ラグジュアリーカード ゴールドの年会費22万は果たして高いと言えるのか

人と違ったクレジットカードを持ちたい方には、「ラグジュアリーカード ゴールド」がおすすめです。カードはなんと金属製。中身も一流そのもの、リムジン送迎付きのダイニング優待、ハワイアン航空の上級会員権など他にはない特典が目白押しです。
  • 2021年7月8日
  • 2021年7月8日
ラグジュアリーカードゴールド

ハイステータスなカードとして知られるラグジュアリーカード。その中でも最上級が「ラグジュアリーカード ゴールド」です。

年会費は22万円と、ステータスカードの代表であるアメックスやダイナースの上位カードをも上回ります。

それだけにサービスは豪華そのものです。豊富な特典・優待を使いこなせれば、年会費を上回るベネフィットが得られます。

24金コーティングの金属製カードも他のカードにはない魅力ですね。

本記事ではそんなラグジュアリーカード ゴールドのメリット・特典やデメリット、審査について解説します。

ラグジュアリーカード ゴールドのメリット
  • 使い勝手の良いコンシェルジュサービス
  • リムジン送迎をはじめとする上質なダイニング特典
  • 空港ラウンジ優待や手厚い旅行傷害保険で旅行も快適
  • 国内外のホテルでVIPサービスを受けられる
  • 美術館や映画館で使える優待もあり
  • ポイント還元率は実質1.5%
ラグジュアリーカード ゴールドのデメリット
  • マイル還元率は0.9%とそこまで高くない
  • プラスチックカードが発行されず、使えない場所がある
  • 再発行手数料が5,500円と高い

※本記事の価格は全て税込みです。

ラグジュアリーカード(Mastercard Black Card)
年会費 110,000円 追加カード ETCカード/家族カード
還元率 1.25%~ ポイント Industry-Leading Rewards
マイル ANA/JAL/その他 付帯保険 海外旅行/国内旅行/ショッピング
電子マネー QUICPay スマホ決済 Apple Pay
月約8,300円と考えれば安い!話題の高ステータスカードキャンペーンサイトを見る

ラグジュアリーカード ゴールドの特徴・基礎知識

Mastercard Gold Card

ラグジュアリーカード Mastercard Gold Card
還元率ポイント1.5%
マイル0.9%
年会費初年度220,000円
2年目以降
家族カード55,000円
旅行保険海外最高1.2億円(自動付帯)
国内最高1億円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドMastercard
発行会社株式会社アプラス
発行期間不明

ハイステータスカードとして知られる「ラグジュアリーカード」のゴールドカードです。

一般的なクレジットカードはゴールド→プラチナ→ブラックの順にランク付けされていますが、ラグジュアリーカードは少し変わっており、このゴールドが最上級のカードです。

ゴールドと言う名前ですが、ステータスやサービスは他社のプラチナカードを上回ります

年会費22万円、完全招待制であることを踏まえれば、他社のブラックカードに匹敵します。

また、カードは24金コーティングされた金属製です。プラスチックカードにはない高級感が漂っています。

取得難易度やカードが金属製であることを考慮すると、ステータスはかなり高いと言えます。

なお、法人・個人事業主向けの「法人口座決済用ラグジュアリーカード ゴールド(法人ゴールド)」は直接申し込み可能です。

ハイステータスな法人カードが欲しい方は法人ゴールドも検討しましょう。

ラグジュアリーカード ゴールドのメリット・優待特典

ラグジュアリーカード ゴールドのメリット・優待特典は次の通りです。

ラグジュアリーカード ゴールドのメリット・優待特典
  • 24時間365日対応のコンシェルジュサービス
  • 豪華なダイニング特典
  • 旅行や出張が快適になるトラベル特典
  • 世界中のホテルで優待・特典を受けられる
  • ライフスタイルを豊かにしてくれる優待
  • ポイントも貯まりやすい

