クレジットカードおすすめランキング

海外旅行おすすめクレジットカード5選|買い物やホテル、補償・保険、ポイント還元で最強を紹介

空港のイメージ

海外旅行はホテル代やショッピングなど、お金を使う機会がたくさんあります。

効率よくポイントが貯まって、便利でお得なクレジットカードがあれば、ぜひ使いたいですよね。

また海外旅行では、何かあった時の保険としてクレジットカードの補償内容も気になるところ。

今回は海外旅行時のポイントや保険について、まさに「最強カード」と呼べるおすすめのクレジットカードを紹介します。

海外旅行向けクレジットカード選びのポイント
  • ポイント(マイル)の還元率が高い
  • 海外旅行保険(損害補償)が充実している
  • 付帯サービスが充実している

※本記事の価格は全て税込みです。

海外旅行向けクレジットカードの選び方

海外旅行

海外旅行の際には、クレジットカードを持っていくことを強くおすすめします。海外でクレジットカードを持っていると、以下のようなメリットがあるからです。

  • 現地のATMでお金を引き出せる
  • ホテルなどで本人の身分証明書になる
  • 加盟店でお得に買い物や食事ができる
  • 海外旅行保険が付帯されている

クレジットカードを比較してみると、海外利用に適した内容のクレジットカードが多くあります。

ここでは、海外旅行向けのクレジットカードの選び方を紹介しましょう。

ポイント(マイル)の還元率が高い

クレジットカードによってポイント(マイル)の還元率はさまざまです。

同じ料金で買い物するのであれば、返ってくるポイントは大きいほうがお得ですよね。

次回の旅行や買い物に使えるので、ポイントは持っていれば持っているほど便利です。

数あるクレジットカードの中には、海外のショッピングやホテル、飛行機などに使うことでお得度がアップするものもあります。

ぜひとも、海外旅行でポイントやマイルの還元率が高くなる、お得なカードを選びましょう。

ポイントとマイルの違いは?

ここで、ポイントとマイルの違いについて説明しましょう。

ポイントとマイルの違い
  • ポイント:ショッピング等の付加価値として事業者が顧客に付与され、次回のショッピング等に利用できるもの
  • マイル:航空会社が行う顧客へのポイントサービスをマイレージサービスといい、マイルはそのポイント名。

