クレジットカードおすすめランキング

楽天カードの締め日と支払い日|引き落とし時に残高不足だとどうなる?

楽天ゴールドカード

楽天カードは、ポイント還元率の高さから多くの人が所持している人気のカードです。

キャッシュレス化が進んでいることからも、クレジットカードで支払う人の数は増加傾向にありますが、注意しなければいけないのが締め日と支払い日です。

締め日と支払い日がいつかを把握しておかないと、残高不足により引き落としができなかったり、うっかり忘れていて口座にお金を入れていなかったりして、引き落としに失敗する可能性があります。

そこで今回は、楽天カードの締め日と支払い日について解説し、引き落としができなかった場合はどうなるかなどを紹介していきます。

万が一、引き落としが失敗したときに備えて、理解しておきましょう。

楽天カードの締め日と支払い日をチェック
  • 楽天カードの締め日は毎月末日に設定
  • 支払い日は翌月の27日。土日祝日の場合は翌営業日
  • 支払い日に支払えなかった場合は再振替や指定口座への振り込み、もしくはコンビニでの手続きにて対応

アイキャッチ画像引用元:楽天ゴールドカード さらにお得な一枚|楽天カード

楽天カードの締め日と支払い日について

楽天カードの種類

画像引用元:クレジットカードのお申し込み|楽天カード

楽天カードに限らず、クレジットカードを利用するうえで締め日と支払い日は把握しておかなければいけません。

クレジットカードは後払いとなるシステムなので、使用した分をきちんと支払わなければ「滞納」や「遅延」という扱いになるため、注意してください。

ここからは、楽天カードの締め日や支払い日などについて解説していきます。

楽天カードの締め日と支払い日について
  • 締め日は末日で、支払い日は27日
  • 楽天市場での決済に関しては締め日が25日
  • 支払い日が土日祝日の場合は翌営業日に
  • 支払い日は27日から変更不可
  • リボ払いや分割払いへの変更は可能

楽天カードの締め日は毎月末日・支払い日は翌月27日

楽天カードの締め日は毎月末日となり、支払い日は翌月の27日です。

月初めとなる1日から月末までの期間に利用した分が翌月27日に引き落とされるということなので、わかりやすい設定といえるでしょう。

楽天が運営しているショッピングサイト「楽天市場」では、楽天カードを支払いに使用することでポイントアップが受けられるなど、お得な特典がいっぱいです。

ただし、注意点として挙げられるのが、楽天カードは楽天市場での利用に関しては締め日が25日と設定されている点です。

締め日の違いを活用して支払いを遅らせる

この違いをうまく活用して、25日よりも後に楽天カードで決済すると支払いを遅らせることが可能となります。

例えば、1月26日に楽天市場で買い物をすると、本来であれば2月27日に引き落としされますが、25日の締め日以降に利用しているので支払いは3月27日になることから翌月分の負担を抑えられます。

楽天市場での買い物に楽天カードを使用する人は、締め日が異なることを理解しておきましょう。

支払い日が土日祝日の場合の取り扱い

支払い日が土日祝日となる場合はどういった取り扱いとなるのでしょうか。

土日や祝日の場合は金融機関が営業していないため、翌営業日に引き落としという取り扱いになります。

例えば、支払い日である27日が土曜日の場合を考えてみましょう。

金融機関は土日がお休みのため、翌営業日である29日の月曜日が支払い日となります。

27日が日曜日の場合も同様に、金融機関の翌営業日である28日の月曜日に引き落としされます。

このように、支払い日は金融機関の営業にあわせて変更されますが、締め日については関係ないため勘違いをしないよう注意しましょう。

楽天カードの支払い日は変更不可

クレジットカードによっては支払い日に設定できる日は複数あり、自分で設定できるものがあります。

例えば利用者が多い人気の三井住友VISAカードは、支払い日を26日もしくは10日から選択可能です。

支払い日を変更するためには事前に申し込みをするなど手続きが必要ですが、自分で選べる点は大きなメリットといえるでしょう。

支払い日を変更できるクレジットカードがあるということは、楽天カードも変更できるのではと考える人がいるかもしれません。

しかし、残念ながら楽天カードは27日から変更することはできません。

そのため、利用するうえで事前に支払い日をしっかりと把握し管理することが重要です。

リボ払いや分割払いに変更することは可能

楽天カードは支払い日を変更することはできませんが、一括払いで購入した商品をリボ払いや分割払いに後から変更することはできます。

支払い月の最長20日までの間に手続きを済ませることで対応できるため、一括での支払いが厳しい場合は活用してみましょう。

楽天カードのあとリボ払い

画像引用元:楽天カード: お支払い方法_「あとからリボ払い」について

例えば、5月8日に商品を一括購入したとします。その場合、リボ払いによる対応が可能な期日は6月20日となりますので、それまでに申し込みをすることで、7月分から支払い金額を分割にできます。

