楽天カード アカデミーの学生専用ならではのメリット|楽天カードとどう違う?

楽天サービスをよく利用する学生には「楽天カード アカデミー」がおすすめです。一般の楽天カード特典に加え、学生限定特典が利用できます。学生なら楽天ポイントがザクザク貯まること請け合いです!ただし一部機能に制限があるため、デメリットをしっかりチェックしてください。
  • 2020年9月16日
  • 2020年12月28日
楽天カード アカデミー

楽天カード アカデミーは楽天カードに学生限定特典が付帯したカードです。

楽天ブックスでの書籍購入や、楽天トラベルでの高速バス予約でポイントが貯まります。楽天のヘビーユーザーである学生におすすめの1枚です。

ただ、年会費や基本のポイント還元率などは通常の楽天カードと変わりません。

そのため、「楽天カード アカデミーと楽天カードの違い分からない」という人も多いでしょう。

本記事では楽天カード アカデミーのメリット・デメリットと楽天カードとの違いをまとめました。

楽天カード アカデミーと楽天カード、どちらを作ればいいか迷っている人はぜひ参考にしてくださいね。

楽天カード アカデミーのメリット
  • 楽天ポイントがザクザク貯まる
  • 楽天ブックス・楽天トラベルの学生専用特典あり
  • 楽天学割の登録が簡単
  • キャッシュレス決済の入門に最適
  • 最高2,000万円の旅行傷害保険が付帯している

楽天経済圏でポイントザクザク!
楽天カード特集

楽天カード アカデミーの特徴・基礎知識

楽天カードアカデミー

楽天カードアカデミー
還元率ポイント1.0%~
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カードなし
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費550円
※楽天会員ランクがプラチナ以上の場合は無料
電子マネーQUICPay、楽天Edy
国際ブランドVISA、JCB
発行会社楽天カード株式会社
発行期間最短1週間

楽天カード アカデミーは学生専用の楽天カードです。18歳以上28歳以下の学生のみ申し込めます。

還元率や年会費、旅行傷害保険など基本的な機能・サービスは通常の楽天カードとほぼ同じです。

通常の楽天カードとの違いが分かりにくいかもしれませんが、実は楽天カード アカデミーには学生限定の特典が付帯しています。

学生が申し込むなら、楽天カード アカデミーがおすすめです。

一方で家族カードが発行できない、限度額が低いなど学生に合わせて制限されている機能もあります。

これからメリット・デメリットを詳しく解説していくので、通常の楽天カードとの違いをしっかり把握してくださいね。

楽天カード アカデミーの優待特典・メリット

楽天カード アカデミーの優待特典・メリットは以下の通りです。

楽天カード アカデミーの優待特典・メリット
  • 楽天市場での還元率が3倍
  • 楽天ブックス・楽天トラベルでの還元率が最大4倍
  • 楽天学割が自動付帯
  • 各種キャッシュレス決済との相性が良い
  • ポイントカード機能付きでポイントの2重/3重取りも可能
  • 海外旅行傷害保険が付帯

楽天市場での還元率が3倍

楽天市場でポイント3倍

楽天カード アカデミーを楽天市場で利用すると、ポイント還元率が3倍になります。一般の楽天カードと同じですね。

通常、楽天市場を利用すると100円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まります。還元率は1.0%です。

支払いを楽天カード アカデミーにした場合、ポイント還元率が+2倍されて3.0%にアップします。

普段から楽天市場を利用する人なら、楽天カード アカデミーを利用することでポイントをザクザク貯めることが可能です。

しかも毎月5と0のつく日はポイント還元率がさらに+2倍され、合計還元率は5.0%にアップします。

内訳倍率上限
楽天会員通常ポイント1倍なし
楽天カード利用(クレジット決済に対するポイント)+1倍なし
楽天カード利用特典+1倍5,000ポイント
5と0のつく日エントリー+2倍3,000ポイント

毎月5と0のつく日になるとキャンペーンページに「エントリーはこちら」というボタンが表示されます。

エントリーは毎回必要なので、忘れずにエントリーしてください。

楽天ブックス・楽天トラベルでの還元率が最大4倍

楽天カード アカデミー

楽天カード アカデミーには楽天ブックス・楽天トラベルを利用した際にポイントが貯まりやすくなる限定特典が付いています。

通常の楽天カードにはない、楽天カード アカデミー限定の特典です。

  • カード発行から1年は楽天ブックスのポイントが最大4倍
  • 楽天トラベルで高速バスを予約するとポイントが3倍
  • 楽天ブックスで本などをダウンロード購入するとポイントが3倍

