LINE Payの送金&出金方法|本人確認すれば手数料無料で送金可能!

LINE Pay(ラインペイ)をつかえば、手軽にLINEの友だちとお金のやり取りができます!

まだLINE Pay(ラインペイ)の送金サービスをつかったことがないという人は、ぜひやり方とポイントを押さえて便利につかってみましょう。

画像引用元:LINE Pay公式サイト

LINE Pay(ラインペイ)送金の手順

まずはLINE Pay(ラインペイ)で送金をする時の操作を紹介します。どんなシーンで便利につかえるかもあわせてチェックしてください!

早速LINE Pay(ラインペイ)で送金する手順を見ていきます。送金のやり方は2通りあります。

  • 友達とのトークから入って送金する方法
  • LINE Pay(ラインペイ)メニューから入って送金する方法

友達とのトークから入って送金する方法

1LINEアプリを開き、送金をしたい友達のトークを開く

2プラスボタンをタップするとメニューが出てくるので送金を選択

ラインペイ

3送金したい金額を入力する

ラインペイ

4メッセージを入れることができるので必要であれば入力して”送金”をタップすれば完了

LINE Pay(ラインペイ)メニューから入って送金する方法

1LINEアプリを開き、右下のウォレットを選択

2送金を選択

ラインペイ

3送金する友達にチェックをいれて次へ

4送金したい金額を入力し、次へ

ラインペイ

5メッセージを入れることができるので必要であれば入力して“送金”をタップすれば完了

つかいやすい方を利用してOK

送金方法は2通りありますが、どちらが便利というのはありませんので、どちらから行っても問題ありません。入り口が違うだけで途中から同じ画面になります。

ただ、LINE Pay(ラインペイ)メニューからの送金の場合、友達一覧から送りたい人を選んでチェックを入れることになるので、チェックを間違えると違う人に送金してしまいます。

間違えて全然連絡をとっていない他の人にチェックを入れてしまう可能性があるので、LINE Pay(ラインペイ)メニューから送金をする場合は特に気を付けましょう。

LINE Pay(ラインペイ)の割り勘機能が優秀

LINE Pay(ラインペイ)の送金メニューの中に、割り勘という機能があります。実は使いこなすとかなりの便利機能です。

割り勘は、幹事が参加者へ割り勘リクエストを送ることで、受け取った人はそこから幹事にLINE Pay(ラインペイ)を経由して支払いできます。

割り勘の手順は幹事側の操作と参加者側の操作と分かれます。

幹事の操作

1LINEアプリを開き、右下のウォレットを選択

2残高の金額が載っているところをタップ

ラインペイ

3割り勘をタップ

ラインペイ

4タイトルを入力と書いているところにカーソルを合わせ「飲み会」や「二次会」などのタイトルを入力

ラインペイ

5QRコード作成をタップ

6割り勘に参加して欲しい人にQRコードを読み込んでもらう

ラインペイ

5メンバーが全員参加したら、支払うをタップしお店に代金を支払う
支払いはLINE Pay(ラインペイ)で行います。コード払い・QRコード・LINE Pay(ラインペイ)カードのいずれかを選択して決済します。

6支払いが完了すると自動で割り勘計算されるので、リクエストをタップ

その後グループの人のLINEに割り勘支払い依頼が届くので後は送金されるのを待つだけです。

参加者の操作

1LINEアプリを開き、右下のウォレットを選択

2コードリーダーをタップし、幹事が表示しているQRコードを読み込む

ラインペイ

3幹事が支払い後、割り勘リクエストが届くのでLINE Pay(ラインペイ)を選択

その後、自分が保有する残高から、割り勘金額分が引かれて手続き完了です。

LINE Pay(ラインペイ)送金の利用シーン

LINE Pay(ラインペイ)はどんなシーンで活用できるのか、簡単に紹介します。基本的に友だちの口座に入金する時や、現金を友だちに渡す時にLINE Pay(ラインペイ)が便利につかえます。

友だちに食事代を立て替えてもらった時

一番利用シーンとして多いのが、食事代の立て替えです。

例えば一緒にランチに行った時。「お金が足りなくて借りる」というのはあまりないかもしれませんが、レジが混んでいて精算を分けてもらうのが厳しい状況ってありますよね。

細かいお金を持っていない人がまとめて支払いをして、お店を出てレシートを見ながら現金を渡す…といった経験をしたことがある人も多いはずです。

そうなると1,000円以下の金額があいまいになりがちですし、ピッタリの金額を渡せずに「また今度ランチの時に…」となってしまいます。

また人数が多くなると、まとめて払った人のお財布の中が小銭だらけになってしまうということも。

LINE Pay(ラインペイ)で送金すれば細かい現金を渡さなくても、手軽にピッタリの金額を送金できるので、払う側だけでなくまとめて払った人にとっても、便利につかえます。

