サクララウンジ
  • 2021年3月12日
  • 2021年3月11日
当サイトには広告が含まれます

サクララウンジの利用はJGC会員だけじゃない!?羽田も成田もここで快適に

JAL好き・飛行機好き・旅行好きであれば、サクララウンジの利用に憧れますよね。

また、最近ではSNSなどでサクララウンジのカレーが話題沸騰中です。

とはいえサクララウンジの利用ってJGCなどの会員になるか、ビジネスクラスなど高い料金の飛行機を利用する必要がありそうで、ハードルが高く感じますよね。

実はJGC会員でなくても、ビジネスクラスに乗らなくても、サクララウンジの利用は可能です。

どうすればサクララウンジが利用できるのか、その詳細について解説していきます。

※本記事の価格は全て税込みです。

おすすめのクレジットカード比較表
カード名三井住友カード(NL)
三井住友VISAカードナンバーレス
JCB CARD W
JCB CARD W
New! JCBカード S
JCB CARD W
JCBゴールド
JCBゴールド
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
dカード GOLD
dカード GOLD
セゾンプラチナ・ビジネス
アメリカン・エキスプレス(R)・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
リクルートカード
リクルートカード
アメックスグリーン
アメックスグリーン
年会費
(税込)
永年無料無料無料11,000円(税込)
初年度無料
11,000円11,000円22,000円
条件付きで11,000円
無料月会費制1,100円/月
(年合計13,200円)
還元率0.5%~7%※11.00%~10.50%※61.00%~10.50%※61.00%~10.50%※61.0%~5.0%1.0%~10%0.5%〜1.0%1.2%~4.2%0.3%~1.0%
国際ブランドVisa、MastercardJCBJCBJCBVisa、Mastercard、
JCB、American Express
Visa、MastercardAmerican ExpressJCBAmerican Express
キャンペーン新規入会&ご利用で
最大5,000円分
プレゼント
2024年4月22日(月)~6月30日(日)
新規入会
+Amazon利用で最大12,000円
キャッシュバック
2024年4月1日(月)~2024年9月30日(月)
新規入会
+Amazon利用で最大15,000円
キャッシュバック
2024年4月1日(月)~2024年9月30日(月)
新規入会
+Amazon利用で最大23,000円
キャッシュバック
2024年4月1日(月)~2024年9月30日(月)
最大5,000ポイント
プレゼント
新規入会&利用で
最大5,000ポイント
最大9,000円相当
プレゼント
最大6,000円相当
プレゼント
合計35,000ポイント
プレゼント
申込対象18歳以上
(高校生を除く)
18歳以上39歳以下18歳以上20歳以上20歳以上18歳以上20歳以上
個人の方も申込可能
18歳以上20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
発行スピード最短10秒


※即時発行ができない場合があります。
※ご入会には、ご連絡が可能な
電話番号をご用意ください。

最短5分※2最短5分※2最短5分※2

※オンライン口座設定が必要。
通常デザインもしくはWEB限定デザイン。

最短3営業日最短5営業日最短3営業日1~2週間1~3週間
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

※1 スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うことが条件です。 ※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※通常のポイントを含みます。 ※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります
※2 モバ即(最短5分)の入会条件は以下2点になります。
【1】 9:00AM~8:00PMでお申し込み。(受付時間を過ぎた場合は、翌日受付扱い)【2】 顔写真付き本人確認書類による本人確認。(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)
※2 モバ即での入会後、カード到着前の利用方法について、詳しくはHPをご確認ください。
※3 特典付与には条件・上限があります。詳細は各クレジットカードのホームページをご確認ください。※ 4 カード原板タッチは対象外です。
※5 最大11,000ポイント還元は満18歳〜29歳までの新規入会者が対象です。それ以外の新規入会者は最大5,000ポイント還元となります。
※6 最大還元率はJCB PREMO に交換した場合。

