JCBコンタクトレスとは
  • 2024年2月29日
  • 2024年2月29日
当サイトには広告が含まれます

JCBコンタクトレス(タッチ決済)とは|対応クレカ・店舗と使い方

JCBブランドが展開する「JCBコンタクトレス」は、JCBカードや対応スマホをお店の端末機にかざすだけでショッピングできる、便利なタッチ決済のひとつです。

今回は、そんなJCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)について徹底解説します。

JCBのタッチ決済の概要や対応しているクレジットカード、利用できる店舗や具体的な使い方までまるごと押さえて、スマートに使いこなしていきましょう。

この記事でわかること
JCBのタッチ決済の使い方
  1. JCBのタッチ決済に対応したJCBカードまたはJCBカードを登録したスマホを用意
  2. JCBのタッチ決済に対応した加盟店のレジで「タッチ決済で支払う」ことを伝える
  3. JCBのタッチ決済加盟店で専用端末機にカードやスマホをかざす
  4. 一定金額未満なら、サインや暗証番号は不要
JCBブランドで選ぶおすすめクレジットカードランキング【2024年】
JCBカード比較表
カード名JCB CARD W
JCB CARD W
New! JCBカード S
JCB CARD W
JCBゴールド
JCBゴールド
JCBプラチナ
JCBプラチナ
JCB一般カード
JCB一般カード
JCB GOLD EXTAGE
JCB GOLD EXTAGE
年会費
(税込)
無料無料11,000円(税込)
初年度無料
オンライン入会の場合のみ
27,500円(税込)1,375円(税込)
初年度無料
オンライン入会の場合のみ
3,300円(税込)
初年度無料
還元率1.00%~10.50%※1 0.50%~10.00% ※1 0.50%~10.00% ※1 0.50%~10.00% ※1 0.5%~5.0% ※1 0.75%~10.25%(条件あり) ※1
Myチェック等の事前登録が必要
国際ブランドJCBJCBJCBJCBJCBJCB
キャンペーン新規入会
+Amazon利用で最大12,000円
キャッシュバック
2024年4月1日(月)~2024年9月30日(月)
新規入会
+Amazon利用で最大15,000円
キャッシュバック
2024年4月1日(月)~2024年9月30日(月)
新規入会
+Amazon利用で最大23,000円
キャッシュバック
2024年4月1日(月)~2024年9月30日(月)
新規入会
+Amazon利用で最大30,000円
キャッシュバック
2024年4月1日(月)~2024年9月30日(月)
申込対象18歳以上39歳以下18歳以上20歳以上25歳以上18歳以上20歳〜29歳
学生不可
発行スピード最短5分※2最短5分※2最短5分※2最短5分※2最短5分※2最短3営業日
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

※1 最大還元率はJCB PREMO に交換した場合。JCB GOLD EXTAGEはMyチェック等の事前登録が必要です。
※2 モバ即(最短5分)の入会条件は以下2点になります。
【1】 9:00AM~8:00PMでお申し込み。(受付時間を過ぎた場合は、翌日受付扱い)
【2】 顔写真付き本人確認書類による本人確認。(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)
※モバ即での入会後、カード到着前の利用方法について、詳しくはHPをご確認ください。

矢印

JCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)とは

JCBコンタクトレスの特徴

JCBのタッチ決済とは、JCBカードに搭載された非接触決済機能です。

近年、さまざまなキャッシュレス決済サービスが展開されていますが、JCBのタッチ決済には一体どんな特徴があり、利用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

お得に便利に使いこなしていくために、まずはJCBのタッチ決済の基礎知識を深めましょう。

JCBのタッチ決済の特徴
  • 端末機にかざすだけのスマート&スピーディー決済
  • クレジットカードのポイントやマイルが貯まる
  • 国際標準のセキュリティで安心・安全
  • 日本だけでなく海外でも使える利便性

