40代におすすめのクレジットカード人気ランキング【2019年】

40代で選ぶクレジットカードは、今後仕事を引退し、年金生活になることを見越して実用性重視のものを選ぶか、今現在の仕事に合った高ステータスで尚且つビジネス向きのクレジットカードを選ぶことの2つに分かれます。

40代となると、仕事でも責任を任されることも多く、役職についている人も多いでしょう。

自分に合った高ステータスなクレジットカードを選ぶのもおすすめです。

一方で、今後の生活を見越してポイント還元率が高かったり、年会費の安いクレジットカードを持つのもおすすめです。

40代におすすめのクレジットカードランキング
  • 第1位:アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
  • 第2位:ダイナースクラブカード
  • 第3位:JCBゴールドカード
  • 第4位:リクルートカード
  • 第5位:Yahoo! JAPANカード
  • 第6位:VIASOカード
  • 第7位:楽天カード
  • 第8位:ANA VISA/Master ワイドゴールドカード

そこで今回は、40代におすすめのクレジットカードの特徴や注意点について解説します。

併せて、おすすめの人気のクレジットカードを8枚紹介するので、クレジットカードを新たに作ろうと考えている人は是非参考にしてください。

40代におすすめのクレジットカードの特徴

40代は、仕事も家庭も30代に引き続き変化の多い時期だと思うので、自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを選ぶようにしましょう。

ポイント還元率が高く実用性の高いクレジットカード

ポイント還元率が高ければ高いほど、購入金額の一部がポイントとして還元されます。

ただ買い物をしているだけなのに現金で支払うよりもお得になるので、是非ポイント還元率の高いクレジットカードを選びましょう。

ステータスと利用限度額の高いクレジットカード

高ステータスで利用限度額の高いクレジットカードは、役職など仕事でも責任のあるポジションにつく40代にぴったりです。

40代となると、大きな買い物も多くなると思うので、なるべく限度額の高いクレジットカードを選ぶのもおすすめです。

レジャー施設やレンタカーなどの優待利用ができるクレジットカード

観覧車

レジャー施設やレンタカー、旅行などで優待利用サービスがあるクレジットカードもおすすめです。

家族での旅行がより楽しくなるでしょう。

ビジネスでも重宝しやすいクレジットカード

飛行機の利用でマイルが貯まるクレジットカードなど、自分の仕事に合ったクレジットカードを選ぶのもおすすめです。

海外出張など飛行機を使う機会が多い人は、通常のポイントよりもマイルが貯まるクレジットカードの方がおすすめです。

40代におすすめのクレジットカードの特徴
  • ポイント還元率が高く実用性が高いクレジットカード
  • 高ステータスで利用限度額の高いクレジットカード
  • レジャー施設などの優待利用ができるクレジットカード
  • 移動距離に応じてマイルが貯まるなどビジネスで重宝できるクレジットカード
マイルに交換するなら利用するべきクレジットカードと年間貯まるポイント

次の章では、40代におすすめの人気クレジットカードランキング【2019年】を紹介します。

40代におすすめの人気クレジットカードランキング【2019年】

次に、40代におすすめの人気クレジットカードを8枚ランキング形式で紹介します。

  • 第1位:アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
  • 第2位:ダイナースクラブカード
  • 第3位:JCBゴールドカード
  • 第4位:リクルートカード
  • 第5位:Yahoo! JAPANカード
  • 第6位:VIASOカード
  • 第7位:楽天カード
  • 第8位:ANA VISA/Master ワイドゴールドカード

今回は、高ステータス重視のクレジットカードと、ポイント還元率の高いクレジットカードを選びました。

実用性、ステータス性の高いクレジットカードばかりなので、是非参考にしてください。

第1位:アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメックスゴールドカード

画像引用元:ゴールドカード|アメリカン・エキスプレス

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの基本情報と特徴は下記の通りです。

項目内容
初年度年会費29,000円+税
次年度以降年会費29,000円+税
ポイント還元率0.3%~0.4%
対応ブランドAmericanExpress
  • パートナーズ提携店でポイント10倍
  • 海外旅行傷害保険1億円(利用付帯)
  • 海外旅行傷害保険5,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険5,000万円(自動付帯)
  • 京都観光ラウンジが無料で使える
  • 航空便遅延費用も補償される
  • American Express Invites レストラン優待
  • キャンセル・プロテクション(10万円まで)