24時間365日対応のコンシェルジュサービス

ラグジュアリーカード ゴールドでは24時間365日、様々な要望に応えてくれる優秀なコンシェルジュサービスが付帯しています。

プラチナ以上のカードでは、コンシェルジュサービス自体は珍しくありません。

しかし、その中でもラグジュアリーカード ゴールドのコンシェルジュは「とくに使いやすい」と評判です。

コンシェルジュサービスの詳細については後述します。

豪華なダイニング特典

ラグジュアリーのイメージ3

豪華なダイニング特典も、ラグジュアリーカードのメリットの1つです。

  • 対象レストランへのリムジン送迎
  • 所定のコース料理を2名以上で予約すると1名分無料
  • 料理のアップグレードやウェルカムドリンク等の会員限定特典
  • 会員限定のラウンジやテイスティングイベントを用意
  • 一般販売されていない商品や入手困難な商品を購入可能
  • ケンズカフェ東京ガトーショコラを会員向けに取り置き
  • 厳選ワインが最大35%オフ

ラグジュアリーカード ゴールドの目玉とも言えるのが「リムジンサービス」です。

指定の場所とレストランの間をリムジンで送迎してくれます。

他のプラチナ・ブラックカードにはない極上のサービスです。

送迎は片道のみで、往路と復路のどちらかを選べます。

復路を選べば、レストランで食事を楽しんだ後にゆったり帰宅できますよ。

旅行や出張が快適になるトラベル特典

ハワイアン航空

ラグジュアリーカード ゴールドはトラベル関連の特典も充実しています。

  • 国内空港ラウンジは同伴者1名まで無料
  • プライオリティ・パスが無料付帯
  • 家族特約付きの手厚い旅行傷害保険
  • HawaiianMilesのエリート会員ステータスが無条件に付与
  • ビジネス・ファーストクラスの専門店、CLASS ONEへ無条件で入会
  • 手荷物を3つまで無料配送
  • 20ヶ国にある現地デスクでサポートを受けられる

世界1,300ヶ所以上の空港ラウンジを無料利用できるプライオリティ・パスが付帯します。

さらに国内空港ラウンジも同伴者1人まで無料です。

海外旅行傷害保険は最高1億2,000万円(自動付帯)と手厚く、さらに家族特約も付いています。

国内旅行傷害保険は利用付帯ですが、最高1億円とこちらも十分な補償内容です。

また、ラグジュアリーカード ゴールド保有者にはハワイアン航空の「Pualani Gold会員」ステータスが無条件で提供されます。

50%のボーナスマイルや優先搭乗サービス、ラウンジといった特典を利用可能です。

その他にも手荷物の無料配送(3つまで)や現地デスクでのサポートなど、旅行が快適になるサービスが目白押しです。

世界中のホテルで優待・特典を受けられる

ラグジュアリーカード ゴールド ホテル

国内外のホテルで優待・特典を受けられるのもラグジュアリーカード ゴールドの魅力です。

ラグジュアリーカード ゴールドによるホテル優待・特典は次のようなものがあります。

  • 会員限定の優待宿泊料金
  • 部屋のアップグレード
  • 朝食サービス
  • アーリーチェックイン・レイトチェックアウト
  • 無料Wi-Fi
  • ウェルカムギフト

優待・特典の内容はホテルによって異なりますが、1回の滞在中に500ドル相当のサービスを受けられます。

対象となるのもザ・リッツ・カールトン、ハイアット、マンダリン オリエンタルといった高級ホテルや、日本を代表する高級旅館ばかりです。

ライフスタイルを豊かにしてくれる優待

ラグジュアリーカード ゴールドはダイニングや旅行だけでなく、日常生活を豊かにしてくれる特典も豊富です。

  • 対象の国立美術館および企画展の鑑賞が無料
  • TOHOシネマズ、イオンシネマのチケットが毎月3枚まで無料
  • Tokyo Supercarsを優待価格で利用可能
  • Farfetchロイヤルティプログラム上級会員資格を提供
  • 名門ゴルフコースを予約可能
  • HAIR & MAKE EARTHを優待価格で利用可能
  • 完全会員制のプライベートジム「CLUB 100」での優待サービス
  • ケアファインダーの初月月会費を優待料金で提供

