クレジットカードおすすめランキング

JALカードSuicaは移動でポイントを逃さない!日常使い最強の一角

JALカードSuica

JALカードSuicaは、飛行機とJRをよく利用する方におすすめのクレジットカードです。

JALカードとSuicaが一体になっており、飛行機の利用でマイルが貯まるのはもちろん、Suicaの利用でもポイントが貯められます。

ショッピングでもマイルが貯まり、貯まったポイントはマイルに移行することも可能です。飛行機に乗らずとも効率よくマイルが貯まるカードです。

そこで、JALカードSuicaの特典・メリットについて詳しく解説します。デメリットや審査などについても説明していますので参考にしてくださいね。

JALカードSuicaの特徴
  • フライト・ショッピングでマイル・ポイントが貯まる
  • Suicaチャージでもポイントが貯められる
  • ポイントはマイルへの交換やSuicaチャージに使える
  • マイルは特典航空券やSuicaチャージに使える
  • 最高1,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯
  • JALタッチ&ゴーサービスで飛行機搭乗がスムーズに

※本記事の価格は全て税込みです。

JALカードSuicaの特徴・基礎知識

JALカードSuica

JALカードSuica
還元率ポイント0.5%(JREポイント)
マイル0.5~2.0%
年会費初年度無料
2年目以降2,200円
家族カード1,100円
旅行保険海外最高1,000万円(自動付帯)
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay、Suica
国際ブランドJCB
発行会社株式会社ビューカード
発行期間約3週間

JALカードSuicaは、JALマイレージバンク(JMB)とSuica機能、JRE POINTカード機能が備わったクレジットカードです。

JALカードが株式会社ビューカードと提携して発行しています。

JALマイルとJRE POINTが貯まります。フライトマイルだけでなくショッピングでもマイルを貯められるので、飛行機に乗らなくてもポイントを貯めやすくおすすめです。

また、JRE POINTカードとしても使うことができ、JRE POINT加盟店での提示でもポイントを貯められます。

そのほか、空港でスムーズに手続きできるJALタッチ&ゴーサービスなど、JALカードの特典を受けられるのが特徴です。

なお、国際ブランドはJCBのみ。追加カードとして家族カードやETCカードも発行することができます。

JALカードSuicaの優待特典・メリット

それでは、JALカードSuicaの優待特典・メリットについてみていきましょう。

JALカードSuicaの優待特典・メリット
  • フライトでボーナスマイルが貯まる
  • ショッピングでマイルが貯まる
  • SuicaチャージでJRE POINTが貯まる
  • JRE POINTカードとしても使える
  • ポイントはマイルへの交換やSuicaチャージに使える
  • マイルは特典航空券やSuicaチャージに使える
  • 最高1,000万円の海外・国内旅行傷害保険
  • JALタッチ&ゴーサービスが便利

フライトでボーナスマイルが貯まる

JALkカードSuicaのボーナスマイル

JALカード限定の特典として、通常のフライトマイルに加えて「JALカード限定ボーナスマイル」が貯まるのが大きなメリットです。

通常のフライトマイルは、区間マイル×利用運賃のマイル積算率により算出されます。

それに加え、JALカードSuicaならフライトで以下の3つのボーナスマイルがもらえます。本会員はもちろん、家族会員も対象となっていますよ。

  • 入会搭乗ボーナス:1,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:1,000マイル
  • 搭乗ごとのボーナス:フライトマイルの10%プラス

入会搭乗ボーナスは、JALカードSuicaへの入会後初めてのフライトで1回のみプレゼントされるマイルです。

切り替えやJALカードを複数枚持っており、既に受け取った場合は対象外となるため注意してくださいね。

毎年搭乗ボーナスは、入会搭乗ボーナスをもらった年の翌年以降、毎年初めてのフライトでプレゼントされます。

毎年1回でも飛行機に乗れば、ボーナスマイルを受け取れるのはお得ですね。

また、搭乗ごとにフライトマイルの10%プラスのボーナスマイルを獲得でき、JAL便に乗るほどどんどんマイルが貯まります

ボーナスマイルの付与対象となるJALグループ航空会社は以下のとおりです。

  • 日本航空(JAL)
  • 日本トランスオーシャン航空(JTA)
  • 日本エアコミューター(JAC)
  • 琉球エアーコミューター(RAC)

