MileagePlusセゾンゴールドカードの年会費を超えるメリットと特典

MileagePlusセゾンゴールドカードのメリットはマイルが貯まりやすいことです。マイル還元率は1.5%にものぼり、他のカードを凌駕します。スターアライアンスに加入しているANAの利用でもマイルが貯まりますし、貯まったマイルはANAの特典航空券に変えることもできます。
  • 2021年8月15日
  • 2021年8月15日
MileagePlusセゾンゴールドカード

とにかくマイルを貯めやすいということで人気のMileagePlusセゾンゴールドカード、旅行好きの方ならきっと気になっていますよね。

とはいえ、年会費が22,000円とやや高めなので、「メリットあるのかな…」と悩ましいカードでもあります。

そんな悩める方に向け、MileagePlusセゾンゴールドカードのメリットや、マイルを効率よく貯める方法についてご紹介します。

MileagePlusセゾンゴールドカードの入会を検討している方はぜひ本記事をチェックしてみてください。

セゾンゴールドカードのメリット
  • マイルが貯まりやすい
  • 旅行保険が付帯
  • 空港ラウンジが利用可能
  • 海外用モバイルWi-Fiルーターレンタル優待
  • 現地通貨引き出しサービス
セゾンゴールドカードのデメリット
  • 安くはない年会費
  • 空港ラウンジ利用は本人のみ

※本記事の価格は全て税込みです。

陸マイラーおすすめ!業界最高水準のマイル還元率

MileagePlusセゾンゴールドカードの特徴・基礎知識

MileagePlusセゾンゴールドカード

MileagePlusセゾンゴールドカード
還元率ポイント付与なし
マイル1.5%
年会費初年度22,000円
2年目以降
家族カード5,500円
旅行保険海外最高5,000万円(自動付帯)
国内最高5,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーiD、QUICPay
国際ブランドVISA、Mastercard、アメリカン・エキスプレス
発行会社株式会社クレディセゾン
発行期間最短3営業日
知っておきたいMileagePlusセゾンゴールドカードの基礎知識
  • マイレージ集めに特化している
  • 国際ブランドはVISA・MasterCard・アメリカンエキスプレスが選択可能
  • 年会費は22,000円

MileagePlusセゾンゴールドカードはその名の通り、マイレージ集めに特化したクレジットカードです。

マイル還元率は1.5%なので、1,000円=15マイルが発生します。

発行会社はセゾンで、国際ブランドとしては、VISA・MasterCard・アメリカンエキスプレスが選択できます。

おすすめはアメックスなのですが、その理由については後ほど詳しく説明します。

年会費は22,000円と、セゾンカードの中では高めの設定です。

もちろん、年会費に見合うメリットや特典があるので、ただ高いというワケではありません。

MileagePlusセゾンゴールドカードでマイルを貯める方法

笑顔の女性

続いては、MileagePlusセゾンゴールドカードで効率よくマイルを貯める方法について紹介します。

マイレージを貯めて素敵な旅行を楽しみたい方は、ぜひ参考にしてください。

マイルを効率的に貯めるためのポイント
  • 光熱費などの支払いは全てクレジットカードで
  • iDを利用してちょっとしたお買い物もクレジットカードで支払う
  • 航空機はスターアライアンスメンバーを選択
  • アメックスでサンクスマイルをゲット

公共料金などを支払う

マイルを効率よく貯めるためにまずすべきは、公共料金の支払いをMileagePlusセゾンゴールドカードで行うことです。

電気・水道・ガス・携帯電話など、毎月数万円の支払いが発生していますよね。

マイル還元率が1.5%(1,000円で最大15マイル)で、仮に毎月40,000円支払っているとすると、それだけで600マイルが発生します。

これを利用しない手はありません。

ちょっとした買い物でもすべて利用

MileagePlusセゾンゴールドカードは電子マネーとしてiDが利用できます。

コンビニ、スーパー、ドラッグストアなど、ちょっとしたお買い物ですと、クレジットカードを出しずらいこともありますが、iDであれば気軽に使えます。

スマホと連携しておけば、クレジットカードを出す必要すらありません。

日々のちょっとした買い物も1ヶ月分まとめるとけっこうな額になるものです。

スターアライアンスの航空機を利用する

マイレージはユナイテッド航空での利用はもちろん、ANAやルフトハンザ航空など、スターアライアンスメンバーの利用でも貯まります

スターアライアンスメンバーの飛行機は世界中の空を飛び回っているので、どの方面を目指す場合も基本的に利用が可能です。

また、国内で航空機を利用する場合にはANAを利用しましょう。

アメックスのサンクスマイルをもらう

国際ブランドでアメリカンエキスプレスを選択すると、2年目以降の年会費請求月に1,500マイルがプレゼントされます。

1,500マイルってけっこうな数ですよね。しかも毎年ですから見逃せません。

MileagePlusセゾンゴールドカードでは国際ブランドとして、アメリカンエキスプレス、VISA、マスターカードが選択できますが、効率よくマイルを貯めたい方はアメックスがおすすめです。

