ゴールドカードおすすめランキング

三井住友カード ゴールドの年会費はいくら?初年度無料は可能か否か

三井住友カード ゴールド。ワンランク上の毎日を。充実の補償。インターネット入会で初年度年会費無料。旅行保険やショッピング補償が充実。空港ラウンジサービスあり

三井住友カード ゴールドの年会費は11,000円(税込)です。

初年度年会費無料特典年会費割引特典を活用することでお得に利用できます。

しかし、申し込み方法によっては初年度年会費無料にならないケースもあるので少し調べてから発行するのがおすすめです。

この記事では三井住友カード ゴールドの年会費に関するすべてを紹介します!

三井住友カード ゴールドにする理由|信頼性・ステータス抜群
三井住友カード ゴールドの年会費を徹底解説
  • 三井住友カード ゴールドの年会費は11,000円(税込)
  • インターネットから申し込み、発行で初年度年会費無料
  • 郵送での申し込みの場合、初年度から年会費がかかる
  • 2年目以降も年会費最大6,600円割引特典あり

三井住友カード ゴールドの年会費はいくら?

三井住友カード ゴールド

三井住友カード ゴールドの通常年会費は11,000円(税込)です。

ただし初年度年会費特典や、年会費割引特典があります。

この章では、家族カードやETCカードの年会費もあわせて解説します。

本会員の年会費は11,000円(税込)

三井住友カード ゴールドの年会費はインターネットからの申し込みで初年度年会費無料です。

後ほど詳しく解説しますが、“インターネットからの申し込みで”というのが大切です。

郵送で申し込んだ場合は初年度から年会費が発生するので注意しましょう。

2年目以降はインターネットから申し込んだ方も含め年会費11,000円(税込)がかかります。

ゴールドカードとしては一般的な値段ですが、三井住友カードの1,375円(税込)と比べるとその差は歴然。

しかし、三井住友カード ゴールドには年会費割引特典があり、最大6,600円引きにできます。

年会費割引特典で最大6,600円割引

三井住友カード ゴールドの通常年会費は11,000円(税込)ですが、下記の表のように条件を達成することで年会費割引が適用されます。

条件年会費割引
①WEB明細サービスに登録し年6回以上の請求履歴1,000円割引
②マイペイすリボ(リボ払い)に登録し年1回以上利用50%割引
③前年度利用額が100万円以上300万円未満20%割引
④前年度利用額が300万円以上50%割引

上記の①〜④のうち、①のみ他の条件と重複して割引が適用できます。

つまり下記の表のように達成した条件によって支払う年会費が変化していくということです。

条件達成割引後年会費
①のみ9,900円(税込)
②のみ5,500円(税込)
③のみ8,800円(税込)
④のみ5,500円(税込)
①+②4,400円(税込)
①+③7,700円(税込)
①+④4,400円(税込)

④の年間利用額300万円は、月平均25万円以上のカード利用が必要なのでハードルが高いかもしれません。

しかし、①+②なら利用額が少なくても達成可能です。

マイ・ペイすリボ利用時の注意点

年会費を4,400円(税込)まで下げるには、『マイ・ペイすリボ』というリボ払いサービス利用という条件をクリアする必要があります。

マイ・ペイすリボとは、毎月の支払い金額を設定し、設定した金額以上利用した場合は翌月以降に請求が繰り越されるサービスです。

つまり、マイ・ペイすリボを設定すると、請求金額が一定になります。

一見便利なサービスですが、繰り越された分には年率15%の利息(手数料)が発生するので注意が必要です!

手数料を発生させないためには、設定金額をカード限度額にしておくという手があります。

例えば、リボ支払い金額を50万円に設定した場合、カード利用額が50万円以下なら一括払いと何ら変わりません。

翌月に繰り越される金額は0円となり、手数料も発生しないのです。

それでも年会費割引の条件である②マイペイすリボ(リボ払い)に登録し年1回以上利用という条件を達成したことになるので、カード年会費は半額になります。

2021年2月以降から規約変更があるので注意!

