JAL CLUB Aカードで年会費以上にメリットを受ける使い方

  • 2020年12月26日
  • 2021年1月5日
JAL CLUB Aカード

JALが発行するクレジットカードに「JAL CLUB Aカード」というものがあります。

JAL CLUB Aカードは使い方次第で年会費以上のメリットを受けることができます。

今回はその魅力についてご紹介します。

本編では、一般カードやゴールドカードとの比較も掲載しています。

JAL系のカード選びに迷っている方は、カード選びの参考にしてください。

JAL CLUB Aカードの特徴
  • JALの利用が多い人ほどお得に
  • 国内外の旅行保険が自動付帯される
  • 各種のお買い物で割引が適用される
  • JALグローバルクラブへの入会も可能
  • JALを使う人にはメリットの大きいカード

JAL CLUB Aカードの特徴・基礎知識

まずはJAL CLUB Aカードの基本的な情報を紹介します。

普通のJALカードよりも搭乗時に獲得できるマイル数や付帯保険が充実している点がJAL CLUB-Aカードの特徴です。

JAL・Visaカード CLUB-Aカード

JALグローバルクラブ CLUB-Aカード
還元率ポイントなし
マイル0.5%
年会費初年度11,000円
2年目以降
家族カード3,850円
旅行保険海外最高5,000万円(自動付帯)
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay、WAON
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
発行会社VISA、Mastercard三菱UFJニコス株式会社
JCB株式会社ジェーシービー
発行期間最短2週間

JAL CLUB Aカードのメリット・優待特典

JAL CLUB Aカードには多くのメリットがあります。

新規入会でキャッシュバックやマイルが獲得できるキャンペーンも行っています。

それらを活用するとで、さらにお得さを実感できるでしょう。

それではJAL CLUB Aカードの代表的なメリットをご紹介しますね。

JAL CLUB Aカードのメリット
  • 大量の入会ボーナスがある
  • カードの保持だけで国内外の旅行保険が自動付帯
  • ビジネスクラスのチェックインカウンターが利用可能
  • 空港の免税店で割引価格が適用される
  • 機内販売商品が割引で購入できる
  • JALパックのツアー料金が割引される
  • タッチ決済が使用できる

大量の入会ボーナスがある

JAL CLUB Aカードに入会すると、以下の入会ボーナスがもらえます。

ボーナス名
獲得マイル
獲得条件
入会ボーナス
1,500
入会後、2ヶ月後の月末までにキャンペーンに参加登録し、2万円以上のカード利用
JALカードショッピングマイル・プレミアム入会ボーナス
500
入会搭乗ボーナス
5,000
入会後、JMBマイル積算対象のJAL便に初めて搭乗
JALカードアプリボーナスマイル
100
入会後、入会月の翌月末までに「JALカードアプリ」をダウンロード&ログインし、アプリに配信されるプッシュ通知「キャンペーン情報更新のお知らせ」を開封

マイル獲得の条件は比較的簡単です。

日常のショッピングでカード払いや、JAL便に乗る機会がある方であれば、難なく達成できるものばかりです。

1マイルは最低でも1円以上の価値があるため、入会すれば全ボーナス合計で7,100円分のマイルがもらえることになります。
JALマイルが貯まるおすすめクレジットカードランキング【2021年版】

カードの保持だけで国内外の旅行保険が自動付帯

JAL CLUB Aカードに入会すると旅行保険が付帯されます。

国内、海外ともにカードの入会さえしていれば適用されるという、いわゆる「自動付帯」です。

国内、海外の旅行傷害保険についてもう少し詳しく解説しますね。

JAL CLUB Aカード国内旅行傷害保険
種類
本会員・家族会員
傷害死亡
5,000万円
傷害後遺障害
150万〜5,000万円(保険金額の3%〜100%)
傷害入院日額(最高180日)
1日につき10,000円
手術/1回
入院中の手術:10万円
入院中以外の手術5万円
傷害通院日額(最高90日)
1日につき2,000円
JAL CLUB Aカード海外旅行傷害保険
種類
本会員・家族会員
傷害死亡
5,000万円
傷害後遺障害
150万〜5,000万円(保険金額の3%〜100%)
傷害治療費用(1事故の限度額)
150万円
疾病治療費用(1疾病の限度額)
150万円
賠償責任(1事故の限度額)
2,000万円
携行品損害
1旅行につき50万円限度/年間累計額100万円限度※1点・1対限度額10万円(乗車券などは合計5万円)
救援者費用(年間限度額)
100万円
[海外旅行中]日本語による24時間救急サービス
あり

