クレジットカードおすすめランキング

QUICPay(クイックペイ)とQUICPay+の違い|使えるカード・お店・上限額

quicpay_img16

QUICPay(クイックペイ)とQUICPay+ってどう違うの?

この記事は、そんな疑問にお答えすべく、QUICPayとQUICPay+の使えるカードや使えるお店、上限額などを比較します。

QUICPayは、使えるお店が多く利用者も多いポストペイ型電子マネーです。

そんなQUICPayに、QUICPay+が登場したことをご存知でしょうか。

QUICPayとQUICPay+、その違いはどこにあるのでしょうか。

QUICPayとQUICPay+の違い
  • 対応しているカードの種類
  • 1回のお買い物で使える上限額
  • 使えるお店の数

あわせてQUICPayと連携するおすすめクレジットカードについて解説します。

QUICPayを使おうと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

トップ画像引用元:タッチで、ラクラク!QUICPay(クイックペイ)TM|クレジットカードなら、JCBカード

QUICPayとQUICPay+の違いを比較

クイックペイ

画像引用元:QUICPayとは?|QUICPay

まずはQUICPayとはどんな電子マネーなのかおさらいしてみましょう。

  • スマホやカードをかざすだけで決済が完了する電子マネー
  • チャージ不要のポストペイ型
  • 対応するクレジットカードが必要
QUICpay(クイックペイ)とは? 支払い方法から利用範囲までを全網羅

QUICPay+は、QUICPayをより使いやすくした新たなサービスです。

そのため、QUICPay+にはQUICPayになかった要素が追加されたと思ってください。

項目QUICPayQUICPay+
支払い方法ポストペイプリペイド
ポストペイ
デビット
1回あたりの上限額20,000円まで上限なし
利用できる場所QUICPayマークを掲げるお店QUICPayマーク、QUICPay+マークを掲げるお店両方

そんなQUICPayとQUICPay+の違いについて、1つ1つ詳しく見ていきましょう。

対応するカード・支払い方法の違い

QUICPayで使えるカードはクレジットカードのみです。

QUICPayは基本的にカードに紐付いている電子マネーであり、QUICPay単体で使うことはできません。

そのため、QUICPayを使いたいならまずはQUICPayに対応しているクレジットカードの用意が必要となります。

申し込み条件を満たしていないなどの理由でクレジットカードを持てない人は、利用することができません。

一方、QUICPay+はプリペイドカードやデビットカードと紐付けることができます。

使うカードによって支払い方法が異なり、クレジットカードなら後払い、プリペイドカードなら先払い、デビットカードなら即時払いとなります。

プリペイドやデビットカードは基本的に審査がなく、クレジットカードが持てない人でも利用することが可能です。

ポイント還元率は選ぶカードによって異なる

QUICPayとQUICPay+は、いずれも利用するカードの還元率がそのまま反映されます。

そのため、利用するカードによって支払い方法だけでなく、ポイント還元率も異なります。

ポイント還元率を重視したいなら、クレジットカードがおすすめです。

クレジットカードの方がプリペイドカードよりも還元率が高い傾向にあるためです。

1回のお買い物で利用できる上限額の違い

QUICPayでは、1度に使える上限額が2万円に設定されています。

コンビニなど日常の買い物に使うだけなら上限2万円で十分かもしれませんが、最近では百貨店などでもQUICPayが使えるようになっており、高額決済が必要となる場面が出てくるかもしれません。

QUICPay+なら、1回の買い物で2万円以上使うことが可能です。

利用できるお店の数の違い

QUICPay 使えるお店

画像引用元:QUICPayの使えるお店|QUICPay

QUICPayの加盟店は多数ありますが、そのうちQUICPay+が利用できるのは一部のお店のみです。

そのため、QUICPayの方が対応しているお店の数が多いと言えます。

QUICPay、QUICPay+両方が利用できるお店の一部を紹介します。

  • ローソン
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • イオングループ
  • イトーヨーカドー
  • ウエルシア薬局
  • キリン堂
  • マツモトキヨシ
  • かっぱ寿司
  • タリーズコーヒー
  • マクドナルド

QUICPayのみ利用できるお店の一例はこちら。

  • ENEOS
  • 昭和シェル石油
  • 阪急オアシス
  • ダイエー
  • イズミヤ
  • 阪急百貨店
  • 阪神百貨店
  • LOFT
  • 松源
  • マルヨシセンター
  • さくらタクシー
  • 富士急ハイランド

