ラグジュアリカードブラックの特徴は金属製デザインに豪華な特典

券面デザインの美しさが魅力的なラグジュアリカードブラックは、一流のホテルやレストランで受けられる優待特典など、豪華特典が満載です。使い方次第では、年会費以上の価値を十分に見出せるでしょう。都市部在住の方や海外旅行が多い方に是非おすすめしたいカードです。
  • 2021年7月12日
  • 2021年7月12日
ラグジュアリーカードブラック

ラグジュアリーカードの中でも重厚感漂うデザインが人気のラグジュアリカードブラックですが、魅力的なのはデザインだけではありません。

旅行や日々の生活の質をアップしてくれる豪華な付帯特典が満載です。

この記事では、ラグジュアリカードブラックの魅力的な特典を紹介するとともに、ラグジュアリカードブラックがおすすめな方、その理由についても解説します。

入会を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ラグジュアリーカードブラックのメリット
  • ポイント還元率が高い
  • 上質なコンシェルジュサービスが付帯
  • トラベル特典が豊富
  • ダイニング特典が魅力的
  • 美術館や映画館での優待特典
  • 付帯保険が充実している
ラグジュアリーカードブラックのデメリット
  • 年会費が高い
  • 旅行に行かない方にはメリットが少ない
  • 地方在住の方はサービスの恩恵を受けにくい

※本記事の価格は全て税込みです。

ラグジュアリーカード(Mastercard Black Card)
年会費 110,000円 追加カード ETCカード/家族カード
還元率 1.25%~ ポイント Industry-Leading Rewards
マイル ANA/JAL/その他 付帯保険 海外旅行/国内旅行/ショッピング
電子マネー QUICPay スマホ決済 Apple Pay
月約8,300円と考えれば安い!話題の高ステータスカードキャンペーンサイトを見る

ラグジュアリーカードブラックの特徴・基礎知識

Mastercard Black Card

ラグジュアリーカード Mastercard Black Card
還元率ポイント1.25%
マイル0.75%
年会費初年度110,000円
2年目以降
家族カード27,500円
旅行保険海外最高1.2億円(自動付帯)
国内最高1億円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドMastercard
発行会社株式会社アプラス
発行期間最短5日

ラグジュアリーカードには、チタン、ブラック、ゴールドの3種類があります。

ラグジュアリーカードブラックはゴールドに次いで2番目にランクの高いカードです。

年会費が高額ですが、新生銀行経由で申し込むと初年度は半額になります。

券面にはステンレススチールが使われており、金属製ならではの重厚感が特徴です。

カードの付帯特典ももちろん魅力的ですが、券面のデザイン性が高いことも人気の理由です。

持っているだけでステータス性の高いカードですが、使い方次第では年会費以上のメリットを得られます。

ラグジュアリーカードブラックのメリット・優待特典

ラグジュアリーチタンカードコンシェルジュサービス

ラグジュアリーカードブラックの優待特典は数多くありますが、特にお得な特典を紹介します。

ラグジュアリーカードブラックのメリット・優待特典
  • ポイント還元率が高い
  • 上質なコンシェルジュサービスが付帯
  • トラベル特典が豊富
  • ダイニング特典が魅力的
  • 美術館や映画館での優待特典
  • 付帯保険が充実している