ショッピングでマイルが貯まる

JALカードSuicaのショッピングマイル

JALカードSuicaは、フライトだけでなくショッピングでもマイルを貯められます。

スーパー・飲食店・ガソリンなど日常の支払いにJALカードSuicaを利用すると、カードの利用金額200円につき1マイルのショッピングマイルが貯まる仕組みです。

飛行機に乗らなくてもマイルが貯まるのはうれしいですね。

なお、家族会員のショッピングマイルは本会員に合算して積算されます。家族で保有すればよりマイルが貯めやすく目標のマイル数に近付きやすいでしょう。

ショッピングマイル・プレミアム×特約店で4倍

JALカードSuicaの特約店での利用

「ショッピングマイル・プレミアム」へ入会してJALカード特約店で利用すれば、通常の4倍のマイルを貯めることができお得です。

通常200円につき1マイルのショッピングマイルが貯まりますが、ショッピングマイル・プレミアムに入会すると通常の2倍貯めることができます。

100円につき1マイルが付与されるので、より効率的にマイルを貯めることができます。

カード年会費に、ショッピングマイル・プレミアムの年会費3,300円をプラスで支払えば入会できます。

年会費が必要なものの、マイルの貯まるスピードが倍になります。また、家族会員については本会員が入会すれば自動で対象となるのでお得ですね。

JALカードSuicaをこれから申し込む方も、すでに持っている方も入会できます。インターネットの「MyJALCARD」から手続きできますよ。

さらに、全国約54,000店舗もある(2020年9月現在)JALカード特約店ではマイルが通常の2倍貯まります。

ショッピングマイル・プレミアムに入会したうえで特約店を利用すれば200円につき4マイル、つまり2%の還元率で貯めることができお得です。

JALカード特約店は、さまざまな店舗が対象となっています。

  • イオン
  • ENEOS
  • ファミリーマート
  • ウエルシア
  • トヨタレンタカー
  • 紀伊国屋書店
  • 大丸 など多数

ほかにも、飲食・家電・ファッションなどさまざまなジャンルお店があります。

普段のショッピングにJALカードSuicaを利用する方にとって、200円につき4マイル貯められるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

ショッピングマイル・プレミアムの入会はこちら

SuicaチャージでJRE POINTが貯まる

オートチャージ

JALカードSuicaには、Suica機能も付いています。Suicaがあれば改札をスムーズに通れるのはもちろん、クレジットカードとSuicaを1枚にまとめられるので財布がすっきりします。

カードを増やしたくない方にとってもうれしいですよね。

また、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるのがメリットです。後ほど詳しく解説しますが、貯まったポイントをマイルに交換することもできます。

Suicaを利用するならぜひ持っておきたいカードであると言えるでしょう。

他に以下のようなサービスの利用でJRE POINTが貯まります。

JRE POINT対象サービス
  • みどりの窓口
  • びゅうプラザ
  • えきねっと
  • Suicaへのチャージ
  • 中央・青梅ライナーの携帯電話予約
  • JRE POINT加盟店でのカード提示

なかでもSuicaへのチャージは「VIEWプラス対象商品」に含まれており、ポイントが通常の3倍貯まるのが特徴です。1,000円につき15ポイントのJRE POINTが貯まります

VIEWプラス対象商品は以下のとおりです。

VIEWプラス対象商品
  • 乗車券・定期券・特急券・回数券・特別企画乗車券
  • Suica定期券・Suicaカード
  • ビューカードによるSuicaへのチャージ
  • オートチャージ
  • モバイルSuica(チャージ・オートチャージ・定期券・グリーン券)
  • JR東日本国内ツアー 他

オートチャージもできる

JALカードSuicaはSuicaへのオートチャージにも対応しています。

オートチャージとはSuicaの残高があらかじめ設定した金額を下回った場合に、自動で設定金額がSuicaにチャージされるサービスです。

自動でチャージされるためチャージ忘れがなく、残高不足で改札を通れない、といった心配がありません。

チャージするかどうかを判断する金額や、チャージする金額は自分で決めることができ、駅のATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)にて気軽に変更も可能ですよ。

