三井住友VISAカードでゴールドカードを比較|もっともお得な1枚はこれ!

三井住友VISAゴールドカード

三井住友カードVISAカード(ゴールドカード)

三井住友VISAゴールドカードの基本情報と特徴はこちら。

項目内容
初年度年会費無料
次年度以降年会費10,000円+税
ポイント還元率0.5%~2.5%
対応ブランドVISA/MasterCard
  • 原則30歳以上が対象
  • 旅行傷害保険付帯、補償は最大5,000万円(自動付帯1,000万円+利用付帯4,000万円)
  • 空港ラウンジの無料利用
  • 総利用枠は最大200万円
  • 一流ホテルや旅館の優待サービス(Relux)
  • ゴールドデスク
  • ドクターコール24

30歳以上向けのゴールドカード

30歳以降は、プライムゴールドに申し込むことができません。三井住友VISAゴールドカードが対象となります。

年会費は5,000円ほどアップしますが、こちらもプライムゴールド同様、年会費割引がいくつか用意されています。

三井住友VISAクラシックカードからランクアップも

三井住友VISAゴールドカードを持つ方法は、2通りあります。

  • 入会を直接申し込む
  • 下位カードを利用し、インビテーションを受け取る

難易度は前者のほうが高く、後者の審査通過率はほぼ100%とも言われています。

最初からゴールドカードを申し込むことも可能ですが、銀行系クレジットカードかつ三井住友VISAのプロパーカードなので、審査は厳しいものになると考えてください。

そこで、三井住友VISAクラシックカードを利用し、三井住友VISAゴールドカードにランクアップさせるのも手です。

三井住友VISAプライムゴールド会員が30歳になったら、最初の更新で自動的に三井住友VISAゴールドカードに切り替えられます。

ゴールド特典その他サービスはプライムゴールドと同じ

サービス内容はプライムゴールドと変わりありません。

プライムゴールドがいかにコストパフォーマンスに優れたカードかということがわかりますね。

30歳以上は三井住友VISAゴールドカード!
  • 原則30歳以上が持てるクレジットカード
  • サービス内容はプライムゴールドと同じ
  • 直接申し込むより下位カードからのランクアップを目指すのが吉
ゴールドカードのステータスランキング|女性にモテるのはコレ!

次のページではさらに上位に位置する三井住友VISAプラチナカードを徹底解剖します!