JCB LINDA
  • 2024年1月4日
  • 2024年1月4日
当サイトには広告が含まれます

JCB LINDAの還元率は最大1.5%!スターバックス利用者ならもっとお得

JCB LINDAは、「キレイと出あうカード」というコンセプトで、JCBが女性向けに発行しているカードです。

もちろん男性の方でも加入できますが、ネイルサロンやエステの優待が受けられたり、化粧品やアクセサリーが当たるプレゼント企画など、女性の方がメリットを感じやすいでしょう。

また、ポイントアッププログラムもあり、使えば使うほどポイントが貯まります。

スターバックスをよく利用する方は、さらにポイントアップが可能ですので、この記事で詳しく解説します。

この記事でわかること
JCB LINDAのメリット
  • ポイント還元率が最大1.5%
  • スタバカードへの入金でポイント10倍
  • カードデザインを選べる
  • ショッピングガード保険が付帯している
  • 優待特典やプレゼント企画が豊富
JCB LINDAのデメリット
  • データ維持料がかかる
  • 基本還元率が0.5%
  • 海外旅行傷害保険が付帯していない
JCB CARD WとPlus Lの評判|デメリットが気にならない還元率の良さ JCBカード Sのメリット・デメリット|年会費無料と優待クラブオフが特徴

※本記事の価格は全て税込みです。

JCBカード比較表
カード名JCB CARD W
JCB CARD W
New! JCBカード S
JCB CARD W
JCBゴールド
JCBゴールド
JCBプラチナ
JCBプラチナ
JCB一般カード
JCB一般カード
JCB GOLD EXTAGE
JCB GOLD EXTAGE
年会費
(税込)
無料無料11,000円(税込)
初年度無料
オンライン入会の場合のみ
27,500円(税込)1,375円(税込)
初年度無料
オンライン入会の場合のみ
3,300円(税込)
初年度無料
還元率1.00%~10.50%※1 0.50%~10.00% ※1 0.50%~10.00% ※1 0.50%~10.00% ※1 0.5%~5.0% ※1 0.75%~10.25%(条件あり) ※1
Myチェック等の事前登録が必要
国際ブランドJCBJCBJCBJCBJCBJCB
キャンペーン新規入会
+Amazon利用で最大12,000円
キャッシュバック
2024年4月1日(月)~2024年9月30日(月)
新規入会
+Amazon利用で最大15,000円
キャッシュバック
2024年4月1日(月)~2024年9月30日(月)
新規入会
+Amazon利用で最大23,000円
キャッシュバック
2024年4月1日(月)~2024年9月30日(月)
新規入会
+Amazon利用で最大30,000円
キャッシュバック
2024年4月1日(月)~2024年9月30日(月)
申込対象18歳以上39歳以下18歳以上20歳以上25歳以上18歳以上20歳〜29歳
学生不可
発行スピード最短5分※2最短5分※2最短5分※2最短5分※2最短5分※2最短3営業日
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

※1 最大還元率はJCB PREMO に交換した場合。JCB GOLD EXTAGEはMyチェック等の事前登録が必要です。
※2 モバ即(最短5分)の入会条件は以下2点になります。
【1】 9:00AM~8:00PMでお申し込み。(受付時間を過ぎた場合は、翌日受付扱い)
【2】 顔写真付き本人確認書類による本人確認。(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)
※モバ即での入会後、カード到着前の利用方法について、詳しくはHPをご確認ください。

矢印

JCB LINDAの特徴・基礎知識

JCB LINDA CRD

JCB LINDA
還元率ポイント0.5%~
マイル0.3%~
年会費初年度無料(データ維持費発生の可能性有り)
2年目以降
家族カード無料
旅行保険海外なし
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドJCB
発行会社株式会社ジェーシービー
発行期間最短3営業日発行(届くのは1週間後)

