JAL CLUB ESTカードの種類|最もお得なカードはどれか徹底比較

JAL CLUB ESTカードへの入会は20代の特権です。カード年会費とは別にJAL CLUB EST年会費が必要ですが、補って余りあるメリットが含まれています。例えばサクララウンジが年5回使える、ボーナスマイルが多い、マイル有効期限が長いなどです。
  • 2021年9月23日
  • 2021年9月23日
JAL CLUB ESTカードの種類

JAL CLUB ESTカードは20代限定で利用できるJALカードです。

サクララウンジが利用できる、ボーナスマイル増量などその他のJALカードにはない特典が用意されています。

20代でJALカードを利用するなら、よりお得なJAL CLUB ESTカードを選びましょう。

しかし、普通カード・CLUB-A・CLUB-Aゴールド・プラチナの4種類のランクがある上、提携先もたくさんあるため、どれを選べばよいか分からないかもしれません。

そこで、本記事ではJAL CLUB ESTカードをカードランク別に年会費や特典などで比較してみました。

JAL CLUB ESTカードの種類と違い
  • 普通カード
    年会費が最も安い、飛行機に乗らないならコスパは最高
  • CLUB-Aカード
    ボーナスマイルはゴールド以上と同じ、年1回程度飛行機に乗るならお得
  • CLUB-Aゴールドカード
    空港ラウンジをはじめとするゴールド特典が付帯
  • プラチナ
    プライオリティ・パス無料、マイル還元率は最大4.0%

※本記事の価格は全て税込みです。

JALマイルが貯まるおすすめJALカード
カード名JALカード
JALカード
JALカード navi
JALカード navi
JAL CLUB-Aカード
JAL CLUB-Aカード
JAL CLUB-Aゴールドカード
JAL CLUB-Aゴールドカード
JALカード
TOKYU POINT ClubQ
JALカード TOKYU POINT ClubQ
JALカード TOKYU POINT
ClubQ CLUB-Aゴールドカード
JALカード TOKYU POINT ClubQ CLUB-Aゴールドカード
年会費2,200円
アメックスは6,600円
初年度無料
在学時無料11,000円VISA、Mastercard、JCB:17,600円
American Express :20,900円
Diners Club:30,800円
2,200円
初年度無料
17,600円
マイル還元率0.5%1.0%0.5%1.0%~2.0%0.5%~2.0%0.5%~2.0%
国際ブランドVISA、Mastercard
JCB、American Express
VISA、Mastercard
JCB、American Express
VISA、Mastercard、JCBVISA、Mastercard、JCB
American Express、Diners Club
VISA、MastercardVISA、Mastercard
キャンペーン最大3,500マイル
プレゼント
最大3,500マイル
プレゼント
最大10,500マイル
プレゼント
最大12,500マイル
プレゼント
最大3,500マイル
プレゼント
最大12,500マイル
プレゼント
申込対象18歳以上18歳〜30歳未満の学生
高校生は除く
18歳以上VISA、Mastercard、JCB
American Express:20歳以上
Diners Club:27歳以上
18歳以上20歳以上
発行スピード最短2週間最短2週間最短2週間最短2週間最短2週間最短2週間
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
矢印

JAL CLUB ESTカードの共通点

 JAL CLUB EST 普通カード

数あるJALカードのうち、20代のみが利用できるJAL CLUB ESTカード。

共通点およびJAL CLUB EST以外のJALカードにはないメリットは以下の通りです。

JAL CLUB ESTカードの共通点
  • 申し込めるのは20歳以上30歳未満のみ
  • その他のJALカードよりマイルを貯めやすい
  • 国内線のサクララウンジが年間5回まで無料
  • JALビジネスクラス・チェックインを利用可能
  • 毎年初回搭乗時に2,000FLY ON ポイント
  • 100マイル単位でe JALポイントと交換できる

申し込めるのは20歳以上30歳未満のみ

JAL CLUB ESTは20代限定のサービスです。申し込みは原則20歳以上30歳未満に限定されています。

その他のJALカードの普通カードおよびCLUB-Aカードは18歳から申し込めますが、CLUB ESTは20歳になるまで申し込めません。

CLUB ESTの有効期限は「本会員が30歳を迎えた後の最初のカード有効期限の末日」です。

例えば誕生日が4月、カードの有効期限が11月の場合は30歳になる年の11月30日まで使えます。

JAL CLUB ESTカードの有効期限

有効期限が切れた後は通常のJALカードとして継続利用できます。

その他のJALカードよりマイルが貯まりやすい

JAL CLUB EST会員のマイル有効期限

JAL CLUB ESTカードにはその他のJALカードよりもマイルが貯まりやすくなる限定サービスが用意されています。

  • JALカードショッピングマイル・プレミアム(通常3,300円)が無料
  • 毎年2,500マイルもらえる
  • ボーナスマイルにCLUB EST限定ボーナスが追加
  • JALマイルの有効期限が60ヶ月に延長

