ドコモユーザーがdカード GOLDで生活費を支払いしたら年間約2万円お得になる話

dカード GOLDをドコモユーザー使ったら年間約2万円お得になる

dカードゴールドカードで支払う項目得するポイント(年間)
ドコモ・ドコモ光15,600
光熱費1,800
日用品・食品・雑貨12,000
合計29,400
年会費-10,000
差し引き19,400

次に、実際にdカード GOLDをドコモユーザーが使ったらどれだけ年間お得になるのか検証すると上記の表のようになりました。

今回は、なるべく日常生活の中でdカード GOLDを利用した場合のポイントを計算しています。

利用する店舗やサービスも限られていますし、使う頻度も個人差があると思うので、100%確実にお得になる金額ではありません

予めご了承ください。

年間約2万円得をするという結論に至りましたが、この金額は既に年会費を差し引いた金額となっています。

ドコモ・ドコモ光の利用料金が毎月13,000円の場合、年間15,600ポイント

ドコモの料金が毎月8,000円程度、ドコモ光が毎月5,000円の場合、ドコモで発生する費用は13,000円です。

※ドコモとドコモ光の割引によって安くなる場合もあります。

ドコモ光とドコモのポイント還元率は10%なので、13,000円毎月支払う場合、年間で15,600ポイント貯めることができます。

つまり、ドコモとドコモ光の利用料金の時点で年会費の10,000円は簡単にペイできてしまいます

光熱費が月々15,000円程度で年間1,800ポイント

dカード GOLDは、光熱費の支払いに設定をしてもポイント還元対象となります。

こちらも毎月発生する必要経費のようなものなので、是非支払い先にdカード GOLDを登録しておくべきでしょう。

ガス、水道、電気代の総額が毎月15,000円程度だとすると、dカード GOLDのポイント還元率は1.0%なので、年間で1,800ポイント貯めることができます。

日用品や食品、雑貨などを購入した金額を月100,000円で年間12,000ポイント

日用品や食品など、普段必要なものもなるべくdカード GOLDで支払いをします。

クレジットカードが使えるお店では基本的にdカード GOLDを使っていたと考えて、毎月の日用品や食品の金額を100,000円とします。

毎月1,000ポイント貯めることができるので、年間で12,000ポイントになります。

必要なものを毎月購入するだけでも、年会費分はペイできることがわかります。

年会費を差し引いて年間約2万円お得になる

以上を合計して、年会費の10,000円を差し引くと、年間約2万円得をすることがわかりました。

年会費を差し引いても、dカード GOLDを使うだけで年間約2万円浮くということは、浮いた金額で良いお店に外食をしたり、旅行費用の貯金などもできるでしょう。

dカード GOLDはドコモユーザーが使うと年間で約2万円得をする

最後に、dカード GOLDの特徴についてまとめます。

dカード GOLDの特徴
  • 年会費は10,000円
  • 通常のポイント還元率は1.0%
  • ポイントアップ対象店舗であれば2.0%に
  • ドコモ・ドコモ光の利用料金から10%還元
  • 最大3年間10万円までケータイ補償がついている

dカード GOLDは、年会費が10,000円かかりますが、日常生活の中でメインで利用するのなら年間約2万円得をするということがわかりました。

中でも非常にお得なのが、ドコモやドコモ光を利用している場合、ポイント還元率が10%以上になるという点です。

条件次第でポイント還元率が10%以上になるクレジットカードはいくつかありますが、dカード GOLDのように毎月コンスタントに固定の金額が還元されるというのは早々ありません。

それだけを考慮しても、dカード GOLDはドコモユーザーこそ持つべきクレジットカードだと言えます。

ただし、dカード GOLDはドコモの回線があってこそお得になるクレジットカードです。

ドコモの回線を長く使う場合は問題ありませんが、色々なキャリアを行き来している人やMNP検討中の人には不向きです。

この先もずっとドコモを使い続けるという人は、是非dカード GOLDの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ゴールドカードおすすめランキング|比較してあなたに最適な1枚を提案
 
dカードGOLDバナー