マイ・ペイすリボを手数料無料で利用する方法を紹介しましたが、2021年2月以降に支払う年会費には前述の方法は利用できなくなります

規約の変更によって、下記のように年会費割引の条件が変わるからです。

  • 改定前:マイペイすリボ(リボ払い)に登録し年1回以上利用
  • 改定後:マイペイすリボ(リボ払い)に登録し年1回以上のリボ払い手数料の発生

要するに「リボ払い手数料の支払いが年会費割引の条件」ということですね。

条件達成で年会費50%OFFという点は変わらないのですが、支払うリボ払い手数料の方が大きくなってしまっては本末転倒です。

マイ・ペイすリボを利用して年会費割引特典を受けるためには、しっかりとリボ払いについて理解し、手数料を計算した上で利用することが大切です。

家族カード会員の年会費は1人目は初年度年会費無料

三井住友カード ゴールドの家族カードは1人目(1枚目)は初年度年会費無料です。

翌年度以降の年会費は1,100円(税込)です。

ただし、家族カードでの買物利用回数が年3回以上の場合は翌年度も無料になります。

2人目(2枚目)の家族カード会員は初年度から年会費1,100円(税込)です。

表にまとめると下記の通りです。

項目1人目2人目以降
初年度年会費無料1,100円(税込)
2年目以降年会費1,100円(税込)
ただし前年にカード利用3回以上で無料
1,100円(税込)

三井住友カード ゴールドの家族カードは、生計を共にする配偶者、満18歳以上(学生を除く)の方が発行できます。

通常三井住友カード ゴールドは30歳以上の方しか発行できませんが、家族カードなら30歳未満の人も持つことができます。

また、家族カードであっても三井住友カード ゴールドの特典である海外旅行保険や空港ラウンジ無料特典ができるため、ベネフィットは大きいですね。

ETCカードの年会費は初年度年会費無料

ETCカードの年会費は初年度無料、2年目以降も年1回以上のETC利用で年会費無料になります。

ETCカードの通常年会費は550円(税込)ですが、車を利用し高速道路を利用する人にとっては実質年会費無料と考えてよいでしょう。

次の章では『三井住友カード ゴールド年会費を初年度無料にする方法』と『三井住友カード ゴールド年会費が初年度無料にならないケース』、そして『三井住友カード ゴールドは発行するべき?』を詳しく解説していきます。

三井住友カード ゴールドの年会費を初年度無料にする方法

三井住友カード ゴールド

三井住友カード ゴールドを初年度年会費無料で発行するにはインターネットからの申し込みが必須です。

「三井住友カードからアップグレードする場合も無料?」
「三井住友カード プライムゴールドからの自動切り替え時も無料?」
「インビテーションで申し込む場合も無料?」

さまざまな疑問があると思いますが、公式にメールして確認したので、詳しく解説します。

インターネットからの申し込みで初年度無料

三井住友カード ゴールドはインターネットから申し込み、発行すると初年度年会費が無料になります。

  • 三井住友カード ゴールドの申し込み
  • 下位カードから三井住友カード ゴールドへのアップグレード
  • 三井住友カード プライムゴールドからの自動切り替え

いずれのパターンでも、インターネットからの申し込みであれば三井住友カード ゴールドの年会費は初年度無料になります。

ゴールドカードを検討する際悩むポイントは、年会費が大きく上がるところですよね。

「ゴールドカードを持ってみたい」という方は一度試しにインターネットから申し込み、初年度無料で発行して使ってみましょう。

インビテーションで発行する場合は?

三井住友カード ゴールドの下位カードを利用していると、三井住友カード ゴールドへのインビテーション(招待状)が届くことがあります。

以下の3種類のカードを持っている人には、三井住友カード ゴールドへのインビテーションが届く可能性があります。

  • 三井住友カード
  • 三井住友カードA
  • 三井住友カード アミティエ

インビテーションで申し込んだ場合も三井住友カード ゴールドの初年度年会費は無料になります。

インビテーションは、カード会社側から「ゴールドカードを発行しませんか?」というお誘いです。

そのため、自分から申し込むよりも審査に通過する確率がグッと上がります。

ゴールドカードの必要性を感じていなくても、試しに発行してみて使い心地を実感してみるのも一案ですよ。

三井住友カード ゴールド年会費が初年度無料にならないケース

不安な顔をする女性

インターネットからの申し込みでは初年度年会費が無料になります。

しかし、郵送で三井住友カード ゴールドを申し込んだ場合は初年度年会費無料特典はありませんので注意しましょう!

