クレジットカードおすすめランキング

おサイフケータイに登録するおすすめクレジットカードと設定方法

クレジットカードの国際ブランド

複数のカードを持ち歩く必要もなく、カードの紛失や盗難を避けられるだけでなく、現在の日本のキャッシュレス化促進という時代背景にもぴったりなツールがおサイフケータイです。

そんなおサイフケータイは、電子マネーを複数設定することができ、数多くある電子マネーのカードを持ち歩く必要がなくなるという非常に便利なサービスです。

今後のキャッシュレス化に伴い、Androidユーザーは是非利用したいサービスといえるでしょう。

そこで、今回はおサイフケータイでクレジットカードを利用する方法について解説します。

おサイフケータイでクレジットカードを利用する方法
  • おサイフケータイに直接クレジットカードを設定することはできない
  • おサイフケータイではまず電子マネーの設定が必要
  • それぞれの電子マネーでチャージに使うクレジットカードを設定する
  • おサイフケータイはあくまで間接的にクレジットカードを利用するもの

結論として、おサイフケータイで直接クレジットカードを設定することができません。

iPhoneのApple Payと異なり、おサイフケータイはクレジットカードを直接利用することができないという特徴があります。

しかし、電子マネーを通じてクレジットカードを間接的に利用することは可能なので、今回はその方法についても詳しく紹介していきます。

Apple Payとおサイフケータイの違い|特徴とメリット・デメリット

おサイフケータイに使うおすすめ電子マネー

おサイフケータイアプリ

画像引用元:おサイフケータイ アプリ – Google Play のアプリ

はじめに、おサイフケータイに使うおすすめの電子マネーについて紹介します。

おサイフケータイに使えるのはクレジットカードではなく電子マネーとなるので、数ある電子マネーの中からおサイフケータイで使用する電子マネーを選ばなくてはなりません。

自分が日頃重宝している電子マネーでも良いですし、もし決まった電子マネーを使っていないということであれば、ポイント還元率で選ぶのも1つの方法です。

おサイフケータイに使うおすすめの電子マネーは下記の通りです。

  • モバイルnanaco
  • iD
  • 楽天Edy
  • WAON

今回は上記の4つの電子マネーについて詳しく解説をしていきます。

今回紹介する電子マネーは、どれも比較的ポイント還元率の高い電子マネーなので、今後お得に電子マネーを運用したいという人は是非参考にしてください。

モバイルnanaco

モバイルナナコ

画像引用元:nanacoモバイル|電子マネー nanaco 【公式サイト】

モバイルnanacoはセブンイレブンやイトーヨーカドーなど、セブン&アイ系列の店舗で利用することができる電子マネーです。

最近ではビッグカメラなど使えるお店もかなり増えてきています。

モバイルnanacoのポイント還元率は1.0%ですが、同じくモバイルnanacoを利用できるクレジットカード「リクルートカード」でチャージすると、ポイント還元率がさらに1.2%増える超お得な電子マネーです。

また、コンビニ支払いで税金を払うこともできる電子マネーであり、この場合は会計によるポイント還元はつきませんが、税金分のチャージの際に1.2%のポイント還元率はゲットすることが可能です。

つまり、税金の支払いにも非常にお得な電子マネーなのです。

楽天Edy

楽天エディ

画像引用元:楽天Edy – Google Play のアプリ

楽天Edyは、電子マネーの中でも非常にメジャーなサービスであり、利用できる店舗数もかなり多いです。

そのため、電子マネーで迷ったらまずは楽天Edyを使うことをおすすめします。

ポイント還元率に関しては、楽天Edy利用で200円1ポイントを貯めることができます

さらに、楽天カードにチャージして200円1ポイント貯めることができ、楽天ポイントのポイント還元率が1.0%になります。

そのため、楽天カードと連携してチャージをしつつ利用することをおすすめしている電子マネーです。

iD

電子マネーアイディ

画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

iDは数多くある電子マネーの中でも、楽天Edyと並んで非常にメジャーな電子マネーのサービスです。

また、iDは後払い決済ができる電子マネーであり、基本的にクレジットカードに結びついている電子マネーという特徴があります。

後払い決済ができるということで、扱いはほとんどクレジットカードと変わりません。チャージをする手間も、チャージ残高不足で慌てる心配がない点がiDの魅力です。

そんなiDの魅力として、ポイント還元率がクレジットカードのポイント還元率に順ずるという点も挙げられます。

つまり、ポイント還元率の良いクレジットカードでiDを利用すれば、よりお得に、そして効率良くポイントを貯めることが可能なのです。

WAON

ワオン

画像引用元:電子マネー WAON [ワオン] 公式サイト

WAONはイオン系列の電子マネーです。

ポイント還元率は0.5%ですが、毎月特定の日にポイントが2倍になったり、5%割引になるなどのお得なキャンペーンが開催されることが多く、普段からイオン系列の店舗を利用する人におすすめです。

