三井ショッピングパークカードにする理由|ポイントの二重取りが可能

三井不動産グループ商業施設で爆発的なメリットを発揮する三井ショッピングパークカード《セゾン》。還元率2.5%、各店舗で5〜10%オフなど、お得なお買い物の強い味方です。年会費は無料なので、三井不動産グループ商業施設を頻繁に利用するなら持っていて損はない1枚です。
  • 2020年10月14日
  • 2020年12月1日
三井ショッピングパークカード

ららぽーとや三井ショッピングパーク、三井アウトレットパークなどを利用するなら、三井ショッピングパークカード《セゾン》がおすすめです。

ポイントボーナスや優待割引といったメリットがありながら、年会費はかかりません。

でも、これら対象店舗での買い物のために三井ショッピングパークカード《セゾン》を発行する価値はあるのかな…と思うかもしれません。

そこでこの記事では、三井ショッピングパークカード《セゾン》のメリットを余すことなくお伝えします。

三井ショッピングパークカード《セゾン》のメリット
  • ららぽーとなど対象施設でポイント二重取り+合計還元率は2.5%
  • オンラインストアではポイント還元率最大3.5%
  • 三井不動産の商業施設で優待特典多数
  • 「永久不滅ポイント」は有効期限無期限
  • セゾンカウンターで即日発行可能

※本記事の価格は全て税込みです。

今がお得!おすすめクレジットカード特集

三井ショッピングパークカード《セゾン》の特徴・基礎知識

三井ショッピングパークカード

三井ショッピングパークカード《セゾン》
還元率ポイント0.5〜2.5%
(永久不滅ポイント0.5%+三井ショッピングパークポイント2.0%)
マイル0.33%
年会費初年度無料
2年目以降無料 ※プレミア・アメックスのみ3,300円
家族カードなし
旅行保険海外最高3,000万円(自動付帯) ※アメックスのみ
国内最高3,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーiD、QUICPay
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス
発行会社株式会社クレディセゾン
発行期間最短即日

三井ショッピングパークカード《セゾン》は、クレディセゾンが三井不動産と提携して発行しているクレジットカードです。

1枚で「永久不滅ポイント」と「三井ショッピングパークポイント」2種類のポイントが貯まります

選べる国際ブランドは4種類。いずれも年会費は無料ですが、アメックスは年会費3,300円のプレミア・アメリカン・エキスプレス(R)・カード(以下プレミア・アメックス)も選べます。

プレミア・アメックスには、旅行保険やショッピング保険が付帯します。

基本的な特典は共通しており、セゾンカードの優待と三井不動産グループ商業施設での優待が利用できます。

三井ショッピングパークカード《セゾン》のメリット・優待特典

三井ショッピングパークカード《セゾン》の大きな特徴は、ららぽーとなど三井不動産グループの商業施設でポイントUPや割引優待などの特典があることです。

主なメリットをまとめました。

  • 特定の商業施設でポイントがザクザク貯まる
  • 最短即日発行できる
  • 三井不動産グループの商業施設で優待特典が多数
  • 「永久不滅ポイント」の期限がない
  • プレミア・アメックスには限定特典付き

特定の商業施設でポイントがザクザク貯まる

三井ショッピングパークカード 対象店舗

三井ショッピングパークカード《セゾン》は、以下のお店で利用すると2%相当の三井ショッピングポイントが貯まります。

  • ららぽーと各店
  • ララガーデン
  • ららテラス 武蔵小杉
  • ラゾーナ川崎プラザ
  • 三井アウトレットパーク各店
  • &mall(オンラインストア)
  • 東京ミッドタウン(六本木)、東京ミッドタウン日比谷 など他多数

ただし、一部対象外店舗や、ポイント付与数が異なる商品があります。各施設の公式サイトで確認しておきましょう。

貯まったポイントは500ポイント=500円として上記のお店で使えます(&mallでは1ポイント=1円から)。

また、0.5%の永久不滅ポイントも同時に貯まります。永久不滅ポイントが400ポイント貯まると2,000円分の三井ショッピングポイントに交換できます。

ネットショップ「&mall」ではポイント還元率2.5〜3.5%

ららぽーと、ラゾーナなどの商品を扱うオンラインストア「&mall」では、合計2.5%のポイントが得られる上、1ポイント=1円でポイントを無駄なく使えます。

自宅近くに対象店舗がなくてもスマホから手軽にショッピングができる上、ポイントが効率よく貯められます。

さらに、「&mall」では毎週水曜日がポイントアップデーとして、100円ごとに3ポイントの三井ショッピングパークポイントが貯まります。

永久不滅ポイントと合わせると、合計還元率は3.5%となるのでポイントがザクザク貯まります!

