エムアイカード ゴールドとプラスゴールドの違い|年会費と還元率で比較

  • 2021年2月16日
  • 2021年2月16日
エムアイカードゴールド違い

「エムアイカード ゴールド」と「エムアイカード プラス ゴールド」(以下プラス ゴールド)は、三越伊勢丹グループが発行するゴールドランクのクレジットカードです。

いずれもゴールドカードですが、エムアイカード ゴールドはリーズナブル、プラス ゴールドは三越伊勢丹グループをよりお得に利用できる特典が付帯します。

2つのカードがどう違うのか、いまいち分からないという方向けに、エムアイカード ゴールドとプラス ゴールドの違いをまとめました。

年会費やポイント還元率、特典の違いなどを解説するのでエムアイカードを選ぶ際の参考にしてください。

エムアイカード ゴールドの特長
  • 年会費は5,500円
  • ポイント還元率は1.0%、海外利用時1.5%
  • 手厚い旅行保険と羽田空港TIATラウンジを含む空港ラウンジ特典付き
エムアイカード プラス ゴールドの特長
  • 年会費は11,000円
  • アメックスブランドなら海外利用時2.0%還元
  • 三越伊勢丹グループ百貨店で最大10.0%還元
  • 毎年4,200円分のクーポン券が進呈される
  • アメックスブランドはプライオリティ・パスや手荷物宅配も利用可

※本記事の価格は全て税込みです。

エムアイカード プラス
年会費 2,200円 追加カード ETCカード/家族カード
還元率 0.5%~ ポイント エムアイポイント
マイル ANA/JAL 付帯保険 -
電子マネー - スマホ決済 楽天ペイ
最短即日発行可能!三越伊勢丹で最大10%ポイント還元矢印キャンペーンサイトを見る

エムアイカード ゴールドの特徴

MICARD GOLD(エムアイカード ゴールド)

エムアイカード ゴールド
還元率ポイント1.0%~
年会費初年度5,500円
2年目以降
家族カード1,100円
旅行保険海外最高1億円(うち5,000万円利用付帯)
国内最高5,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーなし
国際ブランドVISA
発行会社株式会社 エムアイカード
発行期間最短1週間

エムアイカード ゴールドは年会費5,500円、家族カードなら1,100円と、リーズナブルに保有できるゴールドカードです。

基本のポイント還元率は1.0%、海外での利用は還元率が1.5%にアップします。

また、最高1億円の旅行保険や空港ラウンジサービスなど、ゴールドカードならではの特典が充実しています。

国際ブランドはVISAのみです。

エムアイカード プラス ゴールドの特徴

MICARD+ GOLD(エムアイカード プラス ゴールド)

エムアイカード プラス ゴールド
還元率ポイント0.5%〜10%
マイル0.25%〜0.5%
年会費初年度11,000円
2年目以降
家族カード2,200円
旅行保険海外最高1億円(うち5,000万円利用付帯)
国内最高5,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーなし
国際ブランドアメリカン・エキスプレス、VISA
発行会社株式会社 エムアイカード
発行期間最短当日

プラス ゴールドは年会費11,000円、家族カードなら2,200円かかりますが、三越伊勢丹グループ百貨店でお得に利用できるのが特徴です。

国際ブランドはVISAに加えてアメリカン・エキスプレスも選択可能で、年会費は変わりません。

基本のポイント還元率は1.0%、海外利用時はVISAなら1.5%、アメックスなら2.0%になります。

三越伊勢丹グループ百貨店での利用は、初年度は8.0%、2年目以降は年間の買い物金額に応じて最大10.0%までアップします。

エムアイカード ゴールドとエムアイカード プラス ゴールドの共通点

同じ三越伊勢丹グループが発行する2枚には共通点も多くあります。

  • 基本のポイント還元率はいずれも1.0%
  • 三越伊勢丹グループ百貨店の年間利用額に応じたボーナスポイントの付与
  • 手厚い付帯保険
  • 空港ラウンジの無料利用
  • 審査基準