第2位:ダイナースクラブカード

Diners Club Card

画像引用元:ダイナースクラブ|新規入会キャンペーン実施中

ダイナースクラブカードの基本情報と特徴は下記の通りです。

項目内容
初年度年会費22,000円
次年度以降年会費22,000円
ポイント還元率約0.4%~1.0%
対応ブランドDiners Club
  • 世界850ヶ所の空港ラウンジが回数無制限で無料利用ができる
  • 空港から手荷物宅配サービスが利用できる
  • パッケージツアーが5%割引
  • エグゼクティブダイニング利用で、所定のレストランの指定コース料理が最大2名分無料
  • 名門ゴルフ場優待
  • コナミスポーツクラブ優待
  • 楽天やふるなびなどのポイントモールでボーナスポイントもある
  • 利用店舗によっては100円1ポイント貯められる
  • 貯まったポイントはショッピングポイントやマイル、キャッシュバックへ交換可能
  • 国内・海外旅行の傷害保険に最高1億円付帯
  • 買い物保険も最大500万円まで補償

第3位:JCBゴールドカード

JCB GOLD Card

画像引用元:ゴールドカード | クレジットカードなら、JCBカード

JCBゴールドカードの基本情報と特徴は下記の通りです。

項目内容
初年度年会費10,000円+税
次年度以降年会費10,000円+税
ポイント還元率0.5%
対応ブランドJCB
  • 海外旅行傷害保険1億円(利用付帯)
  • 海外旅行傷害保険5,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険5,000万円
  • 海外での利用でポイント2倍
  • JCBパートナーズ提携店の利用でポイント10倍
  • 4万円の海外航空機遅延補償
  • 空港ラウンジ
  • ゴルフサービス
  • グルメ優待サービス
  • ポイント有効期限1年延長(3年)
  • ポイントをTDRパークチケットに交換できる

第4位:リクルートカード

リクルートカード

画像引用元:リクルートのクレジットカード Recruit Card

リクルートカードの基本情報と特徴は下記の通りです。

項目内容
年会費永年無料
ポイント還元率1.2%~4.2%
申込可能年齢18歳以上
対応ブランドVISA/MasterCard/JCB
  • 高還元率の1.2%
  • ポイントキャンペーンで最大4.2%還元
  • Pontaポイントに還元することもできる
  • 税金の支払いにも使うことができ、還元率は1.2%
  • ポイント還元率1.2%でQUICPayが利用できる

第5位:Yahoo! JAPANカード

Yahoo! Japanカード(ヤフーカード)

Yahoo! JAPANカードの基本情報と特徴は下記の通りです。

項目内容
年会費永年無料
ポイント還元率1.0%~3.0%
申込可能年齢18歳以上
対応ブランドVISA/MasterCard/JCB
  • 年会費は永久無料
  • VISA・JCB・MasterCardの3種類のカードブランドから選べる
  • 通常のポイント還元率は1.0%
  • Yahoo!サービスを利用するとポイント還元率が最大3.0%
  • 税金や公共料金の支払いもできる
  • Tポイントとの2重取りも可能

第6位:VIASOカード

VIASOカード

画像引用元:三菱UFJニコス VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

VIASOカードの基本情報と特徴は下記の通りです。

項目内容
初年度年会費無料
次年度以降年会費無料
ポイント還元率0.5%~10.0%
対応ブランドMasterCard
  • 通常ポイントは0.5%
  • 最高で10%までポイント還元率が上がる超高還元カード
  • VIASO eショップを利用するとお得にポイントが貯まる
  • 貯まったポイントは自動的にキャッシュバックされる
  • 海外旅行の傷害保険が最大2,000万円付帯
  • 買い物保険も100万円までついている