チャージをクレジットカードで行うには、イオンカードからしか行うことができないため、クレジットカードでチャージをしたい場合はWAONとイオンカードはセットで使うものとなります。

おサイフケータイで使うおすすめの電子マネー
  • モバイルnanaco
  • iD
  • 楽天Edy
  • WAON

次の章ではおサイフケータイに登録するおすすめクレジットカードを紹介します。

おサイフケータイに登録するおすすめクレジットカード

次に、おサイフケータイに登録する上でおすすめのクレジットカードについて紹介します。

おサイフケータイにクレジットカードを直接登録することはできないという点に関しては、既に冒頭で解説していますが、間接的にクレジットカードを利用することは可能です。

その時にどのようなクレジットカードを利用するべきかというと、やはりポイント還元率が高いに越したことはないでしょう。

そんなポイント還元率重視のクレジットカードは下記の通りとなります。

  • 楽天カード
  • Orico Card THE POINT
  • イオンカード
  • リクルートカード

上記の4つのクレジットカードの特徴や、ポイント還元率などについて詳しく解説していくので、是非チェックしてください。

クレジットカードおすすめ人気ランキング【2020年】

楽天カード

楽天カードアメリカンエキスプレス

楽天カード
還元率ポイント1.0%~
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降無料
家族カード無料
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
電子マネー楽天Edy、QUICPay
モバイルSuicaのチャージによるポイント×
国際ブランドVISA、Mastercard、アメリカン・エキスプレス、JCB
発行会社楽天カード株式会社
発行期間最短1週間

楽天カードの特徴は下記の通りです。

  • 年会費が永久無料
  • 審査が18歳以上ということを満たせば通りやすい傾向にある
  • 楽天Edyへのチャージで200円ごとに1ポイント貯められる
  • 楽天カード単体で使用してもポイント還元率が最大4.0%になることも
  • 楽天サービスを利用することが多い人におすすめ
  • 空港ラウンジも年2回まで無料で使える
  • ポイント還元率では楽天カードが最強

Orico Card THE POINT

オリコカード

Orico Card THE POINT
還元率ポイント1.0%~
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降無料
家族カード無料
旅行保険海外なし
国内なし
電子マネーiD、QUICPay
モバイルSuicaのチャージによるポイント
国際ブランドMastercard、JCB
発行会社株式会社オリエントコーポレーション
発行期間最短8営業日(オンライン申込)

Orico Card THE POINTの特徴は下記の通りです。

  • 年会費がETCカード含め永久無料
  • 通常のポイント還元率が1.0%と高い
  • 貯まったポイントはWAONやTポイント、楽天ポイントなどに交換することができる
  • iDが搭載されているので、iDを使って買い物することでそのまま1,0%のポイント還元率で買い物ができる
  • 使い勝手の良さ№1

イオンカード

イオンカード

項目内容
年会費永年無料
ポイント還元率1.0%
申込可能年齢18歳以上
対応ブランドVISA/MasterCard/JCB
対応電子マネーWAON
発行までの日数最短即日

イオンカードの特徴は下記の通りです。

  • 年会費が永久無料
  • イオン系列店舗で利用することでポイント還元率1.0%
  • 20日・30日はお客様感謝デーで5%OFF
  • 5のつく日はポイント2倍
  • モバイルWAONのチャージはイオンカードでしか行うことができない

リクルートカード

リクルートカード

リクルートカード
還元率ポイント1.2%
マイル0.6%
年会費初年度無料
2年目以降無料
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内最高1,000万円(利用付帯)
電子マネーQUICPay(JCB以外)
モバイルSuicaのチャージによるポイント
国際ブランドJCB、VISA、Mastercard
発行会社株式会社ジェーシービー/三菱UFJニコス株式会社(VISA、Mastercard)
発行期間最短1週間

リクルートカードの特徴は下記の通りです。

  • ポイント還元率は1.2%
  • ポイント還元率が低くなる傾向の高い電子マネーのチャージでポイント還元率を1.2%キープしている
  • 楽天Edyやnanacoに対応しおり、電子マネーを使うのであればかなり使い勝手の良いクレジットカード
  • 年会費は永久無料
  • Pontaポイントなど別のポイントにも変換することができる
おサイフケータイ使うおすすめのクレジットカード
  • 楽天カード
  • Orico Card THE POINT
  • イオンカード
  • リクルートカード

