確定申告の期間が過ぎたらどうなる?期限後申告は可能だが支払額が多くなる

確定申告は、自分の所得を申告し、それに応じた所得税を払うための手続きです。

会社員であれば会社で年末調整が行われますが、個人事業主や自営業の場合は自分で確定申告をしなければいけません。

確定申告は年に1回行うものであり、期限を過ぎた場合はかなり厳しいペナルティが待っています

確定申告の提出期限が過ぎた時のリスク
  • 無申告加算税が最大20%
  • 延滞税が最高で14.6%
  • 青色申告書の65万円の控除が10万円に
  • 2年連続や頻繁に申告が遅れるのであれば青色申告書が使えなくなることも

確定申告の提出期限を過ぎてしまうと、無申告加算税や延滞税など普通は払う必要のない税が発生したり、青色申告によって受けられる65万円の所得控除の金額が下げられるなどのリスクがあります。

確定申告は、必ず期限内に申告をしなければなりません。

今回は、確定申告の期限と期限を過ぎてしまった場合のリスクについて解説をします。

確定申告はいつまでに手続きをしなければならない?

まず、確定申告はいつまでに手続きをしなければいけないかについて解説をします。

年明けから確定申告を意識し出す人は多いと思いますが、確定申告は毎年3月15日が期限(土日が重なった場合は後述します)となっています。

申告するのは、前年の1月から12月分の所得に応じた所得税などの税目であり、申告した分の国税は納税しなければいけません。

申告期限を過ぎてしまうとさまざまなペナルティが発生するので、なかなかシビアです。

土日が重ならない限り毎年3月15日が期日

基本的に毎年3月15日が確定申告の期日となっています。

土日が重なる場合は前後することがあるので、その場合は国税庁のホームページ等で期日を確認しましょう。

3月15日が期日なので、3月15日までに申告をすれば問題ありません

年末で収支が確定したら年明けすぐに対応し、2月の受付開始早い段階で申告するのがベストです。

申告するのは前年の1月〜12月分

確定申告の対象となるのは前年の1月から12月分となります。1年間の収入と支出に応じた所得等を申告することで納税額を決定するというのが確定申告です。

そのため、確定申告をする場合は1月から12月分までの収入や支出の証明書類が必要になります。

支払調書や経費で購入した際の領収書などが挙げられます。

全て自分で行う場合は、しっかりと大事な書類はわかりやすいように保管しておきましょう。

大体の人は2月あたりから準備を進める

年明けから確定申告というワードをよく耳にするようになりますが、多くの人が準備を始めるのは大体2月くらいです。

3月になれば税務署も混むことが多いため、2月中に申告しておこうと考える人も多いです。

1年間の書類を整理するのはなかなか骨の折れる仕事なので、3月15日の期限ギリギリまで先延ばしするのではなく、余裕を持ってスケジュールを立てるようにしましょう。

65万円の控除が適用される青色申告書がおすすめ

確定申告には、白色申告と青色申告の2種類があります。大きな違いは、青色申告は「青色申告承認申請書」の事前提出が必要であることと複式簿記による記帳が必要であることです。

白色申告で受けられるのは基礎控除のみですが、青色申告は所得控除が最大65万円受けられます。

白色申告の方が手間がかからないことは事実ですが、2014年から白色申告者にも帳簿への記帳と保存が義務付けられたことにより、手間は大きく変わらなくなりました。

そのため、今では所得控除が適用される青色申告の方がメリットが大きいといわれています。

青色申告の条件は下記の通りです。

  • 不動産、事業、山林のいずれかの所得があること(不動産所得の場合、アパートは5棟以上、客室は10室以上である場合に限る)
  • 所得に関する取引を簿記の原則に従って複式簿記で記帳している
  • 貸借対照表・損益計算書を添付した青色申告書と確定申告書を3月15日までに提出する

注目すべきは最後の項目。青色申告を適用させるためにも、期日内に確定申告をするのは必須です。

確定申告の提出期限について
  • 土日が重ならない限り毎年3月15日が期限
  • 3月15日に前年1年分の申告を行う必要があるので準備に手間がかかる
  • 年明けから早めに準備するが吉
  • 申告をするなら青色申告書を利用するのがおすすめ

次のページでは、確定申告期限を過ぎてしまった場合の重いペナルティについて見ていきます。
確定申告書はいつからどこでもらえる?用紙印刷方法と控えの重要性