JALカードSuicaでSuicaへのオートチャージを利用した場合もJRE POINTは通常の3倍、つまり1.5%の還元率で貯まります。

JRE POINTカードとしても使える

JRE加盟店のマーク

JALカードSuicaは、JRE POINTカードとしても使えます。

JRE POINTマークのある加盟店でJALカードSuicsを提示すれば、100円ごとに1ポイントのJRE POINTが付与されます。

JRE POINT加盟店でJALカードSuica支払いをすれば、カード支払いによるマイルとJRE POINTカード提示によるポイントを二重取りできます。

JRE POINT加盟店には以下のような店舗があります。

  • アトレ
  • グランデュオ
  • ビーンズ
  • パセオ 他

首都圏や東日本の駅のさまざまな店舗が対象となっているので、電車をよく利用する方はより効率的にポイントを貯めることができます。

ポイントはマイルへの交換やSuicaチャージに使える

JREポイントの交換

JRE POINTは、マイルに交換したりSuicaにチャージして利用できます。

JRE POINTの使い道
  • マイルへの交換
  • Suicaへのチャージ
  • JRE POINT加盟店での利用
  • プレゼント交換

マイルへの交換

Suicaへのチャージなどで貯まるJRE POINTは、マイルに交換することができます。

資格交換レート
通常会員1,500ポイント=500マイル
ショッピングマイル・プレミアム会員1,500ポイント=1,000マイル

上の表のとおり、年会費3,300円のショッピングマイル・プレミアムに入会している場合、通常より交換レートが高くなります

例えば、JALカードSuicaでSuicaへのチャージを10,000円した場合、貯まるJRE POINTは150ポイントです。

これをマイルに交換した場合、ショッピングマイル・プレミアムに未加入であれば50マイルですが、ショッピングマイル・プレミアムに加入していれば100マイルになります。

ただし、マイルへの交換は1,500ポイント以上、1,500ポイント単位なので注意してくださいね。交換ポイント数や回数の上限はありません。

なお、申し込みから約2~3週間後にマイル精算されます。日数がかかることを頭に入れておきましょう。

Suicaへのチャージ

Suicaチャージ

貯まったJRE POINTを、Suicaにチャージして1ポイント=1円として利用することもできます。手順は以下のとおりです。

  1. 「JRE POINT WEBサイト」にログインして「Suicaチャージ申込み」を選択する
  2. チャージするSuicaIDを選択する
  3. 交換するポイント数と受取り方法を入力して申し込む
  4. 自動券売機で受け取る

あらかじめJRE POINT WEBサイトにSuicaを登録しておく必要があります。

なお、Suicaチャージに使えるJRE POINTは通常ポイントのみで、期間限定ポイントは対象外となっているため気を付けてくださいね。

Suicaチャージの申込はこちら

JRE POINT加盟店での利用

貯まったJRE POINTは、JRE POINT加盟店でショッピングの際に利用することもできます。

会計の際にカードを提示するだけで1ポイント=1円として、1ポイント単位で利用可能です。

また、JRE POINTが貯められるショッピングサイト「JRE MALL」で使うこともできますよ。

JRE MALLはこちら

プレゼント交換

貯まったJRE POINTを、JRE POINT WEBサイトにてさまざまな商品と交換することも可能です。以下のような商品があります。

  • ハーゲンダッツギフト券
  • ビューカード グリーン車利用券
  • メトロポリタンホテルズ共通利用券
  • JR東日本ホテルズ利用券
  • お取り寄せグルメカード 他

他にもさまざまなクーポンや利用券などと交換することができますよ。

マイルは特典航空券やSuicaチャージに使える

JALカードSuicaの利用で貯まったJALマイレージバンクのマイルは、特典航空券に交換したりSuicaにチャージして利用することができます。

JMBマイルの使い道
  • 特典航空券
  • 国際線アップグレード特典
  • JALクーポン特典
  • Suicaへのチャージ

特典航空券

JAL

JALカードSuicaで貯まったマイルは、JALグループ便の特典航空券に交換できます。

国内線であれば往復12,000マイル~(片道6,000マイル~)、国際線であれば往復15,000マイル~(片道7,500マイル~)から交換が可能です。

必要マイル数の例をみてみましょう。

  • 東京~大阪:片道6,000イル
  • 東京~沖縄:片道7,500マイル
  • 日本~ホノルル:片道20,000マイル
  • 日本~ソウル:片道7,500マイル

特典航空券は1マイル=1円以上の価値に変換され、飛行機利用がかなりお得になります!

さらに、JALの「どこかにマイル」というサービスを利用すれば、通常の半分以下のマイルで特典航空券と交換することも可能です(羽田、伊丹・関西発着便のみ)。

どこかにマイルはこちら

国際線アップグレード特典

貯まったマイルを国際線アップグレードに利用することもできます

国際線アップグレード特典とは、国際線の座席クラスをアップできるサービスです。より快適に目的地に向かうことができるでしょう。

必要マイル数は以下のとおりです。

  • プレミアムエコノミークラス:9,000マイル~
  • ビジネスクラス:12,000マイル~
  • ファーストクラス:25,000マイル~

JALクーポン特典

JALクーポン特典も利用できます。JALクーポン特典とは、JALグループの航空券・ツアー購入・機内販売・ホテル・飲食などのクーポンと交換できる特典です。

空港送迎サービスや宅配サービス、レンタルモバイルサービス、手荷物預かりサービスなど、さまざまなサービスに利用でき便利ですよ。

10,000マイル=12,000円相当の価値があります。

Suicaへのチャージ

JALカードSuicaには「Suica特典」があり、貯まったJALマイレージバンクのマイルをSuicaにチャージすることができます。

10,000マイル=10,000円相当として、JALカードSuicaのSuica機能にチャージできるほか、別途Suicaカードにチャージすることも可能です。

交換単位は1回につき10,000マイルのみで、4~3月の1年間に合計2回まで、つまり20,000マイルまでとなるため注意してくださいね。

手順は以下のとおりです。

  1. JALホームページで「Suica特典」を申し込む
  2. 駅のATM「VIEW ALTTE」で「提携ポイント移行によるチャージ」を選択
  3. JALカードSuicaを挿入する
  4. 暗証番号を入力する
  5. 金額ボタンを選択してチャージする
  6. カードとご利用明細を受け取る