第7位:楽天カード

楽天カードアメリカンエキスプレス

楽天カードの基本情報と特徴は下記の通りです。

項目内容
年会費永年無料
ポイント還元率1.0%〜16.0%
申込可能年齢18歳以上
対応ブランドVISA/MasterCard/JCB/American Express
  • ポイント還元率は最大4%
  • 楽天会員のランクや付属するアプリの利用等でポイント還元率が10%以上になることも
  • 空港ラウンジの利用が年2回まで無料
  • 新規入会特典でポイントプレゼントなどお得なキャンペーンが多い

第8位:ANA VISA/Master ワイドゴールドカード

ANA VISA/Master ワイドゴールドカード

画像引用元:【年会費9,500円でゴールドカード】ANA マスターワイドゴールドカード

ANA VISA/Master ワイドゴールドカードの基本情報と特徴は下記の通りです。

項目内容
初年度年会費14,000円
次年度以降年会費9,500~14,000円
ポイント還元率0.5%~1.0%
対応ブランドVISA/MasterCard
  • iDと楽天Edyも使うことができる
  • 毎年カード利用継続ごとにマイルのボーナス特典つき
  • ANAグループ便に搭乗すると通常のマイル以外にも割り増しボーナスマイルがゲットできる
  • ショッピングや食事で貯まったワールドプレゼントのポイントをマイルへ移行も可能!
  • ANAカードマイルプラス加盟店や対象商品を購入すると、ポイントとは別に100円1マイルまたは200円1マイル貯めることも可能
ゴールドカードのステータスランキング|女性にモテるのはコレ!

次の章では、40代でクレジットカードを作る時の注意点について解説します。

40代でクレジットカードを作る時の注意点

40代は、仕事が波に乗っているということもあると思いますが、後20年程度で年金生活が始まる年代でもあります。

将来を見据えたクレジットカードを選ぶことはもちろん、自分や家族のライフスタイルを重視したクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

仕事を引退し年金生活になる将来を見据える

後20年もすれば仕事を引退し、年金生活になります。

年金生活ともなれば、収入が著しく下がることは否定できません。

そのため、クレジットカードも無理に年会費の高いものやステータスの高いものを選ぶのではなく、実用性のあるクレジットカードを選ぶようにしましょう。

ステータスと年会費の高いクレジットカードでも、優待特典など自分にとって実用性のあるものを選ぶようにしましょう。

クレヒス(信用情報)が不安な人は申込みしやすいクレジットカードを

これまでクレヒスに事故情報が残っている人など、審査に不安を感じている人は、まずは申込みしやすいクレジットカードを選んでみましょう

また、40代で初めてクレジットカードを作る場合も、これまでの履歴がホワイトすぎるという理由で落ちてしまう可能性があります。

高ステータスのクレジットカードを重視するのではなく、実用性重視のクレジットカードも持つべきです。

自分や家族のライフスタイルに合ったクレジットカードを持つ

旅行に行くことが多い人は旅行特典の多いクレジットカードを選ぶ、楽天市場を利用することが多い人は楽天カードを選ぶ。

というように、自分や家族のライフスタイルに合ったクレジットカードを持つことをおすすめします。

ステータスの高いクレジットカードとなると、年会費も安くはありません。

同じ年会費を払うのであれば、より自分にメリットのあるクレジットカードを選ぶことが大切です。

40代からは仕事も私生活も充実する時期!自分に合ったものを

家族

最後に、40代でクレジットカードを作る時の注意点についてまとめます。

40代でクレジットカードを作る時の注意点
  • 年金生活になる将来を見据えてクレジットカードを選ぶ
  • クレヒスが不安な人は申込みしやすいクレジットカードを選んでみる
  • 高ステータスのクレジットカードだけでなく実用性も重視すること
  • 必要に応じて複数のクレジットカードを持つのもおすすめ

40代となると、家族や仕事などライフステージが大きく変わる時期でもあります。

30代で生まれた子どもが学校に通うようになり、学費なども考える時期になるでしょう。

だからこそ、よりお得にお金を運用するために、実用性の高いクレジットカードを使うことがおすすめです。

また、仕事でも役職がついたり、責任のあるポジションにつくようになる40代ですから、自分の社会ステータスに見合ったクレジットカードを持つのもおすすめです。

身の丈にあったゴールドカードなどの高ステータスなクレジットカードを契約するのも良いでしょう。

ポイント還元率の高いおすすめのクレジットカードまとめ|2019年9月更新