また、支払い月であるの6月5日までに手続きをした場合は、6月27日に引き落とされます。

6月6日以降6月20日までの手続きであれば、7月27日に分割での支払いが可能となります。

また、楽天カードには自動リボといわれる支払い方法があり、名前の通り自動で支払い金額がリボ払いに変更されます。

ただし、リボ払いは実質年率15.0%の金利手数料がかかるため、使い過ぎには注意が必要です。

支払い日に残高不足の場合はどうなる?

カレンダーとお金

クレジットカードはお金を立て替えてもらうというイメージで利用できるため、購入する際は一旦現金を必要としない便利なものです。

使った分は当然支払わなければいけないため、引き落とし日に遅れることなく口座に入金しておかなければいけません。

しかし、支払い日に残高不足となり支払いができない場合や、支払い日であることを忘れていて口座に入金していなかったということも考えられます。

では、そういった場合に楽天カードではどういった対処となるのでしょうか。

ここからは、支払い日に残高不足となった場合はどうなるかを紹介していきます。

支払日に支払いができなかった後の対策
  • 再振替サービスにより自動で口座から引き落としされる
  • 楽天カードが指定する口座へ振り込みをする
  • 振り込み依頼書にてコンビニで手続きする

再振替サービスの対象となる金融機関であれば自動で引き落としされる

楽天カードを利用していて、万が一支払い日に引き落としができなかった場合は再振替サービスにより自動で口座から引き落としが行われます。

ただし、引き落とし口座として対象となっている金融機関を登録している場合に限ります。

再振替サービスの対象となっている金融機関は下記のとおりです。

  • 楽天銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 北海道銀行
  • 北陸銀行
  • 横浜銀行
  • 千葉銀行
  • 広島銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
  • 親和銀行
  • 常陽銀行
  • 肥後銀行
  • 八十二銀行
  • ゆうちょ銀行

再び口座から引き落としがかけられるのは、ゆうちょ銀行の場合は翌月の1日、それ以外の金融機関は翌日から4日間です。引き落とし時間については各金融機関ごとに定められているため、それぞれご確認ください。

ただし、前月分の支払いを延滞している場合は再振替サービスを受けられない可能性があるため、しっかりと滞納なく支払っておきましょう。

指定される口座に振り込みをする

「再振替サービス」を利用できない場合は、楽天カードが指定する口座へ振り込みをしなければいけません。

振り込みをする口座や金額については、「自動音声専用ダイヤル」、もしくは「楽天e-NAVI」から確認できます。

自動音声専用ダイヤルでの受付は、引き落とし日から翌月の10日までとなっています。

下記の項目が確認されます。

  • 楽天カードの番号
  • 生年月日
  • 振り込み日

自動音声専用ダイヤルの利用手順は下記です。

  1. 「3」の各種照会を選択する
  2. カード番号と生年月日を入力する
  3. 「2」の請求額の紹介を選択する
自動音声専用ダイヤルの電話番号
  • 0120-30-6910 (24時間対応)
楽天カードコンタクトセンターの電話番号
  • 0570-66-6910
    (営業時間9:30~17:30)

また、自動音声専用ダイヤルが利用できない場合は、楽天カードを契約している本人から楽天カードのコンタクトセンターへ9時30分から17時30分の間に問い合わせをしてください。

そして、楽天e-NABIで口座を確認する場合はサイトへアクセスをしてページ上部に表示されている青色部分を押下します。

楽天e-NAVI

画像引用元:引き落としができなかった場合の支払い手続き | 楽天カード:よくあるご質問

移行した画面の最下部に振り込み先の口座番号や名義が記載されているため確認し、指定口座へ利用金額の支払いを行いましょう。

振り込み依頼書にてコンビニで手続きが可能

楽天カードではコンビニでの支払いが可能で、期日を過ぎても入金が確認できない場合、利用者には振り込み依頼書が発行されます。

支払いをする時期によって振り込み依頼書が2枚到着する場合があるため、誤って2重振り込みとならないようご注意ください。

振り込み依頼書にてコンビニで支払いをする際、以下の手数料がかかります。

支払金額手数料
10,000円未満の場合66円
10,000円以上~50,000円未満の場合110円
50,000円以上~300,000円未満の場合330円
楽天ゴールドカードにする理由|楽天市場で買い物するならこれ一択

引き落とし口座は楽天銀行がおすすめ

楽天銀行でお得

画像引用元:楽天銀行は楽天のサービスと一緒に使えば使うほどおトクに!