JCB LINDAは、女性向けの特典が多数付帯したクレジットカードです。

8種類の中から選べるカードデザインも可愛いものばかり。この特典だけ見ても欲しくなってしまうカードですよね。

おすすめなのは、デザインが可愛いだけでなく会員限定の優待や特典が豊富なところです。

また、使えば使うほどポイント還元率がアップするポイントアッププログラムも魅力です。

JCB LINDAのメリット・優待特典

JCB LINDA

JCB LINDAのメリット・優待特典は、以下の通りです。

JCB LINDAのメリット・優待特典
  • ポイント還元率が最大1.5%
  • スタバカードへの入金でポイント10倍
  • カードデザインを選べる
  • ショッピングガード保険が付帯している
  • 優待特典やプレゼント企画が豊富

通常のポイント還元率は0.5%ですが、ポイントアッププログラムを利用することで、還元率を1.5%まで上げることができます。

また、スターバックス利用者ならもっとお得にポイントが貯められます。

詳しく見ていきましょう。

ポイント還元率が最大1.5%

JCBカードは、毎月の利用合計金額ごとに、Oki Dokiポイントが貯まります

JCB LINDAには、「LINDAボーナス制度」というポイントアッププログラムがあり、カードを使えば使うほどポイントがたまる仕組みになっています。

「LINDAボーナス制度」は、年間の利用合計金額が50万円に達すると翌月からポイントが2倍になります。

100万円に達すると3倍になり、ポイント還元率が基本の0.5%から1.5%になります。

しかし、「LINDAボーナス制度」は適用期間が1年ごとなので、翌年はまた0.5%からのスタートになります。

スタバカードへの入金でポイント10倍

スターバックスカードを持っている方は、さらにポイントアップが可能です。

スターバックスカードは、事前に入金することで支払に利用できるプリペイドカードです。

JCB LINDAからスターバックスカードにオンライン入金すると、なんとポイントが10倍貯まります。

ポイントの交換

貯まったポイントはスターバックス カードにチャージするのがおすすめです。

1ポイント=4円の交換率なので、200ポイントで800円分のチャージ金額になります。

ポイント数が200ポイント未満の場合は、MyJCBクーポンを購入して合算することでお得にチャージができます。

ポイント数が200ポイント以上の場合は、ポイント移行コースでチャージするのがお得です。

また、ポイント数に応じて家電やグルメなどの商品と交換することもできます。

Oki Dokiポイントの有効期限は、獲得月から2年間なので注意してくださいね。

カードデザインを選べる

JCB LINDAは、券面のデザインが8種類あり、好きなものを選べます。

映画監督の蜷川実花さん演出のブランドとコラボした「M / mika ninagawa」やハート、星、月、しずく、雲のイラストがデザインされた「オマモリコトリ」など、カラフルで華やかな柄ばかり。

お財布に入れておくとワクワクして気分よく過ごせそうです。

お守リンダ

お守リンダは、手ごろな掛け金で加入できる女性向けの保険です。

4種類のプランから必要なものを選んで加入できます。

※2021年7月8日(木)加入依頼書到着分をもって新規募集は終了。
  • プランA:女性特定がん
  • プランB:天災限定傷害
  • プランC:犯罪被害補償
  • プランD:障害入院補償

プランAは、女性特有のガンを補償する医療保険です。

補償期間中にはじめて乳がんや子宮がんと診断されて手術を受けた場合に、「女性特定がん限定手術保険金」として50万円が支払われます。

プランBは、天災によるケガで入院した場合に支払われる医療保険です。掛け金60円で日額5,000円の入院費を補償してくれます。また、手術した場合も種類によって保険金が支払われます。

