クレジットカードおすすめランキング

メルペイでポイントは貯まる?ポイントの使い道と購入時の注意点

メルペイ

メルカリが提供するスマホ決済サービス『メルペイ』がスタートし、メルカリユーザーからは売上金がすぐにお買い物に使えると評価されています。

一方で「決済してもポイントは貯まらない」「メルカリユーザー以外にメリットが少ない」といった悪い評価も少なくありません。

スマホ決済では何らかのポイント還元があったりお得な情報を用意しておりますが、今回は『メルペイ』に関するポイントの使い道や購入時の注意点をお伝えしたいと思います。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です

メルペイのポイント使い道や購入時の注意点
  • メルペイで決済時にポイント還元等は行われない
  • メルカリのポイントは現金化ではなく買い物に使うのがおすすめ
  • 支払い用銀行口座を登録すると売上金をすぐに決済に利用可能
  • iD対応、メルペイ対応店舗のみ利用可能

トップ画像引用元:メルペイ メルカリのスマホ決済サービス

メルペイとはどんなサービスなのか?

メルペイのポイントや購入時の注意点をお伝えする前に、メルペイの特徴やメリットについてご案内したいと思います。

メルペイにはチャージや決済、使用できる店舗に対してメリットが以下3点があります。

メリット1:メルカリで売り上げた金額をスマホ決済に使えるのが最大の特徴

メルペイ

画像引用元:メルペイ メルカリのスマホ決済サービス

メルペイはフリマアプリ『メルカリ』が運営しているスマホ決済サービスで、メルカリで売り上げた商品の売上金をスマホ決済に使えるのがポイントです。

メルカリの売上金を引き出す時の手数料は、10,000円以上では手数料が無料ですが10,000円未満の時は210円の手数料がかかり、また実際に銀行口座から出金が出来るようになるまで時間差がありました。

しかし、メルカリの売上金を1ポイント1円として、メルペイに入金出来てすぐ支払いも可能なので、急なお買い物が出来ても対応できる即応性の高さが売りです。

メルカリの売上金は今までメルカリ内で決済用として利用するか、銀行口座から出金する方法でしたがメルペイによるチャージ(入金)の使い道も拡大されました。

メリット2:銀行口座からもチャージできる

メルペイは必ずしも売上金からしかチャージできない訳ではなく、別途支払い用銀行口座を登録する事で登録した銀行口座からチャージも可能です。

他のスマホ決済サービスと同様に銀行口座チャージも可能で、且つクレジットカードも必要ないので対応している銀行口座をお持ちのメルカリユーザーなら利用しやすいのも特徴です。

メルペイで決済時にポイントは還元されるのか?

メルペイはメルカリの売上金からポイントを購入して決済用としてチャージするか、支払い用銀行口座から直接チャージするプリペイド方式のスマホ決済サービスです。

そしてプリペイド方式のスマホ決済サービスは、購入時に金額の数%をポイントバックするのが特徴ですがメルペイではどうでしょうか?

メルペイで決済時にポイントは還元されない

結論から申し上げるとメルペイで決済しても、メルペイにポイントは還元されずポイント還元率の視点から見るとお得感はないと言わざるをえません。

メルペイで決済する前に、各企業や店舗が独自に発行しているポイントカードにポイント付与は出来る可能性はあります。

しかしメルペイ自身にポイント還元される訳ではありませんので、メルペイによる購入時の注意点として覚えておいて下さい。

ポイント還元の代わりにクーポンがある

クーポン

メルペイでスマホ決済を行ってもポイント還元率はゼロですが、その代わりメルペイが使えるお店で割引を受けられるクーポンが用意してあります。

クーポンの期間中に使えるクーポンがある場合には、メルカリアプリ内の『メルペイ』の項目からどんなクーポンがあるのか確認出来ます。

ポイント還元率はゼロでも割引クーポンはあるので、利用する人によってはポイント還元よりもお得に利用できる可能性はあります。

メルペイを利用するなら支払い用銀行口座を登録しよう

メルペイを利用する際に、ユーザーが任意でメルペイにチャージ利用が可能な支払い用銀行口座を設定する事が出来ます。

支払い用銀行口座を登録しなくてもメルペイを利用する事は可能ですが、支払い用銀行口座の登録は以下のメリットがあるのでおすすめです。

売上金が無い場合でもチャージ可能となる

メルペイはメルカリの売上金をコンビニ等の決済に使えるスマホ決済サービスですが、売上金が無いか少ない場合に残高不足になる事もあります。

しかし、支払い用銀行口座を設定すれば、その銀行口座からメルペイに手数料無料でチャージできるので売上金だけでは残高不足の場合でもチャージする事が出来ます。

メルカリでの売上金をそのまま支払いに利用可能となる

メルペイに支払い用銀行口座を登録していない場合、売上金からポイントを購入する手間がかかりますが支払い用銀行口座を登録するとポイントを購入する操作が無くなります。

メルカリでの売上金をそのままお支払いに利用できるので、お会計前にポイント購入の操作をしなくて済むので楽になりますのでおすすめです。

売上金の振込申請期限が撤廃される

カレンダー

メルペイではなくメルカリの方のメリットになりますが、銀行口座を登録することでメルカリの売上金の180日間の振込申請期限が撤廃されます。

次の章では銀行口座を登録しチャージする手順を解説します。

銀行口座を登録しチャージする手順

ここからはアプリのメルカリから、メルペイに支払い用銀行口座の設定方法とチャージする手順をお伝えしたいと思います。

支払い用銀行口座を登録する手順

メルカリアプリを起動後、以下の手順で支払い用銀行口座の登録を行う事が出来ます。

  1. 「メルペイ」を選択
  2. 「お支払い用銀行口座の登録」を選択
  3. 「銀行口座を登録する」を選択
  4. 登録したい銀行を選択し、「同意して次へ」を押す
  5. 「銀行口座の登録」画面で必要情報を入力
  6. 銀行サイトへ移り、銀行サイトで所定の登録を完了させる
  7. メルカリアプリのパスコード入力画面にて4桁の数字のパスコードを設定し、登録完了