JAL便を利用しなくても保険は適用

JAL CLUB Aカードの保険は、持っているだけで適用される自動付帯です。使用した飛行機がJAL便でなくても適用されます。

クレジットカードの中には、保険の適用条件として海外でのカードの使用が必要なものなど、いくつかの条件付きのものがあります。

そのため、いざ保険を使おうと思ったら条件を満たしておらず、期待していた補償が受けられないこともあります。

しかしJAL CLUB Aカードなら保険は自動付帯ですので、その心配はありません。

いざというときの保険が常に使えるのは、非常に安心できますね。

ビジネスクラスのチェックインカウンターが利用可能

JALビジネスカウンター

JAL CLUB Aカードは国際線に乗るときにビジネスクラスのチェックインカウンターを使うことができます

本来であれば、専用チェックインカウンターはビジネスクラスに乗る人しか利用できないものです。

それをJAL CLUB Aカードを持っていれば利用することができます。

もちろん、席はビジネスクラスでなくてもOK。エコノミー席でも大丈夫です。

一般のチェックインカウンターは混んでいることが多く、待ち時間の長さが苦痛という人もいるかもしれません。

ビジネスクラスのチェックインカウンターであれば非常にスムーズです。

快適さを味わえるとともに、ほかの方からも羨望のまなざしを向けられるかもしれません。

対象外になるケース

ビジネスクラスのチェックインカウンターの利用対象外となるケースには、以下の条件があります。

・他社が運航するコードシェア便
・ご利用便にビジネスクラスがない場合
・専用カウンターの設置がない空港カウンター
・国内線(国内線→国際線の乗り継ぎを含む)
・CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナ、JAL CLUB ESTをお持ちでない同伴者の方

