クレジットカードおすすめランキング

楽天カードとApple Payの登録設定方法と上手なポイントの貯め方

rakuten_card_eyecatch

Apple PayはiPhoneで使えるおサイフケータイとして、既に重宝している人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなApple Payで楽天カードを利用するための方法について紹介します。

楽天カードをApple Payで使う場合のポイント
  • Walletアプリから楽天カードを読み込むだけで登録できる
  • 「Apple Payでお願いします」は通用しない
  • iPhoneをかざすだけでクレジットカード決済ができるのでクレジットカートを持ち歩く必要がない
  • 不必要にクレジットカード情報を店舗と共有する必要がないため、情報漏えい防止にも役立つ

Apple Payは、Androidスマホのおサイフケータイと異なり、クレジットカードも登録してiPhoneをかざすだけで使うことができます。

相当営業しているのかApple Payが使えるお店も増えてきているので、キャッシュレス化に備えて使いこなしたいところです。

今回は、Apple Payの登録方法の他に、楽天カードで上手にポイントを貯めるコツもお伝えするので是非参考にしてください。

Apple Payに登録するおすすめクレジットカードと設定方法

楽天カードとApple Payの登録設定方法について

まず、楽天カードとApple Payの登録設定方法について解説します。

Apple Payで楽天カードを登録する方法は下記の通りとなります。

  1. Walletアプリを開く
  2. Walletアプリの右上にある「+」のマークをタップ
  3. 次の画面になったら「続ける」をタップし、「クレジットカード/プリペイドカード」を選択
  4. 枠内に楽天カード入れてカード情報を読み込む(手入力でも可)
  5. 手順に沿って進めていけば登録完了

iPhoneで既にApple Payを使ったことがある人は、今まで通りに登録するだけで問題ありません。

楽天カードを読み込むだけで簡単に登録できますし、手入力の場合でも3分あれば十分登録が可能です。

iPhoneをかざすだけで使えるのでクレジットカードを持ち歩く必要がない

ApplePay

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple Payの利点は、iPhoneをかざすだけでクレジットカードが使えるという点です。

そのため、クレジットカードを持ち歩く必要がなく、万が一財布が紛失・盗難に遭った時にも不正利用のリスクを軽減させることができます。

Apple Payが使えるお店でないと、Apple Payでクレジットカード支払いができないので注意しましょう。筆者はそれで何回もミスをして少し恥ずかしい思いをしました。

また、Apple Payでクレジットカードを使う時は、「Apple Payでお願いします」と言っても通じません。

「クレジットカードでお願いします」と言ってiPhoneを出せば使うことができます。

Suicaを通じて楽天カードを利用することも可能

Apple PayではSuicaを使うこともできます。

Suicaのチャージ先に楽天カードを設定して、間接的にApple Payで楽天カードを利用することもできます。

Suicaのチャージ先に設定するには、モバイルSuicaから設定しなければいけないので注意しましょう。

Apple Payで利用するとクレジットカード情報が店舗に共有されないので安心

Apple Payでクレジットカードを利用しても、店側にはApple Pay支払いと表示されるだけでクレジットカード会社やユーザー情報が共有されることがありません

そのため、情報漏洩のリスクを軽減させることができます。

もちろん、Apple側もクレジットカード情報を保存しているわけではないので、セキュリティ面はかなり安心だといえます。

楽天カードとApple Payの登録設定方法について
  • Walletアプリを開いて「+」をタップする
  • 楽天カードを読み込む、または手入力で情報を入力して登録する
  • Apple Pay対応店舗ならクレジットカードを持ち歩く必要はない
  • Apple Payならクレジットカード情報が店舗に共有されることがないので情報漏えい防止になる

楽天カードの概要について

楽天ゴールドカード(JCB)

次に、楽天カードの概要について解説します。

楽天カードをApple Payで使う場合も、楽天カードの本来のポイント還元率やサービス内容は変わらないので安心してください

楽天カードの基本情報は下記の通りです。

[table “1” not found /]

