• 2022年3月4日
  • 2024年4月24日
当サイトには広告が含まれます

SPGアメックスが終了|Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムを徹底検証

マリオット・インターナショナルのスターウッドホテル買収から約5年。

ついに国内発行のSPGアメックス(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード)の新規発行が終了し、Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムに切り替わります。

このリニューアルは果たして改善なのか改悪なのか、比較して徹底検証します。

新登場した下位カードMarriott Bonvoyアメックスについても解説しているので、切替に悩んでいる方は参考にしてくださいね。

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアム切替のポイント
  • 無料宿泊特典の獲得には年間150万円の利用が必要
  • 年会費は高くなったが家族カードが1枚無料に
  • 下位カードMarriott Bonvoyアメックスは試しに作る価値はある
  • スマートフォン・プロテクション等が追加

※本記事の価格は全て税込みです。

アメックスカード比較表
カード名アメックスグリーン
アメックスグリーン
アメックスゴールド
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
Marriott Bonvoyアメックス・プレミアム
Marriott Bonvoyアメックス・プレミアム
セゾンパール・アメリカン
エキスプレス(R)・カード
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンゴールド・アメリカン
エキスプレス・カード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン
エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス
ゴールド・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費月会費制1,100円/月
(年合計13,200円)
31,900円49,500円1,100円
年1回の利用で無料
11,000円
初年度無料
7,700円34,100円
還元率0.3%~1.0%0.3%~1.0%1.0~1.25%0.5%~3.0%0.6%~1.0%マイル還元率
0.5%~1.5%
マイル還元率
0.5%~3.0%
国際ブランドAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican Express
キャンペーン合計35,000ポイント
プレゼント
合計36,000ポイント
プレゼント
合計39,000ポイント
プレゼント
最大8,000円相当
プレゼント
最大7,000円相当
プレゼント
最大18,000ポイント
プレゼント
最大68,000ポイント
プレゼント
申込対象20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
18歳以上20歳以上20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
発行スピード最短3営業日最短3営業日最短3営業日最短5分最短3営業日1週間〜3週間1週間〜3週間
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
矢印

SPGアメックスの終了スケジュール

Marriott Bonvoyアメックスプレミアムへの切り替え

SPGアメックスは、2022年2月24日以降Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムに切り替わります。

ただし、既存ユーザーに対するサービスが一様に切り替わるわけではありません。

付帯サービスや特典によって変更時期が異なります。

そもそもSPGアメックスとはどのようなクレジットカードだったのかと、主な変更スケジュールについて紹介します。

SPGアメックスとは

スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード

SPGアメックスとは、世界最大規模のホテルグループであるスターウッド(現在はマリオット・インターナショナルに統合)とアメックスが提携して発行していたクレジットカードです。

カード更新のたびマリオット系列の一流ホテルに宿泊ができる特典等が人気を博していました。

マイルも貯まりやすいので、年会費30,000円超ながらも最強クレジットカードとして名前があがることも多々ありました。

SPGアメックスはMarriott Bonvoyアメックス・プレミアムへ

カレンダー

SPGアメックスからMarriott Bonvoyアメックス・プレミアムへ切り替わる際の主なスケジュールについて解説します。

2022年2月24日(木)以降
  • SPGアメックス新規受付終了、カード切替開始
  • 各種新特典が開始
  • 家族カード年会費1枚目が無料に
2023年4月24日(月)以降
  • 付与される無料宿泊特典に年間利用額条件が追加
2022年6月11日(水)
  • 本カード年会費改定
  • 宿泊実績15泊分付与開始
2022年8月1日(月)
  • 海外旅行傷害保険の適用条件変更

その他、詳細はアメリカン・エキスプレス公式サイトで確認できます。

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムの比較

 
SPGアメックスはMarriott Bonvoy アメックスプレミアムへ

SPGアメックスからMarriott Bonvoyアメックス・プレミアムへの切替とともに、Marriott Bonvoyアメックス(Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・グリーン・カード)が新登場しました。

Marriott Bonvoyアメックスは、Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムの下位カードにあたるスタンダードクラスのクレジットカードです。