プランCは、ひったくりで損害を受けた時やストーカー被害にあったときの対策費用など、犯罪被害にあったときのための補償です。

プランDは、事故によるケガを補償してくれる医療保険で、入院費が日額5,000円支払われます。

どのプランも、月々の掛け金は30円~数百円程度とお手頃なので、万が一の時に備えておくのもおすすめです。

なお、お守りリンダは2021年7月8日(木)加入依頼書到着分をもって新規募集は終了します。
注意点は以下の通りです。

お守リンダの注意点
  • 加入依頼書は2021年6月30日まで請求可能
  • すでに加入をしている方の契約は継続

ショッピングガード保険

JCB LINDAを利用して購入した物品が、購入日から90日以内に偶然の事故によって損害を被った場合には、年間最高100万円まで補償してくれます。

1回の事故につき1万円の自己負担金がかかりますが、いざというときには助かりますよね。

自動車や自転車、コンタクトレンズや携帯電話など、補償対象外の物品もあるので注意してください。

優待特典やプレゼント企画が豊富

JCB LINDA会員になると、LINDAリーグに参加している企業のコラボ企画などの優待を受けることができます。

LINDAリーグ企業一覧を下記します。

  • ネイルクイック
  • @cosme
  • ロクシタン
  • BUYMA
  • ABISTE
  • 一休.comレストラン
  • GREEN SPOON
  • スターバックス
  • ディアーズ・ブレイン
  • ソラシドエア
  • JCBトラベル
  • 一休.com
  • プリンスホテル
  • ワタベウェディング
  • 藤田観光
  • カタール航空

また、LINDAリーグ優待情報などが配信される、メールマガジン「MyJCB Express News for LINDA」もうれしい特典です。

JCB LINDAのデメリット

JCB LINDAのデメリット
  • データ維持料がかかる
  • 基本還元率が0.5%
  • 海外旅行傷害保険が付帯していない

JCB LINDAは、年会費が無料のクレジットカードですが、データ維持料がかかる場合があります。

また、基本のポイント還元率は0.5%と高くないこともデメリットと言えます。

海外旅行には必須の海外旅行保険が付帯していないので、メインカードとしては心もとないですね。

データ維持料

JCB LINDAは、毎月の支払い金額が家族カード分も合わせて月額1万円未満の場合、月110円のデータ維持料がかかります。

2月と8月に6ヶ月分のデータ維持料がカードの利用代金と一緒に引き落とされます。

年会費が無料でもデータ維持料として年間1,320円の費用が発生する可能性があるのは、JCB LINDAの残念な点です。

しかし、条件によってはデータ維持料がかからなくなります。

学生の場合はデータ維持料無料

学生の方は、データ維持料がかかりません

入会申込書に記入、またはオンライン入会画面に入力した卒業予定年月までは、データ維持料が無料になります。

毎月の支払い金額が月額1万円以上の場合も無料

毎月のJCB LINDAの利用代金が1万円以上の場合もデータ維持料はかかかりません。

家族カードの利用分も合算されるので、そんなに難しい金額ではないですよね。

また、支払金額にはデータ維持料やショッピングリボ、各種保険料なども含まれます。

JCB LINDAで携帯料金などを支払っている場合も無料

JCB LINDAで、月々の携帯電話やPHSの利用料金を支払っている場合は、データ維持料はかかりません。

また、電気代やガス代などの公共料金をJCB LINDAで支払っている場合も同様にデータ維持料が無料になります。

提携企業は以下の通りです。

提携企業
携帯電話料金NTTドコモ
au
ソフトバンク
ワイモバイル
UQモバイル
電気料金北海道電力
東北電力
東京電力
中部電力
北陸電力
関西電力
中国電力
四国電力
九州電力
沖縄電力
ガス料金北海道ガス
仙台市ガス局
北陸ガス
東彩ガス
京葉ガス
東京ガス
東邦ガス
大和ガス・大和ガス住宅設備
大阪ガス
河内長野ガス
広島ガス
山口合同ガス
四国ガス
九州ガス
水道料金東京都水道局
多摩地区都営水道
横浜市水道局
放送料金WOWOW
スカパー!

上記の企業で毎月支払いが発生する場合には、データ維持料が無料になります。

年間の使用料を一括で支払う場合などは、対象にならないので注意してくださいね。

基本還元率が0.5%

JCB LINDAは、ポイントアッププログラムを利用することで還元率が最大1.5%まで上がりますが、これはカードの利用代金によります。

JCB LINDAの基本還元率は0.5%で、基本還元率が1.0%以上のクレジットカードが多数あることを考えると少し物足りなさを感じます。

例えば、JCB LINDAと同じように女性を対象にしたクレジットカードJCB CARD W plus Lは、年会費無料で基本の還元率が1.0%とコスパの良いカードです。

