LINE Payは危ない?銀行口座を登録後に紛失した時のリスクと対策

今やスマホを持っている人のほとんどの方がLINEを利用しています。

そんなLINEが始めたスマホ決済がLINE Payです。LINE Payでは銀行口座を登録することで本人確認がなされ、使える機能が増えます。

代表的な機能は残高チャージと出金です。出金とはLINE Payに貯まった残高を銀行口座に移して引き出せるようにすることです。

LINE Payに銀行口座を登録して本人確認すれば便利になりますが、”銀行口座を登録する”という行為が怖い方もいますよね。

インターネットを介して不正利用されるんじゃないか、と危機感を持つ方はいるでしょう。登録しなければLINE Pay経由の不正利用の可能性は0なわけですから。

本記事ではその辺を詳しく見ていきます。

トップ画像引用元:LINE Pay公式サイト

LINE Pay利用で考えられるリスク

LINE PayはQRコード決済で買い物ができるサービスで、同様のスマホ決済ではPayPayや楽天ペイなどがあります。

店頭やネットショッピングでの買い物利用はもちろん、友達への送金も可能なため、利用の幅が広く人気があります。

スマホがお財布代わりになるので非常に便利ですが、その反面スマホがお財布代わりになるということでリスクも伴います。

LINE Payを利用することで、どんな危ないところがあるのか、チェックしておきましょう。この章でどんな危険性があるのかを解説し、次の章で改善策を解説します。

LINEに登録する情報

まずは、LINE Payを使うにあたってどんな情報が危険にさらされるのか把握しておきましょう。

  • 名前
  • 連絡先
  • 住所
  • 銀行口座情報
  • クレジットカードの情報
  • チャージ残高

個人情報

名前・連絡先・住所・銀行口座情報・クレジットカードの情報
これらの情報は、第三者がパスワードさえわかれば閲覧できる可能性がある情報です。特に名前・連絡先・住所は割と簡単に見ることができます。

銀行口座やクレジットカードの番号は一部非表示にはなっていますが、どの名義でどこの口座を所有しているかは確認できます。

番号も下4桁は表示されているので、絶対大丈夫とはいいきれないんです。

チャージ残高

LINE Payはチャージ機能があるので、お金をスマホに入れているような感じで買い物ができます。残高がある場合は、お金を勝手に使われる可能性があります。

盗難・紛失時のリスク

スマホ決済を利用する上で一番多いトラブルは、盗難・紛失による危険です。中でもLINE Payは、多くの利用者がいるLINEサービスのひとつなので、その分操作を把握している人も多いです。

盗難・紛失時に勝手に利用されてしまうと、チャージしていた残高を勝手に使われたり、ネットでオンライン決済されたりする可能性があります。

紛失はある程度自分でも注意することができますが、盗難は防ぐことが厳しいです。だからこそ自分でできるセキュリティをいかに強化するかが重要になります。

不正利用・乗っ取りのリスク

LINEといえば不正利用や乗っ取りのトラブルが話題になっていますよね。

突然友人から「プリペイドカードを買ってきて番号を教えて…」など怪しいLINEが来たという報告や、突然ログインできなくなったと思ったら乗っ取られていたというような報告が相次いでいます。

乗っ取りというのは、そのアカウントを第三者が乗っ取ってしまうことを指します。現状LINE Payの入り口はLINEアプリと同じところから入るか、Android版のみ利用可能なLINE Payアプリを使うしかありません。

LINE Pay を盗むことがが犯人の目的でなかったとしても、LINEが乗っ取られることでLINE Payも同時に乗っ取られてしまうんです。

乗っ取られると登録済のLINE Payの残高に影響が出るだけでなく、多くの友達に勝手にメッセージを送られて迷惑をかける可能性が高くなるので、LINEマナーとしても乗っ取られないように対策をしておきましょう。

LINE Payを使う時のセキュリティ対策

LINE Payに限ったことではありませんが、電子マネー等のキャッシュレスサービスを利用する場合は必ずセキュリティをかけるようにしましょう。

先ほど説明した盗難・紛失・乗っ取りはいつ起こるかわかりません。LINE Payではセキュリティを高めるための設定が主に3つあるので、ご紹介します。

自分でできるLINE Payセキュリティ対策
  • LINE Payのパスワードロック機能を使う
  • パスワードを複雑なものにする/頻繁に変更する
  • オートチャージ設定は高額にしない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

LINE Payのパスワードロック機能を使う

LINEのロックとは別に、LINE Payにロックをかけておくとアプリを開くタイミングでLINE Payの6桁数字のパスワードを聞かれます。

LINE Payパスワードロック機能のやり方

1LINEを開いて下部メニューのウォレットを選択
2残高が載っているところをタップ
ラインペイ

3 LINE Payメニューが開くので一番下の設定をタップ
ラインペイ

4パスワードをタップ
5パスワードロックにチェックを入れる
6あらかじめ設定しているLINE Payパスワード(6桁数字)を聞かれるので入力して設定完了

パスワードを複雑なものにする/頻繁に変更する

LINE Payを利用するにあたり、2つのパスワードが関わってきます。

  • LINE アプリ全体のパスワード(6~20文字/英数字記号)
  • LINE Payのパスワード(6文字/数字のみ)

どちらも可能な限り複雑化して、頻繁に変更するように心がけましょう。それがセキュリティを高める第一段階です。

LINEアプリ全体のパスワード

LINEアプリ全体のパスワードは、機種変更などでLINEを引き継ぐときに利用します。普段はあまり入力する機会がありません。こちらは6~20文字で設定が可能。英数字の組み合わせにプラスして記号も利用できます。

まずはこちらのパスワードを複雑化しておきましょう。ここがゆるいと簡単にパスワードを見破られて乗っ取られてしまいます。

パスワード変更方法はコチラ↓
1LINEアプリを開き下部メニューから友達を選択
2歯車の設定アイコンをタップ
ラインペイ

3アカウントをタップ
4パスワードをタップ
5新しいパスワードを入力する

LINE Payのパスワード

LINE Payのパスワードは、LINE Payに登録済みの個人の情報をみたり、セキュリティのためのロックをかける時に使います。

こちらは数字のみ6桁。複雑化することはできませんが、西暦+生まれ月や家の番地や電話番号など、推測されやすい数字の並びは避けた方がいいです。

LINE Payパスワード変更方法はコチラ↓
1LINEを開いて下部メニューのウォレットを選択
2残高が載っているところをタップ
ラインペイ

3LINE Payメニューが開くので一番下の設定をタップ
ラインペイ

4パスワードをタップ
5パスワード変更をタップ
6使用中のパスワードを入力後新しいパスワードを入力し完了

オートチャージ設定に注意する

オートチャージ設定とは、あらかじめLINE Payにチャージしている残高が減った場合に自動でチャージしてくれる機能です。

いちいちチャージの操作がいらないので便利ではありますが、万が一第三者に使われた場合、オートチャージを設定していることで銀行口座からどんどんお金を使われてしまう可能性があります。

なので、不安な人はオートチャージはオフにして、自分で都度操作をしてチャージしたほうが安心です。

オートチャージは何円を下回ったら何円チャージするかを1,000円単位で設定できます。
ラインペイ

上記画像でいうと、残高が3,000円を下回った段階で、自動で5,000円チャージされる設定になっています。

オートチャージを設定する場合は、自動チャージの金額を低めに設定しておくと、少しでも被害額を減らせる可能性があります。

LINE Payの送金&出金方法|本人確認すれば手数料無料で送金可能!

次のページではLINE Payが行っている対策5つを紹介します。