楽天ペイのお得な使い方を解説|ポイント還元率最大3.5%のテクニック

楽天ペイは楽天が取り扱うキャッシュレス決済アプリです。

スマホでクレジットカード払いができ、利用するたびに楽天スーパーポイントが貯まるのが主な特徴です。

楽天ペイのお得な使い方
  • 楽天ペイ利用でポイント還元率0.5%
  • 支払い先に設定しているカードのポイントも貯まる
  • ポイント還元率の高いカードを上手く使えば還元率3.5%も
  • Kyashリアルカードと楽天カードを上手く使おう

今回はそんな楽天ペイのお得な使い方について解説します。

楽天ペイは、クレジットカードやポイントカードと併用するとかなりお得にポイントが貯められるサービスです。

上手く利用して毎日のショッピングをよりお得にしましょう。

トップ画像引用元:「楽天ペイ-カード払いをアプリひとつで」をApp Storeで

楽天ペイってどんなサービス?

まずは楽天ペイのサービスについて確認してみましょう。

すでに楽天ペイを利用している人は「知ってるよ」な内容かと思いますが、これから楽天ペイを使おうと考えている人は一体どのようなサービスがなのかチェックしてみてください。

楽天ペイでできること

画像引用元:楽天ペイ: カード払いをアプリひとつで

楽天ペイを使えば、以下のようなことができます。

  • スマホでカード決済
  • 家族や友人へ楽天キャッシュを送れる
  • 楽天スーパーポイントを貯められる

また、楽天ペイで決済する方法は下記の3つです。

  • QR決済
  • コード決済
  • セルフ決済

お店によって方法は異なりますが、QRコード・バーコードを読み取ってもらう、あるいはお店のQRコードを読み取るのが基本的な方法です。

楽天ペイを使えば、お財布を出すことなくものの1秒ほどで決済が完了します。

支払い方法はクレジットカード・デビットカードまたはプリペイドカードのみ

楽天ペイの支払い方法は、クレジットカード・デビットカード・プリペイドカードのいずれかです。

対応国際ブランドは以下の6つ。2018年から2019年にかけて4ブランドが追加され、数あるスマホ決済サービスの中でも最多の対応ブランド数となっています。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express(アメックス)
  • Diners Club
  • Discover

楽天ペイ利用によるポイント還元率は0.5%│キャンペーンでポイントアップも

楽天ペイ利用によるポイント還元率は0.5%です。

200円の支払いごとに楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。200円以下は切り捨てになるので注意してください。

ポイントアップキャンペーンも時々行われるので、そのような機会を逃さないようにしたいですね。

楽天ペイ加盟店は年々増加

画像引用元:楽天ペイ: カード払いをアプリひとつで

楽天ペイは、限られた加盟店でしか使えません。

以下は、利用できるお店の一例です。

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • ウェルシア
  • 松屋
  • エディオン
  • ケーズデンキ
  • Joshin
  • AOKI
  • Right-on
  • ピザーラ
  • 魚民
  • 笑笑
  • ジャンカラ
  • ジュンク堂書店

コンビニからドラッグストア、家電量販店、スーツ販売店、カラオケ、居酒屋など幅広く利用することができます。

楽天ペイを使うなら楽天会員IDが必須

楽天ペイを使う時に必要なものは下記の通りです。

  • 楽天会員ID
  • 支払いに使うクレジットカード・デビットカードまたはプリペイドカード

コンビニレジや銀行口座からのチャージには対応していません

必ずクレジットカードかデビットカード、またはプリペイドカードの用意が必要となります。

楽天ペイってどんなサービス?
  • スマホ決済、ユーザー間での送金、ポイントが貯まるキャッシュレス決済サービス
  • お店でバーコードを読み取るだけで決済が完了する
  • クレジットカード・デビットカード・プリペイドカードのいずれかが必要

次のページでは、楽天ペイでポイントを賢くゲットする方法について解説します!
スマホ決済の種類|Apple Pay、おサイフケータイ、QUICPayなどの違い