JAL普通カードのメリットとデメリット|貯まるマイルを上位カードと比較

JALマイルを貯めてみたい方におすすめのJAL普通カード。初年度年会費無料、2年目以降も安価にかかわらず、毎年ボーナスが1,000マイル付与されます。日常のお買い物でコツを押さえて着実にマイルを貯めれば、国内特典航空券には十分手が届くでしょう。
  • 2021年8月30日
  • 2021年8月30日
JAL普通カードのメリットとデメリット

JALマイルを貯めるならぜひ持っておきたいのがJALカードです。

JALグループ便への搭乗はもちろん、普段のショッピングでも効率よくマイルを貯めることができます。会費無料のJMB(JALマイレージバンク)会員とは比較になりません。

本記事では、JALカードのうち一般カードにあたる「JAL普通カード」について解説します。

JAL普通カードとその他上位カードの獲得マイルの比較もしているので、カード選びの参考にしてください。

JAL普通カードのメリット
  • 初年度の年会費が無料
  • フライトでボーナスマイルが貯まる
  • ショッピングでマイルが貯まる
  • 機内や空港などで割引が受けられる
  • 最高1,000万円の海外・国内旅行保険
JAL普通カードのデメリット
  • JAL便を利用しない方にとってはメリットが少ない
  • 次年度から年会費がかかる
  • 基本のマイル還元率が低い
  • 旅行保険の補償が手薄

※本記事の価格は全て税込みです。

JALマイルが貯まるおすすめJALカード
カード名JALカード
JALカード
JALカード navi
JALカード navi
JAL CLUB-Aカード
JAL CLUB-Aカード
JAL CLUB-Aゴールドカード
JAL CLUB-Aゴールドカード
JALカード
TOKYU POINT ClubQ
JALカード TOKYU POINT ClubQ
JALカード TOKYU POINT
ClubQ CLUB-Aゴールドカード
JALカード TOKYU POINT ClubQ CLUB-Aゴールドカード
年会費2,200円
アメックスは6,600円
初年度無料
在学時無料11,000円VISA、Mastercard、JCB:17,600円
American Express :20,900円
Diners Club:30,800円
2,200円
初年度無料
17,600円
マイル還元率0.5%1.0%0.5%1.0%~2.0%0.5%~2.0%0.5%~2.0%
国際ブランドVISA、Mastercard
JCB、American Express
VISA、Mastercard
JCB、American Express
VISA、Mastercard、JCBVISA、Mastercard、JCB
American Express、Diners Club
VISA、MastercardVISA、Mastercard
キャンペーン最大3,500マイル
プレゼント
最大3,500マイル
プレゼント
最大10,500マイル
プレゼント
最大12,500マイル
プレゼント
最大3,500マイル
プレゼント
最大12,500マイル
プレゼント
申込対象18歳以上18歳〜30歳未満の学生
高校生は除く
18歳以上VISA、Mastercard、JCB
American Express:20歳以上
Diners Club:27歳以上
18歳以上20歳以上
発行スピード最短2週間最短2週間最短2週間最短2週間最短2週間最短2週間
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
矢印

JAL普通カードの特徴・基礎知識

JALカード

JALカード(普通カード)
還元率ポイントなし
マイル0.5%
年会費初年度無料 ※アメックスは6,600円
2年目以降2,200円 ※アメックスは6,600円
家族カード1,100円 ※アメックスは2,750円
旅行保険海外最高1,000万円(自動付帯)
国内
ETCカード発行手数料1,100円
年会費無料
電子マネーQUICPay
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス
発行会社JCB株式会社ジェーシービー
VISA、Mastercard、アメリカン・エキスプレス三菱UFJニコス株式会社
発行期間最短2週間

JAL普通カードは、JALカードのうち最もスタンダードなカードです。

ワンランク上位にCLUB-Aカード、さらにCLUB-Aゴールドカード、プラチナと続きます。

JAL普通カードは、JALカードの基本的な機能を備えており初年度の年会費が無料なので、初めてJALカードを持つ方におすすめです(注:アメックスは初年度年会費あり)。

なお、JALカードはさまざまなブランドと提携して発行されており、ラインナップが多彩なのも特徴の1つ。

普通カードは、9種類からライフスタイルに合った1枚が選べます。

9種のJAL普通カード
  • JAL・Mastercard
  • JAL・Visaカード
  • JAL・JCBカード
  • JAL・JCBカード(ディズニー・デザイン)
  • JALカードSuica
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ Visaカード
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ Mastercard
  • JALカード OPクレジット
  • JAL アメリカン・エキスプレス・カード