JALカードショッピングマイル・プレミアムは、貯まるマイルが2倍になるサービスです。

JAL CLUB ESTカードならJALカードショッピングマイル・プレミアムへ自動入会となり、公共料金の支払いや日常の買い物で常に1%(100円につき1マイル)のマイルを貯められます。

なお、その他のJALカードでもCLUB-Aゴールドカード/プラチナはJALカードショッピングマイル・プレミアムの年会費が無料です。

CLUB ESTなら普通カード/CLUB-Aでも年会費がかかりません。

さらに、入会搭乗/毎年初回搭乗ボーナスが1,000マイル増量されるほか、さらに搭乗ごとのボーナスマイルも+5%されます。

加えて、JAL CLUB EST会員はマイルの有効期限が36ヶ月から60ヶ月に延長されます。

5年もの有効期限があるので、希望の特典航空券を狙いやすいでしょう。

国内線のサクララウンジが年間5回まで無料

サクララウンジ

JAL CLUB EST会員は年間5回まで国内線のサクララウンジを無料で使えます。

サクララウンジはJALが運営している空港ラウンジです。

通常はビジネス・ファーストクラスの搭乗時やJMB(JALマイレージバンク)の上位ステイタスを獲得した方のみが利用できます。

しかし、JAL CLUB EST会員なら年5回までサクララウンジを利用可能です。なんと同伴者も1名まで利用できます。

本来なら空港ラウンジを特典が付いていない普通カードやCLUB-Aカードも対象です。

JALビジネスクラス・チェックインを利用可能

JAL ビジネスクラスチェックインカウンター

JAL CLUB EST会員は国際線利用時にJALビジネスクラス・チェックインカウンターを利用可能です。

ビジネスはもちろん、エコノミークラスおよび特典航空券で搭乗する際も利用できます。

本来はCLUB-Aカード以上の特典ですが、CLUB ESTなら普通カードも対象です。

通常のチェックインよりもスムーズかつ快適にチェックインできます。

毎年初回搭乗時に2,000FLY ON ポイント

FLY ONポイントの計算

JAL CLUB EST会員は毎年最初の搭乗時に2,000FLY ON ポイントが追加でもらえます。

FLY ON ポイントはJMBの上位ステイタスになるために必要なポイントです。

JAL便やワンワールド加盟航空会社の飛行機に乗ると貯まります。

毎年1月~12月の12ヶ月間に貯めたFLY ON ポイントや搭乗回数に応じてステイタスが決まります。

ステイタス基準
クリスタル・30,000ポイント(JAL便15,000ポイント)以上
・または30回(JAL便15回)以上かつ10,000ポイント以上
サファイア・50,000ポイント(JAL便25,000ポイント)以上
・または50回(JAL便25回)以上かつ15,000ポイント以上
JGCプレミア・80,000ポイント(JAL便40,000ポイント)以上
・または80回(JAL便40回)以上かつ25,000ポイント以上
ダイヤモンド・100,000ポイント(JAL便50,000ポイント)以上
・または120回(JAL便60回)以上かつ35,000ポイント以上

JAL CLUB EST会員なら初回搭乗時に2,000ポイントも追加でもらえます。

これは東京-大阪間を往復した場合にもらえるポイントとほぼ同じです。

JAL CLUB ESTカードを持てば、上位ステイタスへの大きな一歩を踏み出せます。

100マイル単位でe JALポイントと交換できる

e JALポイント

JAL CLUB EST会員は100マイル単位でマイルとe JALポイントを交換できます。

e JALポイントはJAL航空券やツアー購入代金の支払いに利用できるポイントです。

通常は5,000マイル以上5,000マイルが交換単位ですが、JAL CLUB EST会員なら100マイル以上100マイル単位で交換可能です。

マイルがほんの少しだけ余った場合も無駄になりません。

JAL CLUB ESTカードの年会費を比較

お金と植物

ここからは、JAL CLUB ESTカードをランクごとにさまざまな項目で比較していきます。

まずは本会員の年会費を比較してみましょう(家族会員年会費は後述)。

カードランクカード年会費JAL CLUB EST年会費トータル年会費
普通カード
(アメックス以外)
2,200円5,500円7,700円
普通カード
(アメックス)
6,600円12,100円
CLUB-Aカード11,000円16,500円
CLUB-Aゴールドカード
(Suica/アメックス以外)
17,600円2,200円19,800円
CLUB-Aゴールドカード
(Suica/アメックス)
20,900円23,100円
プラチナ34,100円36,300円