マイルは「無料航空券」や「航空券の割引」「座席のグレードアップ」といったものに利用できます。

とくに航空券は時期によって航空券が獲得できるマイル数に違いがあり、場合によってはかなりお得にマイルと航空券を交換できます。

例えば、ANAマイルで行く東京から石垣島の国内航空券であれば、閑散期では17,000マイル、繁忙期では23,000マイルと6,000マイルもの差になります。

マイルは計画的に使うことによって、非常に価値あるものとなるのです。

海外旅行保険(損害補償)が充実している

海外でもしものことがあれば、日本より大変な思いをするかもしれません。

けがや病気で病院にかかったり、盗難で警察に問い合わせしようと思っても日本語でなければ大変です。

しかも日本と同程度の医療費かと思っていたら、思わぬ高額請求をされたりもします。

そんなときのために、クレジットカード付帯の海外旅行保険は充実しているものを選びましょう

もしもの時にもらえる金額が、大きければ大きいほど安心できます。

以下では、とくに大事な海外旅行保険の補償内容を説明します。

死亡・後遺障害補償

死亡・後遺障害補償は、海外旅行中にカード所持者が死亡、またはケガなどで重大な障害が残ってしまった場合に補償されます。

世界でも安全水準が高いとされる日本を出て異国の地へ行くのですから、何があるかわかりません。

自分に大変なことが起きた場合、家族が安心できるような補償内容を組んでおきましょう。

傷害治療費用補償

傷害治療費用補償は、海外旅行中にケガを負ってしまった場合の治療費用を補償します。

社会保険が充実している日本と違って、海外の医療費は比較的高いのが実情です。

「こんなに病院が高いなんて!」とショックを受けないためにも、傷害治療費用補償は考慮しておきましょう。

疾病治療費用補償

疾病治療費用補償は、海外旅行中に病気にかかってしまった場合の治療費用を補償します。

こちらも傷害治療費用補償と同じく、思わぬ高額医療費を請求されたときのためにも、内容は充実させておきたいところです。

携行品損害補償

携行品損害補償は、海外旅行中にカード保持者の持ち物が盗まれたり、壊れてしまったりした場合の補償です。

お気に入りのカメラやパソコンなど、海外旅行には持っていきたいものがたくさんあるものです。

残念ながら、日本と比べると海外の盗難事例は多く発生しています。高額商品が盗まれてショックを受けないためにも、この補償内容は重視すべきでしょう。

付帯サービスが充実している

「このクレジットカードを持っていたら、こんなサービスを受けられる」という付帯サービスの充実度も、海外旅行に持っていくクレジットカードを選ぶ上で重要です。

例えば、クレジットカードを持っているだけで、加盟店のレストランやホテルでお得に割引してもらえるといった優待があります。

ここではとくに、「こんなサービスが付帯していたら便利だ」というものを紹介します。

海外の空港ラウンジを無料で利用

クレジットカードによっては、海外の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」がついています。

空港ラウンジは飛行機の待ち時間などに、軽食やドリンク、テレビやシャワーといったサービスを受けられる場所です。

これを利用するだけで、空港の待ち時間がとても優雅でリッチになります。

出張の際の仕事場としても使えますし、ぜひとも利用したいサービスです。

なお、使える空港ラウンジはクレジットカードによって異なりますので、事前に調べておきましょう。

日本語サポート(コンシェルジュサービス)

現地の言葉がわからないと、公共サービスなどを受けられるかどうかとても心配ですよね。

そんなケースで役立つのが「コンシェルジュサービス」です。

現地のサポート機関が、ホテルや飛行機の予約や案内・問い合わせといったことを行ってくれます。

また、観光スポットの紹介や優待店舗の案内など、至れり尽くせりです。

日本語でサポートしてもらえれば、現地でも安心して旅行を楽しめますよね。

手荷物無料宅配サービス

手荷物無料宅配サービスは、空港と自宅の間を無料で宅配してくれるサービスです。

重たいスーツケースや、買いすぎてしまったお土産を運ぶのにとても便利です。

出発時は自宅から空港まで、帰りは空港から自宅まで無料で荷物を宅配してくれます。

これがクレジットカードを持っているだけで受けられるのですから、ぜひとも利用したいサービスです。

海外旅行におすすめのクレジットカード5選

それではこれまでの内容を踏まえて、海外旅行におすすめのクレジットカードを5つ紹介します。

海外旅行の頻度や、本人の嗜好に合わせてこの中からお選びいただければ、素晴らしい海外旅行を楽しめるでしょう。

海外旅行に持っていきたいクレジットカード5選
  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
  • JCBゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード
  • REX CARD(レックスカード)
  • SPGアメックスカード

あなたに合った「最強クレジットカード」を選んでみてください。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
還元率ポイント0.3%〜3%
マイル1%〜3%
年会費初年度11,000円
2年目以降11,000円
家族カード5,500円
旅行保険海外最高3,000万円(利用付帯)
国内最高2,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料935円
年会費無料
電子マネーQUICPay
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
発行期間1週間程度

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、飛行機に乗る機会が多い方・マイルを貯めたい方におすすめです。

基本のポイント還元率は1%であるものの、対象の航空会社26社と旅行代理店2社で使うとポイントが3倍になります。

1ポイントは1マイルと交換できるため、マイルも3倍ということ。

うまくマイルをためて使えば、無料の航空チケットを手に入れることも、ほかのカードと比べて簡単です。

海外旅行保険や付帯サービスも申し分なく、海外旅行に持っていくべきクレジットカード筆頭です。

【ポイントが3倍になる対象航空会社】(2019年10月時点)

