利用するメリットについて解説します。

Apple PayはiPhoneをかざすだけで支払うことができるスマホ決済アプリです。

そのため、レジで財布から小銭を出したりお釣りをもらう手間が省けます。

財布やカードがなくても買い物ができるようになるので、財布やカードを紛失するリスクも減ります

また、お店側にクレジットカードの情報が共有されないなど、セキュリティ面でも非常に優れたサービスでもあります。

そんなApple Payのメリットを詳しく紹介するので、是非チェックしてください。

iPhoneをかざして最短1秒で支払いが完了

Apple PayはiPhoneをかざして最短1秒で支払いを完了させることができます。

レジで財布を取り出してお金を手渡したり、お釣りを受け取る手間が一切かかりません。

ユーザーの手間がかからないことはもちろん、店員もスムーズにレジ業務を行うことができます。

財布やカードを持ち歩く必要がない

iPhoneで支払いができるので、財布やカードを持ち歩く必要がなくなります。

そのため、財布やカードをどこかで紛失したり盗まれるリスクも軽減されるでしょう。

お店側にクレジットカード情報が共有されない

Apple Payは、登録したクレジットカードの情報をAppleで保存せず、またお店にも共有させることはありません。

あくまで「Apple Payでの支払い」という形になります。

そのため、不必要にクレジットカードの情報を拡散させることがなくなるので、不正利用や情報漏えいのリスクも少なくなります。

Apple Payと連携してポイント還元率がアップするカードも

まだApple Payがサービスを開始して間もないということもあり、Apple Payと連携したクレジットカードのポイント還元率が上がるというキャンペーンが行われることがあります。

まだサービスを開始して間もない今だからこそ、お得に利用できる可能性があります。

Apple Payを利用するデメリット

次に、Apple Payを利用するデメリットについて解説します。

Apple Payは確かに便利ですしセキュリティも信頼できるサービスですが、一方でまだサービスが始まってから1年余りしか経過していないという点がネックです。

また、キャッシュレスということでお金を遣わないという楽さはありますが、現金を遣っている感覚がないのでキャッシュレス慣れしていない人は遣い過ぎてしまう恐れがあります。

そんなApple Payのデメリットも詳しく解説するので、必ず確認した上で利用するようにしましょう。

全てのお店で利用できるわけではない

まだ1年少しのサービスなので、使えないお店もまだまだたくさんあります。

全てのお店で利用できるわけではないので、完全にiPhoneだけで買い物ができるというわけではないのです

現金を遣わないので知らない間に遣い過ぎる場合も

キャッシュレスに慣れていない人や、金銭感覚が怪しい人に多いのが、現金を遣っている感覚が薄く遣い過ぎてしまうというケース

自分がどれだけ遣ってしまうか不安な人は、自分が遣った金額をこまめに確認するようにしましょう。

クレジットカードや電子マネーのアプリの利用履歴を見ればすぐに確認できます。

Apple Payに対応していないカードも多い

Apple Payに対応していないカードも多いので、いざクレジットカードを使おうと思ったら使えなかったというケースもあります。

今後さらにサービスが拡大することを期待したいですね。

対応している電子マネーは3種類のみ

対応している電子マネーはiD、QUIC Pay、Suicaの3種類のみと、おサイフケータイに比べてかなり少ないです。

そのため、楽天Edyなどでポイントを貯めたいと考えている人にはおすすめできません。

Apple Payはクレジットカードも使えるiPhone版おサイフケータイ

最後に、Apple Payのメリット・デメリットについてまとめます。

Apple Payのメリット・デメリット
  • iPhoneをかざすだけで最短1秒で買い物ができる
  • 財布やカードを持ち歩く必要がない
  • クレジットカードの情報がお店側に共有されない
  • 全てのお店で使えるわけではない
  • 現金を遣わないので遣い過ぎるリスクもある

Apple Payは、iPhoneをかざすだけで数秒で買い物ができる非常に便利な機能です。

財布やカードを持ち歩く必要がないので、カードの紛失や盗難のリスクもなく、クレジットカードの情報がお店に共有されることもありません。

Apple側にもクレジットカードの情報は保存されないので、安全性はかなり高いといえます。

しかし、まだサービスを開始してから間もないので利用できるお店が少ない点がネックです。

キャッシュレス慣れしていない人は遣い過ぎてしまう恐れもあるので、自分が今いくら遣ったのかこまめに把握しながらApple Payを使いましょう。
Apple Payに登録するおすすめクレジットカードと設定方法