貯まったマイル・ポイントいずれもSuicaにチャージできるので、公共交通機関をよく利用する方にとってお得ですよね。

ただし、マイルをSuicaにチャージした場合の価値は1マイル=1円となるため、飛行機によく乗るなら特典航空券などに交換するのがおすすめです。

JALホームページはこちら

最高1,000万円の海外・国内旅行傷害保険

JALカードSuicaには、最高1,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯しています。

保険の種類補償内容補償金額
海外旅行保険傷害死亡1,000万円
傷害後遺障害30万〜1,000万円
救援者費用100万円
国内旅行保険傷害死亡1,000万円
傷害後遺障害30万〜1,000万円

自動付帯となっており、カードの利用や別途手続きなどは必要ありません。旅行回数や利用航空会社を問わず適用されます。

海外旅行保険については、日本出国日の翌日から90日間が補償対象期間です。

傷害死亡・傷害後遺障害や救援者費用の補償は付いていますが、疾病治療や携行品損害などの補償はありません。注意してくださいね。

JALタッチ&ゴーサービスが便利

JALタッチアンドゴーサービス

JALカードSuicaには「JALタッチ&ゴーサービス」が付帯しており、空港でチェックインをせずに直接保安検査場を通過できます。

利用手順は以下のとおりです。

  1. 予約・購入・座席指定をする
  2. 空港の保安検査場でタッチする
  3. 「ご搭乗案内」を受け取る
  4. 搭乗口でカードをかざして改札機を通過する

タッチ&ゴーサービスを利用すればチェックイン手続きをする必要がなく、出発時刻の20分前までに保安検査場に行けば良いので、時間を有効活用できます。

搭乗口ではカードをかざすだけで簡単に改札機を通過することができますよ。

預ける荷物がある場合は、手荷物カウンターに預けてから保安検査場に進んでくださいね。

JALカードSuicaのデメリット

バツサインをする女性

飛行機でも普段のショッピングでもマイルが貯めやすいJALカードSuicaですが、以下のようなデメリットもあります。

JALカードSuicaのデメリット
  • 年会費がかかる
  • Suica定期券としては利用できない
  • 付帯保険が充実していない

年会費がかかる

JALカードSuicaは、2年目から2,200円の年会費がかかります。

飛行機にあまり乗らない方やSuicaを利用しない方にとってはデメリットになるでしょう。

とはいえ、飛行機に乗るたびに通常のフライトマイルの10%プラスのボーナスマイルが付与されたり、Suicaへのオートチャージでもポイントが貯まるなどの特典を考えると大きなデメリットにはならないでしょう。

また、入会キャンペーンでは、入会ボーナスとして300マイル、入会搭乗ボーナスとして1,000マイル、アプリダウンロード・ログインで50マイルの合計1,350マイルもらえます。

1マイル=1円とすると3つの特典だけで1,350円分貯まることを考えると、年会費の元を取れる可能性は十分にあるでしょう。

さらに初年度は無料で利用できるため、1年間利用してみて自分に合うかどうか検討するのも1つです。

Suica定期券としては利用できない

JALカードSuicaにはSuica機能が付いていますが、Suica定期券として利用することはできません。公式サイトにも以下のように記載されています。

JALカードSuicaに定期券機能を搭載することはできません。
別途お持ちいただく「Suica定期券」へのクレジットチャージは可能です。

引用元:JALカードSuicaに定期券機能は付けられますか?

定期券を利用する場合は、JALカードSuicaとは別にSuica定期券を持たなければなりません

ただし、上記にも記載されているように、Suica定期券にJALカードSuicaでクレジットカードチャージをすることは可能です。

そのため、Suica定期券へのチャージでもポイントを貯められますよ。

また、あらかじめ駅のATM「VIEW ALTTE」でリンク設定をしていればオートチャージも利用できます。

手順は以下のとおりです。

  1. 「VIEW ALTTE」で「オートチャージ設定」を選択する
  2. 「Suicaのリンク」を選択する
  3. 「リンク設定/変更」を選択する
  4. Suica定期券を挿入する
  5. JALカードSuicaを挿入する
  6. JALカードSuicaの暗証番号を入力する
  7. 案内に従って進み「お申込み」をタッチする