入会初年度は楽天ブックス利用時のポイント還元率が最大4倍になります。本やDVD、CDなどをたくさん購入する人ほどお得です。

さらに楽天カード アカデミー会員の間は、楽天トラベルの高速バス予約と楽天ブックスのダウンロード購入でポイントが3倍になります。

楽天トラベルの高速バス予約、および楽天ブックスを頻繁に使う人にもおすすめです。

この限定特典は楽天カード アカデミーで支払うのが条件です。他の支払い方法だとポイント還元率がアップしないので注意してください。

楽天学割が自動付帯

楽天学割

楽天カード アカデミーを取得すると楽天学割が自動付帯されます。

楽天学割は15~25歳の人が加入できる楽天グループの学割サービスです。学割が適用されると、以下のような特典を受けられます。

  • 楽天市場送料無料クーポン1回分
  • 毎週水曜日は楽天市場・楽天ブックスの買い物が10%還元
  • 楽天ファッションの500円クーポンを毎月もらえる&ポイント2倍
  • 楽天ミュージックが30日間無料+継続で200ポイント
  • 楽天ビューティをアプリ経由の予約でポイント2倍
  • 楽天TVが1本無料
  • 楽天ブックスのダウンロード購入が常にポイント2倍

通常、楽天学割に加入するには身分証明書と学校情報を登録する必要があります。認証が完了するまで、数日待たないといけません。

楽天カード アカデミーに加入すると楽天学割へ自動登録されます。別途、申し込みをする必要はありません。

楽天学割自体は楽天カード アカデミーを申し込まなくても利用可能です。

しかし、楽天カード アカデミーを申し込んだ方がスムーズに登録できますし、さらに特典も増えてお得です!

各種キャッシュレス決済との相性が良い

楽天カード アカデミーは各種キャッシュレス決済との相性が良いのもメリットです。

  • VISAタッチ決済対応(VISAブランドのみ)
  • Edy機能を付帯できる(330円の手数料がかかる)
  • 楽天Edyと組み合わせると還元率が1.0%
  • 楽天ペイと組み合わせると還元率が1.5%
  • 楽天ペイのSuicaチャージでポイントが貯まる
  • Apple Pay・Google Pay登録でQUICPayが使える

クレジットカードのタッチ決済にスマホ決済(QRコード決済)、さらに非接触決済と幅広いキャッシュレス決済に対応しています。

楽天カード アカデミーがあれば街中での買い物からネットショッピング、公共交通機関まですべてカバー可能です。

学生さんのキャッシュレス決済デビューにもピッタリでしょう。

ポイントカード機能付きでポイントの2重/3重取りも可能

楽天ポイントカード

楽天カード アカデミーは楽天ポイントカード機能を搭載しています。

クレジットカードとポイントカードを別々に持ち運ばなくて良いので楽ですね。楽天ポイント加盟店でカードを提示すると100円につき1ポイント貯まります。

楽天ポイントの主な加盟店は以下の通りです。

  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • マクドナルド
  • すき家
  • ビックカメラ
  • コーナン
  • ツルハドラッグ
  • 出光サービスステーション など多数

学生がよく使うコンビニやファストフード店が対象なのはうれしいですね。

支払いも楽天カード アカデミーにすればポイントの2重取りができます。

さらに、楽天ポイント加盟店で楽天ペイ・楽天Edyを利用すればポイントの3重取りも可能です。

とくに楽天ペイ利用時はポイント還元率が2.5%になります。

  • 楽天カードで楽天ペイをチャージ:0.5%
  • 楽天ポイントカードとして提示:1.0%
  • 楽天ペイで支払い:1.0%

楽天カード アカデミーがあれば、実店舗でのお買い物でもポイントがザクザク貯まりますよ。

海外旅行傷害保険が付帯

楽天カード アカデミーには最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しています。年会費無料のカードで旅行傷害保険がついているのは珍しいですね。

海外旅行に行く学生にはうれしい特典と言えます。

楽天カード アカデミーの海外旅行傷害保険は自動付帯ではなく利用付帯です。

保険を有効にするためには空港までの交通費または海外旅行代金を楽天カード アカデミーで支払う必要があります。

楽天カード アカデミーのデメリット

楽天カード アカデミーのデメリットは以下の通りです。

楽天カード アカデミーのデメリット
  • 選べる国際ブランドが少ない
  • 券面デザインを選べない
  • 家族カードが発行できない
  • キャッシングは利用できない
  • 限度額が30万円と低い