ポイント還元率が高い

ラグジュアリーカードブラックのポイント還元率は1.25%と、ステータスカードの中では高水準です。

月の請求金額1,000円につき2ポイント(1ポイント5円相当)、さらに利用金額の2,000円毎に1ポイントが加算されます。

貯まったポイントは、キャッシュバックのほか商品への交換も可能です。

お得なのはフィラディスのワインお買い物券に交換することです。最大還元率が2.75%にもなります。

また、手数料無料でマイルへ交換することもできます。

JAL、ANA、ハワイアン航空、ユナイテッド航空が対象で、1ポイント=3マイルで交換できます。

コンシェルジュサービス

ラグジュアリーカードのコンシェルジュサービスは、幅広い依頼に対応してくれるので顧客満足度が非常に高いです。

国内でも海外でも、24時間365日、専門知識を持ったコンシェルジュが、会員ひとりひとりの好みやライフスタイルに合わせて最上級のプランを提案してくれます。

ホテルやレストランの予約はもちろんのこと、人気イベントのチケット手配やレア商品の探索などにも対応してくれます。

ラグジュアリーカードのコンシェルジュサービスを利用すると、日々の生活の質がよりアップすること間違いなしです。

チタンカードでも同等のコンシェルジュサービスが受けられますが、ブラックカード以上はメールで依頼ができます。

また、電話で依頼する場合も自動音声がなく、コンシェルジュに直接つながるので非常にスムーズです。

トラベル優待が豊富

ラグジュアリーカードブラックには、以下のようなトラベル優待が付帯しています。

  • プライオリティ・パス
  • 国内空港ラウンジ
  • グローバル・ラグジュアリーホテル優待
  • 日本旅館の特別優待
  • 手荷物無料宅配

世界中1,300以上の空港でラウンジサービスが受けられる「プライオリティパス」が無料で利用できます。国内の主要な空港では同伴者1名分も無料です。

グローバル・ラグジュアリーホテル優待もステータスカードならではの特典です。

世界の一流ホテルで、部屋のアップグレードやウェルカム特典など、5万5000円相当以上の特典やサービスが受けられます

さらに、手荷物無料宅配も可能。海外旅行への出発時や海外からの帰国時に、自宅と空港の間を手荷物3個まで無料宅配してくれます。

ダイニング特典が魅力的

ラグジュアリーカードブラックは、ダイニング関連の優待や特典も魅力的です。

  • リムジンサービス
  • コース料理のアップグレード
  • コース料理が1名分無料

リムジンサービスは、ブラックカード以上の会員しか利用できないサービスです。

ラグジュアリーカードが厳選した国内外の有名レストランで食事をする場合に、指定の場所とレストランをリムジンで片道送迎してくれます。

大切な記念日にも最高の演出ができるでしょう。

また、国内の有名レストランでコース料理のアップグレードやウェルカムドリンクサービスが受けられます。

全国の有名レストランで1名以上で予約すると、1名分のコース料理が無料になる特典もあり、よく利用する方ならこの特典だけで年会費をペイできるでしょう。

美術館や映画館での優待特典

ラグジュアリーカードブラック会員は、国立美術館の所蔵作品展を無料で鑑賞できます。

会員と同伴者1名までは何度でも無料で鑑賞できるので、美術鑑賞が趣味の方には嬉しい特典ですね。

また、TOHOシネマズやイオンシネマで毎月2枚まで無料鑑賞券がもらえる、お得な特典も付いています。

付帯保険

海外旅行保険は、自動付帯で最高1億2,000万円の補償が付いています。

家族特約が付いており、会員と生計を共にする親族であれば最高1,000万円の補償が受けられます。

航空機遅延補償も付いているので、飛行機が遅れたことによって発生した食事代や宿泊代なども補償されます。

国内旅行保険は利用付帯ですが、最高1億円の補償が付いています。

ラグジュアリーカードブラックのデメリット

バツサインをする女性

ラグジュアリーカードブラックには、以下のようなデメリットもあります。

ラグジュアリーカードブラックのデメリット
  • 年会費が高い
