社会人におすすめのクレジットカード人気ランキング【2019年】

社会人がクレジットカードを使う場合の注意点

クレジットカードは、クレジットカード会社が「この人はちゃんと支払いをしてくれる」と信用して発行してくれる後払い式のカードです。

そのため、支払いの遅れや長期滞納などは自分の信用情報を傷つけることになります。

極力、リボ払いには手を出さず、身の丈にあった使い方をすることをおすすめします。

身の丈にあった使い方をしよう

クレジットカードの利用限度額は、一般ステータスのクレジットカードで10万~100万円です。

この金額までは後払いで使うことができますが、その分はしっかりと支払わなければいけません。

今あるお金以上にクレジットカードを使ってしまうと、もちろん支払うことができません。給料日をあてにするのもかなり危険です。

このように毎月の支払いを着実に行っていくためにも、しっかりとその月に支払うことのできるお金を考えて、身の丈に合った使い方をする必要があります。

リボ払いには手を出さない

利用した金額に関わらず、毎月決まった金額だけを支払うリボ払いは、一見負担が少なそうに見えてかなり危険です。

しかし、年利も15%程つきますし、毎月の支払い額次第では、支払いきれずにあっという間に利用限度額に達してしまう可能性もあります。

かなりリスクが高いので、リボ払いは極力、使わないようにしてください。

アプリの決済履歴でこまめに確認する

スマホを見て驚く女性
クレジットカードの多くは、専用のアプリで利用額や履歴を確認することができます。

こまめに確認して、自分が今どれだけ使っているのかしっかりと確認しながら利用するようにしましょう。

延滞を繰り返したり長期の滞納をすると今後のローン契約に支障を来たす場合も

支払いを滞納したり、延滞を繰り返したりすると、信用情報に傷がついてしまいます。

信用情報に傷がつくと、「この人は本当に支払ってくれるかわからない、クレジットカードを持たせるリスクが高い」と見なされて審査に落ちてしまう可能性があります。

最悪の場合、一切のローン審査が通らないブラックリスト入りをしてしまう可能性もあります。

クレジットカードを使う時は、支払いを滞納しないように気をつけましょう。

社会人にはポイント還元率が高い・将来育成できるクレジットカードがおすすめ!

最後に、社会人がクレジットカードを使う場合の注意点についてまとめます。

社会人がクレジットカードを使う場合の注意点
  • 使い過ぎに気をつけて身の丈に合った使い方を
  • 極力、リボ払いには手を出さない
  • アプリで決済履歴を見れるのでこまめに確認すること
  • 延滞を繰り返すと将来のローン契約に支障が出るので延滞はしないこと

社会人が選ぶクレジットカードは、実用性と将来性を重視するべきでしょう。

社会人とはいっても、給料の金額やライフスタイルによって選ぶべきクレジットカードは大きく異なります。

下手に年会費の高いクレジットカードや利用限度額の高いクレジットカードを選ぶよりも、着実に自分の身の丈に合ったものを選ぶようにしましょう。

また、長い間使い続けることを考えて、利用状況によってゴールドやプラチナにランクアップできる育成型のクレジットカードを選ぶのもおすすめです。

自分のニーズや用途、ライフスタイルに合わせて、是非ぴったりな1枚を探してくださいね。

ポイント還元率の高いおすすめのクレジットカードまとめ|2019年9月更新