映画好きに一押ししたいのがTOHOシネマズ・イオンシネマのチケット優待です。

毎月3枚までチケット代が無料になります。

TOHOシネマズの場合、一般的なチケットの価格は1,900円です。

特典をフル活用することで1,900円×3回×12ヶ月=68,400円もお得になります。

ポイントも貯まりやすい

ラグジュアリーカードのポイント還元率

ラグジュアリーカード ゴールドはポイントが貯まりやすいのもメリットの1つです。

1,000円につき3ポイント貯まります。

1ポイント=5円相当なので、ポイント還元率は実質1.5%です。

貯まったポイントはキャッシュバックできるほか、Amazonギフト券や各種マイルと交換できます。

その他にもオリジナル商品やワインお買物券など幅広い商品と交換可能です。

交換する商品によっては実質ポイント還元率が3.3%になることもあります。

ラグジュアリーカード ゴールドのデメリット

ラグジュアリーカード ゴールドのデメリットは以下の通りです。

ラグジュアリーカード ゴールドのデメリット
  • マイル還元率は他のプラチナカードに劣る
  • 場所によっては金属製カードが使えない
  • 再発行手数料が高い

マイル還元率は他のプラチナカードに劣る

ラグジュアリーカード ゴールドのマイル還元率は0.9%です。貯まったポイントを1ポイント=3マイルのレートで交換できます。

決して低くはありませんが、より効率よくマイルが貯まるカードは他にたくさんあります。

実際に、ANAマイルへの還元率を他社のプラチナ級カードと比較してみました。

  • ラグジュアリーカード ゴールド:0.9%
  • アメックスプラチナ:1.0%
  • ANAアメックスプレミアム:1.0%
  • ダイナースプレミアム:1.5%
  • ANAダイナースプレミアム:1.5%