基本のポイント還元率は1.0%

エムアイカード ゴールドもプラス ゴールドも、基本のポイント還元率は1.0%と同じです

一般ランクのエムアイカードはポイント還元率0.5%なので、ゴールドランクの2枚はその2倍貯められます。

三越伊勢丹グループでの買い物に限らず、いつでも1.0%の還元率で貯められるのはうれしいですね。

年間利用額に応じたボーナスポイントの付与

エムアイカード ゴールドもプラス ゴールドも、三越伊勢丹グループ百貨店で200万円以上買い物をすると以下のボーナスポイントを獲得できます。

前年度利用額ボーナスポイント
200万円以上10,000ポイント
300万円以上15,000ポイント
500万円以上25,000ポイント

200万円を達成すればポイント還元率が0.5%上乗せされるイメージです。

お得意様にはポイントをたくさん還元してくれる仕組みですね。

付帯保険

エムアイカード ゴールドとプラス ゴールドの付帯保険の内容は同じです。

どちらのカードにも最高1億円の海外旅行傷害保険、最高5,000万円の国内旅行傷害保険が付帯しています。

海外旅行傷害保険については、死亡・後遺障害のうち5,000万円は自動付帯、5,000万円は旅行費用をカードで支払うことで補償される利用付帯です。

国内旅行傷害保険は利用付帯、旅行費用をカードで支払うことで補償対象となります。

また、年間300万円までのショッピング保険も付帯しています。

補償の対象となるのは、カードを利用して購入した商品が破損や盗難などによる損害を受けた場合です。

購入日から90日間、購入金額から自己負担額である3,000円を差し引いた金額が補償されます。

空港ラウンジの無料利用サービス

エムアイカードの空港ラウンジサービス

空港ラウンジサービスはいずれのカードにも付帯しています。

国内の主要空港ラウンジと韓国の仁川国際空港、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジを無料で利用可能です。

ドリンクサービス・雑誌の閲覧・インターネット接続・充電などさまざまなサービスが用意されており、搭乗までの時間を思い思いに過ごせます。

また、エムアイカードなら羽田空港のTIATラウンジも利用できるのが特長的です。

空港ラウンジの無料利用はゴールドカードの定番特典ですが、TIATラウンジは含まれていないものがほとんどです。この点はエムアイカードの大きなベネフィットです!

審査基準は同じである可能性が高い

エムアイカード ゴールドとプラス ゴールドを申し込むための条件は、以下のとおり共通です。

満18歳以上で安定した収入のある方、その配偶者の方、学生の方(高校生は除く)

引用元:百貨店のクレジットカードなら三越伊勢丹グループのエムアイカード

いずれのカードも、エムアイカードのうちステータスカードにあたるため、審査難易度が低いとは言えないでしょう。

ただし、申し込み条件は厳しくありません。

未成年や専業主婦でも申し込むことができることからも、ゴールドカードの中では比較的申し込みやすいと考えられます。

また、プラス ゴールドなら即日店頭受け取りに対応しています。

三越伊勢丹グループ百貨店の利用促進という側面からも、幅広い人に発行を勧めているカードと言えるでしょう。

エムアイカード ゴールドとエムアイカード プラス ゴールドの違い

エムアイカードの違い

次に、エムアイカード ゴールドとプラス ゴールドの違いを解説します。

相違点を以下の表にまとめました。

項目エムアイカード ゴールドプラス ゴールド
年会費初年度5,500円11,000円
2年目以降
家族会員1,100円2,200円
ETCカード無料無料
ポイント還元率基本1.0%1.0%
海外1.5%1.5〜2.0%
三越伊勢丹グループ1.0%5.0〜10.0%
国際ブランドVISAVISA、アメリカン・エキスプレス
専用クーポン券×
三越伊勢丹のサロン・ラウンジ利用×

