クレジットカードおすすめランキング

楽天カードで家族カードを作るメリットは家族間でポイント移行できること

楽天カード

楽天カードを持つ家族がいる人は、家族カードの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

楽天カードの家族カードは、収入の安定しない学生や主婦でも発行することができます。

また、家族間でポイントが移行できる、家計管理がラクになる、入会キャンペーンで2,000円相当のポイントがもらえるなどのメリットがあります。

この記事では楽天カードで家族カードを発行するメリットと、注意点について詳しく解説します。

楽天カードの家族カードはメリット多数!
  • 楽天カードは家族間でポイント移行が可能
  • 移行できるポイントは通常ポイントのみ
  • 家族カードは無収入の学生や主婦でも発行できる
  • 家族カードがあると家計管理がラクになる
  • 入会キャンペーンで最大2,000ポイント獲得可能!

※本記事の価格は全て税込みです。

画像引用元:楽天カード:お得なクレジットカード ポイントがザクザク!年会費無料

楽天カードの家族カード

楽天カードでは、本カード1枚につき家族カードを5枚まで発行することができます。

発行条件は「生計を同一にする配偶者、親、子ども(18歳以上、高校生不可)」です(※ゴールドカード以上は20歳以上の家族が対象)。

アルバイト学生や年金暮らしの親など、審査に通らない可能性がある人も、家族カードなら利用できます。

カード種類ごとの家族カード年会費は次のとおりです。

カード名年会費
楽天カード無料
楽天ゴールドカード550円
楽天プレミアムカード550円
楽天ブラックカード
※インビテーション制
2枚目まで無料

なお、楽天銀行カード、楽天カードアカデミー、楽天ビジネスカードでは家族カードを発行できません。また、家族カード会員の家族に対し発行することもできません。

楽天カード「家族でポイントおまとめサービス」とは?

楽天カードの家族でポイントおまとめサービス

画像引用元:家族でポイントおまとめサービス 家族でポイント集約!|楽天カード

楽天カードの家族カードを発行する最大のメリットとも言えるのが、『家族でポイントおまとめサービス』です。

楽天カードの家族でポイントおまとめサービスとは、本カード会員と家族カード会員間でポイントを自由に移行できるサービスです。

楽天ポイントカード機能のついていない家族カードを発行した場合、家族カードで利用した分のポイントは、本カード会員のポイント口座にまとめて付与されます。

本カード会員と家族カード会員のポイントをまとめられるのはメリットでもありますが、家族カード会員にとっては自分で貯めたポイントを自由に使えないのはデメリットにもなり得ます。

そこで「家族でポイントおまとめサービス」の出番です。これで家族カード会員もポイントを使えるようになります。

なお、家族でポイントおまとめサービスは、家族カードを発行できるすべての楽天カードで利用できます。

家族でポイントおまとめサービスの利用条件

家族でポイントおまとめサービス

画像引用元:家族でポイントおまとめサービス 家族でポイント集約!|楽天カード

家族でポイントおまとめサービスの詳細は次のとおりです。

項目内容
対象カード下記のカードと、それに紐づく家族カード
・楽天カード
・楽天PINKカード
・楽天ANAマイレージクラブカード
・楽天プレミアムカード
・楽天ゴールドカード
・楽天ブラックカード
サービス対象者本カード⇔家族カード
または本カード会員が同一の家族カード⇔家族カード
ポイント移行条件50ポイント以上、1ポイント単位
※上限は月間10,000ポイント
移行可能ポイント通常ポイント