矢印

羽田空港国内線サクララウンジはJGC会員以外も利用できる

旅を楽しむ女性

羽田空港国内線サクララウンジを利用するには
  • 羽田発のJALグループ便を利用
  • 前日18時までに予約
  • 当日3,000円を現金で支払う

JALが特別な会員向けサービスとして、国内外の主要空港で運営しているサクララウンジ、旅行好きとしては入ってみたいですよね。

基本的には優良顧客向けのサービスなので、JGC(JALグローバルクラブ)の会員であったり、あるいはJMBダイヤモンド会員であったり、特別な方だけが利用できるイメージがあるものです。

しかし、空港によっては一般の利用客でも使えます。

例えば、日本国内最大級の空港である羽田空港国内線サクララウンジは一般客も利用可能です。

とはいえ、いつでも誰でも利用できるわけではありません。

まずは一般客が羽田空港サクララウンジを利用する条件についてチェックしていきましょう。

羽田空港サクララウンジを一般客が利用するための条件

一般客が羽田空港サクララウンジを利用するための条件は以下です。

国内線個人運賃、または国内線特典航空券にて羽田発JALグループ便をご利用のお客さま

引用:サクララウンジお申し込み(有料)(羽田空港国内線ラウンジ) – JAL国内線

羽田発のJALグループ便を利用しているのであれば、誰でも利用することができます。

JGC会員でなくても、JALのマイレージすら貯めていなくても、JALの便を利用していれば誰でもOKです。

「えっ!そうだったの!?」と驚かれる方も多いのではないでしょうか。

ただし、JALの便を利用しているからといって、当日いきなりサクララウンジをたずねても利用できません。

一般客が羽田空港国内線サクララウンジを利用するための方法について解説します。

一般客の利用方法

一般客が羽田空港国内線サクララウンジを利用するためにはJALのホームページより事前予約が必要です。

予約受付期間は「搭乗日の330日前の午前9時30分から搭乗日前日18時まで」となっています。

当日予約は受け付けていないので、必ず前日の18時までに予約を済ませておきましょう。

注意したいのが、「サクララウンジが利用できるのは予約した方のみ」ということです。

同乗者がいる場合、同乗者も予約が必要です。必ず利用したい方全員で予約を済ませておきましょう。

一般客の利用料金

一般客が羽田空港国内線サクララウンジを利用するための料金は3,000円です。当日現金にて支払う必要があります。

子供も同じ料金ですが、3歳未満の子供に関しては無料で入場できます。

クレジットカードやクーポンなど、その他の支払い手段は利用できないため、現金は持ち歩かない主義の方はくれぐれもご注意ください。

「入るのに3,000円もするの」と思う方もいるかもしれませんが、サクララウンジのゆったりとした空間でお酒などを楽しめると思えば、むしろ安いという気持ちになります。

時間に余裕がある方はシャワーを浴びたり、マッサージチェアでくつろいだりするのもおすすめです。

羽田空港国内線サクララウンジの気になるサービス

海外旅行

羽田空港国内線サクララウンジの3つのエリア
  • 半個室もあるプライベート&リラックスエリア
  • 仕事に便利なライブラリーエリア
  • 大人の空間バーエリア

続いては、羽田空港国内線サクララウンジにあるプライベート&リラックスエリア・ライブラリーエリア・バーエリア、それぞれについて詳細を紹介していきます。

羽田空港国内線サクララウンジを利用する前にしっかりと予習しておきましょう。

ゆっくり過ごせるプライベート&リラックスエリア

「せっかくのラウンジだし、とにかくくつろぎたい」という方は、南側ラウンジ3階にあるプライベート&リラックスエリアがおすすめです。

半個室のプライベートエリアが用意されているので、人目を気にすることなくゆっくりとした時間を過ごせます。

電動マッサージチェアも用意されているので、仕事の疲れを癒してから飛行機に乗りたいという方にもおすすめです。

仕事も出来るライブラリーエリア

「出発前に最低限メールのチェックだけしておきたい」そんな方におすすめなのが、北側ラウンジ3階にあるライブラリーエリアです。

パソコン作業にちょうど良い机が用意されているので仕事もはかどります。

もちろんライブラリーの名の通り、雑誌などが用意されており、それらを楽しむことも可能です。

お酒だって楽しめるバーエリア

「仕事も終わりあとは帰路につくのみ」という方におすすめなのが、南側ラウンジ3階にあるバーエリアです。

空港内とは思えない落ち着きの空間で、ビールやウイスキーといったお酒が楽しめます。

もちろんソフトドリンクも用意されているので、お酒が飲めない方でも素敵な時間を過ごすことができます。

噂のカレーは羽田空港国内線サクララウンジで楽しめる?