  • 旅行に行かない方にはメリットが少ない
  • 地方在住の方はサービスの恩恵を受けにくい

年会費が高い

ラグジュアリーカードブラックの年会費は、110,000円とかなり高額です。

新生銀行経由で申し込むと初年度は半額になりますが、毎年110,000円の年会費を払い続けて維持していくのはなかなか大変ですよね。

年会費55,000円のチタンカードも、コンシェルジュサービスなどの付帯特典はラグジュアリーカードブラックとほとんど同じです。

そのため、ブラックカードならではの特典、例えばリムジンでの送迎サービスなどを利用しない方は、チタンカード以上のメリットを感じないかもしれません。

ラグジュアリーカードブラックに申し込む際には、自分のライフスタイルで年会費以上のメリットがあるかを考慮してから申し込んでくださいね。

旅行に行かない方にはメリットが少ない

旅行によく行く方は、プライオリティパスやホテル優待などで年会費以上のメリットを受けられるでしょう。

しかし、そもそもあまり旅行に行かない方は、トラベル優待が豊富なラグジュアリーカードを選ぶ必要性がありません。

例えば、ダイナースクラブカードのようにダイニング特典が豊富なカードを選んだ方がお得かもしれませんね。

地方在住の方はサービスの恩恵を受けにくい

ラグジュアリーカードブラックの特典が利用できるホテルやレストランは、首都圏や関西など都市部に集中しています。

そのため、都市部以外に住んでいる方は、特典を利用する機会が少なくなってしまいます。

年会費が高額なことを考えると、地方在住の方にとってはコスパの悪さがデメリットとなるでしょう。

ラグジュアリーカードブラックとアメックスプラチナを比較

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

ラグジュアリーカードブラックとアメックスプラチナは、どちらもステータス性の高いカードです。

また、付帯特典も豪華なのでどちらがお得かを判断することは難しいですよね。

ここでは、ラグジュアリーカードブラックとアメックスプラチナを年会費やポイント還元率、付帯特典で比較してみました。

どちらのカードに申し込もうか迷っている方は、参考にしてみてください。

アメックスプラチナの特典で年会費をペイするにはどう使えばいい?
ラグジュアリーカードブラックとアメックスプラチナの比較
  • ポイント還元率
    アメックスプラチナのポイントは還元率1.0%、ラグジュアリーカードブラックは還元率1.25%
  • コンシェルジュサービス
    ラグジュアリーカードブラックは直通&メール対応可能
  • ダイニング特典
    ラグジュアリーカードはリムジンでの送迎付き
  • 家族カード
    2枚以上作るならアメックスプラチナがお得
  • マイルに交換
    アメックスプラチナの方が還元率が高い
  • ホテル特典
    アメックスプラチナは無料宿泊券がもらる

ポイント還元率

アメックスプラチナのポイント還元率が1.0%なのに対して、ラグジュアリーカードブラックのポイント還元率は1.25%です。

フィラディスのワインお買い物券に交換すると最大還元率が2.75%にもなるので、ポイント還元率だけで比べるとラグジュアリーカードブラックの方がお得です。

コンシェルジュサービス

コンシェルジュサービスの使い勝手が良いのは、やはりメールで依頼ができるラグジュアリーカードブラックです。

また、口コミから判断すると、アメックスプラチナより依頼内容の幅も広いようです。

コンシェルジュの質で選ぶなら、ラグジュアリーカードブラックがおすすめです。

ダイニング特典

どちらのカードにも、レストランのコース料理2名以上の予約で1名分無料になるダイニング特典が付いています。

ラグジュアリーカードブラックには、さらにリムジンでの送迎サービスが付いているので、よりステータス感を感じられるでしょう。

年会費

ラグジュアリーカードブラックの年会費は110,000円、アメックスプラチナの年会費は143,000円なので、ラグジュアリーカードブラックの方が年会費が安く維持しやすいカードです。