引用元:JALビジネスクラス・チェックインカウンター

特に、「国内線(国内線→国際線の乗り継ぎを含む)」については認識違いが起こりそうな部分ですので、よく確認しておくことをおすすめします。

空港の免税店で割引価格が適用される

空港内には多くの免税店がありますが、JAL CLUB Aカードを提示することで免税品を5%~10%割引で購入することができます。

渡航先へのお土産はいつも免税店で買っているという方も多いと思いますので、割引を受けられるのは嬉しいですね。

また、一部の免税店にはJAL特約店も含まれているので、獲得マイルが倍になるという特典もプラスされます。

JAL特約店とは?獲得マイルが2倍になるお店

さきほど、「一部の免税店にはJAL特約店も含まれている」とご説明しましたが、JAL特約店とはJALと提携しているお店のことです。

普段の暮らしでよく行くような身近なお店にも、特約店があります。

JAL特約店の一例
  • ファミリーマート
  • イオン
  • ビックカメラ
  • ロイヤルホスト
  • ENEOS

上記のような店でJALカードを使えば、通常200円で1マイルもらえるところが、200円で2マイルとなり、大変お得です。

ぜひ積極的にJAL CLUB Aカードを使っていくことをおすすめします。

支払い方法はJALカードまたは現金

注意事項として、免税店で割引を受けるためには、支払い方法の条件があります。

割引対象のお支払い方法は、「JALカード」または「現金」のみになります。

引用元:空港店舗・免税店での割引サービス

JAL CLUB Aカードを提示し、支払いは他のクレジットカードや電子マネーという方法は使えないという点はご承知おきください。

JAL CLUB Aカードを提示の上で、そのまま支払いまで済ませてしまうのが最もシンプルですね。

機内販売商品が割引で購入できる

JAL CLUB Aカードには、客室乗務員が販売している機内販売品が10%オフで買えるというメリットもあります。

客室乗務員がセレクトしたおすすめ商品や、化粧品や小物など、ちょっと高級品が並んでいるイメージですが、品質は確かなもの。

割引価格で買えるなら検討してみたいという人もいるでしょう。

ぜひ機内の販売誌も手に取って見てみてはいかがでしょうか。

機内販売はマイルも2倍

なおこの機内販売も、JAL特約店という位置づけになります。

そのためここでの買い物時もショッピングマイルは2倍になる形ですね。

割引+マイル2倍で、よりお得に機内ショッピングを楽しみましょう。

JALパックのツアー料金が割引される

JALパック

JALカード会員になると、「JALパック」というツアー旅行を利用することができます。

このツアー料金をJAL CLUB Aカードで支払うと、3%~5%割引されます。

旅行プランを自分で検討するのも楽しいものですが、JAL厳選のツアーもそれはそれで満足度が高いものとなるはずです。

JAL CLUB Aカードに入会した際は、ぜひJALパックものぞいてみてくださいね。

同行者にも適用

JALツアーの割引は、本人はもちろん同行者も割引価格が適用されます。

同行者の方はJAL CLUB Aカードを持っていなくても割引されます。

ご家族や複数人での旅行で利用するとお得度も増しますね。

タッチ決済が使用できる

JAL CLUB Aカードを発行する際、カードの国際ブランドをVISAにすると、「VISAタッチ」を使うことができるようになります。

VISAタッチとは、クレジットカードをリーダーにタッチするだけで決済できる仕組みで、店員さんにカードを渡さなくても支払いできる点が特徴です。

コロナの影響もあり、店員さんにお金を手渡しするのに抵抗がある人もいるでしょう。

またカードを渡すことによるセキュリティの不安があるという人もいると思います。

VISAタッチではそれらの不安を解消でき、サインも不要で支払いも非常にスピーディなことから人気が高まっています。

海外でも使用可能

VISAタッチと同様の仕組みとして、Suicaを思い浮かべた人もいるかもしれません。

Suicaの技術であるFelicaは日本で策定された仕様で、基本的に国内でしか使用できませんが、VISAタッチの技術であるNFCは世界標準の通信方式。

そのため世界中の多くの店で使用できるのです。

VISAタッチは、今後のキャッシュレス決済の主流になっていくかもしれませんね。

JAL CLUB Aカードのデメリット

メリット満載のJAL CLUB Aカードですが、デメリットも存在します。

特に航空会社と提携のカードなのに、空港ラウンジが使えない点は注意が必要です。

では、保有するにあたってのデメリットを紹介します。

JAL CLUB Aカードのデメリット
  • JALに乗らない人にはメリットが薄い
  • 年会費はやや高い
  • 空港ラウンジの無料利用ができない

JALに乗らない人にはメリットが薄い

JALをよく利用する人にとってはメリットがありますが、JALを利用しない人はあまりメリットは大きくありません。

JALマイルの貯めやすさや手厚い旅行傷害保険など、お得がいっぱいのカードですが、JALの飛行機にあまり乗らない方はメリットを存分に活かせません。

年会費はやや高い

JAL CLUB Aカードの年会費は11,000円と、なかなかの金額です。

最近では年会費永年無料のクレジットカードもありますし、ゴールドカードでも年会費数千円で保有できるものも出てきています。

ゴールドカードでもないJAL CLUB Aカードの年会費には、ちょっと驚く人もいるかもしれませんね。

一方で、ここまで述べてきたような数々のメリットを勘案すれば、十分に元が取れると思った人もいるはずです。

このあたりの損得については、どれくらいJALを使うかなど各自の事情によって判断が分かれるでしょう。

JALによく乗る人にとってはむしろ安い!?

JAL飛行機

実はこのJAL CLUB Aカード、JALによく乗る人にとっては年会費以上にメリットが受けられるものとなります。

一つの例としてはマイルが挙げられます。JAL普通カードとJAL CLUB Aカードを比較し、獲得できるマイル数を算出してみました。

JAL普通カードとのマイル獲得比較(東京⇒ニューヨークを往復した場合)
項目JAL普通カードJAL CLUB Aカード
基本マイル
6,723
6,723
搭乗ボーナス
6721680
合計獲得マイル14,790
16,806

