LINE証券の良い評判・悪い口コミ|スマホで小額投資するならコレ

少額かつ手軽な投資にはLINE証券がおすすめです。単元未満株を平日夜間に購入できたり、タイムセールでお得に株を購入できたりと、資金が少なくても本格的な投資体験ができます。直感的に操作できるシンプルなデザインも魅力です。
  • 2021年9月11日
  • 2021年10月18日
LINE証券の良い評判・悪い口コミ

LINE証券は開業からわずか2年で80万口座を突破した今最も勢いのあるネット証券です。

そんなLINE証券の良い評判と悪いクチコミをまとめました。

「LINE証券って実際のところどうなの?」と気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

LINE証券がスマホでの少額投資に向いている理由や、スマホからの口座開設方法についても解説しています。

※本記事の価格は全て税込みです。

LINE証券の特徴

LINE証券トップ

LINE証券
口座数800,000口座
※2021年8月
取引手数料5万円まで:55円
10万円まで:99円
20万円まで:115円
50万円まで:275円
100万円まで:535円
150万円まで:640円
3,000万円まで:1,013円
3,000万円超:1,070円
ポイント還元率
(月間平均保有金額)
なし
ポイント投資〇 LINEポイント
NISA×
つみたてNISA×
iDeCo〇(24銘柄/2021年9月現在)
投資信託〇(30銘柄/2021年9月現在)
IPO実績不明
※2021年6月取扱開始
外国株なし
アプリLINEアプリ
口座開設~取引までの日数最短2営業日

LINE証券は、2018年に設立された証券会社です。野村ホールディングスとLINE Financialとの共同出資で作られました。

スマホから簡単に投資できる気軽さと少額投資のしやすさが最大の特徴です。

LINE証券の特徴
  • LINE Pay、LINEポイントと連携
  • 1株数百円から投資できる「いちかぶ」あり
  • 株のタイムセールがある
  • 外国株、NISAなどの取り扱いは無し

LINE Pay、LINEポイントと連携

LINE Pay

LINE証券は、LINE系列サービスとの連携がスムーズで使い勝手がよいのが特徴です。

スマホ決済サービス「LINE Pay」を使うことで、証券口座への入金が即時に反映されます。

なお、LINE Pay経由での入金時における支払い方法は、LINE Pay残高・銀行口座・LINEポイントのいずれかです。

クレジットカードでの直接入金はできません。

LINEポイントを使う際は、1ポイント=1円で入金できます。

つみたて投資でもLINEポイントが使えるので、LINE系列の他サービスで貯めたLINEポイントを効率よく使えます。

たとえば、LINE Pay Visaクレジットカードで生活費を支払い、貯まったLINEポイントをLINE証券で投資に使うと、ポイントを有効活用できるでしょう。

1株数百円から投資できる「いちかぶ」

いちかぶ

いちかぶ」とは、LINE証券が扱う単元未満株の愛称です。

単元未満株とは
一般的な株式取引は100株単位で取引される(単元株)。100株未満で取引できる株のことを単元未満株と呼ぶ

LINEで証券のいちかぶは、その名の通り1株単位で取引できます。

通常は100株単位で取引しなければならないので、たとえば1株5,000円の銘柄なら最低でも50万円の資金が必要です。

しかしいちかぶなら1株単位で購入でき、最低5,000円あれば取引を始められます。

少ない資金で投資できるので、投資初心者でもチャレンジしやすいですね。

なお、いちかぶでも、100株単位以上での取引と同様に配当金を受け取れます。条件を満たせば、株主優待を受けることもできます。

大企業はもちろん、中小型株や新興市場株も含めた1,000銘柄以上が「いちかぶ」の対象です。

ソフトバンクや日本航空、パナソニックなどの有名企業を筆頭に、1株3,000円以下で購入できる銘柄が豊富に揃っていますよ。

平日は夜21時まで取引可能な銘柄もあります。日中でも夜間でも1株単位でリアルタイム取引できます!