次の章ではクレジットカードを使えるようにするための、おサイフケータイの設定方法について解説します。

おサイフケータイの設定方法│クレジットカードを使えるようにするには

おサイフケータイ使い方

画像引用元:おサイフケータイ アプリ – Google Play のアプリ

次に、おサイフケータイの設定方法とクレジットカードを使えるようにする方法について解説していきます。

まず、おサイフケータイの設定方法は下記の通りです。

  1. 使う電子マネーを選ぶ
  2. 電子マネー側でチャージをするクレジットカードの設定を行う
  3. おサイフケータイにサービスを追加したらおサイフケータイアプリから使えるようになる

おサイフケータイは、そもそもクレジットカードを登録する画面がなく、表示された電子マネーを選び、そこから公式サイトへアクセスして利用設定をするような仕組みとなっています。

おサイフケータイから電子マネーの公式サイトにアクセスし、利用設定したところでおサイフケータイで設定済みの電子マネーを使うことができます。

おサイフケータイは電子マネーを使うというものになりますが、その利用する電子マネーが連携している・またはチャージ先として設定されているクレジットカードを間接的に利用することができるようになります

つまり、クレジットカードのポイント還元率を重視したいのであれば、使っている電子マネーでお得にポイントが貯められるクレジットカード、またはクレジットカードそのもののポイント還元率が良いものを選ぶべきでしょう。

クレジットカードのポイント還元率を比較|おすすめの人気クレカを紹介!

おサイフケータイで直接クレジットカードを使うことはできない

おサイフケータイのアプリを開くとわかりますが、クレジットカードを登録する項目がありません。

あくまで、おサイフケータイで使えるのは電子マネーのみとなります。

だからといって、おサイフケータイで全くクレジットカードが使えないのか?というとそうではありません。

利用する電子マネーに紐付いていたり、チャージ先としてクレジットカードを設定することによってクレジットカードのポイント還元率を反映させることも不可能ではありません

そのため、おサイフケータイでは、あくまで電子マネーを利用することで間接的にクレジットカードを利用するということは可能なのです。

おサイフケータイで利用する電子マネーのチャージでお得に使えるクレジットカードを選ぶべき

iDのように、クレジットカードのポイント還元率に順ずるような電子マネーを除いて、基本的におサイフケータイで利用する電子マネーのチャージがお得にできるクレジットカードを選ぶべきです。

逆に、自分が普段使っているクレジットカードに合わせて、ポイント還元率がお得な電子マネーを選ぶこともおすすめです。

ただ、おサイフケータイで電子マネーを介してクレジットカードを使うよりも、よりポイント還元率の高いクレジットカードや電子マネーを選ぶことで年間かなり得をします。

今回紹介した電子マネーやクレジットカードは、比較的ポイント還元率の高いものばかりなので、ぜひクレジットカード・電子マネー選びの参考にしていただけると幸いです。

おサイフケータイをお得に使うカギは電子マネーのチャージ

最後に、おサイフケータイのクレジットカード設定方法についてまとめます。

おサイフケータイのクレジットカード設定方法
  • まずはおサイフケータイで利用する電子マネーの設定を行う
  • 電子マネーのアプリでチャージ先のクレジットカードを設定する
  • おサイフケータイで使う電子マネーを登録し、おサイフケータイから電子マネーを使えるようにする
  • あくまでおサイフケータイは、クレジットカードを電子マネーを介して間接的につかうサービス

おサイフケータイは、電子マネーを使うことができるサービスであり、クレジットカードを直接使うことができるサービスではありません。

ただし、電子マネーのチャージにクレジットカードを利用したり、電子マネーと提携していることで間接的にポイント還元されるなど、あくまで電子マネーを介して間接的にクレジットカードを利用することが可能です。

普段使っている電子マネーやクレジットカードに合わせて、ポイント還元率の良いサービスを選ぶようにすれば、よりお得におサイフケータイを利用することができるでしょう。

おサイフケータイはAndroidスマホによっては搭載されていない機能になりますが、カードの持ち歩きが不要になるなどメリットがたくさんあります。

この先のキャッシュレス化に向けても、是非利用を検討してみてはいかがでしょうか。

おサイフケータイに登録するおすすめ銀行系デビットカードと設定方法

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定