この記事では、SuicaやPASMOを付帯していない4券種に共通する特徴を解説します。

JALカード獲得マイル比較

JALカード ラインナップ

まずは、JAL普通カードと上位カードの獲得マイル数を比較しましょう。

項目普通CLUB-ACLUB-Aゴールドプラチナ
入会搭乗ボーナス
1,000マイル
5,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス
1,000マイル
2,000マイル
搭乗ごとのボーナス
10%
25%
ショッピングマイル
200円=1マイル
(ショッピングマイル・プレミアム入会時100円=1マイル)
100円=1マイル
ショッピングマイル・プレミアム
年会費3,300円
自動入会(無料)

表から分かるとおり、JAL普通カードは入会搭乗ボーナス・毎年初回搭乗ボーナス・搭乗ごとのボーナスいずれも上位カードと比べて少ないです。

それなりに飛行機に乗るなら、コストをかけてでもCLUB-Aカードの方が獲得マイルが大幅にアップする可能性があります

例えば、CLUB-A以上のカードなら初めてのフライトで5,000マイル獲得可能です。普通カードとは4,000マイルもの差があります。

また、CLUB-Aゴールドカード以上はショッピングマイル・プレミアムに自動入会となります。

ショッピングマイル・プレミアムとは
カード年会費に3,300円をプラスすることでショッピングで貯まるマイルを2倍にできるサービス。
普通カードは200円=1マイルのところ入会することで100円=1マイル貯まる。

JALカードのランクを選ぶ際には、単純に年会費の安さだけをみるのではなく、獲得マイル数とコスト全体のバランスをみて選びましょう。

JAL普通カードの獲得マイルの内容について詳しくは次章で解説します。

JAL普通カードのメリット・優待特典

JAL普通カードには、以下のメリット・優待特典があります。

JAL普通カードのメリット・優待特典
  • フライトボーナスマイルで年会費の元を取れる
  • ショッピングでマイル還元率最大2%
  • 機内や空港などで割引が受けられる
  • 【アメックスのみ】国内空港ラウンジ利用可

フライトボーナスマイルで年会費の元を取れる

JAL普通カードのボーナスマイル

JALカード会員限定の特典として、フライトで貯まる3つのボーナスマイルがあります。ボーナスマイルは家族会員も対象です。

ボーナス獲得マイル
入会搭乗ボーナス1,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス1,000マイル
搭乗ごとのボーナス10%

JAL普通カード会員は、入会後初めての搭乗で1,000マイル、翌年以降毎年最初の搭乗時にも1,000マイル獲得できます。

1マイル=2円と考えれば、年に1度飛行機に乗れば年会費の元を取れる計算になります。

先に述べたとおりJAL普通カードのボーナスマイルは上位カードと比べると少ない設定ですが、飛行機に乗る回数が少ないならコスパは十分でしょう。

搭乗ごとのボーナスとは

JALのフライトマイル

JALカード会員は、通常のフライトマイルに加えて、フライトマイルから算出した搭乗ごとのボーナスマイルを獲得することが可能です。

JAL普通カードの場合は、フライトマイルの10%がボーナスとして付与されます。

例えば、東京(羽田)-沖縄(那覇)間の区間マイルは984です。

JAL普通カードを持っていればこれに+10%加算され、1,082マイル貯まります(普通大人運賃の場合/利用運賃カテゴリーによって付与マイル数は変動)。

ショッピングでマイル還元率最大2%

ショッピングマイル

フライトだけでなく普段のショッピングでもマイルを貯められるのがJALカードの魅力です。

JAL普通カードの場合、カード利用200円ごとに1マイルのショッピングマイル(還元率0.5%)が貯まります。

さらに、年会費3,300円を上乗せしてJALショッピングマイル・プレミアムに入会すれば、マイル還元率が1.0%にアップします。

1ヶ月に3万円JAL普通カードを利用したと仮定しましょう。

  • ショッピングマイル・プレミアム未入会の場合:150マイル
  • ショッピングマイル・プレミアム入会の場合:300マイル

1ヶ月で150マイルの差がでます。年間に換算すると差は1,800マイルです。

この場合、1マイル=2円だと仮定しても年会費3,300円を支払ってショッピングマイル・プレミアムに入会したほうがお得ですね。

カード利用額が多いほどショッピングマイル・プレミアムに入会するメリットは大きくなります。

JALカード特約店なら最大4倍に

ショッピングマイル・プレミアム

JALカード特約店でJAL普通カードを利用すると、ポイントが2倍になります。

つまり、JALカード特約店の利用ならいつでもマイル還元率は1.0%です。

さらに、ショッピングマイル・プレミアムに入会したうえでJALカード特約店を利用すれば4倍になるため、2.0%もの高還元率になります。

JALグループ航空券の購入や機内販売をはじめ、以下の通りホテル・レストラン・ゴルフ場・ドラッグストア・家電量販店などさまざまなジャンルのお店が対象です。

  • 大丸松坂屋オンラインショッピング
  • イオン
  • ENEOS
  • 紀伊国屋書店ウェブストア
  • デジタル家電専門店 ノジマ
  • スターバックス(オンライン入金)他