JALカードの年会費はランクが上がるほど高くなります。

普通カード/CLUB-Aゴールドカードは提携先によって一部年会費が異なるので注意してください。

また、カード年会費とは別にJAL CLUB EST年会費も必要です。

トータルの年会費で比較すると、普通カード(アメックス以外)とプラチナでは30,000円近い差があります。

年会費に見合う付帯サービスや特典があるかをしっかりチェックしましょう。

JAL CLUB ESTカードのマイル還元率を比較

JALカードSuicaのショッピングマイル

次はマイル還元率で比較してみましょう。

カードランクマイル還元率アドオンマイル
普通カード1.0%×
CLUB-Aカード×
CLUB-Aゴールドカード
(アメックス以外)
×
CLUB-Aゴールドカード
(アメックス)
100円=1マイル
プラチナ100円=2マイル

基本のマイル還元率はどのカードを選んでも変わりません。

ランクに関係なくJALカードショッピングマイル・プレミアムが無料です。

普通カードでもプラチナカードでも1.0%のマイルが貯まります。

違いがあるのはJALアメックス・CLUB-Aゴールドカードとプラチナの「アドオンマイル」です。

アドオンマイルが対象のカードでは、対象商品購入でマイルがさらに貯まります。

アドオンマイルの対象
  • JALの航空券
  • JAL・JTAの機内販売
  • ツアー料金
  • 通信販売(JAL World Shopping ClubやJALショッピングなど)

上記の対象商品のうち、ツアー以外はJALカード特約店の対象です。

JALアメックス・CLUB-Aゴールドカードなら3.0%、プラチナなら4.0%ものマイルが貯まります。

JALの飛行機によく乗るなら、アドオンマイル対象カードもお得です。

JAL CLUB ESTカードのボーナスマイルを比較

JALカード

続いてはJAL CLUB ESTカードのボーナスマイル比較です。

いずれもJAL CLUB EST限定ボーナスを含めています。

ボーナスマイル普通カードCLUB-A/CLUB-Aゴールド/プラチナ
入会搭乗ボーナス2,000マイル6,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス2,000マイル3,000マイル
搭乗毎のボーナス15%プラス30%プラス

ボーナスマイルがお得なのはCLUB-Aカードです。CLUB-Aゴールドカード/プラチナと同じボーナスを獲得できるからです。

それでいて年会費はCLUB-Aゴールドカード/プラチナより安め

年1回は飛行機に乗る、という方ならCLUB-Aカードを選ぶとお得でしょう。

JAL CLUB ESTカードの空港ラウンジ特典を比較

プライオリティパスのサービス内容

次はJAL CLUB ESTカードで利用できる空港ラウンジ特典を比較します。

カードランク国内カードラウンジプライオリティ・パスサクララウンジ
普通カード
(アメックスのみ)
×
(年5回まで)
CLUB-Aカード××
CLUB-Aゴールドカード×
プラチナ

CLUB-Aゴールドカード/プラチナでは国内空港のラウンジを無料で使えます。

普通カードでもアメックスのみ国内ラウンジを利用可能です。

利用できるラウンジは提携先によって異なります。

詳細は提携カード会社・ラウンジサービスのご利用をチェックしてください。

プラチナのみ世界1,300ヶ所以上の空港を使える「プライオリティ・パス」が付帯します。

海外ラウンジを頻繁に使うならプラチナがおすすめです。

アメックスを除く普通カードおよびCLUB-Aカードは本来ラウンジを使えません。

JAL CLUB ESTならランク関係なく年5回までサクララウンジを利用可能です。

たまに国内旅行へ行く、といった方なら普通カードでも十分でしょう。

JAL CLUB ESTカードの保険を比較

キャリーバッグを引く男性

続いてはJAL CLUB ESTカードの保険を比較します。

JAL CLUB ESTカードの旅行傷害保険は自動付帯です。カードを持っているだけで補償されます。

ただし、一部のカードは利用しないと最高額まで補償されません。

カードランク/提携先国内旅行傷害保険海外旅行傷害保険
普通カード
(アメックス以外)
最高1,000万円最高1,000万円
普通カード
(アメックス)
最高3,000万円
(うち利用付帯2,000万円)
最高3,000万円
(うち利用付帯2,000万円)
CLUB-Aカード最高5,000万円最高5,000万円
CLUB-Aゴールドカード
(VISA/Master/Suica)
最高5,000万円最高5,000万円
CLUB-Aゴールドカード
(JCB/OP)
最高5,000万円最高1億円
(うち利用付帯5,000万円)
CLUB-Aゴールドカード
(アメックス)
最高5,000万円
(うち利用付帯2,000万円)
最高5,000万円
プラチナ(JCB)最高1億円最高1億円
プラチナ(アメックス)最高5,000万円最高1億円
(うち利用付帯5,000万円)