ここでは、上記3つのクレジットカードの基本スペックや主な特典を表にして比較します。

項目SPGアメックスMarriott Bonvoyアメックス・プレミアムMarriott Bonvoyアメックス
ポイント還元率3.0%3.0%1.0%
マイル還元率1.0~1.25%1.0~1.25%0.6~0.72%
年会費34,100円49,500円23,100円
家族カード年会費17,050円1枚目無料
2枚目以降24,750円
1枚目無料
2枚目以降11,550円

海外旅行障害保険最高1億円(うち5,000万円自動付帯)最高1億円(利用付帯)最高3,000万円(利用付帯)
宿泊実績5泊分15泊分5泊分
無料宿泊特典カード更新で進呈カード更新+年間150万円以上の利用で進呈カード更新+年間150万円以上の利用で進呈
エリート会員資格・ゴールドエリート(自動付与)・ゴールドエリート(自動付与)
・プラチナエリート(年間400万円以上利用)
・シルバーエリート(自動付与)
・ゴールドエリート(年間100万円以上利用)
100米ドルのプロパティクレジットなしありあり
スマートフォン・プロテクションなしありなし

SPGアメックスからの変更点に着目すると、年会費以外にも改善点・改悪点ともにありますね。

特に、無料宿泊特典にカード利用額の条件が加わったことは大きな変更点です。

カード利用額が年間150万円未満の方は、一考の余地がありそうです。

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムの特徴

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアム

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
還元率ポイント1.0~2.0%
マイル1.0〜1.25%
年会費初年度49,500円
2年目以降
家族カード1枚目無料
2枚目以降24,750円
旅行保険海外最高1億円(利用付帯)
国内最高5,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料935円
年会費無料
電子マネーQUICPay+
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
発行期間最短3営業日

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムの代表的な特徴は次のとおりです。

  • 豪華なホテル特典
  • マイル還元率が高い
  • アメックスの一部特典が付帯

豪華なホテル特典

部屋をアップグレード

マリオット・インターナショナルは、世界最大級の高級ホテルグループです。

マリオット、シェラトン、リッツ・カールトン等の一流ホテルが含まれます。

ホテルグループならではの強みを最大に生かした豪華なホテル特典は、Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムの魅力の1つでしょう。

代表的なホテル特典は以下のとおりです。

  • Marriott Bonvoyエリート会員資格
  • カード更新のたびマリオット系列ホテルに無料宿泊
  • マリオット系列ホテルの15泊分の宿泊実績
  • リッツ・カールトン、セントレジスで使える100米ドルのクレジット

カードを更新する度にもらえる無料宿泊特典やホテルの上級会員資格など贅を尽くしたラグジュアリーな特典が満載です。

年会費は高いですが、年会費を上回る価値ある特典を使えるため、保有による満足度は高いでしょう。

詳細は「Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムのホテル優待特典」の章で解説します。

マイル還元率が高い

ユナイテッド航空

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムはホテル特典が豪華なことで知られていますが、実は、マイルを貯めるクレジットカードとしても優秀です。

世界40社以上もの航空会社マイルに交換でき、通常マイル還元率は1%以上です。

航空会社提携カードに匹敵するほどの還元率です!日本国内で人気のANAマイルにも交換できますよ。

詳細は「Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムのマイル還元率」の章で解説します。

アメックスの一部特典が付帯

アメックスのフリーステイギフト

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムは、アメックスのプロパーカードに付帯する一部の特典を利用できます。

代表的なものを紹介します。

  • スマートフォン・プロテクション(←NEW!)
    スマートフォンの修理代金を最大3万円まで補償
  • 空港手荷物無料宅配サービス
    海外からの帰国時、空港から自宅までスーツケースを無料配送
  • 空港ラウンジサービス
    国内28ヶ所、海外1ヶ所の空港ラウンジが同伴者1名まで無料
  • オーバーシーズ・アシスト
    海外での日本語サポート、キャッシュレス診療等

