三井住友VISAカードでゴールドカードを比較|もっともお得な1枚はこれ!

三井住友VISAプラチナカード

画像引用元:VISA 三井住友VISAカード x 価格.com限定 特別タイアップキャンペーン | クレジットカードの三井住友VISAカード

三井住友VISAプラチナカードの基本情報は以下の通りです。

項目内容
初年度年会費50,000円+税
次年度以降年会費50,000円+税
ポイント還元率0.5%~2.5%
対応ブランドVISA/MasterCard

年会費54,000円でも圧倒的なクオリティのサービス!

三井住友VISAプラチナカードは、まず年会費が54,000円とゴールドカードの5倍

その分利用できるサービスも圧倒的に高いクオリティであることは間違いなく、利用することで高い満足度が得られるでしょう。

そのサービスは多岐に渡り、旅行・メモリアル・ライフスタイルなど、さまざまな場面でワンランク上のサービスを体験できます。

きめ細やかな旅行サービス

三井住友VISAプラチナカードには、以下のような旅行に関するサービスが付帯されています。

  • 空港ラウンジサービス(プライオリティ・パスが年会費無料)
  • コンシェルジュサービス(24時間・年中無休の予約案内)
  • 旅行傷害保険(国内・海外ともに最大1億円補償、自動付帯)
  • プラチナホテルズ(国内約10のホテルのスイートルームが50%OFF)
  • Visaプラチナ空港宅配
  • Visaプラチナ海外Wi-Fiレンタル
  • 国際線手荷物無料宅配
  • 空港クローク優待サービス
  • 海外用携帯電話・WiFiレンタルサービス
  • Visaプラチナ 空港送迎ハイヤー(成田or羽田空港〜自宅間の送迎サービス)

無料で利用できるもの、優待価格で利用できるものがありますが、どのサービスも旅行の心強い手助けになってくれることは間違いありません。

ファースト・ビジネスクラスの乗客やマイレージ上級会員が利用する空港ラウンジが無料で利用できるなど、ワンランク上の旅行が楽しめるでしょう。

特別なメモリアルをおもてなし

三井住友VISAプラチナカードなら、家族や大切な人との特別な瞬間を素敵に彩ってくれます。

  • プラチナグルメクーポン(特定のレストランでのコース料理(2名以上で利用した場合)が1名無料になる)
  • プラチナワインコンシェルジュ(田崎真也氏厳選のワインを特別販売)
  • 宝塚歌劇SS席の優待販売
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™ ユニバーサル・エクスプレス™・パス(1日1枚進呈!)
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™ 三井住友カード ラウンジサービス
  • プラチナオファー(会員限定のイベントやプロモーションへのオファー)

グルメや観劇、エンタメなど、さまざまな場面でプラチナカードが役立つでしょう。

MasterCardのみ、Visaのみといったサービスもあるため、受けたいサービスを基準に国際ブランドを選ぶもの良いかもしれません。

ワンランク上のライフスタイルを!

三井住友VISAプラチナカードがあれば、日常生活においても嬉しい特典が盛りだくさん!

  • ワールドプレゼントのポイント有効期間が4年に
  • 6ヵ月間のカード利用額計50万円以上ならその金額の0.5%相当額がキャッシュバック
  • 名医によるセカンドオピニオンサービス

ポイントの有効期限が長く有効活用しやすい、一定の金額以上利用すれば年2回VJAギフトカードにてキャッシュバックを受けられるなど、高い年会費以上の価値を実感できると思います。

三井住友VISAゴールドカードからランクアップも

三井住友VISAプラチナカードも直接申し込むことは可能ですが、ゴールドカード以上に求められる収入額や信用情報が高いレベルになります。

一方、三井住友VISAゴールドカードを利用することでインビテーションを受け取れて、三井住友VISAプラチナカードにランクアップすることもできます。

やはり高いステータスを誇るプラチナカードを手にしたいということであれば、下位カードをコツコツと利用し続けることが大切なのかもしれません。

インビテーションをもらうためにも、支払いの滞納など事故を起こさないようにしましょう。

一流のサービスを保証!三井住友VISAプラチナカード
  • 年会費は高額
  • 旅行のあらゆる場面を手厚くサポート
  • グルメやワイン、エンタメなどワンランク上のサービスが充実している
  • 三井住友ゴールドカードからランクアップが可能

あなたに合った三井住友VISAカードを選ぼう!

三井住友VISAカードには、2種類のゴールドカードと1種類のプラチナカードがあります。

2枚のゴールドカードの違いは、申し込み可能な年齢と年会費です。

さらに上位のプラチナカードに関しては、年会費が飛び抜けて高くかなりハイグレードなサービスが受けられます

一方でどのカードもポイント還元率は一律ですが、ポイントの有効期限がプラチナカードは少し長く設定されています。

このように3枚を比べても一長一短あり、どれがおすすめとは一概に言えません。あなたに合ったカードを選ぶことが大切です

ただし、どのカードも申し込めば簡単に持てるカードではありません。

よりステータスの高いカードを持つことを目指すのであれば、一般カードや20歳台からプライムカードをコツコツと使い続けることが大切と言えそうです。

利用実績や年収、信用情報がクリアな人はインビテーションが届く日が来ると思うので、三井住友VISAゴールドカード・プラチナカードを目指してみてはいかがでしょうか。

三井住友VISAカードの選び方|特徴やメリットから最適な1枚を見つける