しかし、家族カードを2枚以上作りたい場合はアメックスプラチナの方がお得です。

なぜなら、ラグジュアリーカードブラックは家族カードの年会費が1枚につき27,500円かかりますが、アメックスプラチナは4枚まで無料で発行できるからです。

家族4人でアメックスプラチナを利用すると、ポイントもザクザク貯まります。

旅行の際にもプライオリティパスなどのトラベルサービスを家族全員で受けられるので大変お得です。

マイルへの交換

ポイント還元率はラグジュアリーカードブラックの方が高いですが、ポイントをマイルに交換するならアメックスプラチナの方がお得です。

特に、ANAのマイルに交換する場合は、1,000ポイント=1,000マイルで交換できます。

「メンバーシップ・リワード ANAコース」への登録は必要ですが、プラチナ会員は年間参加費5,500円が無料になります。

また、ANAをはじめ17の提携航空のポイントに移行できるのも大きなメリットです。

トラベル特典

ラグジュアリーカードブラックには、プライオリティパスやグローバル・ラグジュアリーホテル優待などの豪華な優待特典が付帯しています。

一方、アメックスプラチナのトラベル特典も負けず劣らず豪華です。

アメックスプラチナのラウンジプログラムは、プライオリティパスを含めた9つのラウンジプログラムで構成されており、より多くの地域でラウンジサービスを受けられます。

また、アメックスプラチナの宿泊関連の特典も魅力的です。

アメックスプラチナのカードを更新するたびに、アメックスが厳選した一流ホテルで、2人一組で利用できる無料宿泊券がもらえます。

ラグジュアリーカードブラックの審査

三井住友カード プライムゴールド 入会審査

ラグジュアリーカードブラックは、学生以外の20歳以上の方であれば申し込みが可能です。

お申し込み対象
20歳以上(学生不可)
※法人決済用カードは法人・団体等の代表者、個人事業主に限ります。

引用元:<公式>ブラックカードお申し込み

しかし、審査の難易度はかなり高そうです。

審査基準は公開されていませんが、限度額が500万円と高額であることを考えると、年収も500万円以上は必要ではないかと推測されます。

もちろん、年収が高くても信用情報に問題があると審査に落ちるリスクは高くなります。

携帯料金やカードの利用料金などの支払いに延滞がないように注意しましょう。

また、一度もクレジットカードを持ったことがない、いわゆるスーパーホワイトの方は、債務整理を行ったかもしれないと警戒されて審査に落ちる可能性が高いです。

スーパーホワイトの方は、取得しやすいカードでクレヒスを積んでからラグジュアリーカードブラックに申し込むのが無難です。

ラグジュアリーカードブラックの審査に受かるには、500万円以上の年収と良好なクレヒスが必要だと考えられます。

ラグジュアリーカードの審査に落ちた…否決の理由は信用情報と年収?

ラグジュアリーカードブラックの限度額

ラグジュアリーブラック 限度額

ラグジュアリーカードブラックの限度額は、100万円から500万円の間で設定される場合が多いです。

100万円からスタートして増枠申請をしていくわけですが、口コミを見ると、ラグジュアリーカードの限度額増枠審査はかなり厳しいようです。

また、複数のラグジュアリーカードを持っている場合は、カードごとに限度額が設定されており、限度額の高い方の上限までしか利用できないので注意が必要です。

限度額をアップしたい場合は、他社カードと併用する方法もあります。

例えば、アメックスプラチナは一定の限度額は設けず、会員ごとに柔軟に対応してくれるのでおすすめです。

ラグジュアリーカードブラックで豊かな生活を!

ラグジュアリーカードブラックの特徴まとめ
  • ポイント還元率が高い
  • 上質なコンシェルジュサービスが付帯
  • 海外、国内ともに充実の旅行保険がある
  • ダイニング特典が魅力的
  • 年会費が高い
  • 旅行に行かない方にはメリットが少ない
  • 家族カードが同等のカードと比較して少し割高

ラグジュアリーカードブラックのメリットは、券面のデザイン性や付帯特典の豪華さにあります。

ステータスが高いクレジットカードが欲しい方には、おすすめのカードです。

人気のホテルやレストランが集まる都市部にお住まいの方は、ラグジュアリーカードブラックの特典を最大限に活かせるでしょう。

また、海外旅行によく行く方にも、空港ラウンジサービスや宿泊特典などで年会費以上のメリットがあります。

ステータス性と豪華な特典を兼ね備えたラグジュアリーカードブラックで、生活の質をアップしてみてはいかがでしょうか。