楽天カード|生活スタイルを楽天に捧げたら年間1.5万円お得になる話

楽天カードは数あるクレジットカードの中でもポイント還元率が最強だといわれているクレジットカードです。

ステータス等一切気にせず、ポイント還元率だけを重視するのであれば断然楽天カードを使うことをおすすめします。

また、日頃楽天のサービスを利用している人も楽天カードを持っていて損はありません。

そんな楽天カードのポイントをより多く貯めてお得に利用するにはどのようにすれば良いのでしょうか。

楽天カードのポイントを貯めてお得に利用する方法
  • 生活費のほぼ全てに楽天カードを利用する
  • 公共料金の支払いも楽天カードで登録する
  • 購入できるものはなるべく楽天市場で購入する
  • 趣味や旅行、飲み会などのイベント事でもなるべく楽天サービスを利用する

楽天は、通販サイトから旅行、飲食店、電子書籍など生活のあらゆる場面で利用するものの多くのサービスを取り扱っています

そのため、生活全般で楽天サービスを楽天カードを使って利用すれば、年間かなりのポイントが貯まることが想定されます。

今回は、そんな楽天カードのポイント還元率についての解説と、実際に生活スタイルを楽天に捧げたら年間どれだけお得になるのか計算してみたので、是非参考にしてください。

トップ画像引用元:楽天カード:お得なクレジットカード ポイントがザクザク!年会費無料

楽天カードの基礎情報

楽天カードアメリカンエキスプレス

まず、楽天カードの基礎情報について見ていきましょう。

楽天カードは、年会費永久無料で申込み資格は高校生を除く18歳以上と、10代でも持つことができるクレジットカードです。

ポイント還元率の高さだけでなく、誰でも持ちやすいクレジットカードということで持っている人も非常に多いです。

そんな楽天カードは、「職業に忍者と書いても通る」と言われるくらいに審査が易しいと言われたこともあります。(実際には審査に落ちますし、変に疑われて今後の契約に支障が出る可能性があるのでやらないでください)

他のクレジットカードで審査に通らなかった人も、一度試してみてはいかがでしょうか。

年会費は永久無料

楽天カードは基本的に年会費はかかりません。

また、年間10,000円以上かかることが多いゴールドカードの中でも楽天ゴールドカードは年会費が2,000円と非常に安いです。

年会費の有無の違いは、受けられる特典の種類やレベルだといわれていますが、楽天カードは国内の空港のラウンジが年2回無料で使えるなどゴールドカードも驚きの特典があります

ポイント還元率だけで言えばクレジットカード最強とも名高い楽天カードですから、年会費無料でここまでのサービスが受けられるのはかなりお得だといえます。

申込み資格は高校生を除く18歳以上

申込み資格は高校生を除く18歳以上です。つまり10代でもクレジットカードを持つことができます。

安定した収入という条件もないため、アルバイトやパート、フリーターや専業主婦の方でも作りやすいといわれています。

アルバイトやパートでも問題ないので、大学生でも十分使える可能性があります。

10代の場合は親権者の同意が必要なので、しっかりとご両親と相談してから契約するようにしましょう。

作りやすいクレジットカードとして定評がある

前述しましたが、審査がかなり易しいので他のクレジットカードの審査で落ちてしまった人でも比較的作りやすい傾向にあります

ただし、既に信用情報がブラックリスト入り(今後5年間はクレジットカードが契約できない、分割契約が一切できない)してしまっている場合は、さすがの楽天カードでも通る可能性はほぼ0です。

気になる人はCIC(信用情報機関)の情報をチェックしてみることをおすすめします。

大体1,000円程度で照会できるので、自分の信用情報に傷がないかどうか確認しましょう。

ブラックリストに入っていない場合は、是非楽天カードに挑戦してみてはいかがでしょうか。

楽天カードの基礎情報
  • 年会費は永久無料
  • 申込み資格は高校生を除く18歳以上
  • 学生でも作りやすいクレジットカード
  • 他のクレジットカードで落ちてしまった人でも作れる可能性あり

