PASMO(パスモ)の使い方|初期設定からカード登録・解除方法まとめ

これ1枚をタッチするだけで、電車やバスといった交通機関に乗車できる便利なカード「PASMO(パスモ)」

交通系ICカードにはさまざまな種類がありますが、多くの人が利用していますよね。

PASMOは、関東を中心とした交通機関に導入されていますが、全国の交通系ICカードのエリアでの相互利用が可能なため、全国各地の電車やバスに乗車可能です。

今回はそんなPASMOの登録方法、設定方法、解除方法、さらには使い方まで詳しく解説していきます。

便利なICカードの使い方をマスターして、スマートな生活を手に入れてください。

アイキャッチ画像引用元:PASMO-電車も バスも PASMO

PASMOを理解しよう!
  • PASMOは全部で5種類ある
  • チャージ方法は「駅」「バス」「コンビニ」「オートチャージ」の4つ
  • PASMOの使い方は「タッチ」するだけ!
  • 使わないPASMOは解除できる

PASMOの登録方法から設定方法を解説

パスモの登録

画像引用元:PASMOを購入する|PASMO(パスモ)

PASMOはカードタイプの交通系ICカードの一種です。

そのPASMOの中にも、いくつかの種類があります。

基本的な性能や使い方はほとんど同じなのですが、微妙な違いや種類によって使える機能、使えない機能がありますので、この機会にぜひ覚えておきましょう。

PASMOの主な種類は下記の通りです。

  • 記名PASMO
  • 無記名PASMO
  • PASMO定期券
  • 一体型PASMO
  • 小児用PASMO

まずは、この5種類のPASMOそれぞれの特徴、登録方法や設定方法を解説していきます。

登録にはデポジットとして500円が必要となるので、あらかじめ用意しておきましょう。

記名・無記名PASMOの登録方法・設定方法を解説

PASMO(パスモ)PASMO(パスモ)

画像引用元:PASMOの種類|PASMO(パスモ)

記名PASMO(写真左)は、記名された持ち主のみが利用でき、登録には名前、性別、生年月日、電話番号の登録が必要です。無記名PASMO(写真右)は、誰でも使えます。

記名・無記名PASMOの登録や設定は、PASMO取扱事業者各駅の「券売機」または「窓口」で手続きを行います。

券売機での購入

まず、駅の改札付近にある券売機でのPASMOの購入手順を説明します。

なお、券売機の種類や鉄道会社によって手順は異なる場合がありますので、確認が必要です。

  1. 「PASMO」にタッチ
  2. 「PASMO新規購入」にタッチ
  3. 「記名PASMOを購入」または「無記名PASMOを購入」を選択
  4. 券売機の案内に沿って手続きを進める

窓口での購入

窓口で購入される場合は、PASMOを取扱っている駅の定期券販売窓口に行き、申込書に必要事項を記入して購入手続きを行います。

PASMO定期券の登録方法・設定方法を解説

PASMO定期券

画像引用元:PASMOの種類|PASMO(パスモ)

交通系ICカードのPASMOと定期券が一体となったタイプです。定期券としての利用はもちろん、定期券区間外の乗車にも使えます。

通勤や通学で毎日電車やバスに乗る人にとって必需品ですね。

PASMOの定期券には「鉄道定期券」と「バス定期券」の2種類があります。

鉄道定期券は取扱駅の「券売機」または「窓口」で購入できます。

バス定期券はPASMOを取り扱っているバス営業所などで購入手続きを行います。

購入方法は下記の通りです。

券売機での購入(鉄道定期券)

購入手順は、基本的に記名/無記名PASMOの購入とほとんど一緒です。

簡単に手続きを進められるかと思います。

  1. 「PASMO」にタッチ
  2. 「定期券」にタッチ
  3. 「新規購入」「継続購入」または「PASMO定期券に変更」を選択
  4. 券売機の案内に沿って手続きを進める

窓口での購入(鉄道定期券)

駅の窓口で購入する場合は「PASMO定期券購入申込書」を窓口で受け取り、必要事項を記入して購入します。

購入には「通学証明書(新規購入の場合)」「利用者本人の生年月日がわかる公的証明書等(小児用PASMO定期券の新規購入の場合)」が必要となります。

バス定期券を購入する

バス定期券はPASMO取扱事業者バス営業所等で購入手続きを行います。

手続き内容や必要書類は事業者によって異なるため、ご利用前に確認してみてください。

購入には「通学証明書(新規購入の場合)」「利用者本人の生年月日がわかる公的証明書等(小児用PASMO定期券の新規購入の場合)」が必要となります。

一体型PASMOの登録方法・設定方法を解説

一体型PASMO

画像引用元:PASMOの種類|PASMO(パスモ)

