急げば間に合う!キャッシュレスでポイント高還元のサービスまとめ

2019年10月1日からの消費税増税に伴い、キャッシュレス・消費者還元事業が始まります。

キャッシュレス・消費者還元事業とは、2019年10月1日から2020年6月30日までの9ヶ月間、対象店舗でキャッシュレス決済をすると決済金額の2%または5%還元されるという国の施策です。

キャッシュレス決済にはクレジットカードヤプリペイドカード、電子マネー等が含まれますが、どのサービスがポイント還元率が高くておすすめなのか気になりますよね。

ポイント還元率の高いおすすめキャッシュレス決済
  • 還元率1%以上のクレジットカードによるクレジット決済
  • 特定のサービスを利用するとポイントが貯まる電子マネー
  • クレジットカードと電子マネーセットで使ってよりお得に

そこで今回は、より高いポイント還元率が期待できるおすすめのキャッシュレス決済について解説していきます。

キャッシュレス・消費者還元事業の対象となる決済方法や、それぞれのクレジットカード会社の還元方法などについても言及するので、ぜひ参考にしてください。

キャッシュレス・消費者還元事業とは?仕組み・期間・メリットまとめ

トップ画像引用元:キャッシュレスで最大5%還元:ビューカード

キャッシュレス・消費者還元事業の対象となる決済方法

画像引用元:消費者の皆様 TOP | キャッシュレス消費者還元事業

2019年10月より一部商品・サービスの消費税が10%に引き上げられます。

同時に、消費の冷え込みの予防とキャッシュレス決済の推進のため、キャッシュレス・消費者還元事業が実施されます。

この施策は、特定の加盟店(中小の店舗など)でキャッシュレス決済を行うと、2%または5%還元されるというもの。

対象となるキャッシュレス決済には、以下のようなものがあります。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • 電子マネー
  • スマホ決済

利用しているまたは利用を予定している決済方法の事業者が、キャッシュレス・消費者還元事業に参画しているかどうか確かめておきましょう。

おすすめのキャッシュレス決済

キャッシュレス・消費者還元事業の対象となる決済方法は大きく5種類あり、さらにその中に数々のサービスが存在します。

我々消費者はどの決済方法を選ぶべきなのでしょうか。

クレジットカードは必須

キャッシュレス決済の代表格、クレジットカードは必須アイテムと言えます。

お持ちのクレジットカードがキャッシュレス・消費者還元事業に参画しているか確認しておきましょう。

クレジットカードはデビットカードに比べると還元率が高い傾向にあり、キャッシュレス・消費者還元事業によって還元されるポイントと合わせれば増税前よりもお得に買い物ができる可能性があります。

また、電子マネーやスマホ決済を利用する場合にもクレジットカードを登録しておくと便利です。

ただし、クレジットカードの発行には数営業日かかるため、クレジットカードを持っていない人は増税に間に合うよう手続きを進めましょう。

この機会にスマホ決済にも挑戦してみよう!

近年急速に広がりを見せているスマホ決済。まだ利用していないという人も、増税のタイミングで利用を開始してみてはいかがでしょうか。

スマホ1台で決済が完了するため、財布を持ち歩く必要がなくなり利便性がぐんとアップしますよ。

スマホ決済の種類|Apple Pay、おサイフケータイ、QUICPayなどの違い
消費税アップでもキャッシュレス決済でお得にお買い物ができる!
  • キャッシュレス・消費者還元事業によりキャッシュレス決済でポイントが還元される
  • キャッシュレス・消費者還元事業の対象となるキャッシュレス決済方法は5つ
  • 中でもクレジットカードは必須アイテム

次のページでは、高還元率のクレジットカードを紹介します!