付帯保険が充実していない

JALカードSuicaには最高1,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯しています。

しかし、補償されるのは傷害死亡・傷害後遺障害と救援者費用のみで、傷害治療費用や疾病治療費用の補償については付いていません

ケガや病気などに備えられる補償がない点はデメリットだと言えるでしょう。

そのため、海外旅行の際に掛け捨ての海外旅行保険に加入したり、別のクレジットカードで補うことをおすすめします。

また、JALカードSuciaにはショッピング保険が付帯していません。この点もデメリットに感じるかもしれません。

ショッピング保険とは、カードで購入した商品が購入日から一定期間内に破損・盗難などの被害を受けた場合に補償してくれる制度のことです。

ただし、カードの不正使用については補償されるため安心してくださいね。

JALカードSuicaの年会費

支払い金額のイメージ

年会費本会員家族会員
本カード2,200円(初年度無料)1,100円
ショッピングマイル・プレミアム3,300円本会員が入会していれば自動で適用
合計5,500円1,100円

JALカードSuicaの年会費は、本会員が2,200円、家族会員は1,100円です。

本会員については、初年度無料で利用できます。ただし、すでにJALカードを持っている場合の2枚目の申し込みは初年度無料の対象外となるため注意してくださいね。

また、ショッピングマイル・プレミアムに入会する場合は、年会費とは別に3,300円がかかります。

本会員がショッピングマイル・プレミアムに入会していれば、家族会員は自動で適用されます。

JALカードSuicaのETCカード

JALカードSuicaのETCカード

JALカードSuicaの付帯カードとしてETCカードを追加する場合、524円の年会費がかかります。

カードの入会と同時にオンラインでの申し込みが可能です。あとからETCカードのみを追加したい場合は、以下の電話番号から申し込みできます。

ビューカードセンター

03-6685-7000
受付 9:00~17:30

ETCカードがあれば、有料道路の料金所をスムーズに通過でき便利なのはもちろん、利用によりショッピング・マイルが貯まりお得です。

飛行機や電車だけでなく車の利用でもマイルが貯められるのはうれしいですよね。

また、ETCマイレージサービスに登録していれば、ETCマイレージサービスのマイルも貯めることができよりお得ですよ。

ETCマイレージサービスの登録はこちら

JALカードSuicaの審査

チェックリスト

JALカードSuicaへの入会を検討しているものの審査に通過するか不安、という方も多いのではないでしょうか。

そこで、JALカードSuicaの審査について解説します。

審査基準については公表されていないため、明確に知ることはできないことを理解したうえで参考にしてくださいね。

申し込み資格

JALカードSuicaの申し込み資格は、以下のように記載されています。

日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方。(未成年の方は親権者の同意が必要です。)ただし、高校生の方はお申込みいただけません。

引用元:JALカードSuica:ビューカード

高校生は申し込むことができませんが、満18歳以上であれば基本的に誰でも申し込むことが可能です。

また、家族会員の申し込み資格については公式サイトに以下のように記載されています。

本会員と生計をともにしている配偶者・ご両親・お子さま。(高校生を除く18歳以上の方。)本会員が学生の場合、お申込みすることはできません。

引用元:JALカードSuica:ビューカード

家族会員についても、18歳以上(高校生を除く)であれば申し込みできます。なお、本会員と生計をともにしている必要があります。

JALカードSuicaは作りやすい?

JALカードSuicaの審査基準は公表されていませんが、JALカードのなかでは比較的申し込みやすいカードであると考えられます。

  • 普通カードである
  • 幅広い人に申し込み資格を与えている

JALカードには、普通カード・CLUB-Aカード・CLUB-Aゴールドカード・プラチナがあり、JALカードSuicaは普通カードにあたります。

通常クレジットカードは、上位ランクになるほど審査難易度が高くなります。

ちなみに、上位カード「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」の申し込み資格は「日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満20歳以上の安定した収入のある方」となっています。

一方、普通カードであるJALカードSuicaには収入についての要件は記載されていません。この点から比較的作りやすいと言えるでしょう。

また、JALカードの他の普通カードの申し込み資格をみてみると、JCB・VISA・Mastercardは18歳以上(高校生を除く)であれば基本的に申し込みできます。

アメリカン・エキスプレスについては「18歳以上でご本人または配偶者に安定した収入のある方(学生を除く)」となっており他の国際ブランドと比べて審査基準が厳しいことが見て取れます。

JALカードSuicaの国際ブランドはJCBのみなので、この点から考えても比較的申し込みやすいカードであると考えられるでしょう。

審査にかかる日数

審査にかかる日数についても公表はされていないため、正確に知ることはできません。発行までの日数について、公式サイトには以下のように記載されています。

通常、カードのお届けには約2~3週間かかります。

引用元:申し込みから最短でカードを発行する方法は?

