クレジットカードおすすめランキング

ライフカードとおサイフケータイの登録設定方法と上手なポイントの貯め方

NO IMAGE

おサイフケータイは、複数の電子マネーを使ってスマホで支払いができるスマホ決済アプリです。

お財布を持ち歩かなくてよくなる上、レジではスマホを専用端末にかざすだけ。その便利さに一度使ったら手放せないという人も多いのではないでしょうか。

そんなおサイフケータイを利用してライフカードで決済を行うにはどのようにすれば良いのでしょうか。

ライフカードをおサイフケータイで使うには
  • 電子マネーのクレジットチャージ先にしてライフカードを間接的におサイフケータイで使う
  • クレジットチャージはポイント付与対象にならない
  • 使うならiDがおすすめ

今回は、ライフカードをおサイフケータイで使うための登録設定方法や、お得に使うためのコツについて解説します。

ライフカードをおサイフケータイで使うには

おサイフケータイにライフカードを設定する方法、使い方などについて見ていきましょう。

ライフカードで使える電子マネー

ライフカードをおサイフケータイで使う場合、ライフカードを電子マネーのチャージ先に設定するか、ライフカードに搭載されている電子マネーiDを利用するかのどちらかになります。

ライフカードでクレジットチャージに対応しているのは下記の電子マネーです。

  • 楽天Edy
  • モバイルSuica
  • nanaco

iDはポストペイ型(後払い式)の電子マネーなので、チャージ不要で利用可能です。

ライフカードをおサイフケータイで使うための登録設定方法

ライフカードをおサイフケータイで使うための登録設定方法は以下のとおりです。

  1. 使いたい電子マネーのチャージ先をライフカードにする
  2. おサイフケータイのアプリを開く
  3. 自分が使う電子マネーを選択する
  4. 電子マネーの公式サイトにジャンプするので、そこで利用開始の手続きをする
  5. 設定完了

おサイフケータイそのものにクレジット決済機能はないため、電子マネーを介してライフカードを使うことになります。

ポイントの観点からiDが断然おすすめ!

楽天Edy、モバイルSuica、nanacoのクレジットチャージにライフカードを利用することもできますが、チャージの利用はポイントがつきません。

しかし、iDだけはクレジットカードの還元率に基づいたポイントが付与されます。

また、上記の電子マネーの中でもiDの利用可能店舗数はダントツで多いため、ライフカードをおサイフケータイで利用するならiDを使うべきでしょう。

前述したようにチャージが不要ですし、クレジットカードの利用請求と同時に引き落とされるため利便性も高いです。

キャッシュレス決済「iD」とは?登録・使い方からお得利用方法を紹介

ライフカードならApple Payも使える

おサイフケータイはFeliCa搭載のAndroid向けスマホ決済サービスですが、iPhone向けのサービスにApple Payがあります。

iPhone7以降の機種またはApple Watch Series 2以降のApple WatchならApple Payが使えるため、ライフカードを設定してみましょう。

ライフカードをApple Payに設定する手順

  1. Walletアプリを開く
  2. プラス記号(+)をタップ
  3. 画面に表示される手順に従う
ライフカードとApple Payの登録設定方法と上手なポイントの貯め方

iDで支払う

Apple Payを使う場合も、支払いはiDで行うことになります。店頭では「iDで支払います」と伝えましょう。

おサイフケータイを使った場合同様、iDならクレジットカードのポイントに還元されます。

ライフカードとおサイフケータイについて
  • クレジットチャージ先にして利用する
  • ライフカードがクレジットチャージに対応しているのは3種類だがポイント付与対象にならない
  • ポイント・利便性からiDを使うのがおすすめ
  • ライフカードはApple Payにも対応

次の章では、ライフカードの基本情報から気になるポイントについても紹介します。
おサイフケータイに登録するおすすめクレジットカードと設定方法

ライフカードの概要

ライフカード(年会費あり)

