LINE Payカードとは?申込・利用方法から使えるお店と注意点を解説

LINEのスマホ決済サービスLINE Payを利用している人は多いかもしれませんが、LINE Payカードと呼ばれるものがあるのはご存知ですか。

LINE Payのカード版? できることはLINE Payと同じなの? そんな疑問を持つ人にぜひ読んでいただきたいです。

LINE Payカードの特徴
  • LINE Payが発行しているプリペイドカード
  • 年会費・手数料は一切かからない
  • 世界中のJCB加盟店(約3,300万店)で利用できる
  • コンビニレジからの現金チャージ、銀行口座からのオートチャージに対応している

LINE Payカードは、LINE Payが発行しているプリペイドカードですが、利用できるお店の範囲もポイント還元率もLINE Payとは異なります

今回は、そんなLINE Payカードのサービス内容や申込方法、使い方、そして注意点などを解説していきます。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

LINE PayとLINE Payカードの違い|損しないためのメリットとデメリットを解説

画像引用元:LINE Pay

LINE Payカードとは?

まず、LINE Payカードの概要について解説していきます。

LINE Payが発行しているプリペイドカード

LINE PayカードはLINE Payが発行しているプリペイドカードです。

LINE Pay=スマホでQRコードを読み込んで決済をするスマホ決済サービスといったイメージがありますが、プラスチックカードも発行しています。

事前チャージをして利用するもので、オートチャージにも対応しています。

LINE Payに紐づけて利用するので、ポイントサービスやマイカラー(利用金額に応じたランク)などのLINE Payのサービスには連動しています。

プラスチックカードとバーチャルカードの2種類

LINE Payカードの種類は大きくプラスチックカードとバーチャルカードの2種類に分けることができます。

プラスチックカードはお店でキャッシュレス決済するタイプのもので、バーチャルカードはオンライン決済などインターネット上の買い物で利用することができるカードです。

LINE Payカードはオンライン・オフラインいずれにも対応しているプリペイドカードです。

いずれもLINEアプリから申し込みを行うことができます。

LINEキャラクターのデザインのカードが無料で発行できる

カードのデザインは、コニーやブラウンといったお馴染みのLINEキャラクターのイラストが描かれています

デザインは5種類ほどあり、申し込みの際にお好みのデザインを選ぶことが可能です。

カードの発行に手数料はかからず、利用にも一切手数料はかかりません。

発行・維持に全くお金がかからないので、プリペイドカードに興味のある人は試しに作ってみるのもおすすめです。

Google Payに登録することでQUICPayが使える

発行したLINE PayカードをAndroidスマホ向け決済アプリ「Google Pay」に登録することで、電子マネーQUICPayが利用できます

レジでカードを差し出すことも、スマホ画面にコードを表示する必要もなく、スマホを専用端末にかざすだけで決済が完了。より簡単な操作で決済が行えます。

ただし、FeliCa搭載のAndroidスマホでなければ使えませんので注意してください。

LINE Payカードとは?
  • LINE Payが発行しているプリペイドカード
  • オンライン決済用のバーチャルカードと実店舗用のリアルカードがある
  • LINEキャラクターの可愛いデザインのカードが無料で発行できる
  • LINE PayカードをGoogle Payに登録すればQUICPayが使える

次のページでは、LINE Payカードの申込方法を解説します。