楽天カードを利用するにあたり、人それぞれで引き落としに指定する口座は異なるでしょう。

どの金融機関を選択するかはもちろん個人の自由です。

しかし、楽天カードを使用する場合は楽天銀行がおすすめです。

ここからは、楽天銀行を引き落とし口座に指定するメリットを紹介していきます。

楽天スーパーポイントが上乗せで付与される!

楽天市場で買い物をすると楽天スーパーポイントが付与されます。

その際、楽天市場にて楽天カードで決済をすると通常の還元率に加えて2倍となるため非常にお得です。

そして、引き落とし口座を楽天銀行にすることで、さらに1%のポイントが付与されるため、通常より多くのポイントが獲得できます。

楽天スーパーポイントは楽天市場はもちろん、国内旅行から海外旅行までを予約できる総合旅行サイトの楽天トラベルや、本・雑誌・DVD・CD・ゲームなどを扱う楽天ブックスなどで利用可能です。

その他にも幅広いサービスに対して活用できるため、少しでも効率良くポイントを貯められるよう楽天銀行を口座に指定することをおすすめします。

普通預金の金利が2倍になる

楽天銀行を引き落とし口座に指定することで、引き落としがされた翌日の普通預金金利が通常時に比べて2倍になります。高い利率でお金を預けることが可能です。

楽天銀行の預金金利は通常時でも他の金融機関に比べて高い利率となり、さらにパーセンテージが上がるとなれば非常にお得です。

普通預金金利楽天銀行その他の銀行
通常0.02%0.001%
引き落とし日の翌日0.04%銀行により異なる

万が一支払い日に遅れた場合は信用情報に問題がある?

クレジットカード

上述した通り、引き落とし日に残高不足となった場合でも再振替サービスや指定口座への入金にて対応できます。

しかし、支払いはしていますが、期日を守らなかったことは確か。

このため、信用情報はどうなるのかを、気にする人は少なくありません。

ここからは、期日を守らなかった場合に考えられる事態について説明していきます。

利用限度額を制限される場合がある

支払期日に入金がなく引き落としができなかった場合は、利用者に支払い能力がないとカード会社が判断し利用限度額を制限される可能性があります。

カード会社としては使った分はきちんと支払ってくれるという信用のもとサービスを提供しているため、当然の判断といってもいいでしょう。

遅延損害金が発生する場合がある

支払い日を守らずに残高不足の状態が一定期間続くと、カード会社から遅延損害金の支払いを命ぜられる場合があります。

楽天カードの遅延損害金はショッピングでの利用の場合は年率14.6%となり、引き落とし日の翌日から発生します。

遅延をしている日数が長ければ長いほど遅延損害金による支払額は膨れ上がるため、万が一支払いを延滞した場合は迅速な対応を心掛けてください。

信用情報にキズが付き利用停止の可能性も

クレジットカードの引き落とし期日を過ぎても支払いが確認されない場合、個人信用情報機関に名前が登録されるとクレジットカードの停止が考えられます。

また、クレジットカードだけでなくさまざまな住宅ローンやマイカーローンなどにも悪影響を及ぼし、金融機関からお金を借りることができなくなる可能性もゼロではありません。

いわゆるブラックリストに登録されると生活するうえで多くの不都合が生じてくるため、必ず残高不足や支払い日を忘れるなどしないよう注意しましょう。

楽天カードの締め日と支払い日を把握し延滞に注意

楽天カードの締め日と支払日

画像引用元:楽天カード会員様限定!お金に関する優遇特典|楽天カード

楽天カードは楽天市場での買い物でお得にポイントが貯められたり、楽天が提供するさまざまなサービスで貯めたポイントを利用できたりと、非常に使い勝手が良いことから高い人気を誇るクレジットカードです。

クレジットカードは便利なものですが、締め日や支払い日をきちんと把握しておかなければ信用を失うことにも繋がりかねません。

しっかりと締め日と支払い日、引き落とし金額を確認し漏れがないよう利用しましょう。

使い過ぎや延滞がないよう確認すべきポイント
  • 楽天カードの締め日は末日・支払い日は翌月の27日となる
  • 翌月27日が土日もしくは祝日の場合は翌営業日に引き落としが行われる
  • 支払い日に残高不足となった場合は再振替サービスや指定口座への振り込み、コンビニ支払いにて対応できる
  • 支払い日の変更はできないため、計画的な利用を心掛ける
楽天ゴールドカードの審査に落ちた…原因と審査基準は年収・勤続年数?

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定