SNSで話題のラウンジカレーですが、残念ながら羽田空港国内線サクララウンジで楽しむことはできません

ラウンジカレーが楽しめるのは、国際線サクララウンジやJALファーストクラスラウンジだからです。

カレーが楽しめるサクララウンジについては、後程詳しく解説します。

羽田空港国内線以外のサクララウンジ利用方法

飛行機

会員以外でサクララウンジ(羽田空港国内線以外)を利用するなら
  • 国際線ならエコノミークラス以上を利用
  • 国内線なら国際線ファースト・ビジネスから乗り継ぐ

羽田空港国内線にあるサクララウンジは、JGC会員でなくても利用可能なことはここまで述べてきた通りです。

その他空港のサクララウンジはどうなのでしょう。

続いては、羽田空港国内線以外のサクララウンジの利用条件や利用方法について解説していきます。

国際線サクララウンジの利用条件

まずはラウンジカレーも楽しめる国際線サクララウンジの利用条件についてチェックしていきましょう。

成田空港国際線を例に紹介すると、利用可能なのは以下に当てはまる方です。

  • JMBダイヤモンド会員
  • JGCプレミア会員
  • JMBサファイア会員
  • JCG(JALグローバルクラブ)会員
  • ファーストクラス利用
  • ビジネスクラス利用
  • プレミアムエコノミークラス利用
  • エコノミークラス(Flex Y運賃)利用

JMBダイヤモンド会員やファーストクラス・ビジネスクラス利用といった、ラグジュアリーな条件が並びます。

しかし、実はプレミアムエコノミークラスの利用でも国際線のサクララウンジが利用できます

一般的なエコノミークラスと比べるとやや割高ですが、ビジネスクラスなどと比較すればはるかにリーズナブルな料金です。

例えば2021年3月、成田からニューヨークまでの料金は以下のようになっています(往復利用時)。

  • ファーストクラス:1,280,000円
  • ビジネスクラス(Semi-Flex運賃):698,500円
  • プレミアムエコノミークラス:181,500円
  • エコノミークラス(Flex Y運賃):563,500円
  • エコノミークラス(Saver運賃):98,500円

記念日などの旅行であれば、ちょっと贅沢をして、サクララウンジも利用するというのもおすすめです。

なお、プレミアムエコノミークラスでサクララウンジを利用する場合、空港当日アップグレードは対象外となっています。

サクララウンジ利用を考えている方は、あらかじめプレミアムエコノミークラスで申し込んでください。

サクララウンジ利用条件の中にはエコノミークラス(Flex Y運賃)利用というのもありますが、上でご紹介した通り、Flex Y運賃はプレミアムエコノミークラスよりもはるかに値段が高いのが一般的です。

リーズナブルに国際線サクララウンジを利用したい場合には、プレミアムエコノミークラスをおすすめします

なお、上記は羽田空港国際線サクララウンジの利用条件です。

利用条件の細かな規定は空港ごとに異なっています。各空港での詳細な条件に関しては、利用前にご確認ください。

国内線(羽田以外)サクララウンジの利用条件

続いては、羽田空港を除く国内線サクララウンジの利用条件についてチェックしていきましょう。

利用可能なのは下記に該当する方です。

  • JMBダイヤモンド会員
  • JGCプレミア会員
  • JMBサファイア会員
  • JMBクリスタル会員(クーポン利用)
  • 国内線から、国際線のファーストクラス、ビジネスクラスへ同一空港にて乗り継ぎ
  • 国際線ファーストクラス、ビジネスクラスから、国内線へ同一空港にて乗り継ぎ