JCB CARD W plus Lも候補に入れておいてもいいかもしれませんね。

海外旅行傷害保険が付帯していない

海外旅行保険イメージ画像

海外旅行傷害保険が付帯していないこともJCB LINDAのデメリットです。

海外では病気やケガの治療費が数百万円になる場合もあります。

海外旅行へ行く場合は、年会費が無料で、十分な治療費用の補償がある自動付帯のカードをサブカードとして保有しておくことをおすすめします。

JCB LINDAとJCB CARD W plus Lを比較

JCB CARD W plus L

JCB CARD W plus LもJCB LINDAと同様に、女性向けの特典が多数付帯しているクレジットカードです。

基本情報や会員限定の優待や特典など、JCB LINDAとJCB CARD W plus Lの違いをまとめてみました。

項目JCB LINDAJCB CARD W plus L
還元率ポイント0.5%~1.0%~
マイル0.3%~0.5%~
年会費無料(データ維持費発生の可能性有り)無料
家族カード無料無料
旅行傷害保険海外なし最高2,000万円(利用付帯)
国内なしなし

JCB CARD W plus Lは、年齢が18歳から39歳の方限定で入会できるクレジットカードです。

39歳までに入会すれば40歳以降も年会費無料で利用できます。

JCB CARD W plus Lのメリットは、以下の通りです。

JCB CARD W plus Lのメリット
  • 基本の還元率が1.0%
  • 年会費が永年無料
  • 海外旅行傷害保険が付帯
  • 優待や特典が多い
  • 新規入会キャンペーン

基本の還元率は1.0%とJCB LINDAよりも高く、年会費も永年無料で利用できます。

データ維持料も発生しないのでコスパの良いカードと言えます。

海外旅行傷害保険も付帯しているので、クレジットカードを選ぶ際にJCB CARD W plus Lも候補の1つに入れておくのが良いでしょう。

海外旅行傷害保険を比較

JCB LINDAには旅行保険が付帯していませんが、JCB CARD W plus Lには、最高2,000万円の海外旅行保険が付帯しています。

適用条件はありますが、死亡後遺障害2,000万円、治療費用が1回の事故や病気につき100万円を限度に保険金が支払われます。

ただし、治療費用が100万円では心もとないので、JCB LINDAと同様、他の保険で備えておかないと安心できません。

優待特典で比較

JCB CARD W plus Lの会員になると、JCB LINDA会員と同様にリンダリーグに参加している企業の優待を受けることができます。

また、スターバックスやセブン-イレブン、AmazonなどのJCBオリジナルパートナー店でカードを利用すると、2~10倍のポイントが貯まります

ポイントを交換する場合も、Oki Doki ポイント1ptがAmazonで3.5円分に、スターバックスカードへのチャージは4円分になります。

パートナー店をうまく活用するのがお得です。

JCBカードWとJCBカードW plus Lの違いは女性向け特典|男性も申し込める?

JCB LINDAの審査

三井住友カード審査イメージ画像

クレジットカードを所有するためには、カード会社の審査に通らなければなりません。

一般的に、クレジットカードの審査で重要視されるのは、本人の属性や信用情報(クレヒス)などです。

審査内容は原則非公開ですが、審査に受かった方や落ちた方の口コミなどからある程度の審査内容を推測することができます。

ここでは、JCB LINDAの審査について解説するので、参考にしてみてください。

JCB LINDAの審査基準

JCB LINDAの申し込み条件は以下の通りです。

お申し込み対象(本会員):
18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。
一部申し込みになれない学校があります。