端末機にかざすだけのスマート&スピーディー決済

JCBのタッチ決済

JCBのタッチ決済は、上記のように券面にマークが印刷されたJCBカード、またはJCBカードを登録したスマホで利用できます。

使い方は至極簡単、お店の端末機にかざすだけ。スマートかつスピーディに決済が完了します。

従来のクレジットカード決済のように、わざわざ端末機にカードを差し込んだりスライドさせたりする必要がありません。

JCBカードタッチ決済のやり方

一定金額に満たないショッピングの場合には、サインも暗証番号も不要です。

JCBのタッチ決済は、デパートやコンビニ・レストランから公共交通機関まで、利用できる場所がどんどん拡大しています。

チャージなしでダイレクトに決済

iD・WAON・楽天Edy・Suicaなどの電子マネーが搭載されているクレジットカードであれば、これまでも端末機にかざすだけの支払いは可能でした。

しかし、それらはあくまで電子マネー。JCBのタッチ決済とは全くの別物です。

チャージが必要であったり、1回あたりの利用上限が設けられていたり、利便性の面でタッチ決済に劣ります。

JCBのタッチ決済は、端末機にかざすだけで利用金額分をクレジットカードでダイレクトに決済できるのが特徴です。

クレジットカードのポイントやマイルが貯まる

JCBカードのタッチ決済

JCBのタッチ決済を利用すると、JCB加盟店でクレジットカード決済をおこなった場合と同様に、支払金額に応じたポイントやマイルが加算されます。

スピーディに決済できるうえ、ポイントやマイルをムダなくしっかりと貯められるのはうれしいメリットですね。

クレジットカードやスマホを使ったタッチ決済でも、還元率は変わらずポイントを従来通り受け取れます。

国際標準のセキュリティで安心・安全

JCBのタッチ決済は、国際標準規格「EMV(R)」に基づくセキュリティ技術を採用しており、安全性が高いのも注目ポイントです。

クレジットカードを専用の端末機に数秒かざすだけなのでスキミングなどの被害にも遭いにくく、安心してショッピングできる決済方法といえます。

なお、端末機に誤って2回かざしてしまった場合も心配ありません。1回分のみが請求されるよう、しっかりとした安全対策が取られています。

日本だけでなく海外でも使える利便性

JCBのタッチ決済は、近距離通信の国際標準規格に準拠しています。

そのためJCBのタッチ決済に対応した加盟店であれば、日本はもちろん海外でも利用可能です。

FeliCa規格を利用した日本の電子マネーやQRコード決済は、日本国内でしか使えないものがほとんどです。

日本で発行されたJCBカードをApple Payに登録すると自動的に「Type A/B」規格に対応するため、海外でも利用が可能になります。

Apple PayにJCBカードを登録する方法は、このあと詳しく紹介します。

JCBのタッチ決済対応のクレジットカード

JCBのタッチ決済の概要を押さえたところで、ここからは実践編です。

JCBのタッチ決済が利用できるクレジットカードについて詳しく確認していきましょう。

タッチ決済対応マークのあるJCBカードを用意

「手持ちのJCBカードで、早速JCBのタッチ決済を利用してみよう!」といきたいところですが、実はすべてのJCBカードで必ずしもJCBのタッチ決済が使えるわけではありません

JCBのタッチ決済に対応しているのは券面にタッチ決済対応のマークが表示されているJCBカードのみです。

JCBカードタッチレス決済対応マーク

なお、JCBのタッチ決済を利用できる主なJCBカードは、下記のとおりです(2024年2月現在)。

  • JCBオリジナルシリーズ
  • イオンカード
  • 楽天カード
  • ANAカード
  • リクルートカード
  • オリコカード
  • セゾンカード など

JCBブランドが付帯している上記のクレジットカードは、タッチ決済対応マークのあるお店でJCBのタッチ決済での支払いができます。

発行時期によりタッチ決済に対応していない場合もありますが、カード発行会社に申請をするとタッチ決済対応済みカードに作り直しができます。

JCBオリジナルシリーズはすべてJCBのタッチ決済対応

JCBプロパーカード共通のサービス

JCBオリジナルシリーズのクレジットカードなら全種類がJCBのタッチ決済に対応しています。

JCBオリジナルシリーズとは
日本唯一の国際ブランドJCBのプロパーカードの総称です。年会費無料のカジュアルなカードからハイクラスなゴールド・プラチナカード、招待制のブラックカードまでラインアップが豊富。