同じランクでも国際ブランド・提携先によって内容が異なります。

基本的にJCBブランドのカードは補償が手厚いです。旅行傷害保険重視ならJCBを選びましょう。

反対に、アメックスはカードを利用しないと最高額の補償を受けられません。

JAL CLUB ESTカードの家族カードを比較

家族

JAL CLUB ESTカードは、生計を同一にする20歳以上30歳未満の配偶者に限り家族カードを発行できます。

親や対象年齢に含まれない配偶者は申し込めません。

反対に、お互い20代のうちに夫婦で旅行をたくさん楽しみたいという方には家族カードの発行がおすすめです。

ランクごとの家族カード年会費は以下の通りです。

家族カードの年会費カード年会費JAL CLUB EST年会費トータル年会費
普通カード1,100円2,200円3,300円
普通カード
(JALアメックス)
2,750円4,950円
CLUB-Aカード3,850円6,050円
CLUB-Aゴールドカード8,800円11,000円
プラチナ17,050円19,250円

基本会員よりも安い年会費で、ラウンジや保険などの特典を利用できるのが家族カードの魅力。

アメックスのみ、プラチナの特典「プライオリティ・パス」を家族会員も利用できます。

JAL CLUB ESTのプラチナカードでJCBブランドを選んだ場合、プライオリティ・パスを使えるのは本会員のみに限られているので注意してください。

JAL CLUB ESTカードの審査を比較

入会

最後にJAL CLUB ESTカードの審査を比較してみます。

JAL CLUB EST自体はJALカードのオプションのようなものです。

20歳以上30歳未満のJALカード会員であれば審査なしでJAL CLUB ESTサービスを追加できます。

そのため、JAL CLUB ESTカードの入会審査の基準はその他のJALカードと同じです。

JALカードの入会資格をチェックしておきましょう。

  • アメックス以外の普通カード・CLUB-Aカード
    18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方
  • 普通カード(アメックス)
    18歳以上でご本人または配偶者に安定した収入のある方(学生を除く)
  • アメックス以外のCLUB-Aゴールドカード/プラチナ
    20歳以上で本人に安定した継続収入のある方(学生を除く)
  • アメックスのCLUB-Aゴールドカード/プラチナ
    原則として20歳以上で、ご本人に安定した収入のある方(学生を除く)

実際は提携先によって少し表現が異なりますが、ランクが同じなら内容はほほ同じです。

普通カード(アメックス以外)/CLUB-Aは18歳以上から申し込めます。学生も対象で、収入の規定もありません。

アメックスのみ本人もしくは配偶者に安定した収入が必要で、学生は申し込めません。

なお、繰り返しになりますがJAL CLUB ESTに加入できるのは20歳以上です。

18歳以上20歳未満の方はCLUB EST非加入のJALカードを利用することになります。

CLUB-Aゴールドカード・プラチナは20歳以上の社会人が対象です(学生不可、安定収入が必要)。

以上が公表されている内容で、どのカードも審査基準の詳細は明かされていません。

入会資格の内容を踏まえると、ランクが高くなるほど審査も厳しくなると予測できます。

とくにCLUB-Aゴールド/プラチナは400~500万円以上の年収と良好なクレヒスが必要と言われています。

JAL CLUB ESTカードでお得なJALの旅を

以上、JAL CLUB ESTカードをカードランク別にさまざまな項目で比較しました。

JAL CLUB ESTカードの種類と違い
  • 普通カード
    年会費が最も安い、飛行機に乗らないならコスパは最高
  • CLUB-Aカード
    ボーナスマイルはゴールド以上と同じ、年1回程度飛行機に乗るならお得
  • CLUB-Aゴールドカード
    空港ラウンジをはじめとするゴールド特典が付帯
  • プラチナ
    プライオリティ・パス無料、マイル還元率は最大4.0%

基本のマイル還元率はいずれも1.0%で差がありません。

飛行機にあまり乗らない陸マイラーには、コスパに優れる普通カードがピッタリです。

CLUB-Aカードはゴールド以上と同じボーナスマイルをもらえるので、年1~2回飛行機に乗る方ならお得です。

旅行や出張で飛行機に乗る頻度が高いなら特典が充実するゴールド以上を選びましょう。

国内旅行中心なら、CLUB-Aゴールドカードで十分です。

海外へ頻繁に行く方にはプラチナが向いています。プライオリティ・パスだけでも年会費の元を取ることができます。

本記事を参考に、自分にピッタリのJAL CLUB ESTカードを選んでくださいね。