クレジットカードおすすめランキング

PASMO対応のおすすめクレジットカード|定期とチャージで賢くポイント貯蓄

type_ph02

PASMO(パスモ)は首都圏の私鉄や地下鉄を中心に利用できる便利な交通系電子マネーです。

交通系電子マネーの代表格と言えばSuicaですが、私鉄沿線に住んでいる人や普段東京メトロや私鉄を利用している人にはPASMOもおすすめです。

そんなPASMOに対応しているクレジットカードを、今回は6枚厳選しました。

PASMO対応おすすめクレジットカード6選
  • To Me CARD Prime PASMO
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ
  • ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB
  • OPクレジット
  • SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン
  • 京急プレミアポイント シルバー

今回は、PASMO対応のクレジットカードの特徴やSuicaとの違いもあわせて解説します。

PASMO対応のクレジットカードで電車・バスを利用するとかなり効率良くポイントが貯められます。ぜひ利用してみてください。

トップ画像引用元:PASMOの種類|PASMOとは|PASMO(パスモ)

SuicaとPASMOの違い

PASMOと並んで代表的な交通系電子マネーとして挙げられるのがSuicaです。

電子マネーの利用数だけだとSuicaの方が圧倒的に多いといわれています。

SuicaとPASMOは一体どのように異なるのでしょうか。

それぞれの特徴やポイントサービスなどの観点から、2つの相違点を紹介していきます。

運営会社の違い

SuicaはJR東日本が発行・管理を行う交通系電子マネー

一方PASMOは、東京メトロや小田急電鉄、京急電鉄などの鉄道11事業者、バス19事業者が中心となり、株式会社PASMOが発行する公共交通機関共通乗車カード・電子マネーです。

利用可能範囲に違いは見られない

発行・管理を行う企業の違いはありますが、両者の利用範囲に違いはありません

PASMOを使ってJR東日本沿線に乗車することも可能ですし、Suicaを使って東京メトロや小田急電鉄などに乗車することも可能です。

Suicaはスマホでも利用できる

Suicaには、モバイルSuicaと呼ばれるスマホ決済サービスがあります。

モバイルSuicaに登録すれば、改札やレジの専用端末にスマホをかざすだけで、清算が完了します。

また、SuicaはApple PayやGoogle Payにも対応しています。

一方PASMOはカード型のみで、スマホアプリ等のサービスはありません。

お得に使えるお店が異なる

SuicaとPASMOは運営・管理を行う鉄道会社が異なり、各サービスに合った鉄道を利用することで得することがあります。

また各鉄道会社の駅構内の施設がお得に利用できることもあるため、自分が普段利用している電車に合わせて選ぶのがおすすめです。

チャージポイント還元率の違い

Suica・PASMOとも現金チャージによってポイントは得られません。

しかし、クレジットチャージすることでお得に利用できる場合があります。

Suicaはビューカードでクレジットチャージした時のポイント還元率が1.5%と非常に高く、一方のPASMOのクレジットチャージは還元率0.5%ほどですが、電車を利用する毎に乗車ポイントが貯まるクレジットカードがあります。

PASMO対応のクレジットカードとは

PASMO対応のクレジットカードについて解説します。

PASMOがより便利に使えるクレジットカードには、オートチャージに対応したクレジットカード、クレジット機能とPASMO機能両方を持つクレジットカードがあります。

PASMOにオートチャージできるクレジットカード

PASMOのオートチャージに対応しているクレジットカードには、以下のものがあります。

  • パスタウンカード
  • 小田急OPクレジットカード
  • 京王パスポートカード
  • 京急プレミアポイント ゴールド/シルバー
  • 京成カード
  • SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン/SEIBUプリンスカード
  • 相鉄カード
  • 東急カード
  • 東武カード
  • Tokyo Metro To Me CARD
  • 横浜交通hama-eco card
  • JACCS Shonan Card

オートチャージは、手動でのチャージが不要となる、残高が不足してきたら自動的にチャージされる機能のことです。

例えば、「残額が2,000円以下になったら3,000円チャージする」設定にすれば、改札機にタッチした時点で残高が2,000円を切ったら残高が3,000円増えます。

