メルペイがiD対応!連携して支払うまでの流れと使える加盟店

キャッシュレス決済がどんどん広がりを見せています。

スマホ1台で決済ができるスマホ決済アプリも数多く提供されており、どれを使えばいいのか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は電子マネーiDとの連携により多くの加盟店で利用することのできる、メルカリの決済サービス「メルペイ」について紹介していきます。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

電子マネーiD対応のメルペイが便利!
  • メルペイを電子マネーiDとしてApple Payやおサイフケータイで利用可能
  • メルカリ売上金を使ってメルペイでお買い物ができる
  • メルペイ残高から口座への出金もスピーディー

トップ画像引用元:メルペイ メルカリのスマホ決済サービス

メルペイはiDと連携させることで多くの店舗で利用可能!

メルペイ

画像引用元:メルペイ メルカリのスマホ決済サービス

QRコードやバーコードを利用したスマホ決済アプリは非常に便利ですが、お店によって使えるアプリが異なるというのが少し不便を感じるところでもあります。

乱立するスマホ決済の中でも、メルペイはiDと連携することで、バーコード決済だけでなく電子マネーiDとして決済を行うことが可能になっています。

電子マネーiDは全国約90万の店舗で決済が可能で、加えてメルペイのバーコード決済に対応する店舗を含めれば、スマホ決済アプリの中でも対応店舗は最大級となっています。

そもそも電子マネーiDとは?

iDとはNTTドコモの提供する電子マネーで、交通系電子マネーと同じようにFeliCaに対応しており、かざすだけで決済が可能となっています。

スマホにiDを登録すればスマホをかざすだけで決済ができるので、バーコードを表示して決済するよりも手間が少ない決済方法です。

iDを利用する時はスマホがFeliCa対応である必要があるので、iPhoneなら7以降、Androidならおサイフケータイ対応かつOSがAndroid5.0以上であることが条件となります。

では、メルペイをより多くの店舗で利用することができるようにするための、iD連携の方法について解説していきます。

メルペイで支払うまでの流れ

メルペイアプリ

画像引用元:メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ – Google Play のアプリ

メルペイを使って店頭で支払うまでの流れとしては次の3つのステップを踏むだけです。

メルペイで支払うまでの流れ
  • iDの設定をする
  • メルペイ残高にチャージをする
  • お店の人に「iD」でと伝える

では、順を追って解説していきます。

iDの設定方法

電子マネーアイディ

画像引用元:メルペイ メルカリのスマホ決済サービス

メルペイを電子マネーiDとして利用するための設定方法について見てきましょう。

メルペイはメルカリアプリ上から利用するので、設定に関してもメルカリアプリ内の「メルペイ」画面から行います。

iDはiPhoneならApple Pay、Androidならおサイフケータイに連携して利用しますが、設定方法や流れは基本的に同じです。

  1. 画面下部のタブから「メルペイ」をタップ
  2. メルペイ画面内の「売上金・ポイントをお店で使う」をタップ
  3. 画面下部の「設定をはじめる(無料)」をタップ
  4. 電子マネー(iD)設定画面に遷移するので「次へ」をタップ
  5. iPhoneならApple Pay、Androidならおサイフケータイの連携画面になるので、案内に沿って進める

これでメルペイのiD連携の設定は完了となります。

メルペイ残高にチャージする

メルペイでiDの設定が完了すれば、事前準備は完了です。

メルペイをiDで利用する際はプリペイド方式になるので、実際に支払いをするには残高をチャージしておく必要があります。

メルペイ残高のチャージ方法は銀行口座からの入金メルカリの売上金からのチャージの2種類に対応しています。

銀行口座から入金する場合

銀行口座から入金を行うには、メルペイ画面から銀行口座の登録を行います。

  1. 画面下部のタブから「メルペイ」をタップ
  2. メルペイ画面内の「お支払い用銀行口座を登録」をタップ
  3. 「銀行口座を登録する」をタップ
  4. 指定銀行の一覧が表示されるので、登録したい銀行を選択し「同意して次へ」を押下
  5. 「銀行口座の登録」画面で情報を入力
  6. それぞれの銀行のサイトに遷移するので、必要情報を入力
  7. メルカリアプリに戻り4桁のパスコードを設定

以上で銀行口座の登録は完了です。

登録完了後は、チャージボタンから入金することでメルペイ残高にチャージされるようになります。

メルペイに登録できる銀行口座は、メルカリの売上金振込に利用できる銀行口座と異なるので注意が必要です。

メルカリの売上金をメルペイで利用する場合

メルペイの最大の特徴は、メルカリの売上金をそのままスマホ決済に利用することができるという点です。

メルカリで商品を販売した際には、振込申請を行うことで現金を受け取ることができるようになっています。

通常振込申請から指定口座への入金は、毎週月曜日締めで締日から4営業日後となっています。

このように申請から振込まで最短でも4日かかります。

しかしメルペイに登録しておけば売上金は自動的にメルペイ残高にチャージされるのですぐに買い物で使うことができるようになります。

メルペイの決済で売上金を使えるようにするには、先に説明した銀行口座の登録を行うだけです。

メルペイで銀行口座を登録しておけば、売上金は自動的にメルペイ残高にチャージされるようになります。

もしメルペイに登録できる銀行口座を持っていない場合など、銀行口座の登録をしないでメルカリの売上金を利用するには「アプリでかんたん本人確認」を行います。

こちらもアプリから簡単に設定することができます。手順は以下の通りです。

  1. 画面下部のタブから「メルペイ」をタップ
  2. 「使い方」から「かんたん本人確認で売上金の申請期限なしに」をタップ
  3. 「設定をはじめる」をタップ
  4. 自身の顔と本人確認書類を撮影してアップロード
  5. 情報入力画面に遷移するので必要情報を入力
  6. 4桁のパスコードを設定

これで「アプリでかんたん本人確認」の設定は完了です。

これなら、本人確認書類さえ手元にあれば、メルカリでの売上金をメルペイ残高として利用することができるようになります。

ただし、こちらで注意が必要なのが、本人確認書類は「運転免許証」と「在留カード」に限られるという点です。

健康保険証はもちろん、マイナンバーカードやパスポートなども対象外となっています。

他の本人確認に比べてやや本人確認が厳しいので注意しましょう。

次のページでは店舗で実際にiDを使う時のやり方を説明します。

メルペイでポイントは貯まる?ポイントの使い道と購入時の注意点