最短即日発行できる

三井ショッピングパークカード《セゾン》は、全国各地のセゾンカウンターで最短即日の受取りができるのもメリットの1つ。

セゾンカウンターもしくはWebから申し込み、セゾンカウンターで受け取れます

一般的なクレジットカードは申込みから発行まで1〜2週間かかるため、すぐにクレジットカードを発行したい方には嬉しいポイントです。

セゾンカウンターが設置されている施設は下記のとおりです。

  • ららぽーと(TOKYO-BAY/豊洲/立川立飛/柏の葉/横浜/海老名/湘南平塚/新三郷/富士見/磐田/甲子園/和泉/EXPOCITY)
  • アルパーク
  • ダイバーシティ東京 プラザ
  • アルカキット錦糸町

三井不動産グループの商業施設で優待特典が多数

三井ショッピングパークカード《セゾン》の会員は、三井不動産グループの商業施設で多くの優待特典を利用することができます。

優待特典内容
施設内店舗での優待5〜10%OFF、割引、プレゼントなど多数
施設周辺優待サービス対象施設の周辺施設でも割引などの優待
誕生日ボーナス誕生日の月に対象店舗でお買い物すると100ptプレゼント
駐車場無料サービス通常無料時間に加え+4時間無料などの優待
※無料時間は利用店舗による
年間利用額ボーナス年間利用額に応じて3,000〜30,000ptのボーナス
会員限定クーポン年間30万円以上利用のスペシャルメンバー限定で優待クーポンプレゼント

対象施設での割引はもちろん、駐車料金の高い店舗での買い物時に無料駐車できるなど、嬉しいポイントが目白押しです。

スペシャルメンバーになればさらにお得!

三井ショッピングカードセゾンスペシャルメンバー

4月から翌年3月までの利用額が30万円を超えると、「スペシャルメンバー」になることができます。

スペシャルメンバーには3,000〜30,000ポイントが進呈される上、スペシャルメンバー限定10%オフセールに招待されるなどのメリットがあります。

ららぽーとや三井アウトレットパークで月2〜3万円程度お買い物をするなら、確実に三井ショッピングパークカード《セゾン》を発行した方がお得ですね!

『永久不滅ポイント』の有効期限が無期限

三井ショッピングパークカード《セゾン》で貯まる『永久不滅ポイント』は名前のとおり有効期限がありません

期限を気にする必要がなく、たくさん貯めて好きな用途に使うことができます。

永久不滅ポイントの交換先には、下記のようなものがあります(一例)。

  • 三井ショッピングパークポイント
  • Amazonギフト券
  • nanacoポイント
  • Pontaポイント(au会員限定)
  • dポイント
  • ANAマイル