次の章では楽天カードのポイント還元率について解説します。

楽天カードとApple Payの登録設定方法と上手なポイントの貯め方

楽天カードのポイント還元率について

画像引用元:楽天スーパーポイント ザクザク貯まって使える|楽天カード

次に、楽天カードのポイント還元率について解説します。

楽天カードのポイント還元率は、他社クレジットカードと比較してもダントツで高く、「ポイント還元率で言えば楽天カードが最強」といわれるほどにお得なクレジットカードとなっています。

そのため、アメックスのゴールドカードを持っているような人でも、ポイント還元重視で楽天カードを持っているということも少なくありません。

楽天カードで貯まるポイントは「楽天スーパーポイント」であり、楽天市場での買い物や楽天Edyのチャージなどにも利用することができるポイントです。

楽天Edyや楽天市場を頻繁に利用する人にとって、かなりお得なクレジットカードであることは間違いありません。

通常利用で100円1ポイント貯まる

楽天カードを使って支払いをするだけで100円1ポイント貯まります。

つまり、ポイント還元率は1.0%ということになります。

ポイント還元率1.0%は正直かなり高いです。大体のクレジットカードのポイント還元率は0.5%程度なので、その2倍ということになります。

簡単な例を挙げると、10,000円使って100円返ってくるのが楽天カードで、50円返ってくるのが還元率0.5%のクレジットカードです

数値的に少ない例なので大したことのないように思えますが、これが100万、200万になったらかなり大きく異なりますよね。

携帯電話や光熱費等の公共料金の支払いも楽天カードで!

公共料金の支払いにも楽天カードは利用できますし、ポイント還元率も1.0%です。

そのため、毎月の必要経費である光熱費やネット回線などの支払いを楽天カードにするだけでも、お得にポイントを貯めることができます。

楽天カードでポイントを貯めたいのであれば、必ず公共料金の支払いは楽天カードにしましょう。

生活費をクレジットカード払いにした場合のメリットとデメリット

楽天ポイントカードが使えるお店でポイント2倍

画像引用元:楽天ポイントカード: 使えるお店

楽天ポイントカードを掲示して100円につき1ポイントもらえるお店があります。

  • マクドナルド
  • Joshin
  • ダイコクドラッグ
  • IDEMITSU
  • ツルハドラッグ
  • Right-on
  • デイリーヤマザキ

上記以外にもたくさんありますが、このようなお店を楽天カードで利用するとポイント還元率が2倍になります。

つまり、ポイントカードの掲示で1ポイント+楽天カードの利用で1ポイントの計2ポイントもらえるということになります。

Rakoo加盟店で楽天カードで決済をするとポイント2倍!

全国のイタリアンや居酒屋など、Rakooに加盟している飲食店の支払いを楽天カードにするとポイントが2倍もらえます

Rakoo加盟店は簡単に楽天カードの公式サイトから調べられるので、是非自分の住んでいる場所の近くに加盟店がないかどうか調べてみてください。

プライベートや仕事での飲み会や食事会にRakoo加盟店を使用し、楽天カードで全員分の支払いを立て替えたらかなりのポイントが一気に貯まるはずです。

楽天市場・楽天ブックスの利用でポイント最大3倍!

大手通販サイトでお馴染みの楽天市場や、電子書籍が読める楽天ブックスを楽天カードで利用すると、ポイントが最大3倍になります

これはかなり大きいです。通常300ポイントもらえるところが900ポイントになるのですから、より効率良くポイントを貯めることができます。

日用品などは楽天市場でも気軽に購入できるので、積極的に楽天市場を使ってみましょう。

楽天Travelなどの楽天サービスを利用してポイント2倍!

楽天トラベル

画像引用元:楽天トラベル: 宿・ホテル予約 国内旅行・海外旅行 予約サイト

楽天Travelなど、楽天と名前がつくアプリサービスを利用するとポイント2倍になります。

宿泊施設の予約やゴルフ場の予約など、さまざまなサービスを受けることが可能です。

筆者もつい最近楽天Travelで宿泊施設を予約しましたが、楽天カードは持っていなかったのでポイント還元率は1.0%でした。

楽天カードがあれば2倍もらえていたと考えると、かなり損した気分になりましたね。

楽天カードで楽天Edyにチャージをすれば200円1ポイントゲット!

