三井住友カード デビュープラスからの切り替えは25歳過ぎたら絶対?

18歳から25歳の方限定の三井住友カード デビュープラスは、若者にうれしいメリットが満載です。年会費は実質無料でポイントは高還元!しかも、いずれはゴールドカードにランクアップが可能です。25歳以下の方なら三井住友カード デビュープラスで決まり!
  • 2021年9月19日
  • 2021年9月19日
三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラスは、18歳~25歳の方限定のクレジットカードです。

コンビニやネットショッピングでのポイント高還元など、若者にうれしい特典が満載ですが、25歳を過ぎると他のカードへの切り替えが必要になります。

しかし、これはステータスカードへの第一歩でもあるのです。

どこで使っても恥ずかしくなく、ポイントが貯まるクレジットカードが欲しいなら、26歳になる前に三井住友カード デビュープラスを申し込みましょう。

ぜひこの記事で三井住友カード デビュープラスの魅力を知ってください。

※本記事の価格は全て税込みです。

学生におすすめのクレジットカード比較表
カード名三井住友カード
デビュープラス
三井住友カードデビュープラス
JCB CARD W
JCB CARD W
エポスカード
エポスカード
三井住友カード
ナンバーレス
三井住友VISAカードナンバーレス
学生専用ライフカード
学生専用ライフカード
セゾンブルー・アメリカン
エキスプレス(R)・カード
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
JALカード navi
(学生専用)
JAL CARD navi
三菱UFJカード
VIASOカード
三菱UFJカード VIASOカード
年会費1,375円
初年度と年1回の利用で無料
無料無料無料無料3,300円
初年度と26歳未満無料
無料無料
還元率1.0%〜3.0%1.0%~5.5%0.5%〜0.5%~5.0%0.5%~1.5%0.5%1.0%〜(マイル)0.5%~10.5%
国際ブランドVISAJCBVISAVISA、MastercardVISA、Mastercard、JCBAmerican ExpressVISA、Mastercard、JCBMastercard
キャンペーン最大5,500円相当
プレゼント
Amazon利用で
最大10,000円
キャッシュバック
2,000円相当のポイント
or クーポンプレゼント
最大5,500円相当
プレゼント
最大10,000円相当
プレゼント
最大7,000円相当
プレゼント
2,000マイル
プレゼント
最大10,000円
キャッシュバック
申込対象18歳〜25歳の学生
高校生は除く
39歳以下18歳以上18歳以上18歳〜25歳の学生
高校生は除く
18歳〜25歳の学生
高校生は除く
18歳〜29歳の学生
高校生は除く
18歳以上
発行スピード最短翌営業日最短3営業日最短即日最短即日最短3営業日最短即日約2週間最短翌営業日
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
矢印

三井住友カード デビュープラスの特徴・基礎知識

三井住友カードデビュープラス

三井住友カード デビュープラス
還元率ポイント1.0%~
マイル0.6%~
年会費初年度無料
2年目以降1,375円
※年1回利用で無料に
家族カード初年度:無料
2年目以降:440円
※前年に1回以上の買物利用があった場合、翌年も無料
旅行保険海外なし
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費550円
※初年度無料
※前年度に1回以上の利用で翌年度無料
電子マネーiD
国際ブランドVISA
発行会社三井住友カード株式会社
発行期間最短翌営業日発行
(カードが届くのは約1週間)

三井住友カード デビュープラスは、18歳~25歳の方限定で申し込めるカードです。

基本の年会費は1,375円ですが、初年度は無料になります。

また、2年目以降も、年に1回でもカードを利用すると翌年の年会費が無料になるので、実質無料で持てるカードです。

通常のポイント還元率が1%と、三井住友カードのプロパーカードの中では高水準です。

いずれはゴールドカードにランクアップできるメリットもあります。(後で詳しく解説します。)

三井住友カード デビュープラスの異常な還元率

T三井住友カード デビュープラスの異常な還元率

三井住友カードをはじめとした銀行系クレジットカードは、信頼性の高さを重視している分、ポイントプログラムはいまいちな場合が多いです。

しかし、三井住友カード デビュープラスは高還元な点もウリです!