利用条件をクリアするのは割とハードです。

一般客として利用するのは、条件に合う方に連れて行ってもらう以外はありません。

国内線サクララウンジを利用してみたいという場合には、とりあえず羽田空港で利用してみることをおすすめします。

サクララウンジがある空港

サクララウンジ

サクララウンジは国内外に沢山
  • 国内線なら羽田・伊丹など13ヶ所
  • 国際線なら成田・羽田・関西・名古屋の4ヶ所
  • ホノルルなど海外にもある

続いてはサクララウンジが用意されている空港について見ていきましょう。

国内線サクララウンジ一覧

国内線でサクララウンジが用意されているのは下記の空港です。

  • 新千歳空港
  • 仙台空港
  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 小松空港
  • 伊丹空港
  • 関西空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 松山空港
  • 福岡空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港

日本国内の多くの空港でサクララウンジが利用できます。

国際線サクララウンジ一覧

国際線でサクララウンジが用意されているのは下記の空港です。

  • 東京(成田)空港
  • 東京(羽田)空港
  • 大阪(関西)空港
  • 名古(中部)空港

いずれの空港でもいわゆるラウンジカレーを楽しめます。

しかも空港ごとにカレーのレシピが異なっているそうです。

JAL好き・カレー好きであれば、全てのラウンジカレー制覇なんてことを目指すのも良いかもしれません。

海外のサクララウンジ一覧

サクララウンジは海外の空港にも存在しています。

空港によってはカレーの提供も行っているそうです。

北米・ハワイ

北米・ハワイでサクララウンジがあるのは以下の空港です。

  • ホノルル(ダニエル.K.イノウエ国際空港)
  • サンフランシスコ国際空港

下記エリアの空港にはサクララウンジはありませんが、JALと提携しているラウンジがあります。

  • シアトル
  • シカゴ
  • ダラス・フォートワース
  • ボストン
  • ニューヨーク
  • ロサンゼルス
  • サンディエゴ
  • バンクーバー

利用条件などはサクララウンジと同様です。

ヨーロッパ

ヨーロッパでサクララウンジがあるのは以下の空港です。

  • フランクフルト空港

フランクフルト以外にサクララウンジはなく、JAL提携ラウンジならあります。

  • ロンドン
  • パリ
  • ヘルシンキ
  • モスクワ

のんびりした時間を過ごしたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

東アジア

東アジアエリアには残念ながらサクララウンジはありません。

ですが、下記空港にはJALと提携しているラウンジがあります。

  • 北京
  • 大連
  • 天津
  • 上海(浦東)
  • 上海(虹橋)
  • 広州
  • 香港
  • ソウル(金浦)
  • プサン
  • 台北(桃園)
  • 台北(松山)
  • 高雄

利用の条件などはサクララウンジと同様です。

東南アジア・中東

東南アジア・中東エリアでサクララウンジがあるのは以下の空港です。

  • バンコク(スワンナプーム国際空港)
  • マニラ(ニノイ・アキノ国際空港)

下記空港にはサクララウンジはありませんが、JALと提携しているラウンジがあります。

  • シンガポール
  • クアラルンプール
  • デリー
  • ジャカルタ
  • ハノイ
  • ホーチミンシティ
  • ドバイ

ぜひ利用を検討してみてください。

グアム・オセアニア

グアム・オセアニアエリアには残念ながらサクララウンジはありません。

とはいえ、下記空港にはJALと提携しているラウンジがあります。

  • グアム
  • シドニー
  • メルボルン

利用条件などはサクララウンジと同様です。

JGC会員以外もサクララウンジで快適に過ごそう

JGC会員以外でサクララウンジを利用する方法
  • 羽田空港国内線なら3,000円で利用可能
  • 成田空港国際線ならプレミアムエコノミークラスから利用可能

サクララウンジの利用方法や国内外のサクララウンジについて紹介してきました。

サクララウンジを利用するためにはJGCの会員になったり、ビジネスクラスを利用したりハードルが高いと思われがちです。

しかしながら、羽田空港国内線であれば3,000円で利用ができますし、国際線であれば、プレミアムエコノミークラスから利用可能となっています。

日常的に使うというのはちょっと贅沢かもしれませんが、特別な日の特別な旅行というのであれば、利用してみてもいいのではないでしょうか。

旅先の思い出と共に、素敵な経験となるはずです。

本記事を参考にサクララウンジで素敵な時間をお過ごしください。

なお、国際線サクララウンジの利用であれば、カレーを食べるのをお忘れなく。