楽天カードとおサイフケータイの登録設定方法と上手なポイントの貯め方

楽天カードはポイント還元率が非常に高く、幅広い人々から支持を得ているクレジットカードです。

日常のお買い物で効率良く楽天スーパーポイントを貯めるためにも、スマホ決済を活用しましょう。

決済アプリで楽天カードを利用する方法
  • おサイフケータイで使う電子マネーのチャージ先に楽天カードを設定する
  • 楽天カード×楽天Edyは相性抜群!
  • 楽天カードをApple Payに登録する

現在急激に普及が進んでいるスマホ決済。

昔からあるサービスとしておサイフケータイがありますが、最近ではAppleが運営するApple Pay、Googleが運営するGoogle Payなども利用者が増えています。

こうしたスマホアプリを介して利用する電子マネーのチャージ先に楽天カードを設定することで、ポイントが効率良く貯まります。

この記事では、楽天カードをスマホ決済で利用する方法と、上手にポイントを貯める方法について解説をしていきます。

トップ画像引用元:クレジットカードのお申し込み|楽天カード

楽天カードをおサイフケータイに登録することはできる?

楽天カードマスターカード(パンダ)

おサイフケータイそのものにクレジットチャージを設定することはできません。

そのため、楽天カードは各電子マネーと紐付け、おサイフケータイを利用することになります。

この章では、楽天カードを電子マネーのチャージ先として設定する方法と、おすすめの使い方について解説します。

おサイフケータイって?

おサイフケータイは、Androidスマホで利用できるスマホ決済アプリです。

FeliCaと呼ばれるICチップを機械に読み込ませることで決済ができるという仕組みです。

おサイフケータイで利用できる電子マネーは以下の7種類。

  • iD
  • QUICPay
  • 楽天Edy
  • WAON
  • モバイルSuica
  • nanaco
  • モバイル スターバックス カード

電子マネーのチャージ先に楽天カードを登録

iD、QUICPay以外の電子マネーはプリペイド型(先払い)なので、チャージをしておかないと使うことができません。

楽天カードのクレジットカード機能をおサイフケータイで使うことはできませんが、電子マネーのチャージ先として設定することはできます。

楽天カードでチャージするなら楽天Edyを使うのがおすすめ!

おサイフケータイで利用できる電子マネーは複数ありますが、中でも楽天カードで使うのなら楽天Edyをおすすめします。

名前の通り、楽天カードと同じく楽天グループが運営している電子マネーであり、楽天カードでチャージをすると楽天スーパーポイントが獲得できます。

楽天カードによるチャージで0.5%のポイントが還元され、さらに楽天Edyを利用したときにも還元率0.5%でポイントが還ってきます。

つまり合計1.0%のポイント還元率。電子マネーの利用でここまでの高還元率は珍しいです。

またクレジットカードの多くは電子マネーのチャージに対するポイントはつかないため、楽天カードは貴重です。

楽天Edyと楽天カードをおサイフケータイに登録する方法

楽天Edyと楽天カードをおサイフケータイに登録する方法は下記の通りです。

  1. 楽天Edyアプリまたはサイトにログイン
  2. チャージ設定からクレジットカードを選択
  3. クレジットカード情報の登録
  4. おサイフケータイのアプリを開いて楽天Edyを選択し、ログイン

クレジットカードを新規登録した後は、すぐにチャージできません。

登録した翌日の正午以降にチャージが可能となります

チャージが可能となれば、アプリ上でチャージから利用金額の確認まで行えます。

楽天カードはApple Pay利用もおすすめ

iPhone版のおサイフケータイとも言えるサービスが、Apple Payです。iPhone7以降及びApple Watch Series2以降の機種で利用できます。

おサイフケータイと異なり、Apple Payならアプリに楽天カードを直接登録することができます。

Apple Payに楽天カードを登録する方法

  1. Walletアプリを起動
  2. 「+」をタップしクレジット/プリペイドカードを選択
  3. 楽天カードを読み込む
  4. セキュリティコードの入力
  5. 認証コードを入力すれば完了

また、楽天カードアプリからもApple Payの設定が行えます。

おサイフケータイのようにプリペイドではなく、ポストペイ(後払い式)となるため、チャージの手間はかかりません

支払いはQUICPayで

楽天カードを登録したApple Payでは、QUICPayで決済を行うことになります。

QUICPayは加盟店が多いため、全国のあらゆるお店で使うことができます。

決済時はiPhoneを機械にかざし指紋認証または顔認証を行います。

Apple Payを利用した場合のポイント加算

Apple Payで楽天カードを利用すると、100円につき1ポイントが貯まります。

つまり還元率は1.0%。おサイフケータイで楽天Edyを使った場合と同様です。

チャージする手間がない分、Apple Payのほうが使い勝手が良いと感じるかもしれません。

楽天カードでスマホ決済する方法
  • おサイフケータイで利用する電子マネーのチャージ先に楽天カードを登録
  • 楽天カードでチャージするならポイントが貯まる楽天Edyがおすすめ
  • iPhoneユーザーはApple Payで楽天カードを利用するのもお得!

次のページでは、改めて楽天カードの魅力に迫ります!
楽天カードとApple Payの登録設定方法と上手なポイントの貯め方