MUFGカード ゴールドで無料利用できる空港ラウンジ一覧と利用方法

MUFGカード ゴールドは年会費が安く、長く使えば使うほどお得にポイントが貯まるクレジットカードとして人気があります。

年会費が安いとは言え、保険サービスや空港ラウンジの無料利用などゴールドカード特有のサービスをしっかりと利用することができるので、費用対効果の高いゴールドカードでもあります。

そこで今回は、MUFGカード ゴールドで利用できる空港ラウンジのサービスについて詳しく解説していきます。

MUFGカード ゴールドで利用できる空港ラウンジ
  • 無料で国内・ハワイの空港のラウンジが使える
  • MUFGカード ゴールドと搭乗券があれば利用可能
  • 同伴者も1,000円程度で利用できる
  • 混雑・貸切時には利用できない場合もあるので注意
  • 利用できるサービスはソフトドリンクと雑誌・新聞の閲覧など

無料で利用できるラウンジがある空港一覧や、利用方法、注意点について紹介していくので、参考にしてくださいね。

トップ画像引用元:MUFGカード ゴールド|クレジットカードなら三菱UFJニコス

MUFGカード ゴールドで使える空港ラウンジ

MUFGカード ゴールドは、年会費の安いゴールドカードとして定評があります。

年会費が安い=サービスが充実していないというイメージがあるかもしれませんが、MUFGカード ゴールドにも空港ラウンジ無料利用特典がついています。

この章ではMUFGカード ゴールドで使える空港ラウンジの一覧や、利用方法などについて解説していきます。

利用可能な空港一覧

MUFGカード ゴールドで利用できる空港ラウンジは以下の通りです。

  • 新千歳空港「ノースラウンジ」
  • 成田国際空港「IASS Executive Lounge1」「IASS Executive Lounge2」
  • 羽田空港 国際線旅客ターミナル「SKY LOUNGE/SKY LOUNGE ANNEX」
  • 中部国際空港「プレミアムラウンジ セントレア/第2プレミアムラウンジ セントレア」
  • 関西国際空港「カードメンバーズラウンジ六甲/金剛/比叡/アネックス六甲」
  • 福岡空港「くつろぎのラウンジTIME/ラウンジTIMEインターナショナル」
  • ダニエル・K・イノウエ国際(ホノルル)「IASS HAWAII LOUNGE」

MUFGカード ゴールドでは、これら6箇所の国内空港とハワイの空港のラウンジが利用できます。

いずれも利用できるのは国際線のみなので気をつけてください。

新千歳空港

ノースラウンジ

画像引用元:ラウンジ(国内線)-施設・サービス | 新千歳空港ターミナルビル

新千歳空港では、MUFGカード ゴールドの提示で「ノースラウンジ」を利用できます。

項目詳細
場所国際線ターミナルビル4F
営業時間7:30~21:00(年中無休)
席数禁煙席122席
喫煙席12席
同伴者料金1,100円(13歳以下無料)
主なサービス内容ソフトドリンク/新聞・雑誌/公衆無線LAN/コピー・FAX・プリンター

成田国際空港

IASS

画像引用元:IASS エグゼクティブ ラウンジ1・ラウンジ2 | ラウンジ事業 | IASS 株式会社アイ・エー・エス・エス

成田国際空港では、「IASS Executive Lounge1」または「IASS Executive Lounge2」のいずれかが利用できます。

項目IASS Executive Lounge1IASS Executive Lounge2
場所第1旅客ターミナル
中央ビル5階
(一般区域)
第2旅客ターミナル
本館4階
(一般区域)
営業時間7:00〜21:00(年中無休)
席数78席81席
同伴者料金13歳以上:ラウンジで要確認
4歳〜12歳:500円
3歳以下:無料
主なサービス内容無料ドリンク/アルコール類(1人1杯まで無料)/フライト情報/新聞・週刊誌/FAX/無線LAN/パソコン貸し出し