機内や空港などで割引が受けられる

JALカード会員のツアー割引

JALカード会員は空港や機内販売、関連サービスなどで、さまざまな割引・優待が受けられます。

  • 機内販売割引
    JAL/JTA機内販売商品、JAL SHOP機内販売オンラインストアの商品が5%オフ
  • 空港店舗・免税店での割引
    国内空港店舗や成田国際空港内の免税店などで5~10%オフ
  • ホテルJALシティの優待
    レイトチェックアウトサービス利用可
  • JALパックが最大5%割引
    国内パッケージツアーが5%オフ、海外パッケージツアーが3%オフ(同行者含む)
  • JALビジネスきっぷが利用できる
    割引運賃で航空券の予約ができるサービス。当日の予約・変更が可能

機内販売や空港店舗はJALカード特約店でもあるので、ショッピングマイルが2倍になりさらにお得です。

また、JALビジネスきっぷで予約したフライトは区間マイルが100%、つまり普通運賃の場合と同率で貯まります

このように、関連サービスを利用するとお得であるだけでなく、マイルもしっかり貯まるのがJAL普通カードの特徴です。

【アメックスのみ】国内空港ラウンジ利用可

アメックスブランドのみ、ゴールドカードでないにも関わらず空港ラウンジ特典が付帯します。

対象空港は国内32空港とハワイ・ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港設置のラウンジです。

家族会員はもちろん、同伴者1名分の料金も無料となるため、家族旅行や友人との旅行にも役立ちます。

JAL普通カードのデメリット

JAL普通カードのデメリットについても確認しましょう。

JAL普通カードのデメリット
  • JAL便を利用しない方にとってはメリットが少ない
  • 次年度から年会費がかかる
  • 基本のマイル還元率が低く、カバーするには3,300円上乗せが必要
  • 旅行保険の補償が最低限

JAL便を利用しない方にとってはメリットが少ない

JAL

JAL普通カードは、フライトでマイルが貯まったり空港で割引が受けられるなどJALでの特典が多く付帯しています。

また、カードの利用では直接JALマイルが貯まり、ポイントを貯めることはできません。

貯まったマイルを他社ポイントなどに移行することはできますが、レートが悪くなるためおすすめできません。

JAL便をほとんど利用せずJALマイルが貯まりにくいライフスタイルなら、JAL普通カードを選ぶメリットは乏しいでしょう。

次年度から年会費がかかる

JAL普通カードは、2年目から年会費が2,200円(家族会員は1,100円)かかります。

年会費無料で保有できるJALカードは、「JALカード navi(学生専用)」のみです。

学生以外は、コストをかけずにJALカードを保有できません。

ただし、JAL普通カードは数あるラインナップの中でも安価です。

さらに初年度無料で保有できるので、試しに持ってみる、という選択もできます。

基本のマイル還元率が低く、カバーするには3,300円上乗せが必要

JAL普通カードは、カード利用200円ごとに1マイルのJALマイルが貯まります。還元率は0.5%です。

0.5%ではなかなか希望の特典航空券に手が届かないかもしれません。

しかし、このデメリットはショッピングマイル・プレミアムに入会することで解消でき、還元率を1.0%に高められます。

が、ショッピングマイル・プレミアムには年会費3,300円がかかります。

CLUB-Aゴールドカード以上のカードはショッピングマイル・プレミアムに年会費無料で自動入会となるため、この点はJAL普通カードのデメリットでしょう。

CLUB-Aゴールドカードの方が年会費は高いですが、ショッピングマイル・プレミアムの年会費も加味すると年会費の差は小さくなります

カード名年会費ショッピングマイル・プレミアム会費合計
JAL普通カードアメックス以外2,200円3,300円5,500円
アメックス6,600円9,900円
JALCLUB-Aゴールドカードアメックス以外17,600円無料17,600円
アメックス20,900円20,900円