友だちに旅行代金を渡したい時

LINE Pay(ラインペイ)の利用でよくつかわれているのが、旅行代金の精算です。複数人で旅行に行くとき、旅行代金やホテル代金などどうしても誰かがまとめ払いすることになります。

旅行となると金額もそこそこ大きいので、できれば後回しにせず早めに渡しておきたいですよね。ですが銀行に行く時間がないなどタイミングが合わずなかなか渡せないことも。

LINE Pay(ラインペイ)は上限100,000円まで送金が可能。わざわざ銀行に行かなくてもLINE Pay(ラインペイ)をつかって銀行の口座からチャージができるので、すぐに友達に旅行代金を送金できます。

LINE Pay(ラインペイ)出金の手順

LINE Pay(ラインペイ)送金の方法をチェックしたら、次は出金の方法を見ていきましょう。出金というのは、LINE Pay(ラインペイ)の残高を実際に出金して現金化することです。

LINE Pay(ラインペイ)は登録済みの銀行口座を経由して、出金することができます!手数料が216円かかりますが、いざという時非常に助かります。

出金する場合、2通りの方法があります。

  • 設定済みの銀行口座から出金する
  • セブン銀行の口座から出金する

それぞれ手順を見ていきましょう。

設定済みの銀行口座から出金する

銀行の口座に出金するメリットは、銀行に出向くことなく口座にお金を入れられることです。わざわざ銀行のATMを操作しなくても出金できるので、便利ですね。

ただ、銀行の営業時間中しか出金操作ができないので、その点はやや不便です。

1LINEアプリを開き、右下のウォレットを選択

2残高の金額が載っているところをタップ

ラインペイ

3一番下までスクロールし、設定をタップ
4出金をタップ
5出金する口座を選択
6出金したい金額を入力し、確認

この手順をとることで銀行口座にお金が入るので、必要であれば銀行やATMからお金をおろします。

セブン銀行の口座から出金する

LINE Pay(ラインペイ)はセブン銀行に対応しているので、セブン銀行ATMから出金することも可能です。

セブン銀行口座を利用するメリットは、セブン銀行ATMに行けばその場で現金を出すことができるところです。セブン銀行口座を持っていない人でも利用できますよ!

セブン銀行をつかって出金する場合、スマホコードで出金するか、LINE Pay(ラインペイ)カードを使って出金するかを選べます。

スマホコードで出金する

1LINEアプリを開き、右下のウォレットを選択

2残高の金額が載っているところをタップ

ラインペイ

3一番下までスクロールし、設定をタップ
4出金をタップ
5セブン銀行ATMを選択

このタイミングでセブン銀行ATMを操作
→セブン銀行ATMの前に行き、スマートフォンでの取引を押すとQRコードが表示されるので、その状態のままスマホに戻ります。

6スマホの画面の説明を最後まで読むとコードリーダーが起動するので、セブン銀行ATMに表示されたQRコードを読み込む
7読み込みが成功すればスマホに企業番号・認証番号が表示されるので、企業番号と認証番号をそれぞれATMに入力すればOK
8出金する金額を入力すれば完了

LINE Pay(ラインペイ)カードで出金する

既にLINE Pay(ラインペイ)カードを所有している人は、LINE Pay(ラインペイ)カードをセブン銀行ATMに入れることで簡単に出金できます。

  1. セブン銀行ATMにLINE Pay(ラインペイ)を直接入れる
  2. 出金か入金か聞いてくるので、出勤をタップ
  3. 出金する金額を入力すれば完了

LINE Pay(ラインペイ)カードって?

LINE Pay(ラインペイ)カードとは、プリペイド版のカードサービスです。カードに直接チャージをし、そこから買い物ができるようになります。

スマホのLINE Pay(ラインペイ)と同じように、銀行からチャージできます。他にも、コンビニでチャージすることも可能です。

カードタイプでLINE Pay(ラインペイ)をつかいたい人におすすめです。

次のページでは、LINE Pay(ラインペイ)出金の利用シーン、注意点について解説します。

LINE Pay(ラインペイ)とは?使い方からお得な支払い方法と注意点