プラス ゴールドは高い年会費がかかる分、三越伊勢丹グループをよりお得に利用できるのが特徴です。

2つのカードの違いを、以下の視点から詳しく解説します。

  • 年会費の違い
  • 還元率の違い
  • 付帯サービスの違い

年会費の違い

エムアイカード ゴールドとプラス ゴールドは、年会費が大きく異なります。

年会費エムアイカード ゴールドプラス ゴールド
本カード会員5,500円11,000円
家族カード会員1,100円2,200円
ETCカード無料無料

エムアイカード ゴールドはプラス ゴールドに比べて三越伊勢丹グループでの特典が少なく、その分年会費が抑えられています。

その差は実に5,500円。家族カードを1枚発行する場合で比較すると、6,600円の差が生じます。

この年会費の差を超えるベネフィットを受けられるかが、エムアイカード ゴールドとプラスゴールドどちらを選ぶかのポイントとなります。

なお、エムアイカード ゴールドの家族カードは1枚まで発行できるのに対し、プラス ゴールドは4枚までです。

家族カードを複数枚発行したいなら、プラス ゴールドがおすすめです。

還元率の違い

次に、エムアイカード ゴールドとプラス ゴールドのポイント還元率の違いについてみていきましょう。

ポイント還元率エムアイカード ゴールドプラス ゴールド
三越伊勢丹グループ1.0%5.0〜10.0%
海外1.5%1.5〜2.0%
上記以外1.0%1.0%

前述したように、海外および三越伊勢丹グループ以外での還元率は2枚とも共通です。

海外でのポイント還元率

エムアイカード ゴールドとプラス ゴールドは、海外利用時還元ポイントがアップします。

  • エムアイカード ゴールド:1.5%
  • プラス ゴールド(VISA):1.5%
  • プラス ゴールド(アメックス):2.0%

海外でのポイント還元率は1.5%。プラス ゴールドのアメックスなら、海外利用時還元率が2.0%とさらに高いです。

海外旅行先でも使うなら、アメックスがおすすめです。

ポイント優遇以外にも海外で役立つ特典があります(後述します)。

三越伊勢丹グループでのポイント還元率

三越伊勢丹グループ百貨店での還元率

エムアイカード ゴールドとプラス ゴールドの最大の違いが、三越伊勢丹グループでのポイント還元率です。

三越伊勢丹グループ百貨店でのポイント還元率エムアイカード ゴールドプラス ゴールド
初年度1.0%8.0%
2年目以降1.0%5.0〜10.0%

エムアイカード ゴールドは、三越伊勢丹グループ百貨店でカードを利用しても、通常の1.0%しかポイントが付きません。

一方、プラス ゴールドなら三越伊勢丹グループ百貨店で初年度8.0%もの還元率でポイントが貯まります!

例えば、初年度に三越伊勢丹グループ百貨店で70,000円分ショッピングしたとすると、それだけで5,600円相当のポイントがゲットできる計算です。

三越伊勢丹グループ百貨店でショッピングする機会が多いなら、2つのカードの年会費の差以上のベネフィットが得られる可能性も高いですね。

プラス ゴールドの場合、2年目以降は前年の年間ショッピング額に応じてポイント還元率が変わります。

前年度利用総額ポイント還元率
30万円未満5.0%
30万円以上8.0%
100万円以上10.0%

年間30万円以上利用すれば2年目も8.0%が継続されます。30万円もショッピングしないという方でも、5.0%と十分高還元です。

100万円以上利用するならなんと10.0%もの高還元カードに早変わり!

ただし、食料品・レストラン・喫茶などの一部売り場などは1.0%、セール品などはポイント付与の対象外となる点には注意してください。

付帯サービスの違い

エムアイカード ゴールドとプラス ゴールドの付帯サービスは以下のとおりです。

項目エムアイカード ゴールドプラス ゴールド
専用クーポン券×
三越伊勢丹のサロン・ラウンジ利用×
空港ラウンジサービス
手荷物宅配無料サービス×アメックスは1個目無料
VISA×
プライオリティ・パス×アメックス〇
VISA×
ボーナスポイント・パートナーズ×アメックス〇
VISA×

【プラス ゴールド限定】専用クーポン券

プラス ゴールドなら、毎年4,200円分の専用クーポン券がもらえます。

専用クーポン券とは三越伊勢丹グループ百貨店などで利用できるクーポンで、これはプラス ゴールド会員限定の特典です。

初回はカードお届け時に受け取れ、その後は毎年3月下旬頃に届きます。

クーポンが利用できるのは以下のサービスです。

  • 駐車時間延長サービス
  • 配送料金ご優待サービス
  • 修理・加工料金ご優待サービス
  • 空港ショップご優待サービス
  • 各店ショップご優待サービス

例えば、クーポン券1枚を使えば、三越伊勢丹グループ百貨店でのショッピングによる駐車場の無料サービスに加えて、1時間分の駐車時間延長が受けられます。

また、三越伊勢丹グループ百貨店で購入したものを配送する際に、クーポン券1枚を300円として利用することも可能です。

1回の利用で最大14枚までクーポン券が使えます。

「毎年4月1日から翌年の3月31日まで」と有効期限はあるものの、お釣りを現金でもらえるのがうれしいところです。利用しやすいですね。

エムアイカード ゴールドとプラス ゴールドの年会費には5,500円の差がありますが、4,200円分のクーポンを踏まえればその差は1,300円

三越伊勢丹グループ百貨店を頻繁に利用するなら、プラス ゴールドの方がお得感が強いですね。

【プラス ゴールド限定】三越伊勢丹のサロン・ラウンジ利用

プラス ゴールド会員なら、三越伊勢丹のお得意様サロン・ラウンジを利用できます

以下の店舗が対象です。

  • 北海道:札幌三越
  • 関東:伊勢丹立川店、伊勢丹浦和店
  • 信越:新潟伊勢丹
  • 東海:静岡伊勢丹
  • 近畿:ジェイアール京都伊勢丹
  • 四国:高松三越、松山三越