仕事が終わった後にチェックできるので利便性は抜群です。

株のタイムセールがある

LINE証券のタイムセール

LINE証券の大きな特徴が、株のタイムセールがあること。

毎月数回、特定の日時に、7%OFFなどのセールが開催されます。

たとえば、2021年9月には5回のセールが行われます。

  • 9/1(水)12:30~14:50 取引コスト0円
  • 9/9(木)17:00~19:00 最大7%OFF
  • 9/15(水)12:30~14:50 取引コスト0円
  • 9/22(水)12:30~14:50 取引コスト0円
  • 9/29(水)12:30~14:50 取引コスト0円

他の証券会社ではまず見られないLINE証券ならではのユニークなプロモーションですね。

LINE証券は、日本の証券会社としてはかなり新しい会社です。だからこそ、既存の枠組みにとらわれないキャンペーンが今後も期待できそうです。

外国株、NISAなどの取り扱いはなし

LINE証券で行える投資の種類は、次のとおりです。

  • 国内株式(現物取引、信用取引、いちかぶ)
  • IPO
  • 投資信託
  • iDeCo
  • FX

外国株、NISAなどの取り扱いはないので注意してください。

IPOは非対応でしたが、2021年6月1日よりサービス開始となりました。

LINE証券の評判・口コミ

LINE証券使用者の口コミ

LINE証券の口コミでは「いちかぶ」についての肯定的な意見が多かったです。

反対に昔からずっと株取引を行っている方には、「金融情報の不足」などまだ拙い所が目に付くようでした。

他の証券会社の口コミでは30代40代の男性が多かったですが、LINE証券は20代の女性からの口コミが多かったです。

★★★★4.0
株のこと何もわからなくても大丈夫!

LINE証券の口座開設は、スマホと身分証を準備するだけで簡単にできます。
株や投資をするにあたって何もわからない状態でも、おすすめ銘柄やアナリストによる評価・レポートなどを随時見れるので、とても分かりやすいです。
特に、1株3,000円未満で買える”いちかぶ”の種類が沢山あり気軽に始められます。
LINEアプリからすぐにLINE証券に飛べるので、いつでも手軽に動きを確認出来て安心です。

20代女性:フリーター

1.0
大切な金融に関する情報が乏しい

取引コストがゼロで済むキャンペーンがあるなど、非常に魅力的なサービスが目白押しですが、肝心の金融に関する情報は乏しく、残念極まりない内容でした。
50万円の初期投資をしたとき、1日3万円を簡単に儲けられるというメッセージを受け取りましたが、中身があまりにもお粗末であり、今ではチャートの視認性の部分まで観るだけで嫌気が差しています。
ちなみにLINE愛用者ですが、金融情報の改善を切に願います。

30代男性:フリーランス

★★★★★5.0
株のタイムセールが独特のメリット

株のタイムセールがあるのが他の証券会社とは違うところでとても良いです。
また手数料も安価であり、わざわざ計算しなくても株価に含まれているのが分かりやすいと思います。
特に、1株単位で購入出来るのは初心者の私にとって、リスクも少なくて使いやすいです。普段使っているLINEのアプリだけで完結できるのと、市場ニュースは役に立っています。

20代女性:会社員

★★★★★5.0
LINEポイントの汎用性が高い

LINEポイントで株を買うことができるので、日常的にLINEや関係サービスを使う方におすすめの証券会社です。
株を買うほどポイントがたまっていない場合でも、ポイントで購入資金の一部を負担することができるので、使い勝手◎です。
公式サイトでは株の説明や基本的な買い方についてわかりやすい解説があるので、知識のない初心者でも安心できると思います。

40代男性:会社員

★★★★4.0
積み立てが安定している

保有が長期か短期なのか、手数料などが一目見てわかるシステムでした。
現在eMAXIS Slimというものを積み立てていますが安定しています。
銀行の積立は金額が決まっていたり、銘柄が少なかったりしますが、LINE証券では少額から投資することも出来て、沢山の銘柄から自分にあったものを選べるのでオススメです。