早くても2週間程度かかるため、「最短即日発行」「3営業日発行」といったクレジットカードと比べると日数がかかると考えておきましょう。

フライトまでの日数に余裕がない場合など、少しでも早くJALカードSuicaが必要なら、「オンライン口座振替サービス」を利用してください。

オンライン口座振替サービスを利用した場合はカードが届くまでに約2週間、利用しない場合は約3週間かかります。

なお、オンライン口座振替サービスとは、オンライン入会の際に同時に支払い口座の登録手続きを行うサービスのことです。

ただし、不備があった場合や休日が続く場合など、それ以上に日数がかかるケースもあるため注意してくださいね。

また、「JALカード入会申込書」で申し込む場合も、返送の際に至急発行したい旨とカード受け取り希望日を記載したメモを同封し、返信用封筒に赤字で「至急」と記入することで約2週間での発行が可能です。

ただしカード受け取り希望日に間に合わない場合もあることを理解しておきましょう。

審査状況の確認方法

JALカードのインターネットサイトでカードの発行状況を確認することができます。

発行状況の確認には、受付番号・生年月日・電話番号が必要です。必要事項を入力したうえで「照会する」を押すと確認できますよ。

なお、受付番号とは入会申し込み完了画面あるいはメールに記載されています。審査完了後3ヶ月間に限って照会することが可能です。

発行状況の確認はこちら

審査に通すコツ

JALカードSuicaの審査に通すコツについて解説します。必ず審査に通るわけではない点を理解したうえで読み進めてくださいね。

  • 申し込みの際は正確に入力・記入する
  • 短期間に複数のカードを申し込まない
  • クレジットヒストリーを積む

申し込みの際は正確に入力・記入する

JALカードSuicaに申し込む際は、記入漏れや誤りがないよう、正確に記入しましょう。

オンラインで申し込む場合は入力漏れがあると先に進めないので、間違いが少なくおすすめです。

記入漏れや誤字などがあると、信用力が低いと判断されて審査に通りにくくなる可能性があります。

また、審査に通りたいからと虚偽の申告をすることはあってはなりません。

虚偽であることが判明すると他のクレジットカードなども発行できなくなるので、必ず事実のみを申告してくださいね。

短期間に複数のカードを申し込まない

短期間に複数のカードを申し込むと、多重申込みと判断されて審査に通らない可能性があります

クレジットカードの申し込み履歴は、個人信用情報機関に保存されており、カード会社が審査の際に照会します。

多重申込みの記録があると、「お金に困窮しているのではないか」「入会特典目的では」などと疑われる要因となります。

JALカードSuicaを発行したいなら同時に別のカードへ申し込むことはせず、少なくとも6ヶ月の期間を空けて申し込むようにしましょう。

クレジットヒストリーを積む

クレジットヒストリー(クレヒス)とは個人信用情報機関に保存されている信用情報で、クレジットカードの利用履歴や滞納情報などのことです。

クレジットヒストリーに問題がある場合はもちろんですが、クレジットカードを作った経験がなくクレヒスがない場合も審査に通らない可能性があります

申し込みやすいクレジットカードで、クレヒスを積んでおきましょう。特に、30代以上でクレヒスがないのは審査落ちの要因になり得ます

また、JALカードSuicaの上位カードへの入会を検討している場合は、JALカードSuicaで利用実績を積んでおくのも1つの方法ですよ。

JALカードSuicaの申込み・入会キャンペーン

JALカードSuicaのキャンペーン

JALカードSuicaは、最大1,850マイルがもらえる入会キャンペーンを開催しています。

以下の4つの入会特典が受けられます。

  • 1. 入会ボーナス:300マイルプレゼント
  • 2. JALカードショッピングマイル・プレミアム入会ボーナス:500マイルプレゼント
  • 3. 入会搭乗ボーナス:1,000マイルプレゼント
  • 4. JALカードアプリダウンロード・ログインボーナス:50マイルプレゼント