紙の申し込み書で三井住友カード ゴールドを発行した場合

三井住友カード ゴールドの申込書は、公式サイトから取り寄せることができます。

その申込書に必要事項を記入して返送し、審査に通過すれば三井住友カード ゴールドを発行することができます。

新規発行の場合もアップグレードの場合も、郵送で発行すると初年度年会費無料特典はなく、通常年会費11,000円(税込)が発生します。

さらに年会費割引特典も適用されません

特別な理由がない限り、インターネットでの申し込みをおすすめします。

三井住友カード ゴールドは発行するべき?

クレジットカード選びに悩む男性

ここまでの内容をまとめると、三井住友カード ゴールドはアップグレードでもカード切り替えでもインターネットから申し込み・発行することで、初年度年会費が無料となります。

まずは初年度無料特典を使って試しに使ってみよう

空港ラウンジの利用サービス特典や旅行傷害保険が付くゴールドカードを無料で利用できるのはお得です。

1年間利用して「そんなに必要ないな」と感じたらカード更新前に解約すれば2年目以降のカード年会費は発生しません。

三井住友カードにダウングレードすることもできます。

一回使ってみることが自分に合っているかどうかを確認できる確かな方法です。

2年目以降は年会費割引特典を利用しよう

私も三井住友カード ゴールドを利用していますが、年会費割引サービスがある点が他のゴールドカードと大きく異なると思います。

年会費11,000円(税込)は月額にすると約920円。大きな負担ではありませんが、年会費は安ければ安いほど嬉しいですよね。

前述しましたが、三井住友カード ゴールドには年会費割引特典があります。

最大6,600円割引で、カード年会費は4,400円(税込)まで抑えることができます。

4,400円(税込)だと月額は約370円なので、かなりハードルが下がります。

特典利用で年会費の元を取ろう

年会費の金額は、クレジットカードの特典の大小を表すとも言われています。

下位カードである三井住友カードとの大きな違いとして、以下の特典があります。

  • 空港ラウンジ無料利用特典
  • 最高5,000万円の海外旅行傷害保険
  • 健康相談ができる『ドクターコール24』
  • ホテル・旅館が他サイトより5〜7%安く利用できる『Relux』

三井住友カード ゴールドなら、国内の主要空港ラウンジとハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港の空港ラウンジが何度でも無料で利用できます

空港ラウンジの一般利用料金は、1回1,100円程度。出張や旅行で空港を頻繁に利用する人なら、カード年会費以上の価値が得られる可能性があります。

年会費割引特典活用した場合、年間たった4回空港ラウンジを利用すると、十分年会費の元がとれます。

他にも、海外旅行に行くたびに海外旅行傷害保険に加入すると保険料がかかりますが、三井住友カード ゴールドを持っていればその保険料分得したと考えることもできます。

年会費以上のポイントを貯めよう

三井住友カード ゴールドは、通常1,000円ごとに1ポイント(5円相当の価値)が貯まる還元率0.5%のカードです。

ポイント還元率は高いとは言えませんが、以下のようなポイントボーナス特典もあります。

  • ポイントUPモールでポイント2〜20倍
  • 『ココイコ!』エントリーでポイントボーナス
  • コンビニ3社とマクドナルドでいつでもポイント5倍

『ポイントUPモール』を経由してAmazon、楽天市場などの大手ネットショップを利用すれば、いつでもポイントが2倍(還元率1.0%)以上になります。

『ココイコ!』ではビッグカメラや東急ハンズなどのお店でポイント2倍(還元率1.0%)以上

さらにセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドではなんと常時ポイント5倍(還元率2.5%)です。

このようなポイント特典を意識して利用することで、年会費分のポイントゲットも不可能ではありません。

インターネットから申し込んで「試しに発行」がおすすめ

mv

本記事では、三井住友カード ゴールドの年会費について詳しくまとめました。

三井住友カード ゴールドの年会費を徹底解説
  • カード年会費は11,000円(税込)
  • インターネットから申し込み、発行で初年度年会費無料
  • 紙の申込書からの発行では初年度年会費無料特典は無いので注意
  • 2年目以降も年会費最大6,600円割引特典あり

繰り返しになりますが、三井住友カード ゴールドは、インターネットから申し込んで発行すれば無条件で初年度年会費が無料になります。

そのため発行を検討している人には、1度発行して使ってみることをおすすめします。

発行して利用し、「来年も更新するか?しないか?」ということを考えればよいでしょう。

やはり年会費11,000円は高いと感じれば、年会費割引特典を活用するのも手です。

年会費を賢く抑え、三井住友カード ゴールドを利用してみましょう。

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定