本カード会員から家族カード会員へポイントを移行することができます。逆も然りです。

また、本カード会員が同じ家族カード会員同士でもポイントのやりとりができます。

ただし、移行できるのは通常ポイントのみです。キャンペーンで獲得した『期間限定ポイント』や他社ポイントから交換した楽天ポイントは対象外です。

家族でポイントおまとめサービスの利用方法

ポイントの移行は会員サイト『楽天e-NAVI』から簡単に手続きができます。

「お申込み(カード/サービス)」から、「家族でポイントおまとめサービス」を選択してください。

楽天カードナビ家族でポイントおまとめサービス

画像引用元:楽天e-NAVI: 家族でポイントおまとめサービス|各種お申し込み

手続き完了後、3日以内にポイントの移行が完了します。

参考:楽天ポイントカード機能付きカードもある

楽天ポイントカード付きカード

画像引用元:手持ちのカードに楽天ポイントカード機能がついているかどうか確認したい。 | 楽天カード:よくあるご質問

なお、楽天カードには楽天ポイントカード機能が付いているものもあります。家族カードにも楽天ポイントカード機能が付けられます。

楽天ポイントカード機能付きの場合、還元されるポイントは紐付いている楽天IDに付与されます。

家族でポイントおまとめサービスを使わずに、家族会員自身が直接ポイントを貯めたい場合、楽天ポイントカード機能付きを選びましょう。

楽天カードで家族カードを作る3つのメリット

楽天カードで家族カードを作るメリットは、家族でポイントおまとめサービスだけではありません。下記のようなメリットがあります。

  • よりポイントが貯まりやすくなる
  • 学生や専業主夫/主婦も原則審査不要で発行できる
  • 家計管理がラクになる

よりポイントが貯まりやすくなる

楽天ポイントのイメージ

画像引用元:楽天ポイント ザクザク貯まって使える|楽天カード

楽天カードでは、家族カードの利用でもポイントが貯まります。還元率は本カード会員と同一。100円ごとに1ポイント貯まり、1ポイントは1円として利用できます。

さらに、楽天カードでは楽天市場でのポイントボーナスが獲得できます。家族カードを使って楽天市場でショッピングすると、最低でも3.0%還元されます。

家族みんなで日用品等を楽天市場で購入すれば、あっという間にまとまったポイントが貯まるでしょう。

前述した家族でポイントおまとめサービスを活用すれば、まとまったポイントを高額の商品購入代金に充てることだってできます!

学生や専業主夫/主婦も原則審査不要で発行できる

学生や専業主夫/主婦など、一般的にクレジットカードを発行しにくい方でも家族カードなら発行できる可能性が高い点もメリットと言えます。

家族カードは、本カード会員の信用を元に発行されます。そのため、家族カード発行にあたって原則審査はありません。

発行条件さえ満たしていれば、クレジットカード審査に落ちやすいアルバイト学生や専業主夫/主婦などでもクレジットカードを持つことができます。

ただし、本カード会員が支払遅延や延滞などを繰り返し、信用情報に傷がついている場合などは家族カードを発行できない場合もあるので注意しましょう。

家計管理がラクになる

家族カードで利用した分は、本カード会員がすべてチェックできます。また、本カード会員の口座からまとめて引き落とされるため、家計管理がラクになります。

たとえば、クレジットカードを初めて持つ未成年の子どもに渡す場合、使い道や使いすぎに少々不安がありますよね。

家族カードでお買い物をした分の利用明細は、本カード会員がまとめて確認できます。会員サイト楽天e-NAVIからいつでも確認可能です。

そのため、大学生になったばっかりの子どもなどに持たせても安心できるでしょう。

また、「生活費は楽天カードで」などのルールを家族で共有すれば、家計の管理が一層簡単になります。

楽天カードの家族カードは、家族会員名義の金融機関口座を登録することができません。

お財布を別にしている場合などはデメリットにもなり得ますが、本カード会員の口座からまとめて引落とされることによって家計の管理がラクになるでしょう。

家族カード発行時の2つの注意点

確認する男性

次に、家族カードを発行する前に知っておくべき2つの注意点について解説します。

  • 利用限度額は本カード会員+家族カード会員合算
  • 家族カード会員はETCカードを発行できない

利用限度額は本カード会員+家族カード会員合算

家族カードの利用枠は、本カード会員の利用限度額内です。

たとえば、本カード会員に付与された利用限度額が30万円だとします。本カード会員が20万円分を使った場合、家族カード会員の利用枠は残りの10万円分になるということです。

つまり、利用枠を共有しているカード会員の誰かがカードを使い過ぎてしまうと、他のカード会員が使える金額が少なくなってしまいます。

家族カードを発行する際は、あらかじめ「カードの利用は1人につき、1ヶ月●万円までにしよう」などと話し合っておくことをおすすめします。

家族カード会員はETCカードを発行できない

楽天カードの家族カードはETCカードを発行することができません。

楽天カードでETCカードを発行できるのは、本カード会員1枚につき1枚までです。

車を複数台所有している場合など、「もう1枚ETCカードが欲しい」という理由で家族カードを発行しても、ETCカード発行の対象ではないので注意しましょう。

もしETCカードが複数枚欲しい場合は別のクレジットカードを発行するか、楽天カードの本カードを新たに1枚発行する必要があります。

楽天カードの家族カード発行方法

楽天カードで家族カードを発行する方法は2つあります。

  • 新規発行時に家族カードの発行を申請
  • 本カード発行後に楽天e-NAVIにて申請

新規発行時に家族カードの発行を申請

楽天カードを持っていない場合、新規申し込み時に追加カードとして家族カードを発行申請することができます。

この方法で申込む場合、新規申込者である本カード会員が審査に落ちると、家族カードも発行されることはありません。

つまり家族カードだけ発行されるということはあり得ないということです。

本カード会員が審査に通過すること、家族カード会員資格を満たすことが家族カード発行の条件となります。

本カード発行後に楽天e-NAVIにて申請

すでに楽天カードを持っている場合、会員サイト楽天e-NAVIから家族カードの発行を申込むことができます。

楽天カードの家族カード申し込みのイメージ

画像引用元:楽天e-NAVI: TOP

すでに審査をクリアした本カード会員に対して発行するため、これだけの手続きで簡単に発行できます。

ただし、前述したように本カード会員が支払いの遅延・延滞などをしている場合、カード会社の判断で家族カードを発行しないおそれもあります。

支払いは滞りなくおこないましょう。

家族カード入会キャンペーンで最大2,000ポイントゲット!