それぞれの特典を受けるためには条件を満たすことが必要です。

1つ目と2つ目の入会特典は、入会から2ヶ月後の月末までにキャンペーン参加登録をしたうえで、2万円以上利用すると受けられます。

3つ目の特典は、入会後にJMBマイル精算対象運賃でJALグループ便に初めて搭乗することが条件です。

4つ目の特典は、カードが届いた際の「カード発行のご案内」に記載されている入会日の翌月末までに「JALカードアプリ」をダウンロード・ログインすれば受けられます。

4つ目の条件は簡単にクリアできるのでカードが届いたらログインしておきましょう。

ダウンロードはこちらから

アップルストア グーグルプレイ

JALカードSuicaがおすすめなのはこんな方

JALカードsuica

JALカードSuicaは以下のような方におすすめです。

JALカードSuicaはこんな方におすすめ
  • JALマイルを貯めたい方
  • 日常的にSuicaを利用する方

JALマイルを貯めたい方

JALカードSuicaなら、毎年1度のボーナスマイル、フライト時に加算マイルがもらえるなど、飛行機を乗るほどマイルが貯まります。

また、年会費はかかりますがショッピングマイル・プレミアムに入会すれば普段のショッピングでも効率よくマイルが貯まります。

貯まったマイルは特典航空券に交換でき、お得な旅が実現できるでしょう。

日常的にSuicaを利用する方

JALカードSuicaはJALカードとSuica機能が一体になっており、クレジットカードとSuicaを1枚にまとめることができます。

そのため、Suicaを利用していてカードを増やしたくない方にもおすすめです。

さらに、飛行機の利用でマイル、JRの利用でポイントを貯められるので、空・陸の移動がよりお得になります。飛行機・新幹線での出張が多い方にぴったりと言えるでしょう。

また、Suicaへのオートチャージにも対応しています。貯まったポイントをマイルに移行することもできるので、飛行機に乗らずにマイルを貯めたい方にもおすすめできます。

上位カードと比べて年会費が安く、頻繁に飛行機を利用しない方でも十分元を取れるでしょう。

なお、1ランク上のJALカードSuica CLUB-Aは年会費が高くなる分、フライトでもらえるボーナスマイルがアップします。

さらに上位の「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」は空港ラウンジサービスや付帯保険などゴールドカードならではの特典が充実しています。

そういった特典を重視するなら上位カードを検討してみてくださいね。次の章で、上位カードとの違いについて簡単に解説します。

JALカードSuicaと上位カードとの比較

JALカードSuicaには、上位カード「JALカードSuica CLUB-Aカード」「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」があります。

違いについて簡単にみてみましょう。

項目普通カードCLUB-AカードCLUB-Aゴールドカード
年会費2,200円(初年度無料)11,000円20,900円
ショッピングマイル・プレミアム3,300円3,300円無料
付帯保険最高1,000万円最高5,000万円最高5,000万円
入会搭乗ボーナス1,000マイル5,000マイル5,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス1,000マイル2,000マイル2,000マイル
搭乗ごとのボーナス10%プラス25%プラス25%プラス
JALビジネスクラス・チェックインカウンター-
空港ラウンジサービス--
JALカードゴルファー保険--

CLUB-AカードとClUB-Aゴールドカードは年会費が高い分、フライトでもらえるボーナスマイルが普通カードより多く、旅行保険の内容が充実しています。

普通カードの旅行保険には付いていない、傷害・疾病治療費用や携行品損害についても補償されるので安心です。

また、CLUB-Aゴールドカードは通常3,300円の年会費がかかるショッピングマイル・プレミアムに無料で入会できます。

そのため、日常の支払いにカードを利用すると、常に通常の2倍のポイント、つまり100円の利用ごとに1ポイントが貯められます。

CLUB-Aカード・CLUB-AゴールドカードはJALビジネスクラス・チェックインカウンターが利用できるのも普通カードとの違いです。

そのほか、CLUB-Aゴールドカードなら空港ラウンジサービスが利用できたり、JALカードゴルファー保険が付帯するなどゴールドカードならではの特典が充実しています。

飛行機に乗る機会があまり多くなく、年会費を抑えてマイルを貯めたいなら普通カードがおすすめです。

一方で、飛行機によく乗る方や旅行保険や空港サービスなどの特典を重視したいなら上位カードがおすすめです。

上位カードになるほど年会費が高くなるので、年会費をペイできるか十分検討して選んでくださいね。

JALカードSuicaの締め日と支払日

JALカードSuicaの締め日は毎月末日、支払日は翌々月4日です。毎月1日~末日までの利用分が、まとめて支払日に引き落とされます。

翌月ではなく翌々月の4日なので間違えないようにしてくださいね。

支払日が金融機関の休業日だった場合、引き落とし日は翌営業日です。

なお、月末までに利用した場合でも、加盟店からカード会社への請求データの到着日によっては請求が次回にずれる場合もあります。

請求金額は、利用の翌月20日頃に届く「ご利用代金明細書」あるいはインターネットサービス「VIEW’s NET」にて確認することが可能です。

必ず前営業日までに入金しておきましょう。入金は、JR東日本の駅のATMコーナー「VIEW ALTTE」からも行えます。

請求金額の確認はこちら

JALカードSuicaの解約方法と手続きの流れ

カードを切断

最後に、JALカードSuicaの解約方法について確認しておきましょう。

JALカードSuicaは、「JALカード会員退会届」を請求して手続きする必要があります。JALカード会員退会届はインターネット・電話にて請求することが可能です。

インターネットによる請求方法
  1. MyJALCARDにログインする
  2. 「資料請求」を選択する
  3. 「JALカード会員退会届」を請求する

ログインするためにはお得意様番号とJALマイレージバンクの6桁のJMBパスワードが必要です。あらかじめ確認しておきましょう。

ログインはこちら

電話による請求方法
  1. JALカード会員専用24時間音声情報サービスに電話する
  2. ガイダンスに従ってサービス番号「1」(各種資料請求)を選択する
  3. 「JALカード会員番号」および資料コードナンバー「51513」を入力する