ショッピング中に立ち寄ってゆっくり休憩したり、トイレの利用、パンフレットの閲覧、ソフトドリンクサービスなどが利用できます。

【プラス ゴールド(アメックス)限定】その他付帯サービス

その他プラス ゴールドのアメックスブランドには限定特典が付帯します。

  • 手荷物宅配無料サービス
  • プライオリティ・パス
  • ボーナスポイント・パートナーズ

カードと搭乗券を手荷物宅配サービスの申し込みカウンターで提示すると、入国時に空港から自宅までの手荷物宅配が1個無料になります。

また、プライオリティ・パスが優待価格で利用できるのも特長です。プライオリティ・パスとは、世界各国の1,300以上の空港ラウンジを利用できるサービスです。

さらに、対象店舗「ボーナスポイント・パートナーズ」でプラス ゴールド(アメックス)を利用すると、店舗ごとのボーナスポイントが加算されます。

対象の約130店舗で200円につき3~11ポイント付与され、よりお得にポイントが貯められますよ。

なお、プラス ゴールドでもこれらの特典はVISAには付帯していないので注意してくださいね。

エムアイカード ゴールド vs プラス ゴールド

エムアイカード

先に結論から言っちゃいます。それぞれのカードが向いているのはこんな方です。

エムアイカード ゴールドが向いている方
  • コストを抑えてゴールドカードならではの特典を受けたい方
エムアイカード プラス ゴールドが向いている方
  • 三越伊勢丹グループ百貨店を頻繁に利用する方

ここまで2枚のエムアイカードを比較してきましたが、三越伊勢丹グループを利用するなら断然プラス ゴールドがおすすめです。

プラス ゴールドなら三越伊勢丹グループ百貨店でのカード利用で初年度は8.0%還元、2年目以降は5.0~10.0%もの還元率になります。

他にも、毎年4,200円分の専用クーポン券がもらえたりお得意様サロンが利用できるなど、百貨店で充実した優待が受けられます。

三越伊勢丹グループ百貨店によく足を運ぶなら、プラス ゴールドを選んで間違いないでしょう。

また、プラス ゴールドならVISAに加えてアメックスブランドを選択できます。

プライオリティ・パスなどの限定特典も付くので、数あるゴールドカードの中でもかなり充実した特典が付帯します。

一方、保有コストをできる限り抑えてゴールドカードならではの特典を受けたい方には、エムアイカード ゴールドもおすすめできます。

5,500円とゴールドカードの中でもリーズナブルな年会費でありながら、TIATラウンジを含む空港ラウンジサービスや手厚い旅行保険などが付帯しています。

しかし、エムアイカード ゴールドには三越伊勢丹グループ利用時のメリットがほとんどありません

年間200万円以上利用すればボーナスポイントがもらえる点はメリットですが、それほど利用するならプラス ゴールドを持つべきです。

三越伊勢丹グループを利用しないならエムアイカード ゴールドを選ぶのもアリですが、それならエムアイカードにこだわる必要もないでしょう。

2枚のエムアイカードを比較して自分に合った1枚を

エムアイカード ゴールドとプラス ゴールドの違いについてもう一度確認しましょう。

エムアイカード ゴールドとエムアイカード プラス ゴールドの違い
  • エムアイカード ゴールドの年会費は5,500円、プラス ゴールドは11,000円
  • ポイント還元率はどちらも1.0%、プラス ゴールドなら百貨店で5.0~10.0%還元
  • プラス ゴールドは毎年4,200円分のクーポン券ももらえる
  • コスト重視ならエムアイカード ゴールド、百貨店利用が多いならプラス ゴールドがおすすめ

エムアイカード ゴールドはリーズナブルな年会費でゴールド特典を受けられます。

プラス ゴールドは年会費が2倍かかりますが、その分三越伊勢丹グループ百貨店での特典が充実しているのが特徴です。

いずれのカードにも、空港ラウンジサービスや手厚い旅行保険など、ゴールドならではのサービスが付帯しています。

コストを抑えてゴールドカードを保有したいならエムアイカード ゴールド、百貨店の利用機会が多いならプラス ゴールドがおすすめです。

自分に合った方を選び、お得にゴールドカードを利用してくださいね。