スマートフォン・プロテクションは、SPGアメックスからの変更に伴い新しく追加されました。

この点は、カード切替における改善点といってよいでしょう。

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムのホテル優待特典

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムのホテル優待特典のうち、代表的な下記3つについて詳しく解説します。

  • 無料宿泊特典
  • 上級会員資格の付与(ゴールド・プラチナ)
  • プロパティ・クレジット

無料宿泊特典

SPGアメックスはラグジュアリーホテル好きにおすすめ

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムの目玉特典ともいえるのが、無料宿泊特典です。

前年度のカード利用額が150万円以上だった場合、カード更新のたびに、マリオット系列ホテルに最大2名で無料宿泊できます。

無料宿泊特典の対象となるのは、1泊50,000ポイント以下で泊まれるホテルのみです。

同じホテルの同じ部屋でも、時期によって公式サイトの宿泊費は変動するため、1ポイント=1円以上の価値になるタイミングを狙うとお得です。

無料宿泊特典を上手に利用すれば、無料宿泊特典だけで年会費49,500円の元を取ることは十分可能です。

また、SPGアメックスからのカード切替に伴い、無料宿泊特典に最大15,000ポイントまで追加できるようになります。

そのため、1泊65,000ポイントまでのホテルを選ぶことが可能です。

無料宿泊特典へのポイント追加は、現時点で開始日未定です。詳細及び開始日は、公式からの案内を確認してください。

上級会員資格の付与(ゴールド・プラチナ)

マリオットのエリート会員

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムを保有すると、Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格が自動的に付与されます。

Marriott Bonvoyエリート会員とは、マリオット系列ホテルへの宿泊時に様々な特典を受けられる会員資格です。

通常会員のほか、シルバー、ゴールドなど5段階にランク分けされています。

ゴールドエリートの主な特典は次のとおりです。

  • 滞在による付与ポイントが25%アップ
  • 客室アップグレード
  • 14時までのレイトチェックアウト
  • ウェルカムギフトとして最大500ポイント進呈

通常、ゴールドエリート会員資格を取得するには、マリオット系列ホテルに25泊以上の宿泊実績が必要です。

仮に1泊10,000円で宿泊したとしても250,000円相当になります。それを年会費49,500円だけで利用できるのはコストパフォーマンスに優れていますね!

さらに、年間400万円以上のカード利用があれば、プラチナエリート会員へアップグレードできます。

ランクごとの特典は次のとおりです。

特典内容プラチナゴールドシルバー
滞在によるポイント+50%+25%+10%
客室アップグレード〇(スイート含む)〇(スイート除く)×
レイトチェックアウト〇(16時まで)〇(14時まで)
ウェルカムギフトポイントポイント or 朝食 or アメニティポイント(250~500ポイント)×
無料Wi-Fi○(高速)○(高速)
朝食無料サービス××
ラウンジへのフルアクセス××

高額決済が多い方は、プラチナエリート取得を目指せるようになったのもSPGアメックスからの改善点でしょう。

プロパティクレジット

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムの100米ドルプロパティクレジット

国内外の「ザ・リッツ・カールトン」または「セントレジス」に2泊以上連泊すると、100米ドル(10,000円相当)のプロパティクレジットが付与されます。

プロパティクレジットは、レストランやスパ等の館内施設でのみ利用できます。

Marriott Bonvoy公式サイトまたはカスタマーセンターから「100米ドルのプロパティクレジット」付きプランを予約すると適用可能です。

ホテルでの手続きは必要なく、チェックアウト時に対象料金に対して自動的に充当して精算されます。

なお、家族カード会員は本特典の対象外なので注意してください。

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムのマイル還元率

デルタ航空のスカイマイル

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムのマイル還元率は、通常1.0%です。

SPGアメックスから変わらず、Marriott Bonvoyのポイントプログラムが適用されます。

通常利用100円ごとに3ポイントが貯まり、ほとんどの航空会社で3ポイント=1マイルで交換できるので、実質マイル還元率は1.0%です。

さらに、60,000ポイントまとめて交換すると+5,000マイルがボーナスとして加算されます!

