クレジットカードおすすめランキング

LINE Payカードとは?申込・利用方法から使えるお店と注意点を解説

LINE Pay

LINEのスマホ決済サービスLINE Payを利用している人は多いかもしれませんが、LINE Payカードと呼ばれるものがあるのはご存知ですか。

LINE Payのカード版? できることはLINE Payと同じなの? そんな疑問を持つ人にぜひ読んでいただきたいです。

LINE Payカードの特徴
  • LINE Payが発行しているプリペイドカード
  • 年会費・手数料は一切かからない
  • 世界中のJCB加盟店(約3,300万店)で利用できる
  • コンビニレジからの現金チャージ、銀行口座からのオートチャージに対応している

LINE Payカードは、LINE Payが発行しているプリペイドカードですが、利用できるお店の範囲もポイント還元率もLINE Payとは異なります

今回は、そんなLINE Payカードのサービス内容や申込方法、使い方、そして注意点などを解説していきます。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

LINE PayとLINE Payカードの違い|損しないためのメリットとデメリットを解説

画像引用元:LINE Pay

LINE Payカードとは?

まず、LINE Payカードの概要について解説していきます。

LINE Payが発行しているプリペイドカード

LINE PayカードはLINE Payが発行しているプリペイドカードです。

LINE Pay=スマホでQRコードを読み込んで決済をするスマホ決済サービスといったイメージがありますが、プラスチックカードも発行しています。

事前チャージをして利用するもので、オートチャージにも対応しています。

LINE Payに紐づけて利用するので、ポイントサービスやマイカラー(利用金額に応じたランク)などのLINE Payのサービスには連動しています。

プラスチックカードとバーチャルカードの2種類

LINE Payカードの種類は大きくプラスチックカードとバーチャルカードの2種類に分けることができます。

プラスチックカードはお店でキャッシュレス決済するタイプのもので、バーチャルカードはオンライン決済などインターネット上の買い物で利用することができるカードです。

LINE Payカードはオンライン・オフラインいずれにも対応しているプリペイドカードです。

いずれもLINEアプリから申し込みを行うことができます。

LINEキャラクターのデザインのカードが無料で発行できる

カードのデザインは、コニーやブラウンといったお馴染みのLINEキャラクターのイラストが描かれています

デザインは5種類ほどあり、申し込みの際にお好みのデザインを選ぶことが可能です。

カードの発行に手数料はかからず、利用にも一切手数料はかかりません。

発行・維持に全くお金がかからないので、プリペイドカードに興味のある人は試しに作ってみるのもおすすめです。

Google Payに登録することでQUICPayが使える

発行したLINE PayカードをAndroidスマホ向け決済アプリ「Google Pay」に登録することで、電子マネーQUICPayが利用できます

レジでカードを差し出すことも、スマホ画面にコードを表示する必要もなく、スマホを専用端末にかざすだけで決済が完了。より簡単な操作で決済が行えます。

ただし、FeliCa搭載のAndroidスマホでなければ使えませんので注意してください。

LINE Payカードとは?
  • LINE Payが発行しているプリペイドカード
  • オンライン決済用のバーチャルカードと実店舗用のリアルカードがある
  • LINEキャラクターの可愛いデザインのカードが無料で発行できる
  • LINE PayカードをGoogle Payに登録すればQUICPayが使える

次の章では、LINE Payカードの申込方法を解説します。

LINE Payカードの申込方法

画像引用元:LINE Pay

次に、LINE Payカードの申込方法について解説します。

LINE Payカードの申込方法はとても簡単ですが、カードの発行から自宅に届くまで1〜2週間ほどかかります

プリペイドカードなので、信用情報の審査等は一切ありません。

誰でも使えるカードなので、クレジットカードが持てない人にもおすすめです。

LINE Pay公式サイトでQRコードを読み込む

PC版LINE Pay公式サイトから、スマホでQRコードを読み込みます

QRコードを読み込むと申し込み画面に移動するので、そのまま手順に従って入力をしてください。

LINEアプリから申し込む

  1. LINEアプリを開く
  2. 右下の「ウォレット」をタップ
  3. LINE Payを開く
  4. 「バーチャルカードをすぐに発行!」をタップ(あるいは設定→LINE Payカード)
  5. 発行したいカードの種類を選択(ここではプラスチックカードを選択)

カードのデザインを選択し名前を住所を入力して確認

好きなカードのデザインを選び、名前と住所を入力して確認ボタンをタップします。

名前と住所が間違っていないことを確認してくださいね。

カードが届くまで1〜2週間程度待つ

手続き完了後カードの発行が行われ、入力した住所へカードが届けられるまで、大体1〜2週間程度かかります

申し込みのタイミングや届け先地域によって到着までの日数は異なります。

LINE Payの利用方法

次に、LINE Payカードの利用方法について解説します。

LINE Payカードは、自宅に届いた後にアプリで利用開始設定を行う必要があります。

また、LINE PayカードはJCBのプリペイドカードなので、JCB加盟店であればどこでも利用することができます。

利用開始設定について

画像引用元:LINE Pay

LINE Payカードが届いたら、まずは利用開始設定をする必要があります。

  1. LINEアプリを起動
  2. 画面右下の「ウォレット」を選択
  3. 「カード受取後の利用開始手続きはこちら」をタップ
  4. カードのセキュリティコードを入力

これで利用開始手続きは完了です。

LINE Payカードが使えるお店は?