貯めたマイルで交換できる特典航空券

ユナイテッド航空

交換できる特典航空券
  • ユナイテッド航空の特典航空券
  • ANAなどスターアライアンスメンバーの特典航空券

せっかく獲得したマイルは有効に活用したいものです。何に交換ができるのか、詳細をチェックしていきましょう。

まず当然ですが、ユナイテッド航空の航空券と交換することができます。

あるいはマイルを利用して、ビジネスクラスやファーストクラスへアップグレードすることも可能です。

とはいえ、ユナイテッド航空ばっかり利用するワケじゃないし…という方も多いですよね。

マイルはスターアライアンス加盟航空会社の特典航空券に交換できます。

スターアライアンスにはANAも加入しているので、ANAの特典航空券に変えることもできるということです。

貯まったマイルでちょっと国内旅行というのも良いですよね。

なお、ユナイテッド航空のマイルは購入することもできます。

「特典航空機の必要マイル数まであと少し足りない…」といった場合、マイルを購入することで、お得に旅行が楽しめるというワケです。

MileagePlusセゾンゴールドカードのメリット・優待特典

dカードゴールドのメリット

MileagePlusセゾンゴールドカードのメリットについて紹介します。

旅行好きの方にとっては見逃せないメリットばかりです。

旅好きに見逃せない5つのメリット
  • マイルが貯まりやすい
  • 旅行保険が付帯
  • 空港ラウンジが利用可能
  • 海外用モバイルWi-Fiルーターレンタル優待
  • 現地通貨引き出しサービス

マイルが貯まりやすい

まず最大のメリットといえるのが、マイルが貯まりやすいということです。

マイル還元率は1.5%なので、1,000円につき15マイルが付与されます。

仮に、スマホの月額利用料金が10,000円としてMileagePlusセゾンゴールドカードで支払っていたら、それだけで150マイルです。

公共料金の支払いや日々のお買い物で利用すれば、年間を通じ10,000マイル以上貯めることも不可能ではないでしょう。

しかも、獲得したマイルに有効期限がないため、のんびりじっくりとマイルを貯めることが可能です。

ただし、注意点が1つだけあります。

それは年間75,000マイルを超えると、超えた分からは1,000円で5マイルしかつかないということです。

75,000マイルというのは年間500万円のお買い物で達成できます。

ものすごく高価なモノを買う予定がある場合、この点にご注意ください。

海外・国内旅行傷害保険が付帯

MileagePlusセゾンゴールドカードに興味がある方は、きっと旅行好きですよね。

海外・国内旅行保険が付帯しており、本会員は最高5,000万円、カードを持っていない家族に対しても最高1,000万円の保険が付いています。

また、海外でもしものことがあった場合、日本語が通じる医者の手配、救急車の手配、救急病院の紹介、キャッシュレス医療サービスなどの対応をお願いすることが可能です。

なれない海外でも安心して旅行を楽しむことができますね。

空港ラウンジが利用可能

MileagePlusセゾンゴールドカードを持っていると、国内主要空港とダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ・ホノルル)のラウンジが無料で利用できます