20代女性:学生

★★2.0
結論、初心者向け

話題になっているということで口座を開設して取引をしました。結論だけいうと初心者向けということです。
私は今まで別の証券会社で取引を頻繁に行っていますので、わざわざ新しく口座を開いて取引するメリットがありません。
広告などもミニ株で少額から取引できるとうたっているように、今まで株をしたことがない若者向けです。
取引のしやすさなどあるので今後の展開によっては伸びるかもしれません。

40代男性:会社員

★★★★★5.0
水曜のアフタヌーンセールでの購入がおすすめ

基本毎週水曜に、アフタヌーンセールが行われており手数料がかからず購入できるのでおすすめです。
アフタヌーンセールの開始時間までにランキングも出るのでわかりやすく、楽天やエネオス・ANAなどよく聞く銘柄も豊富に揃っています。
ログインもLINE証券とのトーク欄からすぐに飛ぶことができて便利です。

20代女性:会社員

LINE証券のキャンペーン

初株チャンスキャンペーン

LINE証券では、様々なキャンペーンが行われています。

LINE証券のキャンペーン一覧
  • 特定日のタイムセールで取引コスト0円、7%OFF等
  • LINE FX人気の6通貨ペアをスプレッド縮小
    ※2021年9月30日まで
  • 株購入代金+LINEポイント最大5,000円相当
    ※2021年9月30日まで
  • 100万円以上の株を購入or入庫で現金2万円
    ※2021年9月30日まで
  • 口座開設+クイズに正解で最大4,000円相当の株がタダ
    ※2021年9月30日まで
  • FX口座開設+1取引で最大5,000円

口座開設+クイズに正解で最大4,000円相当の株がタダ」キャンペーンは条件達成のハードルが低いので、投資初心者でも気軽にキャンペーン参加しやすいでしょう。

前述しましたが、月に数回のタイムセールがあるのもLINE証券の大きな特徴です。

口座開設を検討しているのであれば、キャンペーンに参加してお得に投資を始めるのがおすすめです!

LINE証券でかかる手数料

LINE証券の手数料の特徴

次に、LINE証券の取引においてかかる手数料をまとめました。

株式の手数料

株式の取引手数料は以下の通り。1回の取引のたびに以下の手数料がかかります。

1日の約定代金に応じて手数料がかかるコースは用意されていません。

約定代金現物取引信用取引
5万円55円0円
10万円99円
20万円115円
50万円275円
100万円535円
150万円640円
3,000万円1,013円
3,000万円超1,070円

現物取引の手数料は、ネット証券で口座数の多い5社(SBI証券、auカブコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)と比較しても低水準です。

【参考】主要ネット証券の手数料比較
約定代金LINE証券SBI証券楽天証券auカブコム証券マネックス証券
5万円まで55円55円55円99円110円
10万円まで99円99円99円
20万円まで115円115円115円198円198円
50万円まで275円275円275円275円495円
100万円まで535円535円535円1,089円1,100円
150万円まで640円640円640円1,584円1,650円
3,000万円まで1,013円1,013円1,013円4,059円33,000円
3,000万円超1,070円1,070円1,070円4,059円33,000円