クレジットカードとPASMOの機能が使える一体型PASMOも

PASMO対応のクレジットカードの中には、オートチャージサービス機能付PASMOとクレジット機能が一体型になっているものもあります。

  • パスタウンカード
  • 京王パスポートカード
  • 東急カード
  • Tokyo Metro To Me CARD PASMO
  • 東武カードPASMO

上記カードなら、一体型PASMOとしても利用できます。複数のカードを管理する必要がないのでかなり便利です。

あなたにとってポイントが貯まりやすいカードを選ぼう

PASMO対応のクレジットカードは、発行会社によってサービスが異なります。

乗車ポイントが貯まるなど、特定の鉄道を利用すればするほどお得になるクレジットカードがたくさんあります。

ポイントをより多く貯めるには、日常生活の中でどこで重点的にクレジットカードを利用しているかが鍵です。

普段の生活において利用することが多い電車やお店でポイントが多く還元されるクレジットカードを選びましょう。

PASMO対応クレジットカードを選ぶポイントは下記の通りです。

  • 普段使う鉄道と提携しているカードを選ぶ
  • よく買い物する商業施設と提携しているカードを選ぶ
  • 貯まったポイントをチャージ以外のポイントに移行できるカードを選ぶ
  • マイルが貯まるカードを選ぶ
PASMOとSuicaの違い、PASMO対応のクレジットカード
  • PASMOとSuicaは運営会社が異なるが、利用可能範囲は同じ
  • チャージによるポイント還元率やサービス内容に差異がある
  • PASMOのオートチャージに対応しているクレジットカードがおすすめ
  • PASMOとクレジット機能が一体型になっているカードも便利
  • 利用する沿線や商業施設によって使うPASMO対応クレジットカードを選ぼう

次の章では、いよいよおすすめしたいPASMO対応クレジットカードを具体的に挙げていきます。
SuicaとPASMOどっちがお得?ポイント貯めるなら圧倒的に有利なカードはこれだった

おすすめのPASMO対応クレジットカード

次に、PASMO対応のおすすめクレジットカードについて紹介します。

今回は、東京メトロやその他の私鉄でお得に利用できるクレジットカードから7枚ピックアップしました。

  • To Me CARD Prime PASMO
  • ANA ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
  • TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO(東急カード)
  • JAL普通カード TOKYU POINT ClubQ
  • 小田急OPクレジットカード
  • SEIBU PRINCE CLUBカード
  • 京急プレミアポイント シルバー

PASMOをより便利に使いたい、PASMOを毎日のように利用するからこそ少しでもお得にしたい、そんな人はぜひこれら6枚のカードから選んでみてはいかがでしょうか。

To Me CARD Prime PASMO

画像引用元:To Me CARD Prime

項目内容
初年度年会費無料
次年度以降年会費2,000円+税(年間50万円以上のショッピング利用で無料)
ポイント還元率0.5%
対応ブランドJCB、Visa、MasterCard

To Me CARD Prime PASMOの特徴は下記の通りです。

  • チャージのポイント還元率は0.5%
  • 乗車ポイントとして平日10ポイント土日祝20ポイントが得られる
  • 利用額100万円で1,000ポイントボーナス
  • PASMO一体型が選べる

東京メトロユーザーにとって嬉しい乗車ポイント!