羽田空港 国際線旅客ターミナル

羽田スカイラウンジ

画像引用元:ラウンジ・有料待合室・会議室 | 羽田空港国際線旅客ターミナル

羽田空港では、国際線旅客ターミナルにある「SKY LOUNGE」および「SKY LOUNGE ANNEX」を利用できます。

項目SKY LOUNGE ※SKY LOUNGE ANNEX ※
場所出国後エリア4階
ラウンジ(中央)
出国後エリア4階
ラウンジ(北)
営業時間24時間7:00〜25:00
席数不明
同伴者料金1,050円(税込)/人
4歳以上13歳未満530円(税込)
4歳未満無料
主なサービス内容ソフトドリンク/新聞・雑誌/フライトインフォメーション/無線LAN
※2020年10月31日(土)をもって利用終了予定

中部国際空港

セントレア

画像引用元:プレミアムラウンジ セントレア – ラウンジ | 中部国際空港 セントレア

中部国際空港では「プレミアムラウンジ セントレア」および「第2プレミアムラウンジ セントレア」が利用できます。

項目プレミアムラウンジ セントレア第2プレミアムラウンジ セントレア
場所第1ターミナル3階 出発ロビー
営業時間7:00〜20:45(年中無休)7:20〜20:30(年中無休)
席数不明
同伴者料金18歳以上:1,250円
13歳以上17歳以下:1,250円
12歳以下:無料
主なサービス内容ドリンクサービス(アルコール類を含む)/おつまみ/無料Wi-Fi/雑誌・新聞紙・絵本/フライトインフォメーション
喫煙コーナー
ドリンクサービス(アルコール類を含む)/おつまみ/無線・有線LAN/雑誌・新聞紙・絵本/フライトインフォメーション/喫煙ルーム(ラウンジ内に4席)

関西国際空港

比叡

画像引用元:カード会社メンバーズラウンジ | 関西国際空港

関西国際空港では、カードメンバーズラウンジ「六甲」「金剛」「比叡」「アネックス六甲」が利用できます。

項目六甲金剛アネックス六甲比叡
場所第1ターミナル
北ウイング
12番ゲート前
第1ターミナル
南ウイング
29番ゲート前
第1ターミナル
北ウイング
中間駅降りてすぐ
第1ターミナル
3F北
※一般エリア(制限区域外)
営業時間7:30~22:308:00~21:007:30〜22:00
席数不明(全席禁煙)不明
同伴者料金ラウンジで要確認(小学生未満無料)
主なサービス内容ソフトドリンク/新聞・雑誌/無線LANソフトドリンク/新聞・雑誌/無線LAN/有線LANソフトドリンク/新聞・雑誌/無線LAN

福岡空港

TIMEインターナショナル

画像引用元:福岡空港

福岡空港では、「くつろぎのラウンジTIME」と「ラウンジTIMEインターナショナル」が利用できます。

項目くつろぎのラウンジTIMEラウンジTIMEインターナショナル
場所国内線旅客ターミナルビル北1F国際線3F 搭乗待合室56番ゲート付近
営業時間6:30〜20:30(年中無休)出国審査開始時間〜21:00(年中無休)
席数禁煙133席
喫煙13席
全席禁煙70席
同伴者料金ラウンジで要確認(3歳未満無料)
主なサービス内容フリーソフトドリンク又はビール1本(選択制)/小菓子提供/ビジネスコーナー/フライトインフォメーション/無線LANサービス/新聞・雑誌/ラウンジ専用化粧室フリーソフトドリンク/小菓子提供/フライトインフォメーション/無線LANサービス/新聞・雑誌/ラウンジ専用化粧室

ダニエル・K・イノウエ国際(ホノルル)

IASS ハワイ ラウンジ

画像引用元:IASS ハワイ ラウンジ | ラウンジ事業 | IASS 株式会社アイ・エー・エス・エス

ダニエル・K・イノウエ国際空港では「IASS HAWAII LOUNGE」が利用できます。

項目詳細
場所ターミナル2
1階ガーデンコート(保安区域内)
※旧ホノルル国際空港
営業時間7:30~18:00(年中無休)
※13:30~14:00 閉室
席数60席
同伴者料金大人:ラウンジで要確認
子ども(4歳~12歳):6USドル
3歳以下:無料
主なサービス内容無料ドリンク(ソフトドリンクのみ)/フライト情報/新聞・週刊誌/無線LAN/パソコン貸し出し

MUFGカード ゴールドによる空港ラウンジの利用方法

海外旅行

次に、空港ラウンジの利用方法について解説していきます。

MUFGカード ゴールドを使ってどのように利用するのか、必要なものは何かなど詳しく説明するので、ぜひチェックしてください。

空港ラウンジを使う時に必要なもの

ラウンジの利用に必要なものは2つです。

  • MUFGカード ゴールド
  • 当日の搭乗券または航空券

利用方法でも解説しますが、これら2つはラウンジの受付で掲示する必要があるので必ず持参してください。

出発前にMUFGカード ゴールドを持っているか、しっかり確認しましょう。

空港ラウンジの利用は簡単!