  • アシアナ航空
  • アリタリア-イタリア航空
  • エア タヒチ ヌイ
  • ANA
  • エールフランス航空
  • エティハド航空
  • エバー航空
  • エミレーツ航空
  • オーストリア航空
  • ガルーダ・インドネシア航空
  • カンタス航空
  • キャセイパシフィック航空
  • KLMオランダ航空
  • シンガポール航空
  • スイス インターナショナル エアラインズ
  • スカンジナビア航空
  • スターフライヤー
  • タイ国際航空
  • 大韓航空
  • チャイナエアライン
  • デルタ航空
  • 日本航空
  • フィリピン航空
  • フィンランド航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • ルフトハンザ ドイツ航空

【ポイントが3倍になる対象旅行代理店】(2018年11月時点)

  • 日本旅行
  • アップルワールド

JCBゴールドカード

JCBゴールド

JCBゴールド
還元率ポイント0.3~1.5%
マイル0.3~1.5%
年会費初年度無料
2年目以降11,000円
家族カード1枚目:無料
2枚目以降:1,100円
旅行保険海外最高1億円(自動付帯)
国内最高5,000万円(自動付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費無料
電子マネーQUICPay
国際ブランドJCB
発行会社株式会社ジェーシービー
発行期間最短翌日

JCBゴールドカードは、「とにかく安心して海外旅行がしたい」という方におすすめです。

海外旅行保険の死亡・後遺障害補償がなんと最大1億円!今回紹介するクレジットカードの中では最大級の補償金額です。

また日本語サービスの「JCBプラザ」は、ホテルやレストラン・チケットの予約やお得な加盟店の案内、緊急時のサービスなど至れり尽くせりでとっても安心です。

海外で利用するとポイントが2倍になるという、海外旅行者にとってもうれしいサービスがあります。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード(VISA)

楽天プレミアムカード
還元率ポイント1.0~5.0%
マイル0.5~2.5%
年会費初年度11,000円
2年目以降
家族カード550円
旅行保険海外最高5,000万円(自動付帯)
国内最高5,000万円(自動付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay、楽天Edy
国際ブランドVISA、Mastercard、アメリカン・エキスプレス、JCB
発行会社楽天カード株式会社
発行期間最短3営業日

楽天プレミアムカードは、海外旅行で得たポイントを日常使いしたい方におすすめです。

というのも、楽天プレミアムカードで貯まる「楽天ポイント」はコンビニやガソリンスタンドなどさまざまな場所で使えるからです。

楽天ポイントは、日本国内でTポイントと同じく「もっとも使いやすいポイント」といえます。

基本のポイント還元率が1%であるのに加えて、定期的に海外旅行の際にポイントアップするキャンペーンも行っており見逃せません。

1楽天ポイントは、0.5マイルに変換できます。

海外旅行保険・付帯オプションについても充実しているので、安心して海外でも利用できます。

「年会費が高い」という方は、補償金額や空港ラウンジ利用回数が少し落ちるかわりに年会費2,200円で利用できる「楽天ゴールドカード」がおすすめです。

REX CARD(レックスカード)

REX CARD

REX CARD
還元率ポイント1.25%
マイル0.25%
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高2,000万円(自動付帯)
国内最高1,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドVISA、Mastercard
発行会社株式会社ジャックス
発行期間1〜2週間

REX CARD(レックスカード)は、「とにかく年会費をかけたくない」という方におすすめです。

年会費無料にもかかわらず基本ポイント還元率が1.25%で、数あるクレジットカードの中でも高水準です。

また1,500ポイントごとに、ANAマイル300マイルへ交換できます。

ポイント還元率だけでなく、海外旅行保険の補償金額も他の年会費無料カードと比べて充実しています。

学生さんでも作れるクレジットカードなので、友達と初めての海外旅行という際におすすめできるカードです。

SPGアメックスカード

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
還元率ポイント3.0%
マイル1.0〜1.25%
年会費初年度34,100円
2年目以降34,100円
家族カード17,050円
旅行保険海外最高1億円(自動付帯)
国内最高5,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料935円
年会費無料
電子マネーQUICPay
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
発行期間最短2週間

SPGアメックスカード(スターウッド プリファード ゲストアメリカン・エキスプレス・カード)は、海外旅行へ行く頻度が高い方・海外で一流のサービスを受けたい方におすすめです。

SPGアメックスカードは、世界各地でマリオットやリッツ・カールトンなどさまざまなブランドのホテルを展開する「マリオット・インターナショナル」とアメックスが提携して作られました。