To Me CARDの大きな特徴は、東京メトロを利用することによる乗車ポイントが貯まるという点。

平日には10メトロポイント、土日祝には20メトロポイント貯まり、貯まったポイントは1メトロポイント=1円としてPASMOチャージやマイルに交換できます。

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

項目内容
初年度年会費無料
次年度以降年会費2,000円+税
ポイント還元率0.5〜1.0%
対応ブランドJCB

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCBの特徴は下記の通りです。

  • ANAマイルも貯まるクレジットカード
  • PASMOオートチャージで0.5%ポイント還元
  • メトロの利用やメトロ加盟店の利用のポイント還元率は0.5%
  • 東京メトロへの乗車で平日5ポイント土日祝10ポイントゲット
  • 自販機の利用で1.0%

東京メトロとANA利用者におすすめ

ANAマイルとメトロポイントの相互交換ができるソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB。

東京メトロを毎日のように利用する人ならあっという間にマイルが貯まるため、無料で旅行することも夢ではありません。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO(東急カード)

東急カード(PASMO機能を搭載したカード)

項目内容
初年度年会費初年度無料
次年度以降年会費1,000円+税
ポイント還元率1〜10%
対応ブランドVISA、MasterCard

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO(東急カード)の特徴は下記の通りです。

  • 定期券購入の1%~3%のTOKYU POINTが貯まる
  • PASMOオートチャージ額の1%でTOKYU POINTが貯まる
  • TOKYU ROYAK CLUBメンバーなら、東急線いちねん定期購入で最大10%!
  • 対象の東急グループ施設のカード利用で10%還元
  • 年会費初年度無料(2年目以降1,000+税)

東急ユーザーは「TOKYU ROYAL CLUB」入会も一緒がおすすめ

TOKYU CARD(東急カード)は、東急グループのサービスを日頃利用する方におすすめの1枚です。

プラスして、「TOKYU ROYAL CLUB」に入会すれば、TOKYU CARDのポイント還元率を最大まで高めることができます。

「TOKYU ROYAL CLUB」は、入会費、年会費ともに無料。東急グループの施設利用料が割引や、東急ストアのお買い物から5%割引(プラチナのみ)、イベント優待等と特典が盛りだくさん。

「TOKYU ROYAL CLUB」会員であれば、PASMO定期券の1%がポイント還元のところ、2%の倍までアップします。いちねん定期券であれば最大10%還元でもっとお得です。

TOKYU CARD公式サイトを確認する

JALカード TOKYU POINT ClubQ

画像引用元:入って!使って!飛んで! Web限定JALカード入会キャンペーン

項目内容
初年度年会費無料
次年度以降年会費2,000円+税
ポイント還元率0.5〜10.0%
対応ブランドJCB、Visa、MasterCard

JALカード TOKYU POINT ClubQの特徴は下記の通りです。

  • 東急グループの店舗やJALを利用する人におすすめ。マイルと東急ポイント二重取り!
  • PASMOオートチャージで0.5%ポイント還元
  • 東急線利用+端末にタッチで1日10ポイント貯まる
  • 定期購入時1%ポイント還元
  • 東急百貨店で最大10%ポイント還元

東急とJALをよく利用するならJALカード TOKYU POINT ClubQ

マイルと東急ポイントが二重取りできるJALカード TOKYU POINT ClubQ。相互に移行することもできるため、マイルが効率よく貯まります。

ただし、東急線を利用しないならおすすめ度は低いです。

東急沿線にあるTOKYU加盟店の利用でポイントがより多く貯まる上、東急線に乗れば乗車ポイントがつきます。

おすすめのPASMO対応クレジットカード
  • 乗車ポイントが大きいTo Me CARD Prime PASMO
  • ANAマイルも貯まるソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB
  • 東急ユーザーなら考える1枚TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO(東急カード)
  • JALマイルも貯まるJALカード TOKYU POINT ClubQ

次の章では、OPクレジット、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン、京急プレミアポイント シルバーについて見ていきます。
都道府県別おすすめクレジットカード|日本全国でNo.1カードはこれだ!

OPクレジット

画像引用元:京急プレミアポイント シルバー|クレジットカードはUCカード

項目内容
初年度年会費無料
次年度以降年会費500円+税(前年度ショッピング利用で無料)
ポイント還元率0.5〜10.0%
対応ブランドJCB、Visa、MasterCard

小田急グループが発行するOPクレジットの特徴は以下の通りです。

  • PASMOによる小田急線の利用額に応じて乗車ポイント最大7%還元
  • PASMOオートチャージで0.5%ポイント還元
  • 加盟店での利用はポイント還元率0.5%
  • 年間の買い物金額に応じて最大10%までポイントが貯まる

小田急ポイントサービス加盟店でのお買い物がお得に!