引用元:女性向けクレジットカード、JCB LINDA|クレジットカードのお申し込みなら、JCBカード

また、学生であっても申し込みできない学校があるので、事前に確認しておいてくださいね。

安定継続収入とありますが、具体的な収入額は記載されていません。

しかし、学生でも申し込めることから、年収などの審査基準はそんなに高くないと思われます。

クレジットカード利用時に支払いの遅延や滞納があると審査に通りづらくなります。

また、全くクレヒスがない場合も、自己破産した場合と区別がつかないので審査が不利になります。

審査に通りやすくするためには、良好なクレヒスを積む必要があります。

ただ、JCB LINDAのように、比較的若い方をターゲットにしたクレジットカードの場合は、クレヒスに傷がない限りは審査を突破することはそう難しくないでしょう。

JCB LINDAの審査を通すコツ

JCB LINDAの審査を通すコツは、以下の通りです。

  • 正確な情報を入力する
  • キャッシング枠は0円で申し込む
  • 同時期に多重申し込みをしない

正確な情報を入力する

入会申込書やオンライン入会画面に入力する際には、正確な情報を入力しましょう。

審査に受かるために年収などを偽って入力することは逆効果です。また、入力ミスの場合も審査に不利になるので、送信前に確認することが大切です。

キャッシング枠は0円で申し込む

キャッシング枠を0にして申し込むことも審査を通りやすくするコツです。

キャッシング枠はショッピング枠より審査が厳しい傾向にあります。

キャッシング枠を0円にしておくとキャッシングの審査は行われないので、審査に通りやすくなります。

キャッシングが必要な場合は、カードが発行されてから申し込むこともできるので、入会申し込みの際には、0円にしておいてくださいね。

同時期に多重申し込みをしない

同時期に複数のクレジットカードを申し込まないことも重要です。

複数のクレジットカードを同時期に申し込むと、お金に困っていると判断されて審査に落ちる可能性があります。

複数のクレジットカードを申し込む場合は、十分に期間を空けて申し込みましょう。

JCB LINDAがおすすめなのはこんな方

JCB LINDAのメリット
  • ポイント還元率が最大1.5%
  • スタバカードへの入金でポイント10倍
  • カードデザインを選べる
  • 手頃な掛け金で加入できる保険 お守りリンダ
  • ショッピングガード保険が付帯している
  • 優待特典やプレゼント企画が豊富

JCB LINDAは、リンダリーグに参加している企業の優待やプレゼント企画が豊富なので、女性にはメリットが多いカードです。

基本ポイント還元率は0.5%と高くはありませんが、「LINDAボーナス制度」を利用すると、還元率が最大1.5%にまで上がります。

また、スターバックスカードにオンライン入金すると、ポイントが10倍貯まります。

女性にうれしい特典が欲しい方、スターバックスをよく利用する方には、JCB LINDAがおすすめです。

JCBカード比較状
カード名JCB CARD W
JCB CARD W
New! JCBカード S
JCB CARD W
JCBゴールド
JCBゴールド
JCBプラチナ
JCBプラチナ
JCB一般カード
JCB一般カード
JCB GOLD EXTAGE
JCB GOLD EXTAGE
年会費
(税込)
無料無料11,000円(税込)
初年度無料
オンライン入会の場合のみ
27,500円(税込)1,375円(税込)
初年度無料
オンライン入会の場合のみ
3,300円(税込)
初年度無料
還元率1.00%~10.50%※1 0.50%~10.00% ※1 0.50%~10.00% ※1 0.50%~10.00% ※1 0.5%~5.0% ※1 0.75%~10.25%(条件あり) ※1
Myチェック等の事前登録が必要
国際ブランドJCBJCBJCBJCBJCBJCB
キャンペーン新規入会
+Amazon利用で最大12,000円
キャッシュバック
2024年4月1日(月)~2024年9月30日(月)
新規入会
+Amazon利用で最大15,000円
キャッシュバック
2024年4月1日(月)~2024年9月30日(月)
新規入会
+Amazon利用で最大23,000円
キャッシュバック
2024年4月1日(月)~2024年9月30日(月)
新規入会
+Amazon利用で最大30,000円
キャッシュバック
2024年4月1日(月)~2024年9月30日(月)
申込対象18歳以上39歳以下18歳以上20歳以上25歳以上18歳以上20歳〜29歳
学生不可
発行スピード最短5分※2最短5分※2最短5分※2最短5分※2最短5分※2最短3営業日
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

※1 最大還元率はJCB PREMO に交換した場合。JCB GOLD EXTAGEはMyチェック等の事前登録が必要です。
※2 モバ即(最短5分)の入会条件は以下2点になります。
【1】 9:00AM~8:00PMでお申し込み。(受付時間を過ぎた場合は、翌日受付扱い)
【2】 顔写真付き本人確認書類による本人確認。(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)
※モバ即での入会後、カード到着前の利用方法について、詳しくはHPをご確認ください。

矢印