ラウンジの使い方は非常に簡単です。

  1. ラウンジに行く
  2. MUFGカード ゴールドと当日の搭乗券または航空券を掲示する

まずはMUFGカード ゴールドで使えるラウンジに行きます。

入り口付近に利用できるゴールドカードの一覧があるため、MUFGカード ゴールドが掲載されているか確認しましょう。

後述しますが、多くの空港には複数のラウンジがあるため、利用できるラウンジを間違えやすいです。

そして、入り口のスタッフにMUFG カードゴールドと当日の搭乗券または航空券を掲示してください。

利用できるタイミングは手荷物検査前または到着後

MUFGカード ゴールドで空港ラウンジが利用できるのは、手荷物検査前または到着後のみです。

出発前、手荷物検査を済ませてしまうと来た道を戻ることができません。

空港ラウンジを利用する予定なら、行程を確認しながら行動することが大切です。

MUFGカード ゴールドで空港ラウンジを使う時の注意点

次にMUFGカード ゴールドでラウンジを使う時の注意点について解説していきます。

MUFGカード ゴールドでは、クレジットカード会社が提供するラウンジを利用できます。

航空会社が運営する空港ラウンジではありません

大きな空港には空港ラウンジがいくつもあります。利用できるラウンジを事前にしっかりチェックしましょう。

次の章では、MUFGカード ゴールドのラウンジを使う注意点の続きとその他の特典について解説します。
MUFGカード ゴールドの年会費はいくら?初年度無料は可能か否か

同伴者は有料(1,000円程度)

家族や友人、恋人などと一緒に旅行をする場合、ラウンジも同伴できると助かりますよね。

MUFGカード ゴールドでは、同伴者は有料となります。

料金は空港ラウンジによって異なりますが、大体1,000円程度です。

同伴者がラウンジ利用特典のあるクレジットカードを持っていない場合、事前に料金を伝えておいたほうがいいかもしれませんね。

混雑・貸切時は利用できない場合もある

年末や長期休暇などの繁忙期や、他の利用者が貸切にしている時など、残念ながら空港ラウンジを利用できない場合もあります。

なお、MUFGカード ゴールドで使えるラウンジは他のクレジットカード会社のゴールドカード会員と共有するラウンジなので、混み合うことが多いといわれています。

必ずしも空港ラウンジを利用できるわけではないので、使えなかった場合の過ごし方も考えておいた方が良いかもしれません。

利用できる空港ラウンジを間違えない

繰り返しになりますが、MUFGカード ゴールドで使える空港ラウンジは航空会社ではなくクレジットカード会社が運営するラウンジです。

一般的に航空会社が運営するラウンジはサービス内容が充実していますが、クレジットカードが提供するラウンジはソフトドリンクや新聞・雑誌の提供のみです。

ラウンジの入り口に対応しているゴールドカードのリストをしっかり確認しましょう。

航空会社運営の空港ラウンジとは

航空会社が運営する空港ラウンジは、MUFGカード ゴールドのようなゴールドカードを持っているだけでは利用することができません。

利用できる人は以下のような人です。

  • ファーストクラスやビジネスクラスの乗客
  • 上級クラスのマイレージ会員
  • プライオリティパスがついているクレジットカードホルダー

その他にも特定のクレジットカードを所持していたり利用料を支払っていたりと、各ラウンジの条件を満たしている人が利用できるサービスです。

ファーストクラスなどの高いグレードのサービスを利用している人向けのラウンジなので、内装や設備が豪華です。

シャワーやマッサージが利用できたり、アルコールや軽食の提供があるなど、搭乗時間までの長い時間を贅沢にゆったり過ごすことができます。

MUFGカード ゴールドの空港ラウンジサービスの特長
  • 国内6箇所・ハワイ1箇所の空港ラウンジが無料で利用できる
  • 同伴者は1,000円程度で利用可能
  • 利用できるのはクレジットカード提供の空港ラウンジ
  • MUFGカード ゴールドと搭乗券を掲示すれば使える