小田急百貨店を始め、小田急ポイントサービス加盟店でのお買い物はなんと最大10%ポイント還元

電車を利用するたび乗車ポイントも貯まるお得な一枚です。

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン

画像引用元:SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン|クレジットカードはセゾンカード

項目内容
初年度年会費VISA、MasterCard、JCBは無料
AMERICAN EXPRESSは3,000円(税抜)
次年度以降年会費VISA、MasterCard、JCBは無料
AMERICAN EXPRESSは3,000円(税抜)
ポイント還元率0.5%
対応ブランドVisa、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンの特徴は下記の通りです。

  • 西武鉄道の定期券購入でプリンスポイントと永久不滅ポイントの2種類が貯まる
  • PASMOオートチャージで永久不滅ポイントが0.5%還元
  • 通常の買い物での永久不滅ポイントの還元率は0.5%
  • プリンス加盟店であれば1.0%になる
  • 西友・リヴィン・サニーで毎月5日と20日は5%OFF
  • 25日は対象加盟店でポイント2倍

PASMOオートチャージで永久不滅ポイントが貯まる唯一のカード

PASMOオートチャージによるポイント還元率は0.5%と他のカードと同一ですが、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンの特徴は貯まるポイントが永久不滅である点。

まとまったポイントを各種レジャーや旅行に充てることもできるでしょう。

京急プレミアポイント シルバー

画像引用元:京急プレミアポイント シルバー|クレジットカードはUCカード

項目内容
初年度年会費無料
次年度以降年会費無料
ポイント還元率0.5〜1.0%
対応ブランドVisa、MasterCard

京急プレミアポイント シルバーの特徴はこちらです。

  • 京急プレミアポイント加盟店での買い物で基本ポイントとクレジットポイント二重取り
  • PASMOオートチャージで0.5%ポイント還元
  • 京急プレミアポイント加盟店ではポイント還元率1.0%
  • 定期券も0.5%ポイント付与対象
  • 羽田空港優待特典

京急プレミアポイント シルバーは羽田空港での特典付き!

カードの提示で国内線旅客ターミナル指定店舗10%OFF、国内線旅客ターミナルラウンジ10%OFFといった特典が受けられます。

京急グループの商業施設をよく利用する人はもちろん、出張等で羽田空港の利用頻度が高い人にもおすすめです。

おすすめのPASMO対応クレジットカード
  • お得に小田急グループを利用するならOPクレジット
  • 永久不滅ポイントが得られるSEIBU PRINCE CLUBカードセゾン
  • 羽田空港利用がお得になる京急プレミアポイント シルバー

PASMO対応クレジットカードでお得にポイントやマイルをゲット!

PASMO対応のおすすめクレジットカード
  • To Me CARD Prime PASMO
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ
  • ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB
  • OPクレジット
  • SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン
  • 京急プレミアポイント シルバー

PASMOは、東京メトロや私鉄を中心に利用することができる交通系電子マネーで、PASMO対応クレジットカードを利用することでポイントが返ってきます。

PASMO対応のクレジットカードは、PASMOのオートチャージに対応しているというメリットがありますが、その他にも乗車するごとにポイントが貯まるなどお得なサービスがたくさんあります。

今回おすすめした6枚も、あなたが日常的に利用する沿線や商業施設によっておすすめ度は大きく異なります。

あなたの普段の生活でお金を多く遣っている場所はどこなのかしっかりと把握した上で、自分に合ったクレジットカードを見つけましょう。
初めて作るならこれ!クレジットカードの国際ブランドの選び方

今がお得なクレジットカードはこれ!

JCB CARD W
年会費永年無料
還元率1%~
国際ブランドJCB
発行元JCBカード
発行スピード
家族カードあり
関連記事JCB CARD WとJCB CARD W Plus Lを比較|選ぶ違いは男女のみ?