20,000円利用(60,000ポイント)で25,000マイル獲得できるので、マイル還元率は驚異の1.25%です。

ユナイテッド航空のマイルならさらに+10%

ユナイテッド航空

マリオットポイントは世界40以上もの航空会社マイルへ交換できますが、中でもおすすめなのがユナイテッド航空のマイルです。

マリオットとユナイテッド航空との提携により、いつでも+10%のレートでマイル交換できます。

つまり、ユナイテッド航空のマイルへは通常1.1%以上で交換できるということです。

さらに、ユナイテッド航空のマイルに60,000ポイントまとめて交換すると27,500マイル獲得できるので、マイル還元率は1.375%になります。

ユナイテッド航空はスターアライアンスに所属しているので、ユナイテッド航空のマイルはANAの特典航空券に交換できます。

マリオットポイントからANAマイルに直接交換することも可能ですが、ユナイテッド航空のマイルを経由してANAマイルに交換したほうがレートが高くなりお得です。

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムのデメリット

男性

豪華なホテル特典が魅力のMarriott Bonvoyアメックス・プレミアムですが、特徴的なクレジットカードだからこそデメリットも存在します。

事前に確認し、保有したときに許容できるのかをイメージしてみてくださいね。

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムのデメリット
  • 年会費が高い
  • 無料宿泊特典の獲得に年間150万円以上の利用が必須
  • 海外旅行傷害保険が利用付帯

年会費が高い

年会費

すでにご紹介したとおり、Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムの年会費は49,500円です。

クレジットカードの保有コストをかけたくない方や、節約目的でクレジットカードを探している方にはあまりおすすめできません。

また、49,500円という金額は国内の主流クレジットカードでいうとプラチナカードクラスに相当しますが、プラチナカードにおなじみの以下の特典は付帯しません。

  • ダイニング特典
  • プライオリティ・パス
  • コンシェルジュサービス

上記のようなサービスを求めるなら、同価格帯のプラチナカードを選んだ方が良いかもしれません。

無料宿泊特典の獲得に年間150万円以上の利用が必須

無料宿泊特典イメージ

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムの無料宿泊特典の獲得には、年間150万円以上のカード利用が必要です。

SPGアメックスではカード更新(年会費支払い)のみで獲得できていたため、特に今までSPGアメックスを使っていた方にとってはデメリットと言わざるを得ない点でしょう。

1ヶ月あたり125,000円の利用があれば、年間150万円を達成できます。

公共料金や家賃、携帯電話料金、食費など普段の生活費の他、旅行代金や大きな買い物などをできるだけMarriott Bonvoyアメックス・プレミアムで決済することが、デメリット解消の鍵となるでしょう。

海外旅行傷害保険が利用付帯

スーツケースと飛行機

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムの海外旅行傷害保険は、2022年8⽉1⽇(⽉)以降利用付帯になります。

SPGアメックスでは一部自動付帯だったため、SPGアメックスユーザーにとっては改悪という結果になっていしまいました。

補償内容については、最高1億円補償かつ傷害・疾病治療費用の保険金300万円で、及第点といえそうです。

Marriott Bonvoyアメックスのメリット・デメリット

 
Marriott Bonvoyアメックス

前述したように、Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムの下位カードとして、Marriott Bonvoyアメックスが新登場しました。

Marriott Bonvoyアメックスを申し込む価値はあるのか気になる方のために、2枚の違いを表にまとめました。

項目Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムMarriott Bonvoyアメックス
ポイント還元率3.0%2.0%
マイル還元率1.0~1.25%約0.67~0.83%
年会費49,500円23,100円
家族カード年会費1枚目無料
2枚目以降24,750円
1枚目無料
2枚目以降11,550円

海外旅行障害保険最高1億円(利用付帯)最高3,000万円(利用付帯)
宿泊実績15泊分5泊分
無料宿泊特典・50,000ポイントまでのホテルが対象
・カード更新+年間150万円以上の利用で進呈
・35,000ポイントまでのホテルが対象
・カード更新+年間150万円以上の利用で進呈
エリート会員資格・ゴールドエリート(自動付与)
・プラチナエリート(年間400万円以上利用)
・シルバーエリート(自動付与)
・ゴールドエリート(年間100万円以上利用)
100米ドルのプロパティクレジットありあり
スマートフォン・プロテクションありなし