年会費11,000円分のマイルはあっという間にたまりそうですね。

年に長距離飛行機を頻繁に使う人には、JAL普通カードよりもJAL CLUB Aカードをおすすめします。

空港ラウンジの無料利用ができない

JAL CLUB Aカードでは空港のラウンジを無料で使うことができません。

航空会社系のカードだし、年会費もかかるし…ということで期待した人はいるかもしれませんが、JAL CLUB Aカードにはその特典はありません。

ビジネスクラス用のチェックインカウンターを使えるることと混同しないようにしましょう。

JALグローバルクラブを目指そう

JALグローバルクラブ

JAL CLUB Aカードは、通常のJALカードに比べて有利な点は多いです。

しかし、使い方次第では、ゴールドカード並みの機能を追加することができます。

それがJALグローバルクラブです。

JALグローバルクラブはJALの上級会員ともいえるものです。

しかし、JAL CLUB Aカードに入会するだけではJALグローバルクラブ会員にはなれません。

JALの利用実績を積むことによって、一般会員からJALグローバルクラブ会員に昇格することができます。

JALグローバルクラブのメリット

JALグローバル会員になることで得られるメリットを下記します。

JALグローバルクラブ会員のメリット
  • サクララウンジ(JAL特設ラウンジ)が使用可能
  • 専用チェックインカウンターでの搭乗が可能
  • 手荷物が20kg増まで料金サービス
  • ボーナスマイルが付与される

JAL CLUB Aカードの通常サービスにはなかったラウンジ無料利用をはじめ、JALの利用がさらにお得になるものばかりです。

JALの利用実績が積みあがっていけば、JALグローバルクラブに到達することも夢ではありません。

JALグローバルクラブの入会資格

そんなJALグローバルクラブですが、どのような実績を積めば入会することができるのでしょうか。

クレジットカードの決済金額やショッピングでの利用回数をいくら積み上げても意味はありません。

必要なのは、JAL便の搭乗実績です。詳細は以下のようになっています。

・「FLY ON ポイント」が50,000ポイント(うちJALグループ便25,000ポイント)以上。

または50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000ポイント以上のご搭乗実績があること。

・JALグローバルクラブ JALカードのCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれかをお持ちいただけること。

・JALグローバルクラブ規約を遵守いただけること。

引用元:JALマイレージバンク – JALグローバルクラブ:ご入会にあたって

まさにJAL利用者のための特典という位置づけですね。

ただ、この表記ではどれくらい乗ればいいのかがわかりにくいので、部分的に抜粋します。

JALグローバルクラブ入会条件(一例)
  • 年間50回以上は飛行機に乗る
  • そのうち25回はJAL便に乗る

こうやって見ると、今度はかなり大変な雰囲気になりますね。

JALグローバルクラブの入会条件を満たすには

具体的にどうしたらJALグローバルクラブに入会できるか掘り下げてみてみましょう。

年間50回の飛行機の搭乗ということは、「月2回以上のペースで長距離のフライトを往復で乗る」といった人であれば達成できる計算です。

またそのうち半分はJAL便(提携ではない)という条件もありますので、乗る便などもある程度絞られてしまいそうですね。

また、随所に出てくる「FLY ON ポイント」というのは、マイルとは別に溜まるいわば「搭乗ポイント」的なもの。

搭乗距離と席のグレードによってポイントが加算されます。

FLY ON ポイントはマイルのように商品に交換するためのポイントではなく、搭乗実績を測るためのポイントです。

これが一定数以上貯まることも、JALグローバルクラブに入会するための条件です。

目的地ごとに得られるFLY ON ポイントの一例を示します。(2020年12月現在・エコノミー席の場合)

区間
獲得FLY ONポイント
東京(羽田成田)~札幌
1,420
東京(羽田成田)~沖縄
2,368
東京~ロサンゼルス
5,530
東京~シンガポール
5,368
東京~ロンドン
6,614