三井住友カード デビュープラスのポイントプログラムを詳しく見ていきましょう。

三井住友カード デビュープラスのポイントプログラム
  • ポイント還元率は常に2倍(還元率1%)
  • 入会後3ヶ月はどこでもポイント5倍(還元率2.5%)
  • セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート+マクドナルドで3%還元
  • 選んだお店でポイント+0.5%還元
  • ポイントUPモールで2~10倍貯まる

ポイント還元率は常に2倍(還元率1%)

三井住友カードの多くは、通常200円につき1ポイントしか貯まりませんが、三井住友カード デビュープラスは、200円につき2ポイントが貯まります。

三井住友カードのVポイントは、1ポイント=1円として利用できるので、ポイント還元率は1%です。

三井住友カード デビュープラスは、銀行系クレジットカードの安心感と高還元を兼ね備えたレアなカードと言えます。

入会後3ヶ月はどこでもポイント5倍(還元率2.5%)

三井住友カード デビュープラスに新規入会後3ヶ月間はVポイントが5倍貯まります。

200円につき5ポイントが貯まるので、支出が多いと予想される時期に合わせて入会すると、大量のポイントをゲットすることができますよ。

例えば、大学入学や就職など、新生活の準備で支出が多くなる時期がおすすめです。

高額商品を購入する際や出費が重なる時期に入会して、大量のポイントを獲得しましょう。

コンビニ3社+マクドナルドで3%還元

対象店舗で+2%還元

全国のセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートとマクドナルドで三井住友カード デビュープラスを利用すると、ポイント還元率が3%になります。

通常200円につき2ポイントのところ、対象店舗では6ポイントが貯まるのでお得です。

コンビニやマクドナルドを利用する機会が多い若い世代にとっては、かなり大きなメリットですよね。

注:「入会後3ヶ月ポイント5倍」との併用はできません。入会3ヶ月以内は、本特典のみが適用されます。

選んだお店でポイント+0.5%還元

マツモトキヨシ

対象店舗の中から、自分で選んだ3店舗で三井住友カード デビュープラスを利用すると、還元率が0.5%加算されます。

通常の還元率と合わせると、還元率が1.5%になるのでお得です。

対象店舗は、下記のように、コンビニやスーパー、ドラッグストアなど生活に密着したお店ばかり。全国展開しているメジャーなお店も多いです。

  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート
  • ライフ
  • ヤオコー
  • マツモトキヨシ
  • ココカラファイン
  • すき家
  • モスバーガー

上記以外にも特典の対象になっている店舗がたくさんあるので、利用しやすい店舗を選んで登録してみてください。

ポイントUPモールで最大+9.5%還元

ポイントUPモール

Vポイントの優待サイトであるポイントUPモールを経由すると、さらにポイントが貯まりやすくなります。

ポイントの加算率は店舗によって違いますが、なじみのある楽天市場やYahoo!ショッピングの場合は、0.5%が加算されます。

三井住友カード デビュープラスの通常還元率は1%なので、合わせて1.5%になります。

三井住友カード デビュープラスの通常還元率の高さが、この特典でも活かされますね!

ちなみに、「アマゾンファッション」で利用すると+4%、そのほか「ダイレクトテレショップ」など加算率が+9.5%にもなるサイトも存在します。

25歳過ぎたら切り替えは避けられない?

三井住友カード プライムゴールド

ここまで、三井住友カード デビュープラスがいかに高還元率カードであるかをお伝えしました。

こんなにもメリットがぎっしり詰まった三井住友カード デビュープラスを、持てることならずっと持っていたいですよね。

しかし、三井住友カード デビュープラスは高校生を除く学生でも加入できて、卒業後も引き続き使用できますが、25歳までの年齢制限があります。

26歳からは、違うカードに切り替えなければいけません。

三井住友カード デビュープラスの場合、満26歳になった初めてのカード更新時に、三井住友カード プライムゴールドに自動的に切り替わるシステムになっています。

もちろん、一般カードへ切り替えることも可能ですが、三井住友カード プライムゴールドへの切り替えをやめると、大きなメリットを逃してしまう可能性があります。

どちらのカードに切り替えるかは、これから紹介する「プライムゴールドに切り替えるメリット」をチェックしてから判断してくださいね。

一般カードへの切り替えは、カード有効期限の2ヶ月前までに、カード名義人本人から下記の電話窓口への連絡が必要になります。
FORYOUデスク:0570-200-931
10:00~17:00(12/30~1/3休)