MUFGカード ゴールドのその他の魅力

ゴールドカード

次に、空港ラウンジ以外のMUFGカード ゴールドの魅力について解説していきます。

冒頭で年会費が安く、ポイントがお得に貯まると述べましたが、MUFGカード ゴールドはゴールドカードの中でもかなり年会費が安く、そして10代から持てる可能性のあるカードです。

そんなMUFGカード ゴールドの魅力を詳しく紹介するので、これからMUFGカード ゴールドの利用を検討している人はぜひチェックしてください。

年会費は2,095円│初年度は無料

MUFGカード ゴールドの年会費は2,095円と、ゴールドカードの中では非常に安いです。

さらに初年度は年会費が一切かかりません。

ゴールドカードの多くは10,000円以上の年会費がかかり、そのために契約をためらう人も多いでしょう。

年会費が2,095円程度ならゴールドカードを持ってみたいという人におすすめです。

18歳以上で収入がある人なら申込み可能

年会費の安さに加えて、MUFGカード ゴールドは収入があれば18歳以上から申込むことができます。

ほとんどのゴールドカードは申込み可能年齢が30歳以上と設定されています。

そんな中、MUFGカード ゴールドは10代から持てる可能性のある珍しいゴールドカードです。

年会費も安いので多くの人が手を出しやすいゴールドカードだといえます。

もちろん審査に通過しなければ利用できず、これまでのクレジットカードの利用履歴やローンの支払い状況によってはMUFGカード ゴールドの入会を断られるおそれもあります。

ポイント還元率は0.4%│長く使えば使うほどお得に

ポイントは、1,000円につきグローバルポイントが1ポイント貯まります。

1ポイントあたり4円相当なので、還元率は0.4%ということになります。

還元率はそこまで高くありません。しかし、長くMUFGカード ゴールドを使い続けたり、年間の利用額に応じてボーナスポイントをもらうことができます。

そのため、長く使えば使うほどお得にポイントが貯まるゴールドカードだといえます。

グローバルポイントは、商品と交換したりPontaポイントやnanacoポイントなどの別のポイントに変換することが可能です。

用途が幅広いので、使い道に困ることもないでしょう。

最大2,000万円付帯の保険サービス

ゴールドカードといえば、旅行時の事故や病気による治療費などを補償する保険サービスがありますが、MUFGカード ゴールドも例外ではありません。

保険の種類金額
海外旅行障害保険最高2,000万円
※次年度以降は年間ショッピング利用額によって変動
・20万円以上:最高2,000万円
・20万円未満:最高100万円
国内旅行障害保険最高2,000万円
ショッピング保険年間限度額100万円
国内渡航便遅延保険最高2万円

年会費が安いにもかかわらず、MUFGカード ゴールドには最大2,000万円が補償される保険サービスが付帯しています。

飛行機の遅延によって発生した宿泊費等の補償や、購入品の破損や盗難における補償も利用できます。

旅行に行く人なら、海外旅行傷害保険に入らなくてもMUFGカード ゴールドがあれば安心ですね。

年会費以上の価値がある!MUFGカード ゴールド

クレジットカードでお買い物

最後に、MUFGカード ゴールドの特長についてまとめます。

MUFGカード ゴールドの特長
  • 年会費は2,095円で初年度無料
  • 18歳以上で収入があれば申込みができる
  • ポイント還元率は0.4%
  • 長く使ったら使っただけボーナスポイントがもらえる
  • 最大2,000万円補償の保険サービス付き

MUFGカード ゴールドは年会費が安いにもかかわらず、ポイント還元はもちろん空港ラウンジや保険など充実したサービスを利用することができます。

国内の主要な空港だけでなく、ハワイの空港のラウンジも使えるのは嬉しいポイントですね。

MUFGカード ゴールドは年会費が2,095円で、申込み可能年齢も18歳以上と比較的早いタイミングで持つことができるゴールドカードです。

ゴールドカードを持つことを検討している人は、是非MUFGカード ゴールドを申込んでみてはいかがでしょうか。

MUFGカードゴールドの特典|年会費2,095円は格安だから優待もそれなり