QUICPay+に対応しているお店はこれまでのQUICPayを利用することも可能です。

QUICPay+対応店も増えていますが、まだQUICPayしか使えないお店も多くあります。

利用できるお店については、QUICPayの使えるお店|QUICPayを参照してください。

QUICPayとQUICPay+の違い
  • 使えるカード:QUICPayはクレジットカードのみ、QUICPay+はプリペイドやデビットカードにも対応
  • 利用上限額:QUICPayは2万円まで、QUICPay+はなし
  • 使えるお店:QUICPayの方が多く、QUICPay+は現在拡大中

次の章では、QUICPay・QUICPay+に連携するおすすめのカードを紹介します。
QUICpayの使い方|初期設定からカード登録・解除方法まとめ

QUICPayとQUICPay+に連携するおすすめカード

画像引用元:iPhoneではじめる(Apple Pay)|QUICPay

続いて、QUICPayとQUICPay+に連携するのにおすすめのカードについて解説します。

170社以上のカード発行会社がQUICPay対応カードを発行しています。

主なクレジットカードは以下の通りです。

  • アメリカン・エキスプレス
  • エポスカード
  • オリエントコーポレーション
  • JCB
  • KDDIフィナンシャルサービス
  • クレディセゾン
  • ビューカード
  • 楽天カード
  • JACCS

クレジットカードを何らかの理由で持つことができない人は、以下のプリペイドカード・デビットカードでQUICPay+を使うことができます。

  • Kyash
  • KDDI
  • JCB(プリペイドカード・デビットカード)
  • LINE Pay
  • じぶん銀行(デビットカード)
  • みずほ銀行(デビットカード)

ポイント還元率を考慮すると、基本的にはプリペイドカード・デビットカードよりもクレジットカードがおすすめです。

ここからは、QUICPayとQUICPay+に連携するおすすめのクレジットカード4枚と、プリペイドカード1枚を紹介します。

JCB CARD W

JCB CARD W

画像引用元:高いポイント還元率、年会費無料のクレジットカード JCB CARD W | クレジットカードなら、JCBカード

JCB CARD Wは、39歳以下対象のJCBカードです。

他のJCBカードよりもポイント還元率が高く、お得にポイントが貯められると定評があります。

QUICPayはJCBが発行する電子マネーなので、JCB CARD WにはさまざまなQUICPayの利用方法があります。

JCB CARD Wのポイント還元率

JCBカードのポイント還元率は0.5%ですが、JCB CARD Wは1%と他のJCBカードの2倍です。

そのため、他のJCBカードよりもお得にポイントを貯めることができます。

また、JCB ORIGINAL SERIESパートナーに指定されている優待店でカードを利用すると、通常よりもポイントが多く貯まります。

JCB ORIGINAL SERIESパートナー店舗の一例
  • セブン・イレブン:3倍
  • スターバックス:スターバックスカードへのオンライン入金で10倍
  • 小田急百貨店:3倍
  • 出光昭和シェル:2倍

このように、優待店では2〜3%ものポイント還元が受けられます。

JCB ORIGINAL SERIESパートナーについて、詳しくは公式ページをご覧ください。

QUICPayコインがおすすめ!

QUICPayコインとは、コイン型のFeliCa機能搭載QUICPayです。

コインケース等に入れられるコンパクト仕様なので、手軽に持ち運びが可能です。

ランニング中など財布が荷物になってしまう時などに、コインケースに入れる、またはリスバンドに装着するだけでQUICPayを使って買い物をすることができます。

QUICPayコインは、カード入会の手続き完了後、myJCBから申し込みを行うことで発行されます。

nanacoカードでQUICPayが使える!

裏面にQUICPayマークのついたnanacoカードをお持ちなら、そのカードでQUICPayが利用できるのもJCB CARD Wの強み。

こちらもカード入会手続き完了後、myJCBから申し込みするだけでnanacoカードでQUICPayが使えるようになります。

nanacoカードでQUICPayを使うメリットは、その利便性だけではありません。

ポイントの二重取りが可能となります。

nanacoカードを使ってQUICPay支払いをすれば、nanacoポイントが0.5%貯まるだけでなく、JCB CARD Wのポイントも貯まります。

さらに、前述したようにセブン・イレブンはJCBカードの優待店であり、3倍のポイント還元を受けられます。

つまり、セブン・イレブンでnanacoカードを使ってQUICPay支払いをすれば、3.5%もの還元が実現するのです。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