プライムゴールドに切り替えるメリット

メリット

プライムゴールドへの切り替えでネックになるのは、やはり年会費が増額する点でしょう。

プライムゴールドの通常の年会費は5,500円です。

しかし、条件を満たせば2年目以降の年会費を1,650円まで下げられます。

割引適用条件優遇内容優遇後の年会費
①WEB明細の利用1,100円割引4,400円
②マイ・ペイすリボ申込み+利用2,750円(半額)割引2,750円
③前年度利用累計金額100万円以上300万円未満1,100円(20%)割引4,400円
300万円以上2,750円(半額)割引2,750円
①②または①③の併用最大3,850円割引1,650円

三井住友カード デビュープラスのように、実質無料とまではいきませんが、かなりの割引率です。

また、プライムゴールドで受けられるメリットを知ると、1,650円の年会費が安く感じるかも知れません。

プライムゴールドで受けられるメリット

三井住友カード ゴールド

プライムゴールドに切り替えると、以下のようなメリットがあります。

  • 三井住友カード ゴールドにランクアップできる
  • 国内の空港ラウンジを無料で利用できる
  • 一流ホテル・一流旅館の宿泊優待
  • 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険
  • 最高300万円のショッピング補償

プライムゴールドに切り替える一番大きなメリットは、三井住友カード ゴールドにランクアップできることです。

プライムゴールドは、満20歳以上30歳未満の方しか持てないカードなので、満30歳以降の初めての更新時に三井住友カード ゴールドに切り替わります。

ステータスの高い三井住友カード ゴールドは、審査が厳しめなので「高嶺の花」と感じている方もいるでしょう。

しかし、プライムゴールドからは自動的にランクアップができます。

三井住友カード デビュープラスからプライムゴールドへ切り替えておくと、最終的には憧れの三井住友カード ゴールドが手に入るのです。

それでもやはりプライムゴールドの1,650円の年会費が気になる方は、プライムゴールドの付帯特典をチェックしてみてください。

実は、カードのランクこそ違いますが、プライムゴールドには三井住友カード ゴールドと同等の特典が付帯しているのです。

「26歳からゴールドカードを利用できる」と考えれば、年会費1,650円は決して高くはありません。

三井住友カード デビュープラスのデメリット

デメリット

三井住友カード デビュープラスには、以下のようなデメリットもあります。

三井住友カード デビュープラスのデメリット
  • 26歳以上の人は申し込めない
  • 旅行保険が付帯していない

26歳以上の人は申し込めない

三井住友カード デビュープラスに申し込めるのは、25歳までです。

三井住友カード デビュープラスは、ターゲットを若者に絞って充実したサービスを提供しているカードなので、年齢制限があるのは仕方のないことです。

26歳以上の方は、三井住友カードの一般カードへの入会も検討してみましょう。

年会費は一般より高いですが、収入に余裕がある方はプライムゴールドへの入会という手もありますね。

旅行保険が付帯していない

三井住友カード デビュープラスには、旅行保険が付帯していません

旅行に持っていけるカードを探している方には不向きなカードです。

しかし、その分ポイントプログラムが充実しているので、三井住友カード デビュープラスは、ポイントを貯めるカードとして割り切って使うのがおすすめです。

旅行に行く際には別途保険に加入するか、旅行保険が付帯しているデビュープラス以外のカードも保有して、万が一のアクシデントに備えておきましょう。

三井住友カード デビュープラスの審査

三井住友カード プライムゴールド 入会審査

三井住友カード デビュープラスの魅力を知ったところで、気になるのが審査基準ですよね。

三井住友カード デビュープラスの審査基準は公開されていませんが、受かった方の口コミや属性から審査基準を予想してみたいと思います。

三井住友カード デビュープラスの審査基準

三井住友カード デビュープラスの申し込み条件は、以下の通りです。

満18歳~25歳までの方(高校生は除く)