ちなみにどの銀行が支払い用銀行口座に登録できるかは、下記参照URLを確認くださいませ。

参照URL:【メルカリガイド お支払い用銀行口座の登録方法】

登録した銀行からチャージする手順

前項で支払い用銀行口座を登録しましたが、続いて登録した支払い用銀行口座からチャージする手順もご案内します。

  1. メルカリアプリを起動し「メルペイ」を選択
  2. メルペイ画面内の「チャージ(入金)」ボタンを選択
  3. お支払い用銀行口座とチャージ(入金)金額を選択し、「チャージする」を選択

1回のチャージにつき入金できる金額は1,000円からとなっており、1日の入金できる限度額は200,000円となっております。

後はiD対応店舗で支払うなら「iD払いで」とお店にお伝えてスマホをかざして決済するか、メルペイ対応店舗ならコード払いからQRコードを表示してお店に読み取ってもらい決済を行います。

メルペイで購入時の注意点

メルペイで購入時の注意点はポイント還元率がゼロという他にも3つありますので、そちらもご案内したいと思います。

メルペイはiD・メルペイ対応の店舗のみ利用可能

メルペイ

画像引用元:メルペイ メルカリのスマホ決済サービス

メルペイで決済を利用できる店舗は、iDもしくはメルペイに対応している店舗のみという点が注意点の1つです。

コンビニならセブンイレブンやファミリーマート、ローソン等の大手コンビニは対応しておりますが、ユーザーの環境によってはiDもメルペイも対応していない店舗しかない人もいるかもしれません。

iD対応かメルペイ対応かで支払い方法が変わる

メルペイ

画像引用元:メルペイ メルカリのスマホ決済サービス

メルペイの決済方法は『iD払い』と『コード払い』の2種類があり、店舗によって使い分ける必要があるのが注意点の2点目です。

最終的にメルペイ残高から決済されるのは変わりませんが、iD対応店舗なら『iD払い』を、メルペイ対応店舗なら『コード払い』で決済する必要があります。

ポイントとメルペイ残高はポイントから消費される

支払い用銀行口座を登録済みのメルカリユーザーが、メルペイで決済される際にポイントとメルペイ残高の両方を所持している場合はポイントから優先で消費されます。

ポイントの使い道があるのでポイントを利用しない、あるいはポイントの一部だけを決済に利用するといった使い方はメルペイでは出来ません。

メルペイでiD払い時にはスマホがおサイフケータイ機能必須

おサイフケータイアプリ

画像引用元:おサイフケータイ アプリ – Google Playのアプリ

メルペイでiD払いをする際にはApple Watchでも利用可能ですが、スマホだとiPhoneもしくはおサイフケータイに対応しているAndroidが必要です。

Androidは中華スマホをはじめとする海外のスマホや、国内産メーカーでもおサイフケータイ非対応のスマホも少なくありません。

メルペイでiD払いをするなら、今使っているスマホがおサイフケータイに対応しているスマホかチェックしておきましょう。

ちなみにおサイフケータイ対応しているAndroidでも、Android OSが5.0以降に対応している必要があるのでバージョンが古いならソフトウェアアップデートを行いましょう。

iPhoneはiPhone7以降が対応端末になっている

iPhoneを使用しているメルカリユーザーがメルペイで購入時の注意点となりますが、メルペイはiPhone7以降が対応端末となっております。

iPhone7より前、iPhone6s以前のiPhoneユーザーも少なくありませんが、メルペイでiD払いをする場合はiPhone7以降を用意しなくてはいけません。

iOSも10.1以降のバージョンが必要なので、iPhone7以降のiPhoneでも古いiOSバージョンだと利用出来ないのでバージョンアップを行っておきましょう。

メルカリ利用者には有効なサービスのメルペイ

メルペイ

画像引用元:メルペイ メルカリのスマホ決済サービス

アップルストア グーグルプレイ

メルカリが2019年2月に提供開始したメルペイはポイントの還元は無いものの、割引クーポンやメルカリの売上金を銀行に出金せず普段のお買い物に利用できます。

メルペイに支払い用銀行口座を設定すれば、180日間の売上金の振込み有効期限も撤廃されるので、メルカリユーザーにはお得と言えます。

注意点としてiD払い時にはiPhone7以降のiPhoneかおサイフケータイ対応のAndroidを用意する必要があります。

しかしその点を差っ引いても、メルカリユーザーにとっては始めても損は無いスマホ決済サービスなので、今すぐに使う予定は無くても支払い用銀行口座を登録しておくのはおすすめです。

メルペイのポイント使い道や購入時の注意点
  • メルペイで決済時にポイント還元等は行われない
  • メルカリのポイントは現金化ではなく買い物に使うのがおすすめ
  • 支払い用銀行口座を登録すると売上金をすぐに決済に利用可能
  • iD対応、メルペイ対応店舗のみ利用可能
スマホ決済の種類|Apple Pay、おサイフケータイ、QUICPayなどの違い

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定