楽天カードで楽天Edyにチャージをするだけでも200円につき1ポイントゲットすることができます。

楽天Edyを利用する人も、是非楽天カードでチャージをする習慣を身に付けてはいかがでしょうか。

楽天カードのポイント還元率について
  • 通常利用で100円につき1ポイント貯まる
  • 楽天市場・楽天ブックスの利用で最大3倍
  • 楽天ポイント加盟店でポイント2倍
  • Rakoo加盟店でポイント2倍
  • 楽天Travelなどの楽天サービス利用でポイント2倍

次の章では全ての生活に楽天カードを使用したらいくらお得になるかについて試算しました。

全ての生活に楽天カードを使用したらいくらお得になる?

画像引用元:楽天スーパーポイント|楽天カード

ここで、全ての生活に楽天カードを使用したらいくらお得になるか見積もりを出してみましょう。

携帯電話から公共料金、日用品の購入や交際費まで全て楽天カードや楽天のサービスを利用した場合の見積もりとなります。

結論から言うと、筆者の計算では年間15,000円は得をするということがわかりました

もちろん、個人差はありますし、あくまで目安の計算となります。予めご了承ください。

携帯電話・電気などの支払いを楽天カードにする

まず、携帯電話や公共料金などの毎月の必要経費を楽天カードで支払うように設定しましょう。

  • 携帯電話…約8,000円
  • 電気・ガス・水道等の光熱費…約15,000円

毎月23,000円かかるとして、楽天ポイントは毎月230ポイントゲットできます

携帯電話や公共料金の支払いで楽天ポイントの還元率は1.0%となります。

日用品などを極力楽天市場で購入する

楽天市場はポイントが3倍になるので是非利用したいところです。

日々必要なものの大半を楽天で購入するとして、月々30,000円と考えましょう。

楽天市場ではポイント3倍なので、900ポイントもらえます

食料品などは難しいかもしれませんが、日用品やその他の必要なものは購入できると思うので、是非積極的に使ってください。

コーヒーやお菓子などをポイント2倍対象のお店で購入する

仕事の合間に買うようなコーヒーやお菓子は、ポイント2倍対象のお店で購入しましょう。

コンビニだったらデイリーヤマザキですね。

大体月々10,000円程度と考えて、200ポイントもらうことができます

週末の飲み会などでRakoo加盟店を利用する

仕事やプライベートでの食事や飲み会にRakoo加盟店を利用します。

月1回と考えて、1人5,000円程度だと想定すると、100ポイント貯めることができます

信頼できる仲間であれば、楽天カードで全員分立て替えて現金で受け取るのもアリですね。

合計1,430ポイントを年間で計算すると17,160ポイント

結論、年間で17,160ポイント貯まることがわかりました

毎月前後することを考えて、15,000円と見ておきましょう。

月によって多くなることもありますし、人によってはそこまで使わない場合もあります。

あくまで目安の計算ではありますが、毎月の生活費の大半を楽天カードで支払うことで、年間15,000円は得をするのではないでしょうか。

その他にも、楽天Travelなどの楽天サービスを利用したり、普段から楽天Edyを利用している人もよりお得にポイントを貯めることができます。

楽天カードはポイント還元率最強のカード

最後に、楽天カードで年間1.5万円得をするためのコツについてまとめます。

楽天カードで年間1.5万円得をするためのコツ
  • 生活費の全てを楽天カード支払いにする
  • 日用品など購入できるものは楽天市場で
  • 楽天ポイント加盟店を積極的に利用する
  • 公共料金の支払い等も全て楽天カードにする

楽天カードだけでなく、楽天のサービスそのものが私達の生活に密接に繋がっているものが多く、気軽に生活に取り入れやすい傾向にあります

だからこそ、楽天カードとセットで使うことでよりお得にポイントを貯めることができます。

中には月70,000ポイント貯める猛者もいるようですが、自分に無理のない範囲で今までよりもお得なポイント生活を送ってください。

スマホ決済から考えるクレジットカード選び方とおすすめ度