引用元:三井住友カード デビュープラス|三井住友VISAカード

三井住友カード デビュープラスの審査では、年収や信用情報などから支払い能力があるかどうかを厳しくチェックされると考えられます。

しかし、年収については、若い世代をターゲットにしている以上、そう高い水準は求められないのではないかと予想されます。

収入の高さよりも、注意したいのは信用情報です。

過去にカードローンやクレジットカードの支払いが遅れたことがあると、信用情報に傷がついて、審査に不利に働くことがあります。

携帯電話料金の支払いも審査に影響を与えることがあります。

遅延や延滞がないように、普段から気を付けておきましょう。

三井住友カード デビュープラスの審査に受かるコツ

ポイント

「こうすれば絶対に受かる」ものではありませんが、審査に受かりやすくなるちょっとしたコツを紹介します。

  • 正確な情報を入力する
  • キャッシング枠は0円で申し込む
  • 多重申し込みをしない

三井住友カード デビュープラスに申し込む際には、正確な情報を入力しましょう。

特に、借り入れ状況など審査に大きく影響する項目は注意が必要です。

たとえうっかりミスであっても審査に不利になります。

また、キャッシング枠の審査はショッピング枠に比べて厳しく審査される傾向があるので、申し込み時には0円にしておくことをおすすめします。

同時期に複数のクレジットカードを申し込んでいると、お金に困っていると疑われて審査に不利になってしまいます。

すでに他のカードに申し込んでいる場合は、あくまでも目安ですが6ヶ月ほど期間を空けてから三井住友カード デビュープラスに申し込むようにしましょう。

三井住友カード デビュープラス(学生)との違い

女性グループ

18歳~25歳かつ学生の方は、三井住友カード デビュープラス(学生)という選択肢もあります。

2枚にはどのような違いがあるのでしょうか。

項目三井住友カード デビュープラス三井住友カード デビュープラス(学生)
年会費初年度無料
2年目以降1,375円(年1回利用で無料)
総利用枠10~80万円10〜30万円
キャッシング枠0~50万円0~5万円
26歳以降三井住友カード プライムゴールドへ切り替え

両者に違いはほとんどありません。還元率やポイントアップサービス、年会費無料の条件や26歳以降の切り替えも全く同じです。

学生用カードには珍しく、家族カードも付帯できます。

大きく異なるのは利用枠。上記のように上限額が大きく異なります。

また、審査難易度にも差があるでしょう。学生用カードは収入が少ない学生向けに発行しているため、発行しやすいと思われます。

そのため、審査に通るか不安、カードの使いすぎが心配という学生の方は、三井住友カード デビュープラス(学生)へ申込みましょう。

三井住友カード デビュープラスがおすすめなのはこんな方

スマホを持った女性

三井住友カード デビュープラスがおすすめな方
  • 初めてクレジットカードを持つ方
  • いずれはゴールドカードを持ちたい方
  • ネットショッピングが多い方
  • コンビニの利用が多い方
  • 大学入学や就職などで新生活を始める方

三井住友カード デビュープラスは、初めてクレジットカードを持つ方におすすめのカードです。

セキュリティ対策が万全なので、クレジットカードを持つのが少し怖いと感じている方でも安心して利用できます。

コンビニやネットショッピングで利用するとポイントがザクザク貯まるメリットもあります!

いずれはゴールドカードを手にしたいと思っている方は、三井住友カード デビュープラスから始めると、ゴールドカードへの近道になるでしょう。

三井住友カード デビュープラスのメリット
  • 最短5分の即時発行
    最短5分でカード番号を表示、 Apple PayやGoogle Payですぐに使える
  • 最高100万円のショッピング補償
    購入日および購入日の翌日から200日間、最高100万円まで補償
  • 利用額に応じたボーナスポイント
    5万円以上の利用で50ポイント、10万円以上で100ポイントがもらえる

安心と信頼の三井住友カード