年会費34,100円と比較的高いものの、それを補って余りあるサービスを受けられます。

SPGアメックスのサービス一例は以下のとおりです。

  • 一流ホテル・レストランの割引や部屋アップグレード、VIP待遇を受けられる「Marriott Bonvoyゴールドエリート」会員資格
  • 毎年カードを継続するたびに、一流ホテルの無料宿泊特典をもらえる
  • 国内の自宅から空港までの往復に、タクシーをチャーター・格安の定額料金にて送迎
  • 空港の待ち時間に手荷物を預けられるクロークサービス

基本のポイント還元率は100円につき3Marriott Bonvoyポイントで、こちらのポイントは世界各地のホテルで使えます(ホテルや時期によって価値は変動)。

さらに、マイルの還元率も最高水準の1.25%です。

3Marriott Bonvoyポイントは1マイルに変換できます。

60,000ポイントをマイルに変換すると15,000ポイントがボーナスとして上乗せされるので、75,000ポイント=25,000マイルとなるため、実質1.25%の還元率となります。

このようにSPGアメックスは海外旅行で使うメリットが大きく、多くの海外旅行好きに愛されるカードです。

海外でクレジットカードを使う際の注意点

クレジットカード払いのイメージ

最後に、海外旅行でクレジットカードを使う際の注意点を紹介します。

クレジットカードの制約は多岐にわたるので、あとから「損した」「後悔した」ということのないように、しっかりとチェックしておいてください。

海外旅行の頻度が少ないと年会費分、損する

海外旅行の頻度が少ないのであれば、高額な年会費を払ってクレジットカードを発行する必要はありません。

ポイントアップや海外旅行保険、空港ラウンジなどのサービスは、海外旅行に行ってこそ利益を享受できるもの。

海外旅行に行かないのであれば、どれだけ優待があっても意味はないでしょう。

あなたの海外旅行の頻度や使用用途に応じて、どれが適したクレジットカードなのかを選びましょう。

海外旅行保険には自動付帯と利用付帯がある

海外旅行保険には「自動付帯」「利用付帯」と呼ばれるものがあります。

これらが、どのようなものかは以下のとおりです。

  • 自動付帯:クレジットカードを所持しているだけで保険が適用される
  • 利用付帯:クレジットカードを旅行の際に使わないと(航空券の購入など)、保険が適用されない

もしもの時に補償されないといったことにならないためにも、自分のカードが自動付帯か利用付帯か、しっかりとチェックしておきましょう。

海外の加盟店が少ないと使えない場面がある

クレジットカードのブランドによって、海外で使える店舗(加盟店)と使えない店舗があります。

ブランドとしては、世界でも加盟店の多いVISAやMastercardを選ぶのが無難でしょう。

上記のおすすめクレジットカードではアメックスやJCBを紹介していますが、VISAかMastercardも追加して2枚持っていくのがおすすめです。

また海外旅行保険の補償額を引き上げたり、クレジットカードの紛失・利用限度額超えなどに対応するためにも、海外旅行のときはクレジットカード2枚持ちが推奨されます。

あなたの最強カードで最高の海外旅行を

海外旅行の際には、ポイントやマイルが貯まりやすく、海外旅行保険が充実しているクレジットカードを選びましょう。

クレジットカードによっては空港ラウンジの無料利用や、海外での日本語案内などの付帯サービスが充実しているものもあり、自分の好みに合わせられます。

最後に、もう一度海外でクレジットカードを使う際の注意点を紹介します。

海外でクレジットカードを使う際の注意点
  • 海外旅行の頻度によっては年会費分、損する
  • 海外旅行保険には自動付帯と利用付帯がある
  • 海外の加盟店が少ないと使えない場面がある

せっかく海外旅行のためにクレジットカードを発行したのに、結局損してしまったなら本末転倒です。

あなたの海外旅行の頻度や嗜好によって、クレジットカードの機能をチェックしましょう。

これさえ押さえておけば、お得で快適な海外旅行は間違いありません。

最高の海外旅行を、あなたの最強カードとともに過ごしてくださいね。