画像引用元:入会後6ヵ月間はオリコポイント還元率2%

Orico Card THE POINTは、株式会社オリエントコーポレーションが発行するクレジットカードです。

このクレジットカードは、QUICPayだけでなくiDにも対応しているという点が特徴です。

Orico Card THE POINTのポイント還元率

ショッピング利用でのポイント還元率は1%。

貯まったポイントは、dポイントやTポイントなど、たくさんの種類のポイントに交換可能なので、ポイントの使い道に迷うこともありません。

入会後6ヶ月後はポイント還元率2倍

入会後の特典も、Orico Card THE POINTの魅力です。

入会後6ヶ月はポイント還元率が2倍になります。QUICPayの利用でも同じポイント還元率です。

そのため、入会後6ヶ月間に集中して使うのもおすすめです。

au WALLETクレジットカード・au WALLETゴールドカード

画像引用元:入会お申し込み入会お申し込み

KDDIが発行するau WALLETクレジットカード・au WALLETゴールドカードは、QUICPayに対応しています。

au WALLETクレジットカードは高校生を除く18歳以上、au WALLETゴールドカードは年会費10,000円で、20歳以上の安定した継続収入のある人が申し込み対象です。

au WALLETクレジットカード・au WALLETゴールドカードのポイント還元率

au WALLETクレジットカード・au WALLETゴールドカードはいずれも通常のショッピングポイント還元率1%です。

また、QUICPayの利用金額に対しても1%還元されます。

auユーザーはさらにお得!

au WALLETクレジットカード、au WALLETゴールドカードともに、auの利用料金からもポイントが付与されます。

au WALLETクレジットカードは、ショッピング利用時の還元率と同じ1.0%ですが、au WALLETゴールドカードはなんと最大11%還元

月々の利用金額が大きい人は、年会費を上回るポイントがゲットできる可能性があります。

楽天カード

楽天カードマスターカード(パンダ)

ポイント還元率が高いと定評があるのが、楽天が発行する楽天カードです。

年会費は永年無料で手軽に持つことができるため、初めてクレジットカードを作る人にもおすすめです。

楽天カードのポイント還元率

楽天カードの通常のショッピングポイント還元率は、1%です。

さらに、楽天市場で利用するとポイント還元率が3倍になります。

そのため、QUICPayを使うだけでなく、普段から楽天を利用している人にもかなりお得なクレジットカードだといえます。

また、電子マネーはQUICPayの他に楽天Edyも利用することができます。

Kyash

about-img

画像引用元:Kyash (キャッシュ) – いつものカードがもっと便利に

おすすめではありませんが、QUICPay+を使えるKyashも紹介します。

Kyashは、クレジットカードではなくプリペイドカードです。

インターネットショッピングで使えるバーチャルカードと、実店舗で使えるリアルカードがあります。

Kyashのポイント還元率

Kyashのポイント還元率は1%です。2019年9月末までは2%でしたが、引き下げられました。

また、QUICPay利用もポイント還元対象でしたが、QUICPay利用はポイント付与対象外となってしまいました。

そのため、KyashでQUICPayを利用するメリットは現在はほぼありません。

QUICPay・QUICPay+を利用してお得にポイントゲット!

最後に、QUICPayとQUICPay+に連携するおすすめクレジットカードについてまとめます。

QUICPayとQUICPay+に連携するおすすめクレジットカード
  • JCB CARD W:セブンイレブンでのQUICPay利用が超お得
  • Orico Card THE POINT:還元率1%、入会後6ヶ月間はポイント還元率2倍
  • au WALLETクレジットカード/au WALLETゴールドカード:還元率1%
  • 楽天カード:還元率1%

QUICPayとその進化版であるQUICPay+は、使える上限額やカード、お店などが異なることがわかりました。

QUICPayの方が先にサービス開始しているので使えるお店が多いですが、2万円までしか使えないというデメリットがあります。

2万円以上使えるQUICPay+は、プリペイドカードやデビットカードと紐づけることができます。

QUICPayとQUICPay+に対応しているクレジットカードはたくさんあります。

ポイント還元率が高いカードも多いので、自分に合ったカードでお得にQUICPay・QUICPay+を使いましょう。

QUICpay(クイックペイ)とは? 支払い方法から利用範囲までを全網羅

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定