あらかじめJALカードSuicaを手元に用意したうえで、以下の番号に問い合わせましょう。

JALカード会員専用24時間音声情報サービス

0120-747-804
03-5460-4343(携帯電話/海外)

インターネット・電話で退会届を請求すると、1週間ほどで登録の住所宛てに届くので手続きをしましょう。

JALカードSuica解約時の注意点

JALカードSuicaを解約する際、いくつか注意したい点があります。解約前に必ず確認しておいてくださいね。

  • 年会費の引き落としを確認する
  • 家族会員も退会となる
  • マイルは引き継がれる
  • 引き落とし先を変更する

年会費の引き落としを確認する

先述したとおり、JALカードSuicaの年会費は2,200円です。年会費はカード券面に記載されている有効期限月を境に請求が発生します。

有効期限月の末日までにカードの解約手続きが完了していれば次年度の年会費は請求されませんが、有効期限月を過ぎた場合は年会費が引き落とされてしまいます。

引き落とされた年会費はカードを解約しても返金されないため注意してください。

もし年会費がすでに引き落とされてしまったなら、カードの解約を保留して、もう1年お得な特典やサービスを利用するのが賢明です。

翌年度の年会費が引き落とされる前に解約することを忘れないでくださいね。

また、家族カードやETCカードについても年会費がかかるため注意しましょう。

付帯カードも解約となる

JALカードSuicaの本カードを解約すると、同時に家族カードも解約されてしまいます。

解約を検討しているなら、付帯カードを発行していないかどうかを確認したうえで、家族に解約しても問題ないか相談しておきましょう。

また、ETCカードについても同時に退会となります。有料道路の料金所を通過できなくなり事故などにもつながるので、本カードを解約したら速やかに処分しましょう。

ETCカードが必要な場合は、あらかじめ別のETCカードを発行するなどしておいてくださいね。

マイルは引き継がれる

「JALカードSuicaを解約すると、貯めていたマイルが失効してしまうのでは?」と心配な方もいるかもしれません。

JALカードSuicaを解約すると、約2週間で「JALマイレージバンクカード」がJALマイレージバンク事務局から届きます。

JALカードSuica解約後は、JALマイレージバンクカードを利用すれば引き続きマイルを利用できます。

貯めていたマイルはそのまま引き継がれるので安心してくださいね。

ただし、すでにJMB ICカードやJMB提携カードなどを保有している場合、JALマイレージバンクカードは発行されません。

引き落とし先を変更する

公共料金や携帯電話料金などの引き落とし先としてJALカードSuicaを設定していた場合は、各サービス会社に引き落とし先の変更手続きをすることが必要です。

引き落とし先の変更手続きが漏れていれば、支払いを滞納してしまうことになり、信用情報にも影響を与えてしまいます。

信用情報に傷が付けば、新たにローンを契約したりクレジットカードを発行する際に審査に通りにくくなるため、忘れず手続きをしてくださいね。

JALカードSuicaは空でも陸でもお得に使える

JALカードSuicaについて改めて確認しておきましょう。

JALカードSuicaの特徴
  • フライト・ショッピングでマイル・ポイントが貯まる
  • Suicaチャージでもポイントが貯められる
  • ポイントはマイルへの交換やSuicaチャージに使える
  • マイルは特典航空券やSuicaチャージに使える
  • 最高1,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯
  • JALタッチ&ゴーサービスで飛行機搭乗がスムーズに

JALカードSuicaは、JALカードとSuica機能が一体になっており、飛行機・JRの利用・ショッピングでマイル・ポイントが貯められます。

Suicaへのチャージでもポイントが付与され、マイルに移行もできるので、飛行機に乗らなくてもマイルが貯めやすくおすすめです。

貯まったマイルを特典航空券に交換すれば1マイル=2円以上の価値になる場合もありお得ですよ。

また、JALカードSuicaには最高1,000万円の旅行保険やJALタッチ&ゴーサービスも付帯しています。旅行保険は保有しているだけで補償が受けられます。

飛行機やJRをよく利用するならぜひ持っておきたいカードだと言えるでしょう。

JALカードSuicaを活用して、空でも陸でもお得にマイルを貯めてくださいね。