航空会社非提携カードでも、アメックスは1.0%、ダイナースは1.5%といった高還元率を誇るカードはあります。

しかも年会費はラグジュアリーカード ゴールドより安価です。

マイル還元率を重視するなら別のプラチナ・プレミアムカードも検討しましょう。

場所によっては金属製カードが使えない

ラグジュアリーカード

一部のお店やコインパーキングなどでは金属製カードが使えないことがあります。

ATMやカードリーダーに差したら抜け出せなくなった、という事例も少なくありません。

同じく金属製カードのアメックスプラチナでは、そういった事態に備えてプラスチックカードも発行されます。

しかし、ラグジュアリーカード ゴールドではプラスチックカードが発行されません。

念のため、ラグジュアリーカード ゴールド以外にプラスチック製のクレジットカードも持っておくと安心です。

再発行手数料が高い

ラグジュアリーカード ゴールドは再発行手数料が5,500円と高額です。

これも、金属製カードであるが故のデメリットですね。

紛失や盗難、破損に気を付けるべきなのはどのカードでも共通ですが、ラグジュアリーカード ゴールドではとくに注意してください。

ラグジュアリーカード ゴールドのコンシェルジュサービス

ラグジュアリーのイメージ

ラグジュアリーカード ゴールドのメリットの1つがコンシェルジュサービスです。

以下の特長を持ち、他のプラチナ・ブラックカードのコンシェルジュよりも高く評価されています。

  • 自動音声なしで直接繋がる
  • 電話だけでなくメール対応も可能
  • ゴールド会員限定のチャット機能もスタート

一般的なコンシェルジュではいったん自動音声に繋がります。自動音声の場合繋がるまで時間がかかりますし、番号を選択するのも手間です。

ラグジュアリーカード ゴールドは自動音声なしで直接繋がるため、手間がかかりません。

また、電話だけでなくメール対応も可能です。

メールなら手の空いた時に確認でき、慌ててメモを取る必要もありません。

さらに2021年4月にはゴールド会員限定のチャット機能もスタートしました。

「電話が使えなくてもリアルタイムなやりとりをしたい」というニーズに応えた形です。

これだけ豊富な手段でコンシェルジュとやりとりできるカードは他にありません。

対応してくれるオペレーターも優秀です。

人数や予算に合ったお店の手配や日本では未発売の商品の購入など、個人だと手間のかかることをすべてお任せできます。

ラグジュアリーカード ゴールドの審査

入会

ここからはラグジュアリーカード ゴールドの審査について解説します。

個人用のラグジュアリーカード ゴールドは招待制で、直接申し込めません。

ラグジュアリーカード チタンまたはブラックを利用し、招待を受ける必要があります。

豪華なサービスを受けられるだけに、取得難易度は高いと言えます。

ラグジュアリーカード ゴールドの審査基準

ラグジュアリーカード ゴールドは直接申し込めないので、審査基準も公表されていません。

ゴールドを取得するのに必要なチタン・ブラックの入会資格はどちらも次の通りです。

20歳以上(学生不可)
※法人決済用カードは法人・団体等の代表者、個人事業主に限ります。

引用元:<公式>チタンカードお申し込み

ラグジュアリーカードチタン・ブラックいずれも学生を除く20歳以上が対象です。

そのため、ラグジュアリーカード ゴールドも20歳未満の人や学生はまず持てません。

その他の審査基準は非公開です。

ブラックでは最低500万円以上の年収が必要と言われています

正社員や公務員以外なら700万円前後あると安心ですね。

ブラックより上のゴールドを持つ場合も、700万円前後の年収が必要と予想できます。

ラグジュアリーカード ゴールドのインビテーション

何度もお伝えしていますが、個人向けのラグジュアリーカード ゴールドは招待制です。

ラグジュアリーカード チタンまたはブラックを利用し、インビテーションを受け取る必要があります。

Mastercard Titanium CardMastercard Black Card

いくら年収が多くても、直接申し込みはできません。

インビテーションの条件も公表されていませんが、口コミからある程度推測できます。

  • ラグジュアリーカード チタン・ブラックを定期的に利用している
  • 保有期間はそこまで重視されない
  • 支払いの遅延・延滞がない

インビテーションを受けるための絶対条件が下位カードであるチタンまたはブラックを定期的に利用していることです。

具体的な金額は分かりませんが、最低でも年間200~300万円の利用が必要と言われています。

一方、チタン・ブラックの保有期間はさほど重要ではない可能性が高いです。

半年でゴールドへの招待が届いた人もいれば、2~3年経っても招待が来ない人もいます。

保有期間よりも利用頻度が重視されるようですね。

当然ですが支払いの遅延・延滞があるとインビテーションは届きません。

ゴールド目当てにチタン・ブラックを利用する際は、支払いの遅れは絶対にNGです。

ラグジュアリーカード ゴールドの限度額

money wad

ラグジュアリーカード ゴールドは限度額が一律に決まっていません。

審査の結果によって限度額が変わります。

口コミを見ると初回の限度額は100~300万円が多く、入会後定期的に利用することで限度額が増えていきます。

限度額の増枠はカードの申し込みから6ヶ月経過すると申し込み可能です。

また、事前入金することで限度額を超える支払いもできます。

増枠および事前入金はカスタマーサポートへの電話で相談可能です。

ラグジュアリーカード カスタマーサポート

電話番号:0120-080-070
営業時間:9:30~18:00
(日祝・年末年始を除く)

ラグジュアリーカード ゴールドがおすすめなのはこんな方

ラグジュアリーカード ゴールドは次のような方におすすめです。

ラグジュアリーカード ゴールドがおすすめなのはこんな方
  • 優秀なコンシェルジュを利用したい方
  • 高級レストラン・料亭などをよく利用するグルメな方
  • 旅行や出張が多い方(とくに海外)
  • 高級感漂う金属製カードを持ちたい方

ラグジュアリーカード ゴールドの特典の中でも、とくに魅力なのが優秀なコンシェルジュサービスです。

自動音声なしでスムーズに繋がりますし、メールやチャットでも対応してくれます。

コンシェルジュを重視する方には、ラグジュアリーカード ゴールドがおすすめです。

ダイニングやトラベル、ホテルなど幅広い豪華特典も付帯しています。

年会費は高額ですが、特典を駆使するなら元を取ることも十分可能です。

24金コーティングの金属製カードも、ラグジュアリーカード ゴールドの魅力と言えます。

他のカードとはひと味違う、高級感のあるカードを持ちたい方にもおすすめです。