一体型PASMOは交通系ICカード「PASMO」とクレジットカード機能が一体となったタイプです。

電子マネーとクレジットカードの機能を1枚で利用することができ、さらに一体型PASMOでしかできないオートチャージにも対応しています。

一体型PASMOに対応しているクレジットカードは下記の通りです。

  • バスタウンカード
  • 京王パスポートカード
  • TOKYU CARD
  • Tokyo Metro To Me Card
  • 東京スカイツリー®︎東武カード

登録には対象のクレジットカードへの申し込みが必要となります。

各クレジットカードに申込書と必要書類などを提出し、「一体型PASMOの申込書」を駅などで受け取ります。

所定の審査を通過すれば、クレジットカード発行となり、一体型PASMOを受ければ利用開始となります。

申し込みから受け取りまでの期間は約4週間ほどです。

小児用PASMOの登録方法・設定方法を解説

PASMO(パスモ)

画像引用元:PASMOの種類|PASMO(パスモ)

12歳までの子供が使えるのが「小児用PASMO」です。小児用PASMOは、交通ICカードとして自動的に子供運賃で乗車できるので、乗る度に駅員などに「子供運賃で」などと伝える必要がありません。

紛失時の再発行も可能で、残高印字機能も備わっており、子供でも安全に使えるのが特徴です。

小児用PASMOはPASMO取扱事業者各駅の「窓口」でのみ購入できます。

駅の定期券販売窓口へ行き、「PASMO購入申込書」の必要事項を記入して手続きを行います。

また、新規購入の場合には子供の年齢が確認できる「公的証明書等」を提出しなければなりません。

証明書として有効な書類は下記の通りです。

  • 健康保険証
  • 旅券(パスポート)
  • 身体障害者手帳
  • 知的障害者療育手帳
  • 精神障害者手帳(写真付)
  • 在留カードまたは特別永住者証明書
  • 学生証(写真付)
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(写真付)

子供にPASMOを持たせる予定のある方は参考にしてみてください。

PASMOの基本的な使い方を解説(チャージ編)

パスモのチャージイメージ

画像引用元:PASMOにチャージする|PASMO(パスモ)

PASMOの基本的な使い方は「チャージ」と「タッチ」の2つです。

非常にシンプルで使いやすく、現金を使わないキャッシュレス決済が可能になるので、便利に使ってみましょう。

ここではPASMOのチャージ方法を詳しく解説していきます。

PASMOへのチャージ方法

PASMOを使うには、現金を「チャージ」しなければなりません。

チャージした金額分だけ、電車やバスの運賃や、電子マネーとして買い物に使えます。

PASMOで利用できるチャージ方法は以下の4つです。

  • 駅でチャージする
  • バスでチャージする
  • コンビニなどでチャージする
  • オートチャージ

1つ1つの方法を細かくみていきましょう。

駅でのチャージ方法

PASMOの取扱を行っている各駅の「券売機」または「チャージ機」を利用してチャージを行います。

各チャージ手順は以下のようになっています。

【券売機を使う方法】

  1. 駅の券売機にPASMOを入れる
  2. PASMOボタンを押す
  3. チャージ金額を選び、現金を投入する
  4. チャージ完了
  5. PASMOを受け取る(領収書の発行も可能)

【チャージ機を使う方法】

  1. チャージ機にPASMOを入れる
  2. チャージ金額を選び、現金を投入する
  3. チャージ完了
  4. PASMOを受け取る(領収書の発行も可能)

バスでのチャージ方法

バスでは車内でのチャージに対応しています。

バスの乗務員にPASMOへチャージする旨を伝え、運賃機からチャージを行います。

チャージ金額は1,000円単位(千円札のみ)です。

コンビニでのチャージ方法

コンビニエンスストアや一部のお店のレジでPASMOへのチャージが行えます。

チャージ方法などはお店によって異なるのですが、一般的な方法を紹介しておきます。

  1. 店員にチャージする旨を伝える
  2. チャージ金額を伝え、現金で支払う
  3. カードリーダーにPASMOをタッチ
  4. チャージ完了

次のページではPASMOでオートチャージを使う方法と実際にPASMOを使う方法、解除する方法を解説します。
PASMO(パスモ)とは?支払い方法から利用範囲までを全網羅