国内の移動であれば1,000~2,000ポイント、海外に行けば5,000~7,000ポイントくらいが獲得できるFLY ONポイントの目安です。

これを年間で50,000ポイントまで貯める必要があるため、こちらも年に数回の出張などでは達成が難しいと思われます。

JALグローバルクラブが、いかに間口をJAL利用者に限っているのかというのがわかりますね。

一度入会できれば資格は剥奪されない

入会条件は厳しいJALグローバルクラブですが、一度入会できれば以降は条件を満たさなくても資格を維持できます(ただしカードを解約した場合は資格も失います)。

海外出張の回数が集中する方は、その時にタイミングを合わせてJAL便にたくさん乗ることができれば、JALグローバルクラブに入会できるでしょう。

JAL CLUB AカードとJAL CLUB Aゴールドカードの比較

JAL CLUB Aカードには、その上位カードとして「JAL CLUB Aゴールドカード」があります。

どのような違いがあるのか比較してみましょう。

JAL CLUB AカードとJAL CLUB Aゴールドカードの主要部分の比較
項目
JAL CLUB Aカード
JAL CLUB Aゴールドカード
ショッピングマイル
200円=1マイル
100円=1マイル※ショッピングマイル・プレミアム自動入会(年会費無料)
海外旅行保険/国内旅行傷害保険
最高5,000万円
最高5,000万円〜1億円
空港ラウンジサービス


なお、JAL CLUB Aカードを持っていると、ゴールドカードへの入会を促す連絡もよく届くそうです。

JAL CLUB AからJAL CLUB Aゴールドへの昇格は比較的しやすいのかもしれませんね。

JAL CLUB Aゴールドカードはラウンジの無料利用可能

JAL CLUB Aゴールドの最大の魅力はやはりこの点でしょうか。

空港内のラウンジが無料で利用できるようになります。

ラウンジは出張でも旅行でもうまく活用すれば非常に便利な場所です。

ここに魅力を感じる人はJAL CLUB Aゴールドの取得を検討してみましょう。

JAL CLUB Aカードの審査

それではここから、JAL CLUB Aカードの審査について説明していきます。

通常のJALカードよりもマイル還元や海外旅行保険が手厚いJAL CLUB Aカード。

クレジットカードを作る際に行われる審査はどうなのでしょうか。

審査

JAL CLUB Aカードの審査基準

まずは基礎的な情報ですが、公式に記載されているJAL CLUB Aカードの入会資格は下記のようになっています。

18歳以上(高校生を除く)の方

条件そのものはそれほど厳しくなさそうですね。

安定した職に就いている方であれば、十分取得できる可能性はあるでしょう。

なお、18歳以上の学生であれば、JALカード navi(学生専用)がおすすめです。

JALカード naviは、年会費無料の学生専用クレジットカードで、JALカードのボーナスマイルや語学検定合格でもらえるボーナスマイルなど、学生にうれしい特典がいっぱいです。

JAL CLUB Aカードの審査を通すコツ

ではJAL CLUB Aカードの審査を通すコツはあるのでしょうか。

少なくともJAL CLUB Aカード特有のコツのような情報は見当たらないため、以下ではクレジットカードの審査全般にいえるポイントを説明します。

クレジットカードの審査を通すコツ
  • 借入金をなくす
  • カード申し込み時のキャッシングは0円にする

借入金をなくす

よく聞く話かもしれませんが、借金はしていない状態が望ましいです。

クレジットカードの仕組みは、簡単に言えば「カード会社にお金を立て替えてもらう」というものです。

言い換えれば、商品購入などでカード決済してから、その代金が口座から引き落とされるまでの間は、カード会社から借金をしている状態ですね。

つまり、カード会社からしても「この人にお金を貸していいのか」という審査をするわけです。

そんなとき、その人が別の借金をしていたら…カード会社としても警戒しますよね。

というわけで、借金はなくしておくのがベストです。

カード申し込み時のキャッシングは0円にする

これも極めて一般的な注意事項ですが、JAL CLUB Aカードを申し込むときにキャッシング枠は0円で申請しましょう。

キャッシングも簡単に言えば借金です。

キャッシングの申請をするということは、借金をする意思があるとカード会社に告げているようなものです。

審査にあたって悪い影響を及ぼしかねないので、ここは0円で設定しておくことをおすすめします。

JAL CLUB Aカードがおすすめなのはこんな方

JAL CLUB Aカードの特徴
  • JALの利用が多い人ほどお得に
  • 国内外の旅行保険が自動付帯される
  • 各種のお買い物で割引が適用される
  • JALグローバルクラブへの入会も可能
  • JALを使う人にはメリットの大きいカード

JAL CLUB Aカードについてご紹介しました。

JALの飛行機が好きな人や、海外出張はJALと決めている方などにとっては非常にメリットがあるカードです。

ぜひうまく活用し、年会費以上に得をしてください。