旅行好きにとっては見逃せないサービスです。

出発前にひと休みしたり、メールのチェックをしたり、あるいはSNSに最新の情報をアップしたり、さまざまなことに利用できます。

海外用モバイルWi-Fiルーターレンタル優待サービス

海外旅行に出かけるのなら、海外用モバイルWi-Fiルーターのレンタル優待サービスが利用できます。

SNSなどへの投稿はもちろん、地図をチェックしたり、各種チケットを予約したり、ネットワーク環境があるだけで、旅がずいぶんと充実するものです。

旅行好きにとっては見逃せないサービスの1つです。

現地通貨引き出しサービス

旅行先で地元の人向けのお店などを利用すると、カードが使えないこともあるもの。

そんな時はやはり現金が便利です。

とはいえ、大量の現金を持ち歩くのも不用心ですし、どれくらいの現金が必要なのか、現地を訪れないとわからないこともあります。

そんな時に便利なのが現地通貨引き出しサービスです。

必要なお金だけ引き出せば、使わなかった現地通貨を残したまま帰国するなんてこともなくなります。

MileagePlusセゾンゴールドカードのデメリット

お金の計算をする女性

メリットの多いMileagePlusセゾンゴールドカードですが、もちろんデメリットも存在します。

デメリットはココ
  • 安くはない年会費
  • 空港ラウンジ利用は本人のみ

年会費がけっこう高い

デメリットの1つが、年会費がけっこう高いということです。

本会員の年会費が22,000円、家族会員の年会費が5,500円ですから、安くはないですよね。

ステータス性で知られるダイナースクラブカードの年会費が24,200円とほぼ同等といえます。

楽天カードなど、年会費無料のクレジットカードも多数存在している中で、この年会費をどう考えるかが入手するか否かの分かれ道です。

前章でご紹介したメリットと比較してみてください。

空港ラウンジが無料利用できるのはカード会員のみ

気ままな1人旅なら問題ないのですが、家族や知人と旅行に出かけた場合、1人だけラウンジを利用するというワケにもいかないですよね。

残念ながらカード会員以外の同伴者とラウンジを利用する場合、別途料金が必要です。

例えば一般のアメックスであれば同伴者1人まではラウンジの利用が可能ですから、それらと比較するとサービスがやや劣ると言わざるを得ません。

MileagePlusセゾンゴールドカードの審査

女性

審査基準をチェック
  • 18歳以上(高校生不可)
  • 収入や勤続年数
  • 他社クレジットカード利用状況
  • ローンの状況

続いてはMileagePlusセゾンゴールドカードの審査について解説します。

ですが、MileagePlusセゾンゴールドカードは審査内容について明確にはしていません。

ここでご紹介する情報はあくまでも一般論です。その点にはご注意ください。

まず、入会資格は以下です。

18歳以上の電話連絡可能な方(高校生除く)
ユナイテッドのマイレージプラスプログラムにご登録の方

引用:【公式】業界最高水準のマイル還元率はMileagePlusセゾンゴールドカード

条件だけをチェックする限り、大学生や専門学校生も申し込みすることができます。

比較的申し込みしやすいカードと言えそうです。

とはいえ、それなりのステータス性があるクレジットカードですから、キチンとした審査が行われます。

収入(学生の場合は親の収入)や勤続年数、他社クレジットカードの利用状況などはチェックされるはずです。

ローンの有無も審査項目の1つと考えられます。

「他社のカード情報やローン状況なんてチェックされるの」と思う方もいるかもしれませんが、チェック可能です。

というのも、クレジットカード会社をはじめ、各種金融機関は信用情報機関を介して信用情報を共有しています。

これからMileagePlusセゾンゴールドカードに申し込みたい方は、他社カードであっても支払いに遅れるなんてことのないようにしてください。

MileagePlusセゾンカードと比較

MileagePlusセゾンゴールドカードマイレージプラスセゾンカード
主な違いはココ
  • 年会費
  • 年間交換マイル数
  • 空港ラウンジ利用の可否

つづいてMileagePlusセゾンカードとの違いについて解説していきます。

まずは下の表をチェックしてください。

カードの種類MileagePlusセゾンゴールドカードMileagePlusセゾンカード
年会費22,000円1,650円
マイル還元率最大1.5%通常0.5%
有料のオプションサービス(5,500円)加入で最大1.5%
年間に交換可能なマイルの上限75,000マイル30,000マイル
サンクスマイル
※アメックス限定
1,500マイル500マイル
海外旅行傷害保険最高5,000万円(家族特約あり)最高3,000万円(家族特約なし)
ショッピング安心保険1事故上限100万円なし
無料空港ラウンジありなし

まず年会費ですが、MileagePlusセゾンカードは1,650円と圧倒的に安くなっています。

ただし、このままですとマイル還元率が0.5%なので、マイルを貯めたい方には不利です。

その場合は、有料のオプションサービス「マイルアップメンバーズ」を利用する手もあります。

マイルアップメンバーズとは、ショッピング利用1,000円につき10マイルが追加で加算されるオプションサービスです。

追加年会費5,500円で、年間30,000マイルを上限にマイルが追加加算されます。

この場合でも年会費は7,150円と、MileagePlusセゾンゴールドカード半額以下なので、固定費をおさえたいという方にはMileagePlusセゾンカードがおすすめです。

年間に交換できるマイル数も大きく違います。

MileagePlusセゾンゴールドカードでは75,000マイルまで交換できるのに対し、MileagePlusセゾンカードでは30,000マイルまでです。

クレジットカードの利用が多く、30,000マイルをこえる可能性があるのなら、MileagePlusセゾンゴールドカードがおすすめといえます。

MileagePlusセゾンゴールド vs MileagePlusセゾンカード
  • 固定費をおさえたい方
    →MileagePlusセゾンカード
  • 年間30,000マイル以上交換したい方
    →MileagePlusセゾンゴールドカード

MileagePlusセゾンゴールドカードがおすすめなのはこんな方

海外旅行

おすすめなのはこんな方
  • 旅行が好きでマイルを効率的に貯めたい方
  • 旅行保険付きのクレジットカードが欲しい方
  • 空港ラウンジを利用したい方

以上、MileagePlusセゾンゴールドカードについてご紹介してきましたが、気になる情報は見つかりましたか。

MileagePlusセゾンゴールドカードのおすすめしたいポイントは、圧倒的にマイルが貯まりやすいということです。

日常生活でマイルを効率的に貯めたいという旅行好きの方にはかなりおすすめのカードといえます。

年会費はそれなりにかかりますが、マイラーにとっては、年会費以上のメリットを受け取れるはずです。