ライフカードとおサイフケータイの登録設定方法と上手なポイントの貯め方

おサイフケータイは、複数の電子マネーを使ってスマホで支払いができるスマホ決済アプリです。

お財布を持ち歩かなくてよくなる上、レジではスマホを専用端末にかざすだけ。その便利さに一度使ったら手放せないという人も多いのではないでしょうか。

そんなおサイフケータイを利用してライフカードで決済を行うにはどのようにすれば良いのでしょうか。

ライフカードをおサイフケータイで使うには
  • 電子マネーのクレジットチャージ先にしてライフカードを間接的におサイフケータイで使う
  • クレジットチャージはポイント付与対象にならない
  • 使うならiDがおすすめ

今回は、ライフカードをおサイフケータイで使うための登録設定方法や、お得に使うためのコツについて解説します。

ライフカードをおサイフケータイで使うには

おサイフケータイにライフカードを設定する方法、使い方などについて見ていきましょう。

ライフカードで使える電子マネー

ライフカードをおサイフケータイで使う場合、ライフカードを電子マネーのチャージ先に設定するか、ライフカードに搭載されている電子マネーiDを利用するかのどちらかになります。

ライフカードでクレジットチャージに対応しているのは下記の電子マネーです。

  • 楽天Edy
  • モバイルSuica
  • nanaco

iDはポストペイ型(後払い式)の電子マネーなので、チャージ不要で利用可能です。

ライフカードをおサイフケータイで使うための登録設定方法

ライフカードをおサイフケータイで使うための登録設定方法は以下のとおりです。

  1. 使いたい電子マネーのチャージ先をライフカードにする
  2. おサイフケータイのアプリを開く
  3. 自分が使う電子マネーを選択する
  4. 電子マネーの公式サイトにジャンプするので、そこで利用開始の手続きをする
  5. 設定完了

おサイフケータイそのものにクレジット決済機能はないため、電子マネーを介してライフカードを使うことになります。

ポイントの観点からiDが断然おすすめ!

楽天Edy、モバイルSuica、nanacoのクレジットチャージにライフカードを利用することもできますが、チャージの利用はポイントがつきません。

しかし、iDだけはクレジットカードの還元率に基づいたポイントが付与されます。

また、上記の電子マネーの中でもiDの利用可能店舗数はダントツで多いため、ライフカードをおサイフケータイで利用するならiDを使うべきでしょう。

前述したようにチャージが不要ですし、クレジットカードの利用請求と同時に引き落とされるため利便性も高いです。

キャッシュレス決済「iD」とは?登録・使い方からお得利用方法を紹介

ライフカードならApple Payも使える

おサイフケータイはFeliCa搭載のAndroid向けスマホ決済サービスですが、iPhone向けのサービスにApple Payがあります。

iPhone7以降の機種またはApple Watch Series 2以降のApple WatchならApple Payが使えるため、ライフカードを設定してみましょう。

ライフカードをApple Payに設定する手順

  1. Walletアプリを開く
  2. プラス記号(+)をタップ
  3. 画面に表示される手順に従う
ライフカードとApple Payの登録設定方法と上手なポイントの貯め方

iDで支払う

Apple Payを使う場合も、支払いはiDで行うことになります。店頭では「iDで支払います」と伝えましょう。

おサイフケータイを使った場合同様、iDならクレジットカードのポイントに還元されます。

ライフカードとおサイフケータイについて
  • クレジットチャージ先にして利用する
  • ライフカードがクレジットチャージに対応しているのは3種類だがポイント付与対象にならない
  • ポイント・利便性からiDを使うのがおすすめ
  • ライフカードはApple Payにも対応

次のページでは、ライフカードの基本情報から気になるポイントについても紹介します。
おサイフケータイに登録するおすすめクレジットカードと設定方法