以下が主なJCBオリジナルシリーズのクレジットカードです。

JCBオリジナルシリーズは、JCBのタッチ決済が使える以外にもメリットがたくさんあるクレジットカードです。

JCBオリジナルシリーズの特徴
  • 全種類がJCBのタッチ決済対応
  • 最短5分発行(ナンバーレス)
  • カードの利用でOki Dokiポイントが貯まる
  • 年会費無料の一般カードからステータスの高いプラチナ・ブラックまで
  • カードランクのグレードアップが可能

JCBオリジナルシリーズパートナー店舗と呼ばれる加盟店や利用額に応じたポイントアップ、JCBカード会員限定の特典・優待が充実しているのが特徴です。

各種補償が充実しているのもJCBの強み。年会費無料のJCBカード W /plus LやJCBカード Sにも海外旅行傷害保険が付いています。

JCBカード SからJCBゴールドへなど、JCBオリジナルシリーズ内でグレードアップもできるため、カードを育てる楽しみも味わえます。

Apple PayにJCBカードを登録しても利用可能

JCBカードApple Pay

JCBのタッチ決済はスマホでも使えます。スマホを使えば、タッチ決済対応マークがないカードでもタッチ決済が利用できます。

スマホにJCBカードを登録し、専用端末にスマホをかざすだけで決済が完了します。

JCBのタッチ決済は以下のデバイスに対応しています。

  • 日本国内で購入した iPhone 7/7 Plus
  • iPhone 8以降
  • 日本国内で販売されたApple Watch Series 2
  • Apple Watch Series 3以降

残念ながらAndroidスマホは非対応です。AndroidスマホにJCBカードを登録することは可能ですが、QUICPayで決済されるので注意しましょう。

次章にてApple PayでJCBコンタクトレスを使用する方法について詳しく解説します。

JCBのタッチ決済をスマホで使用する方法

ApplePayでJCBコンタクトレスを利用する

JCBのタッチ決済をスマホで使用できるよう、まず準備をしましょう。以下のものを手元に準備してください。

  • タッチ決済対応機種
  • JCBカード

OSは、必ず最新のバージョンにアップデートしておきましょう。

Apple PayにJCBカードを登録する

下記いずれかの方法でApple PayにJCBカードを登録してください。

「MyJCBアプリ」からJCBカードを登録する
  1. MyJCBアプリにログインする
  2. 「Apple Payに追加」をする
  3. 「Payを設定」ボタンをタップする
  4. 表示されたカード情報を確認
  5. Apple Pay利用規約に「同意する」をタップ
  6. SMSか電話もしくはメールで連絡先の最終確認
  7. 確認後に送信されたコードを入力する
ダウンロードはこちらから

アップルストア

WalletアプリからJCBカードを登録する
  1. Walletアプリを開く
  2. 画面右上の「+」または「追加」をタップし、画面の指示に従ってJCBカードを登録する

Apple PayにJCBカードを登録したら準備万端です。

JCBカードをApple Payに登録すると、QUICPay加盟店とJCBタッチ決済対応マークのあるお店、またはApple Payに対応したオンラインショップで利用できます。

なお、Apple PayでJCBのタッチ決済をした場合でも、支払金額に応じて登録したクレジットカードのポイントやマイルが貯まります

たとえば、Apple Payに楽天カード(JCB)を登録しJCBコンタクトレスを利用すると、100円の支払いにつき1ポイントの楽天ポイントが貯められます。

JCBのタッチ決済を使える店舗

つづいて、JCBのタッチ決済が使えるお店についてみていきましょう。

すでに説明した通り、JCBのタッチ決済は近距離通信の国際標準規格に準じているため、下記のマークが表示されているJCB加盟店であれば日本のみならず海外でも使用できます