コンビニやスーパーなどJCB加盟店約3,300万店(※2017年3月時点)で使うことができます

また、インターネットでの買い物も使えます。

LINE PayはLINE Pay加盟店でしか利用できませんが、LINE Payカードは国際ブランドJTBの全ての加盟店で利用できる点が大きな強みです。

店頭で「JCBで」と言って会計するだけ!

利用する際は、店頭で「JCBで」と言って決済をしてください

特にプリペイドカードであることやLINE Payカードであることを伝える必要はありません。

LINE Payカードのチャージ方法

LINE Payカードのチャージ方法は下記の通りです。

  • コンビニレジチャージ
  • 銀行口座からチャージ
  • セブン銀行ATMからチャージ

おすすめなのは銀行口座を登録して行えるオートチャージです。

オートチャージとは、残高が不足したら銀行口座から自動的にチャージされるシステムです。

事前チャージの手間もかからないので、1番手軽な方法です。

遣いすぎが心配な人は、その都度チャージをするのもおすすめです。

LINE Payカードの申込方法と利用方法
  • LINE Payカードはアプリから簡単申し込み!
  • お好みのデザインのカードを選べる
  • 1週間から2週間程度でカードが届く
  • カードが届いたら利用開始手続きが必要
  • 利用できるお店は大幅拡大!レジで「JCBで」と伝えて決済
LINE Pay(ラインペイ)に登録するおすすめクレジットカードと連携方法

次の章では、LINE Payカードの注意事項について解説します。

LINE Payカードの注意点

次に、LINE Payカードを利用する際の注意事項について説明します。

紙の利用明細は発行されない

LINE Payカードは、LINEアプリ上で利用明細が確認できます。

紙面の利用明細は送られないので、アプリをこまめにチェックするようにしてください

最近ではクレジットカードも利用明細をネット照会することが一般的ですが、紙面で欲しい人には不便に感じられるかもしれません。

きちんと確認をしなければ不正利用に気付けないおそれもあるため、注意してくださいね。

不正利用が発覚した場合は30日以内に報告しないといけない

ハッキングや乗っ取りなどで知らない間に誰かにLINE Payカードを使われていた場合、その不正利用があった日から30日以内に報告しなければいけません。

あくまで自分で気付いて報告をしなければならず、管理はユーザー任せな面が強いです。

LINE Pay側から「この決済に見覚えはありますか?」とクレジットカードのようにヒアリングが来るわけではありません

不正利用による補償は10万円まで

不正利用が発覚した場合も補償されるのは10万円までです。

つまり、10万円以上のチャージは控えておくほうが無難です。

スマホやLINE Payカードの紛失、LINE Payアカウントへの不正ログインなどのトラブルがあった場合、10万円を超えた損失はカバーしてもらえないことを覚えておきましょう。

LINE Payカードのポイント還元

続いてLINE Payカードのポイント還元率について解説します。

LINE Payカードのポイント還元率は改定されたことにより、以前と比べてお得度が下がりました。

それでもプリペイドカードでありながら最大2%と高いポイント還元率ですが、以前はさらに高い還元率でした。

そんなLINE Payカードの現在のポイント還元率とランク制度について詳しく紹介していきます。

LINE Payカードのポイント還元率は最大2%

LINE Payカード決済のポイント還元率は最大2%です。

利用金額が増えるほどマイカラーと呼ばれるランクがあがり、還元率も上がる仕組みです。

マイカラーについて

マイカラーとは、1ヶ月の利用額に応じてポイント還元率が変わるプログラムです。以下の4つの段階があります。

  • ホワイト:0.5%(初期値)
  • レッド:0.8%(10,000円以上50,000円未満)
  • ブルー:1.0%(50,000円以上100,000円未満)
  • グリーン:2.0%(100,000円以上)

2%の還元率を実現するには月100,000円の利用が必須になります。全ての出費をLINE Payで決済すれば実現は不可能ではないかもしれません。

LINE Payのコード支払いは還元率+3%

LINE Payカードではなく、LINE Payのコード支払いを行った場合、マイカラーに応じた還元率に追加で3%上乗せされます。

つまり最大5%のポイント還元率が実現できるので、ポイント重視ならLINE Payコード支払いの方がおすすめです。

LINE Pay加盟店ではLINE Payコード支払いを、LINE Pay加盟店以外のお店ではLINE Payカード決済を行うのもいいかもしれません。

チャージ式のLINE Payカード。持っていて損なし!

最後に、LINE Payカードの注意点とポイント還元率についてまとめます。

LINE Payカードの注意点とポイント還元率
  • 紙面での利用明細がなく、確認はアプリ上にて行う
  • 万が一不正利用が発覚した場合30日以内に要報告
  • 補償額は最大10万円。10万円以上のチャージは控えよう
  • ポイント還元率は最大2%
  • LINE Payコード支払いは還元率最大5%!ポイント重視ならLINE Payがおすすめ

LINE Payカードは、JCB加盟店で利用することができるので、LINE Payよりも使えるお店の幅は広いです。

しかし、LINE Payカードはポイント還元率が最大2%。コード支払いに比べ、還元率は劣ります。

基本的にはLINE Payのコード支払いがおすすめですが、使えないお店に対応するためにLINE Payカードを発行しておくのも一案です。

またQUICPayを使いたい人にもLINE Payカードはおすすめです。

発行は無料でアプリ上にて簡単に行えるものの、1〜2週間程度時間を要するので注意してくださいね。
【2019年9月】LINE Payの還元率まとめ|今使うならお得なお店を情報