楽天カードの家族カード入会キャンペーンのイメージ

画像引用元:家族カード入会&利用でポイントプレゼント|楽天カード

楽天カードでは、家族カードを発行することで最大2,000円相当のポイントを獲得できます!

このキャンペーンは常時開催されています。今から家族カードを申込んでも発行しても入会キャンペーンの対象になります。

年会費無料の楽天カードであれば家族カードも年会費無料ですから、発行して損はありませんね。

家族カード入会キャンペーンの条件

楽天家族カードの入会キャンペーン

画像引用元:家族カード入会&利用でポイントプレゼント|楽天カード

家族カードの入会キャンペーンで最大2,000ポイントを獲得するための条件は次のとおりです。

条件特典ポイント
楽天e-NAVIに登録&受取200ポイント
カード発行翌月末までに1円、1回以上の利用1,800ポイント

いずれも簡単にできることなので、達成のハードルはかなり低いです。

このうち、楽天e-NAVI登録特典の200ポイントは家族カード会員へ、家族カード利用特典の1,800ポイントは本カード会員へ付与されます。

家族カードが届いたら、まずは会員サイト楽天e-NAVIに家族カード会員の楽天ID、パスワードで利用開始手続きをしましょう。

楽天e-NAVIの利用開始手続きが完了したら、楽天e-NAVIから200ポイントを受取れます。

次に、家族カード発行日の翌月末日までに家族カードで1円、1回以上の利用をすると、1,800ポイントが獲得できます。

こちらのポイント進呈日は家族カード発行日から3ヶ月後と少し遠いので、気長に待ちましょう。

家族カード入会キャンペーンの注意点

入会キャンペーンで最大2,000ポイントはかなり嬉しい特典ですが、下記の3点については注意しましょう。

  • 獲得期間を過ぎるとポイントがもらえない
  • 条件対象外に注意
  • 付与されるポイントは『期間限定ポイント』

獲得期間を過ぎるともらえない

家族カード入会キャンペーンポイントの獲得条件は簡単ですが、先延ばしにしているとポイントをもらえない可能性があります。

特典ごとの対象期間は下記のとおりです。

特典対象期間
楽天e-NAVI登録特典:200ポイントカード発行日の翌月25日までに楽天e-NAVIで要受取り
家族カード利用特典:1,800ポイント家族カード発行日の翌月末日までに1円、1回以上の利用

上記のとおり、対象期間は最低でも1カ月ほど。余裕はありますが先延ばしにしていると忘れてしまう可能性があるので、早めに条件を達成しておきましょう。

条件対象外に注意

家族カード利用特典で、カード発行の翌月末までに1円、1回以上のカード利用で1,800ポイントがもらえるのはかなり条件が簡単ですよね。

ただし、下記の場合は条件達成の対象外になるので注意しましょう。

  • 楽天市場や楽天ペイなどでのポイント利用分
  • キャッシングの利用分およびATM手数料
  • 明細書発行費用
  • カード年会費および、楽天PINKカードの月額サービス料
  • 楽天Edy発行費用

コンビニやスーパーなど、普段のお買い物時に家族カードを使えば問題ありません。

付与されるポイントは『期間限定ポイント』

家族カード入会キャンペーンで獲得できる2,000ポイントはすべて『期間限定ポイント』です。

ポイントの有効期限は約1カ月ほどと短いため、獲得したら有効期限を迎える前に使い切ってしまいましょう。

また、期間限定ポイントのため『家族でおまとめポイントサービス』を利用することができません。

前述のとおり、楽天e-NAVI登録特典の200ポイントは家族カード会員へ、家族カード利用特典の1,800ポイントは本カード会員へ付与されます。

これらのポイントは家族間で移動することができないので、付与されたカードで使い切ってしまいましょう。

楽天カードの家族カードで家計管理をスムーズに!

楽天カードの家族カードはメリット多数!
  • 楽天カードは家族間でポイント移行が可能
  • 移行できるポイントは通常ポイントのみ
  • 家族カードは無収入の学生や主婦でも発行できる
  • 家族カードがあると家計管理がラクになる
  • 入会キャンペーンで最大2,000ポイント獲得可能!

楽天カードで家族カード発行を考えているのであれば、一度試しに発行して使ってみることをおすすめします!

入会キャンペーンで2,000円相当のポイントを獲得することができ、メリットはあってもデメリットはないでしょう。

一般カードの楽天カードなら年会費は一切かけず発行できますし、使ってみて不要と感じればコンタクトセンターへの電話1本で解約可能です。

家族カードでポイントの貯まりやすさ、家計管理の簡単さを実感してみてください!