楽天カードの特徴は、クレジットカードの作りやすさです。

また、18歳以上であれば誰でも申し込むことができるので、学生や主婦、フリーターの人でも手に入りやすいクレジットカードといえるでしょう。

年会費は永久無料

年会費は永久無料です。

ちなみに、楽天カードはゴールドにランクアップしても年会費が2,000円程度なのでかなり安いクレジットカードとしても定評があります。

年会費の安さはサービス内容が充実していない証拠といわれることもあります。

しかし、楽天カードはクレジットカード最強と言われるほどにポイント還元率が高く、年2回は空港ラウンジを無料で使うこともできます

年会費無料のクレジットカードでは、申し分ないサービス内容だと思われます。

初めて作るならこれ!年会費無料のおすすめクレジットカードまとめ

申し込み条件について

申し込み条件については下記の通りです。

  • 18歳以上(主婦・学生可)
  • アルバイト・パートでも可

簡単な話、18歳以上なら誰でも申し込みができます。

年収等の制限もないので、主婦や学生でも持つことができるでしょう。

尚、楽天カードはネットで「職業『忍者』でも通る」といわれているクレジットカードですが、実際にやるとほぼ確実に審査に落ちるのでやらないでください。

あまりに適当なことを書いていると、情報の信憑性が疑われ、今後のクレジットカードの契約に支障が出る可能性も0ではありません。

審査基準は?作りやすいクレジットカードとして定評がある

楽天カードは、作りやすいクレジットカードといわれています。

だからこそ、職業を忍者と書いても通るといわれているのかもしれません。(実際は落ちます)

そのため、他のクレジットカードがダメだった人でも、楽天カードでは作れたという人もいるようです。

もちろん、ブラックリスト入りしている場合は完全に落ちてしまうと思いますが、ブラックリスト入りしていないようであればまだチャンスがあります。

他のクレジットカードで落ちてしまった人も、是非1度試してみてはいかがでしょうか。

次の章では楽天カードのメリットについて解説します。

楽天カードのメリット

次に、楽天カードのメリットについて解説します。

この記事を読んでいる人は、既に楽天カードを持っている人が多いかもしれませんが、もう一度楽天カードにはどのようなサービスや特典があるのか見ていきましょう。

ポイント還元率最強といわれているだけあって、かなりお得に運用することができるクレジットカードです。

通常ポイント還元率が1.0%

通常利用でのポイント還元率が1.0%とかなり高いです。

一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.3%~0.5%程度であり、1.0%のクレジットカードは少ない傾向にあります。

お得なクレジットカードの基準は1.0%から2.0%といわれているので、楽天カードもお得なクレジットカードの部類に入ります。

光熱費や携帯料金の支払いでもポイント還元率は変わりません。普段使いに最適なクレジットカードです。

楽天ポイントカードが使えるお店ではポイント2倍

画像引用元:楽天ポイントカード: 使えるお店

以下のお店で楽天カードを利用するとポイントが2倍になります。

  • マクドナルド
  • Joshin
  • ダイコクドラッグ
  • IDEMITSU
  • ツルハドラッグ
  • Right-on
  • デイリーヤマザキ