次はライフカードの概要について解説します。

ライフカードは、アイフル傘下の信販会社が発行するクレジットカードであり、比較的知名度の高いカードです。

年会費は永年無料

ライフカードの一般カードは、年会費が一切かかりません。

年会費が一切かからないライフカードは、使うつもりはないけどとりあえず作っておきたい、という人にもおすすめです。

ただし、ライフカードにはいくつか種類があります。年会費が初年度だけ無料のもの、年会費が初年度からかかるものなど、さまざまあるので注意してください。

申し込み条件

申し込み条件は日本在住で18歳以上(高校生を除く)です。

安定した収入等の条件の記載はないので、主婦やフリーターの人でも申込みやすいと言えるでしょう。

なお、本人に電話確認があるので携帯電話や固定電話を持っていることも必要になります。

カード発行まで最短3営業日

ライフカードをオンライン申込みした場合、最短3営業日でクレジットカードが発行されます

発送にかかる時間を考慮しても、1週間もあれば手元に届くでしょう。

ただし書類に不備がある場合やオンライン以外の申込み方法の場合はこの限りではありません。

支払日と支払い方法

ライフカードの締め日は5日、口座振替日は請求月の27日または請求月の翌月3日です。

口座振替日は金融機関によって異なるので、自分の利用している銀行はいつなのかライフカードの公式サイトから確認が必要です。

支払いに関しては、一括支払いからリボ払い、分割払い、ボーナス払いが選べますが、余程の理由がない限り一括支払いにしましょう。

ライフカードのポイントサービス

次に、皆さんが気になるライフカードのポイントサービスについて解説します。

ライフカードはポイント還元率が高い・ポイントが貯まりやすいといわれているカードです。

通常のポイント還元率が0.5%と高還元率のクレジットカードと比べるとやや低めで、一見するとポイントが貯まりやすいようには思えないかもしれません。

しかし、定期的にポイントアップのチャンスがあり、使っていくうちにポイント還元率が上がっていくクレジットカードです。

通常のポイント還元率は0.5%

通常のポイント還元率は0.5%です。

これは、高還元率といわれているクレジットカードと比べるとやや低い割合になります。

しかし、ライフカードは使い方によってはかなりお得にポイントを貯めることが可能です。

入会後1年間はポイント1.5倍

入会後1年間はポイントが1.5倍になるため、初年度は積極的にライフカードを使うことをおすすめします。

旅行や引越しなど、大型出費を予定しているタイミングでライフカードを作るのも良いですね。

誕生月の利用はポイント3倍

誕生月に利用するとポイントが3倍になります。

年に1回の大きなチャンスだと思ってください。この時期に、自分への誕生日プレゼントや今まで欲しかったものを購入するのもいいですね。

年間の利用額に応じてポイントアップ

年間利用額に応じてポイント還元率が上がります。

  • レギュラーステージ(年間利用額50万円未満):1,000円につき1ポイント
  • スペシャルステージ(年間利用額50万円以上):1,000円につき1.5ポイント
  • ロイヤルステージ(年間利用額100万円以上):1,000円につき1.8ポイント
  • プレミアムステージ(年間利用額200万円以上);1,000円につき2ポイント

レギュラーステージとプレミアムステージでは、貯まるポイントになんと2倍もの差があります。

さらに、スペシャルステージ以上の会員には一度に300ポイントが付与されます。

使えば使うほどポイントとして還ってくるため、固定費の支払いや大型出費の決済もライフカードを活用したいですね。

ポイントは最大5年間有効!

ポイントの有効期限は最大5年です(毎年繰越手続きが必要)。

有効期限がわずか1年と短いポイントもありますが、5年も貯め続けられればまとまったポイントで良い品物と交換できるかもしれません。

オンラインショッピングモールL-Mallでポイント最大25倍

L-Mall

画像引用元:L-Mall(エルモール)-ライフカード

ライフカードには、オンラインショッピングモールのL-Mallと呼ばれるネットショッピングのサイトがあります。

このオンラインショッピングモールを利用すると、ポイントが最大25倍になることもあります。

コスメやファッションなど、ショッピングモールというだけあって品揃えが豊富なので、積極的に利用してみてください。

初回特典が充実している

入会で5,000ポイントプレゼントなど、時期によって初回特典が異なります。

しかし、初回特典が用意されていない時期がないくらいに、初回特典は充実しています。

そのため、初回特典を狙ってライフカードを申し込めば、一度にまとまったポイントをゲットすることができます。

ライフカードのポイント還元率とサービス内容
  • 年会費は永年無料
  • 通常ポイント還元率は0.5%
  • 入会後1年間はポイント1.5倍・誕生月はポイント3倍
  • 利用金額に応じてポイント還元率アップ
  • ポイントの有効期限は最大5年
  • オンラインショッピングモールでポイント最大25倍
  • 初回特典が充実しているのでお得なキャンペーン開催時に狙うべき

次の章ではさらにポイントを賢く貯める方法をお伝えします。
ポイント還元率の高いおすすめのクレジットカードまとめ|2019年9月更新

ライフカードの上手なポイントの貯め方

画像引用元:クレジットカード一覧|クレジットカードはライフカード

次に、ライフカードの上手なポイントの貯め方について解説します。

ライフカードはポイントアップの機会が多いため、そのチャンスを逃さないことが大切と言えます。

使えば使うだけポイント還元率が上がる

ライフカードの大きな特徴とも言えるのが、使えば使った分だけポイント還元率が上がるという点です。

年間200万円利用すればポイントは通常の2倍。2倍のステージに到達すればポイントはみるみる貯まるでしょう。

家賃・光熱費等固定費の支払いや旅行などの大型出費など、全てライフカードで決済すればポイントアップも夢ではありません。

誕生月や初年度のポイントアップを積極的に使う

誕生月や初年度など、ポイントアップのチャンスはたくさんあります

その他にも、期間限定のポイントアップキャンペーンなどもあるでしょう。

このような機会を見逃さないようにしましょう。

なるべく買い物はL-Mallを使ってポイントを稼ぐ

L-Mallを利用すれば、ポイントが最大25倍になります。

アパレルやコスメ、趣味グッズなど品揃えも豊富なので、積極的に利用してください。

おサイフケータイまたはApple PayでiDを使う

楽天Edy、モバイルSuica、nanacoなど、チャージ式電子マネーはポイント付与対象になりません。

おサイフケータイで使うなら、ポイント還元率がライフカードの還元率に基づくiDを使うことをおすすめします。

iPhoneユーザーはApple Payがおすすめです。

普段使いで積極的にライフカードを利用しよう!

最後に、ライフカードの上手なポイントの貯め方についてまとめます。

ライフカードの上手なポイントの貯め方
  • 使えば使うだけポイント還元率が上がる!
  • 誕生月や初年度のポイントアップを積極的に利用する
  • L-Mallをなるべく利用する
  • おサイフケータイで使うにはiDがおすすめ

電子マネーiDに対応しているライフカード。今やスマホ決済できないお店は少なくなってきているほど、どこでも対応しています。

ぜひおサイフケータイやApple Payにライフカードを登録して利用してみてください

ポイントも貯まるiDがおすすめです。

ライフカードは、使えば使うだけポイント還元率が上がるという点が最大のメリットです。

一見0.5%と還元率が低いように思えますが、積極的に普段使いしていくことでポイントを効率良く貯めることができます。

また、初年度や誕生月などポイントアップ期間も定期的にあるので、それらの期間を積極的に利用すると良いでしょう。

クレジットカードおすすめ人気ランキング【2020年】

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定