LINE証券の信用取引の手数料は、約定代金に関わらず一律0円です。

ネット証券大手の信用取引手数料は、SBI証券が99円~、楽天証券が99円~となっています(※各社の1注文の約定代金に応じてかかる手数料プランと比較)。

信用取引についても、他のネット証券と比較して低水準ですね。

いちかぶ(単元未満株)の手数料

いちかぶの手数料は無料ですが、0.2%~1.0%の「取引コスト」がかかります。

LINE証券で提示されている価格は、市場価格にスプレッド(差額)が上乗せされています。

そのスプレッド(市場価格と購入/売却価格の差)が「取引コスト」としてユーザーの負担となるので注意してください。

LINE証券では「いちかぶ」の対象銘柄を4つのグループに分類しており、取引コストはグループ・取引時間帯によって変動します。

LINE証券のいちかぶの時間帯別取引コスト

他証券会社の同等サービス(スプレッド加減算方式の単元未満株取引サービス)の取引コストと比較しても低水準です。

投資信託の手数料

LINE証券の投資信託は、すべての銘柄で手数料が無料です。

毎月最低1,000円からの積立や最低100円からのスポット投資など少額で投資できるうえ、手数料も無料なので初心者に優しいですね。

また、貯まったLINEポイントを積立投資に使うことも可能です。

IPOの手数料

IPOの書かれた木箱

LINE証券のIPO抽選・購入手数料は無料です。

IPOとは、Initial Public Offeringの略で、「新規上場株式」という意味です。

未上場企業が証券取引所に上場する際、投資家に公募価格にて株を売り出すことを指します。

2020年にはIPO株のうち75%の銘柄で初値が公募価格を上回っており、大きい値上がりを狙えることから高確率で利益を得られる投資方法として知られています。

ただし、IPO銘柄を購入できるかどうかは抽選で決まります。

LINE証券では、抽選・購入ともに手数料はかかりませんが、購入資金の事前入金は必要となります。

LINE証券の口座開設から取引開始までの流れ

LINE証券の口座開設はスマホからの手続きがおすすめです。インストール済みのLINEアプリから簡単に行えます。

口座開設にはLINEアカウントが必要です。

申込みはすべてWebで完結し、約2営業日で審査が完了します。

ここでは、スマホでの口座開設手順を画像付きで詳しく紹介します。

  1. 口座開設ページから「キャンペーンに参加して口座開設を申し込む」をタップ
    LINE証券口座開設の手順
  2. 「はじめる」をタップ
    LINE証券の口座開設手順
  3. 利用規約を確認し、問題なければ「OK」をタップ
    LINE証券の口座開設手順
  4. 該当する項目にチェックを入れ、「OK」をタップ
    LINE証券の口座開設手順
  5. 氏名・住所等の本人情報を入力し「OK」をタップ
    LINE証券の口座開設手順
  6. 電話番号を入力し、画面の案内に沿ってSMSで認証を行う
    LINE証券の口座開設手順
  7. マイナンバー確認書類を選ぶ
    LINE証券の口座開設手順
  8. 選択した確認書類のオモテとウラをそれぞれ撮影
    LINE証券の口座開設手順
  9. 「撮影へすすむ」をタップ
    LINE証券の口座開設手順
  10. 利用規約・注意事項を確認して次へ進む。次画面の案内に沿って確認書類と顔を撮影
    LINE証券の口座開設手順
    LINE証券の口座開設手順
  11. 暗証番号を設定する
    LINE証券の口座開設手順
  12. 下記画面が表示されたら申込完了
    LINE証券の口座開設手順

審査が完了すると、LINE証券公式アカウントよりLINEにてメッセージが届きます。

かんたん本人確認を選択すると、最短翌営業日には開設完了します。

マイナンバーカードまたは運転免許証+通知カードを持っている方は、それらの書類を提出しましょう。

LINE証券ならスマホでの投資デビューにぴったり

LINE証券の特徴
  • 株のタイムセールでお得に購入できる
  • LINE Pay、LINEポイントが使える
  • いちかぶ(単元未満株)は平日21時まで取引可能な銘柄あり
  • 手数料が安い

LINE証券は、スマホから気軽に投資できるのが魅力の証券会社です。

平日夜間でも1株から投資できる「いちかぶ」や、他の証券会社では見られない株のタイムセールなど、独自のサービスを展開しています。

ネット証券大手に並ぶ手数料の安さも魅力のひとつです。新規口座開設で数千円分の株購入代金を貰えるキャンペーンも随時行われています。

初心者が投資を始めるのにぴったりの証券会社といえるでしょう。