選べる国際ブランドが少ない

クレジットカードの国際ブランド

楽天カード アカデミーは他の楽天カードより選べる国際ブランドが少ないです。

一般の楽天カードはVISA/Mastercard/JCB/アメリカン・エキスプレスの4つから好きな国際ブランドを選べます。

とくに年会費無料のカードでアメリカン・エキスプレスを選択できるのは貴重です。

対して、楽天カード アカデミーはVISAとJCBの2つしかありません。

Mastercardまたはアメリカン・エキスプレスを選びたい人は通常の楽天カードを選んでください。

券面デザインを選べない

楽天カード アカデミーは券面デザインを選べません。

通常の楽天カードは券面デザインが豊富です。

10種類を超えるデザインの中から、自分の好きな物を選べます。

  • 通常デザイン
  • お買い物パンダデザイン
  • 楽天イーグルスデザイン
  • ヴィッセル神戸デザイン
  • イニエスタデザイン
  • FCバルセロナエンブレムデザイン
  • FCバルセロナプレイヤーデザイン
  • ミニーマウス デザイン
  • ミッキーマウス デザイン
  • YOSHIKIデザイン
  • 楽天イーグルスデザイン

楽天カード アカデミーは通常デザインしかありません。

自分好みの券面デザインを選びたい人は楽天カードを利用しましょう。

家族カードが発行できない

楽天カード アカデミーは家族カードを発行できません。

ターゲットである学生は、結婚していない人がほとんどでしょう。家計の主な担い手になっている人も少ないはずです。

学生にとってはあまり大きなデメリットではないでしょう。

キャッシングは利用できない

楽天カード アカデミーはキャッシングが利用できません。家族カード同様、学生にキャッシングは不要という判断でしょう。

実際、金利の高いキャッシングを学生のうちから使う人は少ないでしょう。

どうしてもキャッシングを利用したい場合は通常の楽天カードを選んでください。ただし、リスクをしっかり理解した上で利用を検討してくださいね。

限度額が30万円と低い

楽天カード アカデミーは限度額が30万円と低いです。

一般の楽天カードは利用実績を積むことで最大100万円までアップします。しかし、楽天カード アカデミーはどれだけ使っても30万円までです。

社会人と比べると学生は収入が少ないため、限度額が高すぎると延滞や滞納をしやすくなります。

カード会社から見ると貸し倒れのリスクが高くなるため、限度額を低く抑えているわけですね。

学生なら普段は30万円使えれば十分でしょう。海外旅行に行く際や、家電など大きな買い物をするときだけ注意してください。

卒業後のカード切り替え

楽天カード アカデミーは卒業後に自動で通常の楽天カードへ切り替わります。

楽天カード

具体的には、卒業年の6月に有効期限を更新した通常の楽天カードが自動で届きます。別途、申し込みや手続きは不要です。

なお、切り替え時にも審査があります

審査の内容は非公表ですが、延滞や滞納をすることなく楽天カード アカデミーを定期的に利用していれば問題ありません。

逆に「作ったけど全く使っていない」「何度も料金の支払いを忘れていた」という人は切り替え時の審査に通らない可能性もあります。

卒業後も楽天カードを使い続けたい人は、楽天カード アカデミーを少額でも良いので定期的に利用するよう心掛けてください。

楽天カード アカデミー vs 楽天カード

楽天カード アカデミーと楽天カード

楽天カード アカデミーの基本的なサービスは通常の楽天カードとほぼ同じなので、違いが分かりにくいです。

そこで、楽天カード アカデミーと楽天カードの違いをまとめてみました。

項目楽天カード アカデミー楽天カード
還元率ポイント1.0%~1.0%~
マイル0.5%~0.5%~
楽天市場での利用3.0%3.0%
楽天トラベル・楽天ブックスでの利用3.0%2.0%
申込資格18歳以上28歳以下の学生(高校生を除く)
18歳以上(高校生を除く)
家族カード×
キャッシング×
限度額最高30万円最高100万円
国際ブランドVISA、JCBVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス

結論から言うと、学生がよりポイントを貯められるのは楽天カード アカデミー、クレジットカードとしての基本機能が充実しているのは楽天カードです。

楽天カード アカデミーは楽天トラベル・楽天ブックス利用時にポイント還元率がアップします。

通常の楽天カードにはない限定特典です。

楽天トラベル・楽天ブックスを頻繁に利用する学生なら楽天カードよりポイントが貯まります。

一方、楽天カード アカデミーは楽天カードと比べると制限も多いです。

  • 家族カードおよびキャッシングが利用できない
  • 選べる国際ブランドが少ない
  • 限度額が低い

1つのクレジットカードとして見ると楽天カードのほうが充実しています。

ただ、デメリットでも伝えた通り家族カードおよびキャッシングは一般的な学生なら不要です。

限度額も学生にとっては30万円あれば十分ですし、国際ブランドはサブカードでカバーできます。

よほどこだわりがない限り、学生が作るなら楽天カードよりも楽天カード アカデミーがおすすめです。

楽天カード アカデミーの審査

楽天カード アカデミーを持つには審査に通る必要があります。

学生向けのカードなので比較的作りやすいですが、審査に落ちる可能性も0ではありません。

楽天カード アカデミーの取得を検討している学生さんは、審査の内容についてしっかりチェックしてくださいね。

楽天カード アカデミーの審査基準

楽天カード アカデミーの申込資格は「18歳以上28歳以下の学生(高校生を除く)」です。28歳以下でも学生でない場合は申し込めません。

未成年の場合は親権者の同意が必要です。申し込み後に親権者に確認の電話がかかるので、事前に相談しておきましょう。

それ以外の審査基準は非公開ですが、そこまで気にする必要はありません。学生であれば、楽天カード アカデミーを作れる可能性は高いです。

収入は0でOK

他のカードと違い、収入は0でも問題ありません。学生であれば、収入が0なのはむしろ普通です。

また、大学や専門学校に通っているということは、それだけ親に経済的余裕があると判断されます。

したがって、他のカードのように収入面を理由に審査に落とされることはほとんどありません

クレヒスも不要だが携帯電話の延滞には注意

「個人信用情報(クレヒス)」についても同様です。

他のカードだとクレヒス、つまりクレジットカードを利用した実績がないと審査に通らないことがあります。

学生の場合、クレジットカードを使ったことがなくても不自然ではありません。

そのため、楽天カード アカデミーはクレヒスがない学生でも審査に通る可能性は高いです。

ただし、携帯電話の延滞・滞納があると審査に通りにくくなります。というのも、携帯電話を分割で購入した場合もクレヒスに掲載されるためです。

もし分割代の支払いを延滞すると、その情報もクレヒスに残ってしまいます。いわゆる「クレヒスに傷がついた状態」です。

携帯電話の本体を分割で購入した人は、支払いを忘れないようにしてくださいね。

楽天カード アカデミーの審査に通るコツ

楽天カード アカデミーの審査に通るコツは以下の通りです。

楽天カード アカデミーの審査に通るコツ
  • 氏名や電話番号などの項目を正確に入力する
  • 多重申し込みをしない

氏名や電話番号などの項目を正確に入力する

楽天カード アカデミーを申し込む際は、氏名や電話番号といった情報を正確に入力しましょう。

入力項目に間違いがあると、審査に通りません。

また、未成年の場合は親権者の電話番号を正しく入力しないと同意確認の電話がこないため、審査に落ちてしまいます。

氏名や電話番号は確実に入力するようにしてください。

多重申し込みをしない

クレジットカード

楽天カード アカデミーを作る際は多重申し込みを避けてください。

多重申し込みとは、短期間に複数のクレジットカードを申し込むことです。

短期間にクレジットカードを申し込み過ぎると「お金に困っているのか」「入会特典目当てではないか」と疑われます。

とくに収入が少ない学生がたくさんカードを作ろうとすると不信に思われ、審査に落ちやすいです。

楽天カード アカデミーの前に他のカードを申し込んでいる場合、最低でも1ヶ月以上空けてから申し込みましょう

楽天カード アカデミーがおすすめなのはこんな方

楽天カード アカデミーは次のような人におすすめです。

楽天カード アカデミーがおすすめの人
  • 楽天市場や楽天トラベル、楽天ブックスを頻繁に利用する学生
  • 家族カードやキャッシングは不要な人

楽天市場や楽天ブックスを頻繁に利用する学生には楽天カード アカデミーがおすすめです。

楽天トラベル(高速バス予約)と楽天ブックスのポイント還元率アップ特典は通常の楽天カードにはありません。

楽天カード アカデミーを作れるのは学生だけの特権です!

楽天カードと比べると、楽天カード アカデミーは家族カードやキャッシングが使えないというデメリットがあります。

しかし、学生の場合は家族カードやキャッシングは基本的に不要でしょう。

一般的な学生なら、楽天カードと比べてもこれといったデメリットはないと言えますね。

学生は楽天カード アカデミーでポイントを貯めよう

以上、楽天カード アカデミーのメリット・デメリットを解説しました。

楽天カード アカデミーのメリット
  • 楽天ポイントがザクザク貯まる
  • 楽天ブックス・楽天トラベルの学生専用特典あり
  • 楽天学割の登録が簡単
  • キャッシュレス決済の入門にも〇
  • 最高2,000万円の旅行傷害保険が付帯している

楽天市場でのポイントの貯まりやすさや海外旅行傷害保険などは通常の楽天カードと同じです。

楽天カード アカデミーは楽天ブックス・楽天トラベルの利用でポイントが貯まりやすい限定特典が付いています。

楽天のサービスを頻繁に利用する学生さんなら、楽天ポイントを効率よく貯めることが可能です。

通常の楽天カードと比べると家族カード・キャッシングは利用不可、限度額が低いなどのデメリットもあります。

しかし、学生なら家族カードやキャッシングは学生なら不要ですし、限度額も30万円あれば十分でしょう。

学生が楽天カードを申し込むなら、限定特典がついた楽天カード アカデミーがおすすめです。