JCBコンタクトレス

日本国内のおもなJCBのタッチ決済加盟店

JCBのタッチ決済で改札通過

JCBのタッチ決済のおもな加盟店を下記にまとめました。

日本国内の加盟店(一部)
  • コンビニ
    セブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート・ポプラ・生活彩家など
  • スーパー
    ダイエー・マックスバリュ・京急ストア・マルアイ・イトーヨーカドー・コーヨーなど
  • ファーストフード
    マクドナルド・モスバーガー・フレッシュネスバーガーなど
  • 飲食店
    スシロー・すき家・餃子の王将・ゼンショーグループ各店舗(すき屋/ココス/ジョリーパスタ/ビッグボーイ/はま寿司など)など
  • 百貨店
    マルイ・大丸松坂屋百貨店・京王百貨店・京都ポルタなど
  • バス・鉄道
    江ノ島電鉄株式会社・九州旅客鉄道株式会社・京急バス・東京バス株式会社など
  • 空港
    大阪国際空港・関西国際空港・神戸空港

海外のJCBのタッチ決済加盟店

海外は日本のFeliCa規格(QUICPayなど)に対応するお店はほとんどなく、タッチ決済が主流です。

そのためJCBのタッチ決済対応マークさえあれば決済可能ですが、Visa・Mastercardのタッチ決済に比べると使える場所は少ないです。

海外でJCBのタッチ決済をメインの支払い方法として考えていると、決済できず困るかもしれません。VisaやMastercardのサブカードを持っていく必要があるでしょう。

JCBのタッチ決済が使えるお店は、日本、海外ともに続々と拡大中です。

JCBのタッチ決済の使い方

JCBタッチ決済の伝え方

JCBのタッチ決済対応のカードやデバイスを用意し、使用できる店舗を把握したら、あとは実店舗でJCBのタッチ決済を使うだけ!

使い方について具体的に確認していきましょう。

手順は次の通りです。

  1. JCBのタッチ決済対応クレジットカードまたはJCBカードを登録したiPhone/Apple Watchを準備
  2. JCBのタッチ決済加盟店での決済時に「JCBのタッチ決済で」と伝える
  3. 店頭レジの専用端末にカードまたはスマホをかざす

上記の3ステップで、スピーディーかつスマートに決済完了です。一定金額未満の支払いであればサインも暗証番号も必要ありません。

サインや暗証番号が必要となる金額は、端末機やカード発行会社の設定によって異なります。

なお、1回あたりの利用可能金額は、使用しているクレジットカードの利用上限と同じです。

JCBのタッチ決済でスマートにショッピングを楽しもう

JCBのタッチ決済の魅力と使い方
  • 専用端末機にカードやスマホをかざすだけのスマート&スピーディー決済
  • 近距離通信の国際標準規格に準拠しているため、日本でも海外でも利用可能
  • 「EMV(R)」に準拠しているため、セキュリティ万全
  • クレジットカード決済と同様のポイントやマイルが貯まる
  • JCBのタッチ決済が利用できるカードはマークの表示されたJCBカードのみ
  • JCBカードをApple Payに登録しても利用可能

JCBのタッチ決済は、専用端末機にJCBカードや対応スマホを数秒かざすだけで支払いできる、便利な決済方法のひとつです。

従来のクレジットカード決済のように、端末機にカードを差し込んだり、カードを差し込んだまま支払い手続きが完了するのを待ったりする必要がありません。

さらに、一定金額未満ならサインや暗証番号も不要という手軽さが魅力です。

JCBのタッチ決済に対応したクレジットカードも増え、利用できる店舗も拡大して利便性が高まっています。

さらに、iPhoneやApple WatchなどのデバイスにJCBカードを登録すると、スマホ1つでクレジット決済が完了します。

JCBのタッチ決済をスマートに使いこなして、お店のレジを簡単スピーディーに済ませてみてくださいね。