交換先によって交換レートが異なりますが、おおよそ1ポイント=5円に相当します。

共通ポイントなら全国のコンビニ・スーパーなどの加盟店で使えて使い道に困ることはないでしょう。

三井ショッピングパークポイントに集約してららぽーと等でのお買い物に充てるのもおすすめです。

プレミア・アメックスには限定特典付き

アメリカン・エキスプレス・コネクト

アメックスを選択すると、海外でのカード利用で永久不滅ポイントが2倍貯まる、「アメリカン・エキスプレス・コネクト」を利用できるといった特典がプラスされます。

また、年会費3,300円の「プレミアム・アメックス」には、最大3,000万円の国内・海外旅行保険と年間100万円までのショッピング保険も付帯します。

旅行保険は「家族特約」付きで、カード会員の家族にも最大1,000万円の旅行保険が適用されます。

家族旅行の際も使えるメインカードとしてしっかり機能してくれるでしょう。

三井ショッピングパークカード《セゾン》のデメリット

メリットも多数ある一方で、三井ショッピングパークカード《セゾン》にはデメリットもあります。

三井ショッピングパークカード《セゾン》のデメリット
  • 通常還元率は0.5%と低め
  • ポイントの利用先が限定的

通常還元率は0.5%と低め

三井ショッピングパークカード《セゾン》は、三井不動産グループの商業施設でこそ2.5%と還元率が高いですが、その他の場所では0.5%とごく普通の還元率です。

年会費無料で還元率が1.0%を超えるカードが世の中にはたくさんあるため、メインカードとしては力不足と言わざるを得ないでしょう。

あくまで三井不動産グループの商業施設で使うサブカードとして持つのがおすすめです。

ポイントの利用先が限定的

三井ショッピングパークカード《セゾン》を三井不動産グループ商業施設で使うと、三井ショッピングパークポイントが貯まります。

このポイントは、三井不動産グループ商業施設でしか使えません。生活環境が変わるなど、三井不動産グループ商業施設を利用しなくなればメリットは半減します。

ただし、同時に貯まる永久不滅ポイントは共通ポイントやマイルへ交換可能です。

三井ショッピングパークポイントカードと比較

三井ショッピングパークポイント

前述した三井不動産グループの商業施設では、クレジット機能のない三井ショッピングパークポイントカードの提示でもポイントが貯まります。こちらも年会費不要です。

クレジット機能付きとどちらがお得なのでしょうか。得られるポイント数を比較しました。

項目三井ショッピングパークカード《セゾン》三井ショッピングパークポイントカード
還元率2.0%1.0%
バースデーポイント100ポイント50ポイント
利用金額25,000円500ポイント250ポイント
50,000円1,000ポイント500ポイント
300,000円9,000ポイント
(うち3,000ポイントはボーナスポイント)
3,000ポイント

三井ショッピングパークカード《セゾン》はクレジット機能のないポイントカードの2倍の還元率なので、貯まるポイントも2倍。バースデーポイントにも2倍の差があります。

さらに、年間30万円以上利用するなら、ボーナスポイントが進呈されるため獲得ポイントが大幅に変わります。

500ポイント貯まるとポイントが利用できるため(&mallでは1ポイントから利用可能)、年間2万5千円以上お買い物するならクレジット機能付きがお得です。

30万円以上の利用が見込めるなら、確実に三井ショッピングパークカード《セゾン》を発行した方がお得でしょう。

三井ショッピングパークカード《セゾン》の審査

三井ショッピングパークカード《セゾン》は、18歳以上で電話連絡可能な方(携帯電話)、かつクレディセゾンが提携する金融機関の銀行口座を持っている方が申し込めます。

三井ショッピングパークカード《セゾン》を含め、クレジットカードの審査基準は各社とも公表していません。

正確な審査基準を知ることはでいませんが、クレジットカードの審査基準は過去の傾向からある程度推測することができます。

三井ショッピングパークカード《セゾン》は発行しやすい?

ネット上に「学生や主婦でも発行できた」という口コミがあること、商業施設と提携して発行するカードであることを踏まえると、比較的発行しやすいカードであることが推察できます。

加えて年会費は無料、申込年齢は18歳以上です。

申込条件に「安定した収入」といった記載がないことからも、本人または家族に収入があり、良好なクレヒスがあれば審査に落ちることは考え難いです。

三井ショッピングパークカード《セゾン》の審査に通るコツ

クレジットカードの審査に関する通説を元に対策をまとめました。

  • 申込フォームはできるだけ埋め、入力ミスをしない
  • 他のクレジットカード・ローンの支払いで遅延・延滞などを起こさない

申込フォームの任意項目も含め、誤りのないように入力することは審査に通るための第一歩です。

「信用」についての審査を行う上で、虚偽の申告は言語道断でしょう。

クレジットカードの審査では、個人信用情報(クレヒス)を参照します。

利用中の他のクレジットカードやスマホ代金の割賦払いなどで延滞の記録があれば審査落ちの要因になり得ます。

くれぐれもカードやローンの支払いは遅れないようにしましょう。

三井ショッピングパークカード《セゾン》でお買い物がお得に!

三井ショッピングパークカード《セゾン》のメリットを踏まえ、おすすめしたい人をまとめました!

三井ショッピングパークカード《セゾン》はこんな人におすすめ!
  • 三井不動産グループ商業施設をよく利用する
  • 三井不動産グループ商業施設で年間30万円以上買い物をするなら絶対発行がおすすめ

三井ショッピングパークカード《セゾン》は入会金・年会費無料なので、発行による大きなデメリットはありません。

維持コスト0円で三井不動産グループの特典を利用できるので、ららぽーとや三井ショッピングパーク、三井アウトレットパークなどを利用する方には確実におすすめです!

特に年間30万円以上利用すれば、3,000円分のボーナスポイントが獲得できる上、スペシャルメンバーとしてさらなる優待が受けられます。

クレジット機能のない三井ショッピングパークポイントカードを持っている人は、今一度三井ショッピングパークカード《セゾン》の方がお得でないか確かめてみてくださいね。