この他にもたくさん対象店舗があるので、是非チェックしてみてください。

普段から頻繁に利用するお店がある人は、是非楽天カードを利用することをおすすめします。

楽天市場や楽天ブックスを利用すればポイント3倍

楽天市場や楽天ブックスを利用するとポイントが3倍になります。

電子書籍を購入したい時はもちろん、急ぎではない日用品や雑貨などを購入したい場合も是非楽天市場を利用することをおすすめします。

楽天会員のランクが上がったり、誕生日特典などでポイントが10倍になることもあります。

そのような時は是非積極的に利用しましょう。

Rakoo加盟店を利用すればポイント2倍

多くの飲食店が加盟しているRakooでお店を探して利用し、楽天カードで決済をするとポイント2倍になります。

職場やプライベートの飲み会で場所のセッティング時に利用するのもおすすめです。

後から現金を徴収するようにして、全員分を楽天カードで支払えばかなりのポイントになるでしょう。

楽天Edyにチャージするだけでも200円につき1ポイント貯めることができる

楽天Edyにチャージするだけで楽天ポイントが200円につき1ポイントもらえます。

また、楽天Edyを利用することで200円につき1ポイントもらえるので、チャージと決済あわせてポイント還元率が1.0%になります。

このポイント還元率は、電子マネーの中でもかなり高い方です。

楽天Edyを頻繁に利用する人も、是非楽天カードを上手く使ってみてください。

楽天カードの概要と利用する上でのメリット
  • 年会費は永久無料
  • 18歳以上なら申し込み可能
  • 比較的作りやすいクレジットカードとして定評がある
  • 通常のポイント還元率は1.0%
  • 楽天市場などの対象のサービスを利用するとポイント最大3倍
  • 楽天Edyのチャージでも200円1ポイント貯まる
楽天カード|生活スタイルを楽天に捧げたら年間1.5万円お得になる話

楽天カードの上手なポイントの貯め方

楽天PINKカード

次に、楽天カードの上手なポイントの貯め方について解説します。

楽天カードはポイント還元率がとにかく高いです。

そのポイント還元率の高さを最大限有効活用するには、なるべく多く楽天カードを利用するのが1番です。

生活費や光熱費などの毎月の必要経費を楽天カードで決済する

楽天カードは、光熱費や携帯料金の支払いでもポイント還元が1.0%つきます。

そのため、毎日の生活費や光熱費などの固定費を全て楽天カードで決済するようにすれば、毎月まとまったポイントを貯めていくことができます

1ヶ月10万と考えて1,000ポイント貯まります。年間で考えると12,000ポイントになります。その間に誕生日特典やランクアップの特典を利用すれば、さらにもっとポイントを貯めることもできるでしょう。

生活費をクレジットカード払いにした場合のメリットとデメリット

ポイントが2倍になるお店を積極的に利用する

ポイント2倍対象のお店を積極的に利用しましょう。

コンビニはもちろん、生活用品を購入する薬局やスーパーなどもなるべくポイント2倍対象のお店を利用することで、より効率良くポイントを貯めることができます

中には、全て楽天カードで決済し1ヶ月70,000ポイント貯めたという強者もいるようです。

そこまでいくのはかなり難しいですが、上手に使っていけばある程度は貯めることができるのではないでしょうか。

急ぎでない日用品や服、その他日用雑貨などは楽天市場で購入してポイント3倍

今すぐに購入する必要のない日用品や服、食料品などを積極的に楽天市場で購入することをおすすめします。

楽天ポイントをいかにたくさん貯めることができるかについては、楽天市場をどれだけ上手に利用できるかにもかかっているでしょう。

ポイント3倍はかなり大きいです。

普段から電子書籍を利用している人も、この機会に楽天ブックスに切替えてみてはいかがでしょうか。

楽天カードはポイント還元率だけならクレジットカード界最強!

最後に、楽天カードの上手なポイントの貯め方についてまとめます。

楽天カードの上手なポイントの貯め方
  • 毎日の買い物で積極的に楽天カードを利用する
  • 光熱費や携帯料金などの毎月の固定費も楽天カードで決済する
  • ポイント2倍になるお店をなるべく利用する
  • 買い溜めしておきたいものや急ぎでないものは楽天市場で購入する

楽天カードは、ポイント還元率がかなり高く、さらに作りやすいクレジットカードなので、誰でもお得にクレジットカードを運用しやすいというメリットがあります。

Apple Payでももちろん利用することができるので、楽天カードを持つことが恥ずかしいと考えている人も財布に楽天カードを入れておく必要はありません。

ポイント還元率だけで言えばクレジットカードの中でもトップクラスに高いので、是非効率良くポイントを貯めてお得にクレジットカードを利用しましょう。

楽天ペイのお得な使い方を解説|ポイント還元率最大3.5%のテクニック

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定