年会費の他、無料宿泊特典の対象ホテルやエリート資格に違いがありますね。

「Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムの申込を検討しているけれど年会費が高く躊躇している」「無料宿泊特典を最初の2年間で試してみたい」という方にはMarriott Bonvoyアメックスがおすすめです。

メリットとデメリットを紹介するので、参考にしてください。

Marriott Bonvoyアメックスのメリット

MarriottBonvoyアメックスのイメージ

Marriott Bonvoyアメックスの代表的なメリットは次のとおりです。

Marriott Bonvoyアメックスのメリット
  • プレミアムと比べ年会費が安価
  • Marriott Bonvoyシルバーエリートが自動で付与
  • 年間100万円以上利用でゴールドエリートに

Marriott Bonvoyアメックスの年会費は23,100円です。

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムの半額以下の年会費で、一流ホテルの上級会員資格をゲットできるのは魅力ですね。

通常シルバーエリート会員資格を取得するには、対象ホテルに10泊する必要があります。

1泊10,000円だとしても100,000円かかるところ、Marriott Bonvoyアメックスなら年会費の23,100円だけで取得できます!

また、年間100万円以上のカード利用があればゴールドエリートにアップグレードします。

特典内容プラチナゴールドシルバー
滞在によるポイント+50%+25%+10%
客室アップグレード〇(スイート含む)〇(スイート除く)×
レイトチェックアウト〇(16時まで)〇(14時まで)
ウェルカムギフトポイントポイント or 朝食 or アメニティポイント(250~500ポイント)×
無料Wi-Fi○(高速)○(高速)
朝食無料サービス××
ラウンジへのフルアクセス××

1ヶ月あたり約83,400円で年間100万円を超えるので、達成のハードルはそこまで高くないでしょう。

ゴールドエリートにアップグレードしてから無料宿泊特典を利用し、Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムに切り替えるべきか否かの判断材料にするのもよいでしょう。

Marriott Bonvoyアメックスのデメリット

スマホを見て悩む女性

Marriott Bonvoyアメックスのデメリットも事前にしっかり確認しておき、申し込む際の判断材料にしてください。

Marriott Bonvoyアメックスのデメリット
  • マイル還元率が低い
  • 無料宿泊特典には年間150万円の利用が必要
  • 無料宿泊特典の対象ホテルが限定的

Marriott Bonvoyアメックスの通常還元率は、100円で2ポイントです。

マイルへの交換レートは3ポイント=1マイルなので、マイル還元率は約0.67%となります。マイルを貯めるのには向きません。

また、無料宿泊特典に必要な年間利用額はMarriott Bonvoyアメックス・プレミアムと同じ150万円です。

しかしながら、無料宿泊特典で利用できる対象ホテルは、Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムが1泊50,000ポイントなのに対し、Marriott Bonvoyアメックスでは1泊35,000ポイント以下に限定されています。

条件が同じなのに対象ホテルが少なくなるのはデメリットと言わざるを得ません。

なお、前述のとおり、時期は未定ながら無料宿泊特典に最大15,000ポイント加えられるようになるため、実質50,000ポイントまでのホテルを選択することは可能です。

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムはこんな方におすすめ

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムがおすすめの方
  • 年間150万円以上のカード利用がある方
  • 高級ホテルステイが好きな方
  • ANA,ユナイテッド航空のマイルに交換したい方

Marriott Bonvoyアメックス・プレミアム最大の魅力は、無料宿泊特典とゴールドエリート会員資格です。

これらを使いこなせるかどうかが、Marriott Bonvoyアメックス・プレミアム保有による満足度の鍵になるでしょう。

特に、無料宿泊特典の獲得には年間150万円の利用が条件となったため、年間カード利用額は非常に重要です。

ANAやユナイテッド航空のマイルに交換したい方にもおすすめです。

生まれ変わったMarriott Bonvoyアメックス・プレミアムで、一流ホテルステイを心ゆくまで満喫してくださいね!