ショッピングマイル・プレミアムを加味しても年会費の差は大きいですが、CLUB-Aゴールドカードは特典も手厚いです。

年会費だけでなく保有コスト全体でみて、普通カードを選ぶべきなのかをよく検討しましょう。

旅行保険の補償が最低限

JAL普通カードには海外・国内旅行保険が自動付帯していますが、補償内容は十分とは言えないでしょう。

JAL普通カード付帯保険(アメックス以外)
保険の種類補償内容補償金額
海外旅行保険傷害死亡・後遺障害最高1,000万円
疾病治療費用なし
傷害治療費用
賠償責任
携行品損害
(免責3千円/年間限度額100万円)
救援者費用100万円
国内旅行保険傷害死亡・後遺障害最高1,000万円
入院日額なし
手術保険金
通院日額

海外旅行保険には疾病・傷害治療費用補償や携行品損害補償が付帯していません。

海外では、重篤なケガ・病気でなくても高額な治療費がかかります。

数百万になることも少なくないため、治療費に備えられる補償があった方が安心です。

年会費無料で疾病・傷害治療費用補償などが付帯しているクレジットカードと併せて保有することをおすすめします。

なお、アメックスは年会費が高い分、他ブランドよりも保険が手厚いです。

JAL普通カード付帯保険(アメックス)
保険の種類補償内容補償金額家族特約
海外旅行保険傷害死亡・後遺障害最高3,000万円(うち2,000万円利用付帯)最高1,000万円
疾病治療費用100万円なし
傷害治療費用
賠償責任2,000万円
携行品損害
(免責3千円/年間限度額100万円)
50万円/1旅行
救援者費用100万円
国内旅行保険傷害死亡・後遺障害最高3,000万円(うち2,000万円利用付帯)最高1,000万円
入院日額5,000円なし
手術保険金最高20万円
通院日額2,000円

国内旅行保険や家族特約まで付いているのは高評価のポイントですが、こちらも疾病・傷害治療費用が最大100万円までとやや不安です。

アメックスを選ぶ場合も、他のクレジットカードで旅行保険の上乗せが必要でしょう。

JAL普通カードの審査

JALCard

この章では、JAL普通カードの審査についてみていきましょう。

ただし、審査基準は公表されていないため、明確なことを知ることはできません。理解したうえで読み進めてくださいね。

JAL普通カードの審査基準

JALカードは、カードランクによって申し込み基準が異なります。

JAL普通カードの申し込み基準は以下のとおりです。

18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方で、日本国内でのお支払いが可能な方

[JALカードSuica]
日本国内にお住まいの18歳以上(高校生を除く)の方で、電話連絡のとれる方

[JAL アメリカン・エキスプレス®・カード]
18歳以上でご本人または配偶者に安定した収入のある方(学生を除く)

引用元:普通カード(カードの種類) – JALカード

高校生は申し込めませんが、未成年はOKです。

一部を除いて、専業主婦やパート・アルバイト、学生の方でも申し込みできるため、申し込みのハードルは高くないと言えるでしょう。

JALカードは多くの提携ブランドから発行されており、カードの種類によっても審査基準が異なります。

そのため一概には言えませんが、JAL普通カードはJALカードのなかでは最も低ランクのカードであるため、最も申し込みやすいでしょう。

一般的にカードランクが上がるほど審査難易度は高くなります。

JALカードを保有したいけど審査が不安な方は、まずはJAL普通カードへの申し込みがおすすめです。

なお、ワンランク上のCLUB-Aカードは普通カードと同様の条件、CLUB-Aゴールドカード・プラチナは、20歳以上で安定収入がなければ申し込めません。

JAL普通カードの審査状況の確認方法

審査にかかる日数も正確には分かりかねますが、審査結果がなかなか来ない場合、JALカードの発行状況の確認ページにて審査状況を確認することができます。

受付番号・生年月日・電話番号の3項目の入力で確認可能です。

受付番号はカードの入会申込完了画面およびメールにて案内されているので控えておきましょう。なお、照会期限は審査完了後3ヶ月です。

JAL普通カードがおすすめなのはこんな方

JAL普通カードは以下のような方におすすめのカードです。

JAL普通カードはこんな方におすすめ
  • JALカードを初めて持つ方、試してみたい方
  • なるべくコストをかけずJALカードを保有したい方
  • 基本的の機能があれば十分な方
  • 飛行機に乗る機会が少なく、ショッピングでJALマイルを貯めたい方

アメックスブランド以外は初年度年会費が無料になるため、初めてJALカードを持つ方やまずは試してみたい方におすすめです。

獲得できるボーナスマイルは上位カードと比べて少ないものの、飛行機に乗る機会が少なく普段のショッピングでJALマイルを貯めたい方には適しています。

なるべくコストをかけずJALカードを保有したい方は、ショッピングマイル・プレミアムの年会費3,300円を含めたコストを鑑みたうえで検討しましょう。

JALカードでざくざくJALマイルを貯めて、お得に特典航空券との交換を目指してくださいね。